ホーム>スタッフブログ>作業風景>ポインセチア第2弾
作業風景

ポインセチア第2弾

今日は発根したポインセチアの苗の定植しました。

今回2回目のロットとなりますが、このロットも日中の長さを短くし、出荷時期を早める作型です。

どうやるかというと、シェードと呼ばれる、光を通さないカーテンを温室に付け、

夕方5時に閉め、朝8時に明けます。

シェードカーテンを閉めることで光を遮断し、強制的に日の長さを短くさせているのです。

 

定植の状況を見てください。

2015813203041.jpg

きれいに発根していますね。

 

201581320303.jpg

丁寧に定植をしてくれました。

11月上旬には出荷となります。

これから、摘心、スペーシング、シェード温室に移動、肥料施用と、

結構タイトな栽培スケジュールなんです。

 

先週植えた1口目のポインセチアの様子も見てください。

201581320383.jpg

順調に生育しています。

写真を撮り忘れてしまいましたが、この一口目のポインセチアは本日摘心しました。

摘心は、頂点の芽を摘み取り、脇芽の生育を促します。

5本位側枝を持たせて、出荷したいと思います。

お楽しみにしていてください。

 

世間はお盆で、お休みの会社もありますが、都合のつくパートさん、社員さんは出勤してくれています。

おかげで仕事が進みました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/242

コメントする

ページ上部へ