ホーム>スタッフブログ>植物

植物

ランタナ シャンデリーナ vs コバノランタナ ミニらんらん、宿根バーベナの経過

今日も暑い日になりました。

外に置いてある温度計を見たら最高気温37℃!!

いよいよ暑くなってきました。

 

今日は日曜日でしたが、社員さんたちは頑張ってくれましたよ。

来週からポインセチアの生産が始まるます。

挿し木の温室を空にして、苗が入ってくるのに備えようと育苗室にある苗を移動してくれました。

夏がやってきたと思ったら、もうクリスマスの話です。季節を先取りどころの話ではないですね。

 

 

でも季節はこれからが夏本番

夏に強いランタナの紹介を待たします。

まずは先月植えたときのブログから見てください。

今日はシャンデリーナの1か月後の生育状況です。

 

シャンデリーナ イエロー VS ミニらんらん イエロー

2015712194510.jpg

このミニらんらんイエローもいい品種です。

 今はやや花が少なそうに見えますが、実物は蕾もあってきれいに咲いてきます。

ただ、枝がしなやかなため、立体的にならず地面に張っていくように生育すると思います。

 

 シャンデリーナ イエローは枝が硬く花も大きいので、見栄えがいいですね。

こちらも問題があることがわかりました。

種が付きやすいんです。

特にわい化剤をやった後のものは、とても着いてしまいます。

(お店に並んでいる間ということになります。)

 

 

そしてもう一方の対決です。

 

シャンデリーナ ローズ VS ミニらんらん ピンク

201571220422.jpg

 シャンデリーナ ローズは、枝数、分枝数、花数、すべてにおいて いい品種です。

見た通り、このままでもきれいに咲くことができそうです。

楽しみですね。

 ミニらんらんピンクは、鉢上げ時のポットの大きさが小さいことが災いするのか、

強い枝が出てきています。ここで剪定をすれば、いい状態になるのですが、

シャンデリーナを基準に考えさせてください。

 

性格が少しずつ違うランタナでも、選定の高さや、潅水量、剪定の時期、わい化剤などで、

同じような顔つきにして、市場に出荷するのが、技術となります。

 

お店でいい顔でいてもらうのが、生産者の腕でありますが、

もともとの性格は、植えてからでないとわかりません。

この性格をよくするためには、品種改良していきたいと思います。

 

 

 

そのほか、今日は紹介してしまいますよ。

 

宿根バーベナ ペティーナミックス植え

今日はいよいよ剪定しました。

剪定前

2015712205058.jpg

 

 

剪定後

2015712205125.jpg

ここでひとつ、ポイントがあります。

宿根バーベナの剪定は葉を残してください。

葉がなくなると、その枝は枯れていくことが多いのです。

次はいつごろ咲いてくるでしょうか。

 

 

 

暖竹(ダンチク)

2015712205317.jpg

 

きれいですが・・・・・。

 

どうしましょう(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しが戻ってきました

今日は久しぶりの太陽でした。

パートさんも暑そうに、汗を拭き拭き作業をしてくれました。

太陽が出てくれるのはありがたいですが、急激な晴れは、人間だけではなく、植物にもダメージがあります。

 

植物は長雨の影響で柔らかく伸びてしまっています。

日影の植物がヒョロヒョロに伸びるのは、太陽の光が足りないからなのです。

葉の色も薄く、葉が大きく厚みは薄くなってきます。

そんなときに強い日差しが当たると、突然の強すぎる光のためにはやけを起こすのです。

大切に育てていた植物に、この症状が顕著に出てしまいました。

 

心配はしていたですが、日影にしてあげたり、葉やけを防ぐ対策をすればよかったのですが、、

しませんでした。

そのために葉やけしてしまいました。

でもここまでひどく葉やけをするとは予想以上です。

こんな症状です。

2015710175858.jpg

半分ぐらいが葉やけになってしまったのです。

この植物は何だかわかりますか?

 

こんな形の葉っぱですよ。

201571019034.jpg

この葉をおひたしにしたり、てんぷらにして食べます。

 

 

緑のカーテンに使用しています。

201571018242.jpg

正解は、≪おかわかめ≫でした。

 

見てもらった通り日差しが強いと葉が焼けてしまいます。

このくらいの日差しで傷むのでは、おかわかめは夏を乗り切ることができるのでしょうか。

どうなるか観察していきます。

 

 

 

 コンピューターでは膨大な情報量になっているはずですが、、日差しの強弱、水分量、肥料の量、風に当てるか当てないかなど、

植物を見ながら人間の勘ピューターは一瞬で判断して対応しているのですよね。

おかげで農場にある植物たちは、長雨の後の強い日差しの中でも順調に生育していました。

経験を重ねるごとに社員さんの勘ピューターは、最適値を探せるようになってきています。

きちんと経験を積んでくれている、社員さんがいてくれることはありがたいです。

いいデータになるよう、私もサポートしていきたいと思います。

 

栽培データに基づき、勘ピューターを鍛えて、いい商品を作っていきましょうね。

暑い中、今日も管理ありがとう。

 

 

原種 ぺラルゴニューム

今日の植物は、激レア商品ですよ。

原種のペラルゴニュームです。

原種のペラルゴニュームには、ラベンダーラスがありますが、

今日紹介する、ペラルゴニュームもラベンダーラス同様、四季咲きなのです。

なにせ葉っぱがかわいいです。

しかも、ピンク色の花、かわいらしいんですよ。

 

コンパクトな草姿で、かわいい花が咲く可憐なイメージですが、性質は強健、強いです。

春から秋まで花を咲かせていますし、花が無くても葉がかわいいし、

園芸品種として出回っていないのが不思議なくらいです。

 

そろそろ、その姿が見たくなってきましたでしょうか。

では紹介したいと思います。

 

その前に、

201572201312.jpg

まずはラベンダーラスです。

 

 

そして・・・

201572201352.JPG

こちらも、ラベンダーラス!!5寸鉢です。

 

 

という事は、次こそ・・・

201572201943.jpg

6月に出荷したラベンダー センティビアでした。

 

 

すいません、もったいぶってしまいました。

では次です。

よく見てくださいね。

201572204656.jpg

いかがですか。

待っていた甲斐があったんじゃあないですか。

どうですか。

ヨモギバと名前がついていますが、刻みの多い細かな葉です。

寄せ植えにも適していますよ。

 

皆様どんなところに植えてみたいですか、お聞かせください。

 

 

 

 

 

宿根バーベナとランタナもこりん2年株

今日は静岡の島田市に行ってきました。

その話はまた明日させて頂きます。

 

5月12日に紹介した宿根バーベナと、去年から持ち越したランタナもこりん2年生株の経過を見てください。

2015627183646.jpg

12㎝ポットを植えた宿根バーベナ ペティーナ3色植えですが、直径36㎝の鉢いっぱいに広がって咲いています。

花殻を摘んでいたのですが、開花は揃いませんね。

植えて一度花を観たら、バッサリ切った方が良かったようです。

そうすれば花が揃って咲いてきたと思います。

また、肥料が少ないと花付きが悪くなるので肥料は切らさないようにするのが大事です。

 

このバーベナですが、固形肥料を5月24日にあげました。

その時の様子はこちらから。

そして6月10日にはコーティング肥料(ロング180日タイプ)を30グラムあげています。

多めの肥料ですが、花を咲かせるという事はエネルギーを使うのですよ。

根が丈夫であれば、肥料に反応してくれるはずです。

もう少し様子を見て、さらに追肥をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

そして、ランタナもこりんもいい具合に成長していますよ。

5月12日は枝ばかりが目立ったもこりんでしたね。

それが、5月24日はこれだけ茂ったのです。

201562719317.jpg

性質を見てもらうため、このまま肥料をあげただけで、あえて何も手を加えませんでした。

 

そして、5月24日からひと月たった現状です。

2015627185541.jpg

どうですか。

こちらは、36㎝の鉢が見えなくなるくらい大きくなっています。

 

分枝力抜群のランタナもこりん、自然と丸くまとまります。

他のランタナと違いが分かりにくいですが、もこりんはこのようにいい植物なんですよ。

 

これから夏本番を迎えます。

どんな変化をするか、見ていきたいと思います。

 

 

 

 

カリオプテリス すっごくいいです

今日はカリオプテリスの紹介です。

カリオプテリスはクマツヅラ科カリオプテリス属のお花です。

ダンギクの仲間なんですよ。

 

小林花卉では3品種作っています。

2015627171641.jpg

カリオプテリス ウォーチェスターゴールドです。

ライム色の葉が美しく、カラーリーフとしてもいいのですよ。

早生品種で、開花し始めた株もありました。

2015627172449.jpg

 

 

 

次はこちら

2015627172544.jpg

カリオプテリス スターリングシルバー

シルバーリーフのカリオプテリスです。

ウォーチェスターゴールドより木が硬く上に伸びるように咲きます。

2015627173055.jpg

ピンボケでした。

花芽はこのくらいですね。

 

 

そして最後の一品種

2015627171418.jpg

カリオプテリス サマーソルベット

斑入りの葉がきれいな人気商品です。

2015627173823.jpg

開花は一番遅く、咲くのはまだ一か月くらい先になるでしょうね。

一番大きそうな蕾を撮ってきました。

 

どの品種も淡いブルーの花を咲かせます。

 

 

 

実はこのカリオプテリス、注文が少しずつ入ってきていて、だんだん在庫が少なくなってきてしまいました。

花付きでお店に届けられれば、喜んでもらえると思うのですが、このまま少しずつ出荷になってしまいそうです。

どうしましょう。

 

まだまだ栽培方法を探っている最中なのですが、生産を担当してくれている山田君がよく見てくれています。

今年は花がいつ咲くか、よく見ていきましょうね。

 

暑さに強く、花も葉も魅力的な植物です。

来年に向けて順調にデータも取れているので、楽しみです。

 

山田君、肥料も気にしてくれてありがとう。

いい状態に仕上がってますね。

楽しみ増えました。

 

 

ウィンターコスモス

今日は午後からぽつぽつ雨が降りだし、3時には本格的な雨となっていました。

朝からウィンターコスモスの挿し木をしました。

来週挿し木と勘違いしていて、大慌ての作業となってしまいました。

気が付いてよかったですが、確認漏れという事は怖いですね。

 

朝、土入れを始めて、雨が降りだすまでの間に、挿し木を終わらせないといけないのでした。

なぜなら、その親株は、畑に植えてあるからなのです。

雨が降ったらさし穂をとりにいけません。

 

段取りを確認して、作業スタート、終わってみれば、午後2時前には完了しました。

ぽつぽつ雨が降ってきてしまいましたが、パートさんたちは終わりまで頑張ってくれました。

ありがとうございました。

 

このウィンターコスモス、ビデンスというキク科の植物なんです。

ビデンスには、横張りの強い品種や立性の品種、四季咲き性のある品種や秋になって咲いてくる品種など

様々な種があるのです。

 

201562619930.jpg

春出荷した(ビデンス ソレイル) 横張り性のある四季咲き性品種です。 

 

 

 

20156261932.JPG

そして、こちらがウィンターコスモスです。

立性の品種で秋に花が咲いてきます。

 

 

 

20156262018.jpg

挿し木風景です。

 

 

20156262027.jpg

こうやってポットに直挿ししてしまいます。

 

201562620314.jpg

完了しました。

 

 

突然始まってしまった作業ですが、できないと言わず、やるためにどうするかを考え、

対応してくれた社員さんに感謝です。

 

計画の確認をしっかりしておくことが大前提ですが、突然の仕事に臨機応変に協力体制をとってくれる

社員さん、パートさんがいてくれる会社であることが嬉しく思いました。

 

 

カランコエの管理方法

先日も書きましたが、「頭の良くなる花」は、カランコエという花なんですよ。

なんで頭がよくなるかもうお分かりですよね。

まだ知らない方はこちらから。

 

このカランコエの育て方について、Kさんよりお問い合わせいただいたのです。

 

お問い合わせ内容 :

一ヶ月前に御社生産のカランコエを2鉢購入いたしました。現在、両方ともほぼ満開
近い状態となっています。

マンション住まいで、今のところ午前中(午前5時から10時くらい)は日当たりのいい窓辺に置いています。

ただどうしても日当たりが取れない日が続いたり、北海道ですので日射しもそれほど強くはありません。

ありがちなのは、土が乾きにくいことでして、園芸店などで購入した場合、概ね土が乾きにくいという現象が生じます。
 

Q1、購入したカランコエに使用されている土の種類と配合割合はどんなのですか。、

Q2、乾きにくいと感じた場合は土を入れ替えても大丈夫ですか。、

Q3、入れ替える場合は赤玉小粒4.5:腐葉土3.5:パーライト2という配合割合の培養土で大丈夫ですか。

購入した商品は、
頭の良くなる花 ハッピーイエロー
頭の良くなる花 バラ咲きカランコエ・ロザリナシリーズ です。


 

このような質問いただいて気が付きました。

まだ、カランコエでも育て方を書いていませんでした。

 

そこで回答させていただきました。

 

カランコエは多肉植物の一種という事で、乾燥に強いと思われていると思います。

確かに乾燥にも強いのですが、実は加湿にも強いんです。

弊社では、カランコエ自身が好きなだけ水を吸えるように、常に土が湿っている状態で管理していています。

他の植物では加湿と思われる位であっても、カランコエは気にしなくて大丈夫だと思います。

 

 

Q1、購入したカランコエに使用されている土の種類と配合割合はどんなのですか。、

A、土の配合:
  焼赤土4、ピート4、その他2(軽石、たい肥、もみ殻燻炭)、基肥2g/L

 

Q2、乾きにくいと感じた場合は土を入れ替えても大丈夫ですか。、

A、加湿を心配しているのでしたら、土の入れ替えはしなくても大丈夫だと思います。
 また、根を崩して土を入れ替えるといった作業はやったことはありませんが、カランコエは大丈夫だと思います。

 

 

Q3、入れ替える場合は赤玉小粒4.5:腐葉土3.5:パーライト2という配合割合の培養土で大丈夫ですか。

A、 生産者はピートが手に入るので使いますが、一般には出回っていませんよね。
  Kさんの考えている配合でなら大丈夫です。

 

 

 

 

 自分たちでは普段何気なくやっていて、当たり前と思っている事でも、知らない人からすると

専門知識なんですよね。

どなたにでもわかるようになっているか、自分の当り前を疑っていきたいと思います。

Kさん、気づかせていただきありがとうございました。

皆さんも、何かありましたらご質問ください。

 

 

斑入りポリゴナム

今日は、曇り空ながら、時折パラパラと雨が降ってきていました。

過ごしやすい天気、やや肌寒いくらいでありました。

 

そんな中、露地の設備では、出荷間近となったポリゴナムの、最終手直しを俊と林さんが行っていました。

 

このポリゴナム、手直しと言っても何をするかというと、伸びている枝を手で丁寧にとってしまいます。

 

このくらい伸びているものは、ポットの周りからはみ出ている部分をきれいにとってしまいます。

2015621164956.jpg

 

 

はい、この通り

201562117237.jpg

ピンボケですいません。

 

きれいになりましたね。

でも、せっかく伸びたのにもったいないと思った人もいるでしょう。

そうなんです、本当は伸びているほうが、寄せ植えに使いやすいんです。

 

寄せ植えして垂れ下がる、そんな商品として一番いい状態のものを

悲しいですが、手間をかけて短くしているのです。

 

 これには事情があるのです。

横に広がっていく商品は、ケースで詰めたとき、暴れているように見えるのです。

そして、伸びすぎているようにみられてしまいます。

生産者の都合、荷物の作り方、お店の事情、さまざま絡み合ってこの形に収まってしまいます。

 

消費者の方がほしい商品を、生産者から届ける方法考えていきたいです。

 

 

 

 

 

 

雨の日は

 昨日は土砂降り、今日はしとしと雨が降っています。

温室で、環境制御しやすいと言ってもやはりそこは農業、お天道様次第です。

こんな天気が続くと、日向を好む植物は、軟弱徒長と言って、柔らかく伸びてしまいます。

そうなると病気になりやすくなります。

 

小林花卉の植物たちは、日向を好む種類が多いので、この軟弱徒長に注意をしなければいけません。

対策として、温室内の植物たちは、水を控えめにすることで伸びを制限させることができるのです。

カルシウムや狩野は言った肥料をやって細胞を固くするのも一つの手です。

成長させるには、日射量が必要になりますが、しっかりした苗に保つことは、雨や曇りの天気でも、このようにしてある程度できるのです。

そして、晴れの日を有効活用して水やりをし、天気の悪い日は控えめに、ここに生産者の技術があるのです。

 天気に合わせて対応する、植物の反応をよく観察してみることが大事ですね。

そして大事なのが、水やりをしてどうなるか、理想の形になっているか、ゴール(出荷時の姿)から逆算してみてみることです。

 

「経営は逆算である」、師事している杉井さんが言っている言葉です。

「栽培も逆算である」、ですね。

「教育も逆算である」、なのですよね。

何事も目的をもってやることが大事でした。

 

今日のブログ、雨の日の栽培管理のことを書こうとしながら、方向がずれていきそうです。

思いつくまま書いていて、目的から外れています。逆算が大事でした。

 

お客様に喜んでもらえるしっかりした品質の苗は、小さな変化にも気を配りながら生産されているのです。

植物は正直ですから、きちんと観察して手が掛けているかどうかで、顔つきが変わってきます。

そんな訳で、管理のポイントは、出荷時の姿を具体的に想像し、天気に合わせて、液肥や水やり考えていきましょう。

 

当たり前の話になってしまいました。

話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

ラベンダーセンティビア

今日は雨がすごいです。

皆さんのところは大丈夫ですか、気を付けてください。

 

本日はラベンダーセンティビアのご紹介です。

種苗メーカーのシンジェンタ社さんが品種開発したイングリッシュラベンダーなのです。

北海道の富良野がラベンダーでは有名ですね。

富良野のラベンダーがこのイングリッシュラベンダーというものなんです。

これから富良野ではラベンダーが咲いてきます。

 

そんなイングリッシュラベンダー センティビア、大きな特徴があるんです。

それは、秋にも花が咲いてくれるのです。

 「へーっそうなんだ」と簡単に思うでしょう。

でもここに、は大変な時間がかかっているのですよ。この育種はすごいなあと感心してしまいます。

普通のイングリッシュラベンダーは冬の寒さにあたって花芽になるのです。

 この寒さに当たらなくても咲いてくる性質を獲得するため、どのくらいの年月をかけたのでしょうか。

種をまき、秋にも花が咲いてくる品種を選び出し、栽培試験を何回か繰り返して、という作業をしているだけで

年月は立っていきますよね。

こういった春しか咲かない植物が、秋に咲いてくるよう年月をかけて育種する育種家さんを、私は尊敬しちゃいますね。

 

そんなセンティビアの苗を本日定植しました。

2015618193224.jpg

 

去年栽培した時は11月に咲いてきました。

もう少し早く咲いてくれればさらにいいのですが、深谷は暑いから難しいかな?と思っています。

でもチャレンジです。

 

 

 

手際よく植えてくれたサブリーダーのおかげで、いい状態で管理ができますよ。

201561819335.jpg

社員さんとパートさんが協力し合い、土入れから植えつけまで来ました。

ここから管理に移っていきます。

バトンを受け取るのは、ペンタスで活躍した林さんです。

初期に根を張らせることができれば、成功率は高いです。

水やりの腕の見せ所、磨かれた職人技を見せていただきましょう。

 

多くの人の手を借りて生産しているのです。

大事に育て、お客様の手元に届けていきたいと思います。

 

ページ上部へ