ホーム>スタッフブログ>植物>斑入りポリゴナム
植物

斑入りポリゴナム

今日は、曇り空ながら、時折パラパラと雨が降ってきていました。

過ごしやすい天気、やや肌寒いくらいでありました。

 

そんな中、露地の設備では、出荷間近となったポリゴナムの、最終手直しを俊と林さんが行っていました。

 

このポリゴナム、手直しと言っても何をするかというと、伸びている枝を手で丁寧にとってしまいます。

 

このくらい伸びているものは、ポットの周りからはみ出ている部分をきれいにとってしまいます。

2015621164956.jpg

 

 

はい、この通り

201562117237.jpg

ピンボケですいません。

 

きれいになりましたね。

でも、せっかく伸びたのにもったいないと思った人もいるでしょう。

そうなんです、本当は伸びているほうが、寄せ植えに使いやすいんです。

 

寄せ植えして垂れ下がる、そんな商品として一番いい状態のものを

悲しいですが、手間をかけて短くしているのです。

 

 これには事情があるのです。

横に広がっていく商品は、ケースで詰めたとき、暴れているように見えるのです。

そして、伸びすぎているようにみられてしまいます。

生産者の都合、荷物の作り方、お店の事情、さまざま絡み合ってこの形に収まってしまいます。

 

消費者の方がほしい商品を、生産者から届ける方法考えていきたいです。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

ページ上部へ