ホーム>スタッフブログ>オステオスペルマムのその後
スタッフブログ

オステオスペルマムのその後

試作品のオステオスペルマムがすこぶるいいので紹介させていただきます。

3月3日に紹介しましたが、這い性のオステオスペルマムなんです。

2016327163350.jpg

縦に伸びずに横に広がるように咲いてきます。

しかも株の分枝も良いため、這い性品種の欠点の株もとの花がなくなるという事も無く、

株一面に花を咲かせているんです。

 

やっている事と言えば水と肥料をあげているだけ、花殻摘みや剪定などのメンテナンスは一切していないんですよ。

2月上旬に植え付けたこのオステオスペルマム、ずっと咲いている優れものだと改めて実感しました。

 

2016327163311.jpg

横からの画像ですが、立ち上がらずに横に伸びているのが判りますね。

良く見ると花殻が見えますが、花が終わると垂れ下がり目立たなくなります。

花壇に植えても長期間きれいなままの状態を保ち続けるでしょうね。


花色はいたって普通の紫色ですが、パフォーマンスは最高です。

花色+αを目指して育種を続けていたことが、実を結んできました。

 

小林花卉の這い性のオステオスペルマム、来年には、新色も紹介できると思います。

楽しみにしていてくださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/403

ページ上部へ