ホーム>スタッフブログ>ランタナ>ランタナ もこりん vs ランタナ らんらん
ランタナ

ランタナ もこりん vs ランタナ らんらん

今日はランタナを鉢上げしました。

ランタナもこりんと、ランタナらんらんです。

どちらのランタナも小林花卉で種を蒔き、その中で選抜してきたものですが、

その選抜基準が違うのでした。

 

 

 

201564211030.jpgのサムネイル画像 

    赤もこりん  vs  らんらんレッド             

201564211136.jpgのサムネイル画像

 もも もこりん  vs  らんらんピンク

 

 

・らんらんシリーズ

らんらんシリーズは、ランタナを作り始めた10数年前から種を蒔き、きれいな花色があれば採用していました。

昔からあるランタナにない色、作りやすい色というコンセプトでした。

今回のピンクなんかとてもきれいだと思いませんか。

もうかれこれ10年くらいの歴史のある品種になってしまいました。

らんらんシリーズは、10・5cmポリポットで生産しています。

 

・もこりんシリーズ

それに対し、もこりんシリーズは、節間が短く伸びにくいのが特徴です。

らんらんシリーズからさらに改良を加え、やっと出てきたシリーズなのです。

伸びすぎを抑えるホルモン剤も要らないため、自然に花が咲いてきて、止まらないのですよ。

コンパクトが売りのもこりんシリーズ、来年からさらに新色を加えていければと思っています。

もこりんシリーズは12cm硬質ポットで生産です。

伸びにくい品種ですので、初めから楽しめるよう大きな株に仕立てていますよ。

 

 

 

24cm鉢に植えました。

201564211456.jpg 

  赤もこりん  vs  らんらんレッド               

201564211954.jpg

もも もこりん  vs  らんらんピンク

 

 

 

もこりんシリーズのコンパクトな性質、大きな株に仕立てたので、すぐ楽しめることが伝われば、こちらの実験は成功です。

はたしてどうなるでしょうか。

 

お楽しみに!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184

ページ上部へ