ホーム>スタッフブログ>作業風景>チェリーセージ ピナフォアの挿し木が始まりました。
作業風景

チェリーセージ ピナフォアの挿し木が始まりました。

今日はチェリーセージ ピナフォアの紹介です。

チェリーセージというと赤を思い出す人が多いと思いますが、

このピナフォアは、小林花卉で種を取り育種した品種なんですよ。

「小林花卉オリジナル品種」と言っているものです。

 赤以外にも、ピンクやオレンジ、紫や白、など多くの色がありますよ。

四季咲き性のサルビアなので、いつでも出荷は可能ですが、弊社では春と秋、気温が高すぎない時に出荷をします。

詳しい情報は、こちらのページを見てください。

 

9月下旬出荷に向けて挿し木が始まりました。

通常の農場では、プラグという小さな連結ポットに挿して、根が出たらポットに定植するのですが、

小林花卉ではポットにそのまま挿してしまいます。

こうすることで、植え込みの手間を省くことができるのと、プラグ苗は土の容量が少ないので乾きやすく、

一歩間違うと枯死させていしまうので、それを回避する手段なのです。

 

20157120023.jpg

 

 

20157119586.jpg

 

20157119567.jpg

丁寧に1本ずつ挿し木をしてくれているんですよ。

発根した後は、場所を移動して、剪定をして、スペーシングをして花を咲かせて、晴れて出荷となります。

パートさんの力を借りながら、商品を作っていきます。

 

 これから、この挿し木したチェリーセージの管理は、奥地君がやってくれます。

水やりや消毒、雨が降れば温室に吹き込まないように閉めたりと、

パートさんが挿し木してくれたチェリーセージを、大事に育てていきましょう。

 

奥地君は、去年も暑い夏を通り越して、しっかりとした商品を作ってくれました。

今年は、さらに土を改良して挑戦です。

9月下旬から出荷となるチェリーセージ ピナフォア期待していてください。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208

コメント(1)

ブログありがとうございます。
チェリーセージはとても綺麗な花が咲きます!
沢山の色が混ざっているケースを見てこれが市場や花屋さんに並ぶとなるととても嬉しく思えます。しっかりサポートしていきたいです。

コメントする

ページ上部へ