ホーム>スタッフブログ>植物

植物

ランタナ'もこりん'、`シャンデリーナ'追肥と剪定

ここ数日梅雨らしい雨模様となりまして、過ごしやすい気温の日が続いていますね。

 

 

今日は、先日紹介しましたランタナ‘もこりん’の剪定と、追肥についてみて頂きます。

もこりんは節間(上の葉と下の葉との長さ)が短いため、暴れにくい性質があります。

それに加え分枝が良く枝が吹きやすい性質があるため手入れは最小限で済みます。

 

 

では、こちらのもこりんを手直ししてみます。

今回は、4か所の飛び出している枝を剪定していきます。

もこりん ピンチ前

もこりん24㎝鉢 1ポット植え

 

 

 

まず1つめ

もこりん ピンチ1

 

 

 

 

2つめ

もこりん ピンチ2

 

 

 

3つめ

もこりん ピンチ3

 

 

 

 

4つめ

もこりん ピンチ4

 

 

 

出来上がり

もこりん ピンチ後

 

 

 

上から見た所

もこりん ピンチ後上

 

 

ピンチ箇所の拡大

もこりん ピンチ切り口

 

ピンチした所のすぐ下の枝にはもう芽が出ています。

もこりんはこの分枝力もすばらしい性質です。

今回は伸びすぎた枝を剪定しましたが、暴れていなかったので剪定しなくても大丈夫だったかなと、切ってから思いました。

 

 

 

では次に追肥をします。

今回使う肥料はIB化成という固形肥料です。

約一か月効いている肥料です。

もこりん 施肥

 

 

このIB化成を2か所で20粒ずつ合計40粒与えました。

もこりん 施肥2

そのほか

  シャンデリーナ28㎝鉢、20粒×2か所=40粒

  もこりん36㎝  20粒×2か所=40粒

これからまた一カ月近く楽しめるはずです。

 

また経過を紹介していきます。

お付き合い宜しくお願いします。

ベロニカ ミフィーブルートの挿し木

今日の天気は午前中日が出ましたが、曇り空で温度が上がらず過ごしやすい日となりました。

 

今日から、ベロニカ ミフィーブルートの挿し木が始まりました。

このベロニカは耐寒性多年草で春に花が咲きます。

斑入りの葉が寄せ植えにとても使いやすく、花の咲かない時期でもカラーリーフとして重宝します。

 

 

 

挿し木の方法ですが、このようにして生産をしています。

まず、こちらの母株から挿し穂を採ります

ベロニカ ミフィーブルート 母株

 

 

こんな感じ

ベロニカ ミフィーブルート 挿し穂

 

 

 

用土に3本ずつ挿します。

ベロニカ ミフィーブルート 挿し木

 

これから根が出るまで水を毎日しっかりとやります。

更にしおれてきたら、うっすらと葉に水をかける葉水を一日何回もやっていきます。

これから約2か月かけて最初の写真の様な状態のベロニカが出来上がります。

 

しかし商品として出荷するにはまだまだ仕上がりません。

ここで剪定をして枝数を増やします。

ベロニカ ミフィーブルート ピンチ

 

 

 

そして枝が伸びてきたら広げてしっかりとした株に仕上げます。

ベロニカ ミフィーブルート 出荷前

 

このように小さなポットですが、3.5寸ポットと同様に丁寧に手作業で生産しています。

 

 

 

このポット、2.5寸ロングポットと言われているポリポットです。

ポットの直径が2.5寸(7.5㎝)で通常のポットより深さが深いことが特徴です。

 

なぜこの形のポットを使用しているかと言えば、寄せ植えしやすいからです。

通常使われている3.5寸(10.5㎝)ポットですと、寄せ植えする時に土をそぎ落として寄せ植えしなければ

土の量が多すぎることが問題になります。

 

そこで細長い2.5寸ロングポットを使用して、深さはあるけど幅の狭い容量の少ないこのポットが

寄せ植えしやすいということで使われ始めました。

 

小林花卉では寄せ植え用の商品と分かるよう、寄せ植えプランツshineというシリーズで販売しています。

 

 

 

 

では少し作業風景を見てください。

 

ベロニカ ミフィーブルート 採穂

みなさん帽子をかぶり長袖シャツで、日焼け対策バッチリです。

今日は、曇りで過ごしやすかったのでいいですが、晴れの日も、皆さんこんな感じで美白の為頑張ってます。

 

 

 

更にこちら


ベロニカ ミフィーブルート 挿し木現場

挿し木室でもみなさんしっかり日焼け対策しています。

ここでちょっとハウスの周りに目を移してください。

 

周りに張ってあるビニールが閉まってます!!

 

このビニールは前の写真のように開けることができますが・・・。

挿し木室では挿し穂がしおれないよう、風避けに周りを閉められてしまいますsweat01

 

 

 

 

こんな暑くて日焼けする決していい環境ではない職場ですが、みなさん元気に小林花卉で働いてくれてありがたいことです。

このようなパートさんに支えられ商品が出来上がっていきます。

スタッフの皆さん、パートさんの為にもお客様の為にもしっかり管理していい商品をつくっていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタナ'もこりん'、`シャンデリーナ'の生育状況

今日もいい天気で暑くなりましたね。

植物たちも生育が良くあっという間に花が咲いてきます。

 

 

 

さて、5月9日に紹介し、大鉢に植えたランタナの‘もこりん’と‘シャンデリーナ’の現状を見てみましょう。

今日がちょうど1か月後の状況です。

 

5月9日のブログと比べてみてください。    こちらから→http://www.kobayashikaki.com/blog/2013/05/09/

 

 

 

 

 

もこりん3株植え 36㎝鉢

もこりん36㎝鉢

3株植えたのでバランスよく生育していますね。

一回り大きくなってきて鉢からはみ出してきました。

いい感じで生育しています。

 

 

 

もこりん1株 24㎝鉢

もこりん24㎝鉢

真上から見た写真です。

もこりん24㎝鉢

もともとの株の形が悪かったせいか、ちょっと形が崩れていますね。

また、新しい葉がやや黄緑色で葉の厚さも薄くなってきて花付きも少なくなってきました。

これは肥料が切れてきた証拠です。

 

ちょっと手直しして、追肥をしていきましょう。

 

 

 

 

 

そして・・・・

 

 

シャンデリーナ1株 28㎝鉢

シャンデリーナ 28㎝鉢

広がる性質のシャンデリーナ、

一鉢で見事に鉢いっぱいに広がりました。驚きました。

これからどこまで大きくなるのか、またどんな風に成長していくのか楽しみです。

 

 

 

 

近日中に追肥をやって、またもこりんの24㎝鉢は手直しもしてみます。

どんな感じでやるのかまた報告いたしますので、お楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ