ホーム>スタッフブログ>作業風景>ポインセチアの挿し木 何回目?
作業風景

ポインセチアの挿し木 何回目?

昼間は暑いですが、夜は温度が下がってきてほっとしています。

日も短くなってきて、着実に秋に向かっていますね。

 

 今日もポインセチアの挿し穂が送られてきました。

グローバル化の波は、花業界でも着実にやってきています。

クール便で外国から送られてくるんです。

海外から数日で、農場まで届けられるようになっているのですから、

すごいことです。

 

挿し木の様子です。

2015811181756.jpg

無菌培地に挿していきます。

201581119212.jpg

挿したばかり、しおれています。

このしおれは、一週間ほどでなくなります。

 

以前挿し木したもので発根しているロットがあります。

20158111941.jpg

 

2015811185258.jpg

根っこが出ているでしょう。

いい状態です。

 

でも見てください

2015811185827.jpg

この苗は、挿し木の時無菌培地に斜めに挿したため、培地を突き抜けてしまったのです。

小さなことですが、こういうところをきちんとできるようにしたいですね。

 

 

発根すれば、今度は定植作業です。

それまで液肥をあげておき、ポインセチアに勢いをつけておきます。

2015811192336.jpg

201581119257.jpg

 

 

お盆中になりますが、定植をやるかどうか、根と相談しながらやっていきましょう。

 

今年のポインセチア例年通り順調に育っています。

ご期待ください。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/239

ページ上部へ