ホーム>スタッフブログ>ポインセチアの現状
スタッフブログ

ポインセチアの現状

今日も雨模様でした。

今年は各地で災害が発生しています。

温室など被害が無くても、植物たちは痛みが出やすく大変です。

被害にあわれた方は比べ物にならないくらい大変な思いをしているのですよね。

一日も早い復興をお祈りしています。

 

ポインセチアの現状を今日は紹介させて頂きます。

先日紹介させて頂いたポインセチアはシェード栽培のロットでしたが、今回の物は日長操作していないポインセチアになります。

2016922193322.jpg

頂芽を剪定(ピンチ)して上の葉を取り除き、側枝に光が当たるようにしています。

ミニポインセチだからと言って、大きなポインセチアと同じように手をかけているんです。

 

お彼岸の今日、これからが短日期になります。

ポインセチアは日の長さが短くなると花芽を付けるので、これからだんだん色づいてきますよ。

奥地君、林さんが管理してくれています。

11月中旬から出荷始まるこの自然日長のポインセチア、追って紹介していきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/590

ページ上部へ