ホーム>スタッフブログ>植物>日差しが戻ってきました
植物

日差しが戻ってきました

今日は久しぶりの太陽でした。

パートさんも暑そうに、汗を拭き拭き作業をしてくれました。

太陽が出てくれるのはありがたいですが、急激な晴れは、人間だけではなく、植物にもダメージがあります。

 

植物は長雨の影響で柔らかく伸びてしまっています。

日影の植物がヒョロヒョロに伸びるのは、太陽の光が足りないからなのです。

葉の色も薄く、葉が大きく厚みは薄くなってきます。

そんなときに強い日差しが当たると、突然の強すぎる光のためにはやけを起こすのです。

大切に育てていた植物に、この症状が顕著に出てしまいました。

 

心配はしていたですが、日影にしてあげたり、葉やけを防ぐ対策をすればよかったのですが、、

しませんでした。

そのために葉やけしてしまいました。

でもここまでひどく葉やけをするとは予想以上です。

こんな症状です。

2015710175858.jpg

半分ぐらいが葉やけになってしまったのです。

この植物は何だかわかりますか?

 

こんな形の葉っぱですよ。

201571019034.jpg

この葉をおひたしにしたり、てんぷらにして食べます。

 

 

緑のカーテンに使用しています。

201571018242.jpg

正解は、≪おかわかめ≫でした。

 

見てもらった通り日差しが強いと葉が焼けてしまいます。

このくらいの日差しで傷むのでは、おかわかめは夏を乗り切ることができるのでしょうか。

どうなるか観察していきます。

 

 

 

 コンピューターでは膨大な情報量になっているはずですが、、日差しの強弱、水分量、肥料の量、風に当てるか当てないかなど、

植物を見ながら人間の勘ピューターは一瞬で判断して対応しているのですよね。

おかげで農場にある植物たちは、長雨の後の強い日差しの中でも順調に生育していました。

経験を重ねるごとに社員さんの勘ピューターは、最適値を探せるようになってきています。

きちんと経験を積んでくれている、社員さんがいてくれることはありがたいです。

いいデータになるよう、私もサポートしていきたいと思います。

 

栽培データに基づき、勘ピューターを鍛えて、いい商品を作っていきましょうね。

暑い中、今日も管理ありがとう。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/217

ページ上部へ