ホーム>スタッフブログ>厳しい環境とぬるい環境
スタッフブログ

厳しい環境とぬるい環境

いよいよ夜は寒くなりましたね。

 

寒さに強い植物は寒くても平気な管理、寒さに弱い植物は保温をして温めたりと、植物の性質に合わせて温室の環境を整えています。

来春出荷の宿根草たちは、これから温室から露地に出し、寒さをしっかり当てて株を充実させます。

その為、寒さになれるためにも開けっ放しです。

スパルタ教育です、ビシバシですよ。

 

ラベンダーセンティビアなんて寒くて縮こまってしまっていますよ。

2016111818110.jpg

これからもっと寒くなるので頑張ってくださいね。

 

 

 

 寒さに強くても花が咲いたら出荷をするアリッサム ストリームたちは、夜だけ閉めて生育を促しています。

このアリッサムストリームの性質は素晴らしいですから、ぜひお庭やコンテナに植えてみてくださいね。

 

 

 

 そしてポインセチアたちは寒さにあまり強くない植物です。

冷たい風を当てすぎると弱ってしまいます。

ですから、生産現場ではもう暖房器を入れて温めているんです。

このかわいい子たちは、甘やかし放題ですよ。

その為か、最近派手になってきてしまいました。

20161118174126.jpg

ピンクのこの子、ショッキングピンクなんかに身を包まれちゃっています。

化粧で雰囲気がガラッと変わりますね。

 

2016111818817.jpg

この子は上品にゴールドとパールを着けてます。

もうすぐお嫁に行くのですから、好きにさせてあげちゃっています。

こんな子たちですが貰ってくれる人、かわいがってくださいね。

 

 

 

 

 

そんなわけで、植物ごとに環境を考えて管理をしてくれているんです。

社員さん達、毎日ありがとうございます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/642

ページ上部へ