ホーム>スタッフブログ>視察、研修>社員研修 建設的な対応を学びました
視察、研修

社員研修 建設的な対応を学びました

台風は大丈夫ですか?

あまり風が吹かないとのことですが、社員さんたちは温室を見て閉めて回ってくれました。

ありがたいことです。

毎回のことですが被害がでないことを祈るのみです。

 

そして今日は、月に一度の社員研修の日でした。台風の影響で電車が止まるかもしれない中で、静岡県から杉井さんがやってきてくれました。

ダイヤが乱れ遅れてしまう恐れがあるからと、一本早い電車に乗ってきてくれたのです。

 

 研修では今、コミュニケーション能力を高める課題に取り組んでいます。

実は毎日自分の対応を仕事が終わってから書き出してから帰っていたのです。

自分の人生をよくするため、面倒な書き出し作業を毎日やって帰っているのですから頭が下がります。

 

 

 どこに行ってもついてくるのが人間関係であり、人と人とのコミュニケーションですね。

どんな職場でも必ずついて回る人間関係がいい会社は、本当にいい会社だと思います。

杉井さんが教えてくれている子育てセミナーは、コミュニケーションの方法を教えてくれています。

子供へ対応するコミュニケーションの方法が、普段使っているコニュニケーションの方法と同じなんですね。

子育てセミナーの中で教えてくれる建設的な対応は、身に付けるとコミュニケーションの達人になれるくらいすごいものなんですよ。

 

その建設的な対応は相手の努力や意図を認めることなのです。

社員さんやパートさんが何気なくしてくれている事でも、すごいなあって思う事ありますよね。

暑い日や雨の日でも、自転車で毎日出勤してきてくれるパートさんすごいですよね。

毎日家事や炊事をしながらも働きに来てくれているパートさん達もやっぱり尊敬しますよね。

当たり前と思ってしまいがちですが、よく考えると本当にすごいです。

 

 

社員さんたちがどんな職場に行っても活躍できるような技術を身に付けられるよう応援していきたいと思います。

そして、見落としがちな相手の努力や意図を認めていき、尊重しあえる会社にしていきたいと思います。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/588

ページ上部へ