ホーム>スタッフブログ>植物

植物

スカビオサ ブラックナイト

 すっかり寒くなりましたね。

季節通り、冬が寒いのは宿根草などの植物にとっていいことですが、熱帯性の植物にはいいことではないのですよね。

職業によっても寒い冬がいいか暖かい冬がいいか違いますね。

 

 そんなことを思いながら、宿根草のスカビオサを見ていました。

この植物は、寒いと感じていないのかと思うほど、生育旺盛です。

 

 

2015122120446.jpg

ねっ

まったく問題ない顔をして、青々していますよね。

 

 2月頃スペーシングで考えていたのに、何とも生育がいいんです。

山田君が心配してくれていて、今日とうとうスペーシングしました。

良く見てくれていて助かります。

 

予想外の動きをするスカビオサ、驚きです。

育てたことのない花を育てるのって面白くて、どうなっていくかワクワクしますね。

 でも、このまま生育したら、春にはどれだけ大きくなるのか、商品になるのかどうか考えると

楽しみ半分恐ろしさ半分です。

 

 山田君、がんばって管理して、お客様に喜んでもらおうね。

 

 

 

アリッサム ストリーム、ヘリクリサム シルバースノー

今期に入って霜は何回目でしょうか。

今日は霜がよく振りましたよ。

 

試験生産中のアリッサムです。

AM7:30

2015129201033.jpg

201512920115.jpg

2015129201147.jpg

2015129201328.jpg

2015129201351.jpg

霜に当たってしまいましたが、どうなってしまったでしょうか。

 

PM13:30

2015129201656.jpg

2015129201751.jpg

2015129201826.jpg

2015129201929.jpg

2015129202011.jpg

霜に当たっても見事に復活です。

 

それにしても、よく見るアリッサムと違い、横張り性が強く、芽吹きが良いですね。

このまま寒い冬でも生育していく耐寒性があれば、ばっちりですね。

 

このまま経過観ていきまたいと思います。

 

 

 

そしてこちらでは、ヘリクリサム シルバースノーの挿し木が進んでいます。

2015129202450.jpg

 

2015129202743.jpg

 ヘリクリサムは、霜が当たっても平気な耐寒性のある品種と、

霜が当たるとダメになってしまう品種があるんですよ。

 このヘリクリサム シルバースノーは、耐寒性があり露地でも問題なく越冬する品種なんです。

日本では、数件の生産者が作っているだけですので、あまり見ることが無い品種だと思います。

生育は遅めで、来年5月出荷予定です。

 

ちなみに親株はこんな感じです。

2015129203439.jpg

シルバーリーフが素敵ですよね。

いい品種だと思います。出荷の時にはぜひお問い合わせください。

今日もありがとうございました。

 

 

 

イベリス スノーサーファー

今日は、晴れ間が見えましたね。

いい天気になると、温室管理に社員さんは大忙し、換気のために気を使ってくれていました。

日曜日なのに、いつも出勤してくれている社員さんたちありがとうございます。

 

 出荷中のポインセチア、明日からはいよいよ自然開花のロットの出荷となります。

今年は多くの販売店の方から、ご注文を頂くことができました。

管理をしてくれた社員さんたちのおかげですね。商品が出来上がる前からの発注もありました。

今年の商品は、来年の商品サンプルです。

キチンとした商品を作っていくことで、信頼される生産農場になっていくのですよね。

社員さんと一緒に、いい商品を届けたいと思います。

 

試験のため生産をしているシンジェンタ社のイベリス スノーサーファーです。

毎年咲いてくる多年草で、寒さに強く、露地でももちろん越冬します。

そして春には純白の花を株いっぱいに付けます。

しかもこのスノーサーファーは花が大きい!!

既存の品種の2倍くらいはあるのではないでしょうか。

 

そんなスノーサーファー今はこの状態です。

20151115191951.jpg

 

20151115192022.jpg

まだまだ見る影ありませんね。

 

 今はこんなちっちゃいですが、3月出荷予定です。

これからの生育を楽しみにしていてください。

 

 宿根草の多くを、山田君が担当してくれています。

よろしくおねがいしま~す。

 

 

 

 

オステオスペルマム

12月下旬から出荷予定のオステオスペルマムの紹介です。

 

 

だいぶ花が咲いてきています。

20151113195956.jpg

もう出荷してもいいのでは?と思うものも多く見受けられました。

 

 

2015111320521.jpg

 

2015111320552.jpg

 

2015111320656.jpg

でもここからもうひと手間かけていくのです。

 

 

その方法はというと・・・。

 

 

 

20151113195824.jpg

今咲いている花を摘んでしまいます。

 

 

 

20151113201817.jpg

せっかく咲いた花を摘まれてしまったオステオちゃん

あと1か月半、一回り大きな株になって、花を咲かせてくれるでしょう。

 

例年よりやや暖かい天候が続き、株が順調に生育しています。

ここから、大きくなりすぎないよう、様子を見ながらの最終調整です。

 

担当してくれている奥地君、天候やちょっとした管理の違いで、変化する植物たちの顔色を見ながら、

出荷時の姿を想像し管理をしています。

今日も株が大きくなりすぎないか、温室の環境をどうするか、悩みながら管理してくれていました。

こうした一つ一つのこだわりが、小林花卉の商品を支えてくれています。

 

12月下旬から出荷となるオステオスペルマム、皆さん楽しみに待っていてください。

 

 

 

 

カラミンサ と コレオプシス コリー

すっかり涼しくなりましたね。

ニュースを見ていたら、10月中の気候だと言っていましたよ。

8月は、平年を上まわる気温でしたが、後半は10月の気温、大変な温度差です。

頭の良くなる花などは、出荷が遅れてしまう事も想定して管理を気にしていきたいですね。

寒くなることで、管理が難しくなりましたよ。

社員さん、植物の顔色をうかがいながら、温室の管理に気を付けてくださいね。

 

さて、カラミンサができました。

 

このカラミンサ、種からできる品種なんですよ。

ブルーとホワイト、2種類あります。

ブルーのほうが早生のため咲いています。

2015829202148.jpg

こちらはブルーです。

色はブルーではないですね。ラベンダー色というんですかね。

ブルーのカラミンサは珍しいですね。

 

ホワイトは開花まであと1週間ほどかかりそうです。

楽しみにしていてください。

 

さわやかな香りのするカラミンサ、宿根して毎年春から秋まで楽しめる植物です。

おすすめ品ですよ。

 

 

 

 

こちらは(コレオプシス コリー) シンジェンタ社の商品です。

夏の間中咲いているはずでしたが、咲いてこず、今やっと花が上がってきました。

この商品はまさか、来年まで出荷お預けのパターンじゃあないですよね。

これから、花がどんどん上がってくることを期待しています。

201582920233.jpg

こちらも宿根草で大きくなっていきますよ。

 

ポインセチア第一弾の状況です

今日でお盆も終わりましたね。

明日からいよいよ後半戦スタートです。

お盆中も、働きに来てくれたパートさん社員さんのおかげで、作業が進みましたよ。

この期間にやった作業はというと、ポインセチアの定植、ウィンターコスモス?回目の摘心、

ウインターコスモス初回の出荷用温室への移動、ウィンターコスモス?回目のスペーシング、

寄せ植えプランツの仕込み、ポインセチア一回目の摘心作業等々。

そして市場再開に向け出荷作業もありました。

本当によく頑張ってやってくれました。

ありがとうございました。

 

働きに来てくれている人たちのおかげで、世の中の人たちに花を届けることができているんですよね。

改めてありがたいと思ったお盆休みでした。

 

 

さて、お盆中に作業をしてくれたポインセチア一回目の様子です。

まずは、三日前の摘心する前の画像です。

201581620213.jpg

 

そして、摘心後の写真です。

20158162039.jpg

 

201581620347.jpg

キチンと摘心されていますね。

 

201581620429.jpg

摘心と一緒に上の方の葉も取り除いてしまいます。

 

この方法は一般的ではないと思いますが、数年前から小林花卉では摘心後に

一緒に上の方の葉を取り除いています。

 ひと手間多くかけますが、その分品質が良くなるんですよ。

でもなんで、葉をとってしまうと思いますか。

それは、光が脇芽に当たり、間延びしないようにするためなのです。

葉をとるという事は、光合成量が少なくなるので植物にとってはいいはずはないのですが、

経験上とってしまった方が、いい品質に仕上がっています。 

 

9月の上旬にシェードできる温室に入れ、日の長さを強制的に短くして、開花を進めます。

そして11月上旬には出荷となります。

短期間で、やることが多いミニポインセチアですが、一つ一つの作業をキチンとして、

品質の良い商品を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

ポーチュラカ、赤もこりん、センティビアです

今日は晴れていましたが、午後から雲が出てきました。

暑い暑いと言っていたのもほどほどになってきていますね。

 

お盆明けから残暑の残るころまで出荷する植物の紹介をします。

まずは斑入りポーチュラカの華ミステリアです。

九州の田中農園さんが品種を開発し、特別に作らせてもらっているのです。

2015812171338.jpg

現在、露地に出してピンクの発色がとてもよく出てきましたよ。

2015812171312.jpg

水を切らしてもピンクになりますが、日当たりの良い場所に置いておくと、

このようにピンクが濃く出てきます。

 

まだまだ暑いお盆明け、華ミステリアの出荷となります。

おすすめ品です。

 

 

 

そして次は、ランタナ 赤もこりんです。

何度も紹介しているので、もう知っている方も多いと思いますが、

この赤もこりん、何がいいって、コンパクトな性質なんです。

暴れてしまうイメージのランタナでしたが、この品種は伸びません。

鉢上げして3か月たったもこりんの様子を描いたブログで確認してみてください。

201581217346.jpg

こちらもお盆が明けて8月20頃から出荷になると思います。

真っ赤なお花を咲かせてくれる赤もこりん、秋に向けてもきれいです。

霜が降るまで咲かせていますから、まだまだ楽しめますよ。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ、ラベンダー センティビアです。

花芽がもう見えてきていますね。

2015812181848.jpg

 

2015812181823.jpg

 

201581218208.jpg

 

こちらは9月15日ころからお彼岸ころから出荷の予定です。

でももう少し早くから咲いてきそうですね。

基本的に寒さも強いイングリッシュラベンダーです。

四季咲き性で暑さにも強いことも実証されました。

ラベンダーセンティビア 同じラベンダーを買うのなら迷わずセンティビアですね。

こちらもおすすめ品です。

 

 

 

頭の良くなる花

今日は頭の良くなる花の八重品種がきれいに咲いているので紹介します。

その前に、おさらいです。

1.なんで頭の良くなる花っていうのでしょうか。

  ヒントはこちら

2.カランコエの管理方法

 わかりましたか。ではこちらを見てみてください。

 

それでは、いよいよ品種の紹介です。

まずは3寸から

201581173238.jpg

ロザリナ ジュアン (オランダ KPホーランド社)

 

201581173517.jpg

カランディーバ ディオン (オランダ フィデス社)

 

201581175551.jpg

カランディーバ ロス (オランダ フィデス社)

 

201581175833.jpg

ハッピーピンク  (★小林花卉オリジナル品種★)

 

201581175914.jpg

ハッピーイエロー  (★小林花卉オリジナル品種★)

なんだか画像が曇ってしまっていました。

 

20158118037.jpg

3寸を並べてみました。

出荷用ケースではこんな感じです。

20158118146.jpg

 

 

 

そして4寸です

20158118225.jpg

 

 

5寸です。

20158118342.jpg

5寸になると、一鉢に3株ずつ植えてあるのです。

 

 

3寸・4寸・5寸を並べてみましたよ。

20158118754.jpg

ロザリナ ジュアン

 

20158118952.jpg

ハッピーイエロー

鉢サイズが大きくなるにつれボリュームがでてきます。

草丈、枝数、株と花のバランス、鉢サイズに合わせて調節していきます。

 

いつも蕾が多い状態で出しているので、品質がわかりにくいかもしれませんが、

頭の良くなる花は、開花した時、こんなにきれいに咲くんですよ。

 

 同じようなカランコエでも生産者によって株のしまり、ボリューム感、花穂数が違っているのです。

こだわりの職人小池君が頭の良くなる花の担当として、きっちりいい製品にしてくれており、

年々品質が上がってきています。

細部までこだわって、生産をしているこのこだわり、伝わりますかね?

 

実は、今日紹介した品種以外も試作してくれています。

発表できるようになりましたら、また紹介させて頂きますので、

これからも楽しみに待っていてください。

 

201581182459.jpg

贈り物にも頭の良くなる花 いかがですか。

 

ウィンターコスモス順調ですよ

今日も夏らしい天気になりました。

毎日同じような出だしとなってしまいますが、夏を味わっています。

でも明日から8月、夕方もやや涼しくなっているような気がします。

日が暮れるのは、確実に早くなったのがわかります。

 

今日はウィンターコスモスのご紹介です。

ウィンターコスモスは日が短くなると花を咲かせる植物なのです。

通常は10月15日ころに咲いてきます。

小林花卉では、光を通さないビニールをカーテンにして

温室内を真っ暗にして人工的に日の長さを短くしているんです。

そうして秋になったとウィンターコスモスに思わせて、花を早く咲かせているんです。

強制的に日の長さを短くするこのやり方をシェードって言っています。

 

シェードの様子です。

201573118176.jpg

真横の光が入るところも閉めて真っ暗にしてしまいます。

結構大がかりでしょう。

 

温室は閉めっきりになり、暑さがこもってしまいます。

時には、花芽の形成が遅れたり、蒸れてしまったりと、リスクはあるのですが、

お客様に、真冬になるまでの期間、少しでも多くの時間を楽しんでもらえるよう、

シェード栽培に取り組んでいるのです。

 

 

8月のお盆明けから出荷予定のウィンターコスモスです。

201573118328.jpg

 

まだ花芽は見えていませんが、順調に花芽になってきているのが見えてきました。

201573118526.jpg

わかりますか?

新芽のところを見てください。

新芽の葉の形が変わってきているんです。

こうなると、花芽が形成されている証拠なんですよ。

社員さんたちが気付いて教えてくれました。

よく観察してくれています。

 

 

9月初旬出荷予定の次のロット

201573118928.jpg

写真ではよく取れませんでしたが、大きさは違うんですよ。

花芽が形成されているかは、まだわかりませんが、今のところは順調に成長してくれています。

 

このウィンターコスモスは、林さんが担当で頑張ってくれています。

忙しい中、社員さんたちも作業のフォローをしてくれていました。

第一弾の出荷まで、あと20日、皆さん頑張っていきましょう。

 

子供神輿とゴーヤ

今日も気温が上がりましたね。

最高最低温度計を見てみました。

2015726201014.jpg

読めません、いや読みません、いやいや読みたくありません。

「同情するなら買ってくれ!」

すいません、暑すぎて何を言っているのやら・・・。

 

日なただと、このくらい上がるのです。

 農場は、暑くても寒くても、お花の出荷は途切れることがありません。

本日も頭の良くなる花や、ランタナ等々の出荷をしました。

暑い日でも、元気に管理+作業をしてくれている社員さん、ありがとう。

 

 

 暑い中、自治会ではおみこしが出ました。

小学生・中学生が参加している子供みこしです。

201572620184.jpg

 私の小さな頃は、男のお祭りで、男子だけがお神輿に参加できたんです。

そのため、中学生の先輩を核とした男社会が出来上がっていたものです。

お神輿も毎年、前年の塗料をはがし、その年の中学3年生が考えた色を塗っていたんです。

 

時代が変わって、今では、男女参加のお祭りになっています。

子供たちがお神輿を塗ることもなくなりましたし、男社会が出来上がることもなくなりました。

 

すいません ・・・古き良き時代を懐かしんでしまいました。

 

なんと・・・!

男女参加型とか男社会がどうとか、それどころではない、大変な変化が起こっていました。

見てください!!

2015726202655.jpg

 

 

 

わかりましたか? 

良く見てください。

お神輿が、お神輿ではなくなっていますよ。

 

2015726202737.jpg

なんと、山車になっていたのです。

台車にお神輿が乗せられ、すっかり山車となっているんですね(笑)

 

 子供のころは、自分たちだけでやっていると思っていたお神輿ですが、

多くの大人の人たちの協力があってできていたんですね。

親になってみて、改めて地元の人たちに支えられて育ててもらっていたというのがわかりました。

 

 

 

さて、もう一つ報告です。

ゴーヤのつるが目標の2階までとどきました。 パチパチッ

201572620334.jpg

ゴーヤの実も手では届かないところにできています。

 

ゴーヤ担当?の荒蒔君、はしごに上ってゴーヤをとりました。

2015726203352.jpg

 

小池隊長の的確な指示がここでも光っていますね。

2015726203428.jpg

 

いよいよ、ゴーヤ食べ放題になってきました。

明日、パートさん、社員さんとゴーヤを山分けしたいと思います。

 

ゴーヤを食べて、暑い夏を乗り切りましょうね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ