ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

腕を磨く

日本に帰ってきましたが、天候が悪かった為、まだ花の需要が少なかったみたいですね。

 

天気が悪いと植物は柔らかく育ってしまい、形がくずれてしまいます。

また、春は温度が上がってくるため、植物の成長も早く、素早い判断が必要とされます。

経験がものをいうところ、花生産を始めて10数年の私の腕の見せ所なんですよね。

 

今回は一週間のアメリカ視察で心配していたのは、この管理なのです。

帰ってきてから、どうなっているか確認をしてまわりました。

しかし、心配をよそに、農場はきちんといい状態のまま管理されていました。

ある意味拍子抜けするくらい、順調にまわっていました。

 

出荷品を見てください。

 

宿根バーベナ ペティーナ

2015419203550.jpg

 

 

ローダンセマム アフリカンアイズ

2015419203616.jpg

露地で栽培、花付きバッチリです。

 

オステオスペルマム フラッシュミックス

2015419203639.jpg

サトルフラッシュとイエローフラッシュの2色植え、最終ロットです。

 

チェリーセージ、ピナフォア

2015419203658.jpg

オリジナル品種を育成しようと本格的に始めた植物です。

 

ハッピークローバー

2015419203714.jpg

アメリカでも販売開始されます。

 

 

こうして見ると、社員さんたちはキチンと技術を習得しているようです。

私の持っている経験という知識は、すでに伝わっており、心配は無用だったようです。

それより心配することは、アメリカ視察の結果、農場に居場所がなくなっていることのようです(汗)

 

このままでは居場所が・・・。

本気を出して観てみると・・・、ありましたよ。

ちょっと大きくなり始めたランタナちゃんが。

得意げに、指示を出して、ほっと一安心、優越感に浸ってしまいました。

 

でも、確実に社員さん達は、成長しています。

真面目に植物と向き合い、花づくりとしてくれているおかげです。

 

これからまもなく農場で、私の経験に頼らなくても良品が出来上がる日が、来るはずです。

今回つくづく思いました。

 

では、その時、私は何で貢献できるでしょうか。

植物作りではなく、そのほかの腕を磨いていかないといけませんね。

明るい職場、楽しい職場、やりがいのある職場を提供する事も大事なことですね。

働きに来てくれている人たちが良い人生を送る為の職場となる会社にしていきたいと思います。

 

 

 

無事に、帰国しました

長いと思っていたアメリカ視察もあっという間の一週間でした。

一昨年以上に勉強になりました。

 

今回の種苗メーカーのパックトライアル会場では、どこのメーカーもコンビネーション バスケットの提案が、

明らかに多くなっていました。

日本でも近年、寄せ植えの完成品の需要が増えてきているので、これからはアメリカ同様,

コンビネーションバスケットの需要は高まっていくと思います。

また、日本ではわからなかった、各種苗メーカーさんの特色が良く理解できました。

現地を生でみること、定点観測すること、一緒に参加した方々と交流を深めることができたことは、

今後の農場運営をするうえでとても大事な時間となったと思います。

そして、佐藤さん金澤さんのおかげで、育種した四つ葉のクローバーで、一つの成功体験ができたことが、

私にとって非常に大きな糧になったと思います。

実は、佐藤さんには時間とお手間を取らせて頂きましたが、自分としてはあまり現実味がありませんでした。

形になるまでわからない状態ではあり、いつの間にか形になっていたというのが実際です。

形になって初めて、こうやって種苗販売のルートが出来上がるのだと分かりました。

 

何事もそうなんでしょうね。たどり着いた先から振り返り、分かるものなのだと思います。

これから先も、形になって初めてわかることが多いと思います。

目標を立て実際に行動することをしていきたいと思います。

 

 

また、今回のこのアメリカ視察、多くの方のおかげで濃厚な時間を過ごすことができたと思います。

 

まずは、団長として、企画から実施まで、手配をしていただきました団長の金澤さんのおかげです。

ありがとうございました。

そして、視察先の種苗メーカーさんとの連絡を取り次いでくださいました方々のおかげで、

視察先では担当の方が付いてくれ、コンセプトや狙いなどのお話まで聞くことができました。

また、事前に園芸店を下見してくれた佐藤さんのおかげで、アメリカの園芸店さんのお話を伺うことができました。

ツアーの添乗員の、冗談が止まらない湊さん、一緒に視察した方々のおかげで、毎日笑いの絶えない楽しい時間となりました。

皆さん本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

また、私を支えてくれている方たちの事にも感謝です。

視察に行くことができたのも、農場で働いてくれているパートさん、社員さんが居てくれたからであります。

妻にも快く視察に送り出して頂いたことありがたいと思っています。

子供たちの面倒を見てくれている妻、両親にも感謝です。

 

多くの情報を得ることのできた今回の視察を、小林花卉の農場に落とし込み、働いてくれている方たちが、やりがいを持てる会社にしていきたいと思います。

視察5日目

アメリカ視察も本日終了です。

 

今日は2年前、佐藤さん、金澤さんに連れて来てもらい、視察した3件に改めていってきました。

 

まずはハンティントンライブラリーです。

2015416202123.jpg

もともとは鉄道王の邸宅跡だそうです。

広大な敷地には貴重な植物が収集されており、さらに貴重な文献、子供たちが学ぶプログラムもある

植物に携わる人にとってありがたい貴重な存在です。

そしてこの植物園は、年間60万人の来場者の入園料と、寄付金によって運営されているんです。

 

2年前同様、今回も植物園の管理長ジムさん自ら、案内してくれました。

201541620266.jpg

非常に明るいジムさん、周りの人をげん気にさせる、明るい方です。

ジムさんのおかげで管理している人たちものびのびと能力を発揮できているのだと思いました。

トップの働きかけが大事だと、ジムさんを見て思いますね。

 

日本からの研修生にも会えました。4月から、入ったばかりだとのことでした。初々しさの中にも夢を持ってやってきた力強さを感じました。

小林花卉で働いてくれている林さんも、2年前このハンティントンライブラリーで出会ったご縁からでした。

この一度の出会いから、働きに来てくれたのです。

人とのご縁はどこでつながるか分からないですね。

 

林さんのが活躍する場を、小林花卉で提供できているでしょうか。

ジムさんのように、人を元気にさせる働きかけができているのか、そして改めていい会社にしていかないとと、思いました。

ご縁を頂けたこと、大切にしていきたいと思います。

 

 

そして、午後からサンガブリエルナーセーーリーに行きました。

201541620287.jpg

 

 

石原さんという日本の方がやっている売店です。

201541620275.jpg

日本からも多くの研修生を受け入れ、花業界で活躍する人材が長年にわたり育っている素晴らし売店です。

2015416202923.jpg

 

2015416203021.jpg

日本から遠く離れた場所で長年やってきたこと尊敬します。

 

 

 

 

 

そして3件目はロジャースガーデンです。

201541620320.jpg

世界で最も美しい花売り場と言われているだけあり、品揃えから提案、従業員さんの対応と、素晴らしいの一言です。

2015416203344.jpg

 

2015416203417.jpg

 

201541620356.jpg

 

 

2015416203627.jpg

 

2015416203712.jpg

 

 

こんな素晴らしい売店に、四つ葉のクローバーがありました。

2015416203819.jpg

 

2015416203933.jpg

 

 

2015416204027.jpg

感激です。

 

 

一つ一つの積み重ねで、いつの間にか世界一の花売り場においてもらえる、品種ができました。

佐藤さんはじめ、金澤さん、スティーブさん、農場を守ってくれているパートさん、社員さん、そして家族の支えあっての物です。

ありがとうございました。

感謝です。

 

明日は帰国するのみですが、一緒に行った方々との時間を大切にしたいと思います。

 

佐藤さんありがとうございます

今日は、アメリカ視察4日目です。

視察も終盤となりましたが、アメリカ視察の目的の一つ、グリーンフューズ社とサントリー社の訪問をしました。

 

 

まずは、グリーンフューズ社です。

2015415172937.jpg

 

2015415173014.jpg

 

 

グリーンフューズ社のスティーブ社長です。

2015415173321.jpg

社長自ら、商品紹介してくれました。

 

スティーブさんは、小林花卉の農場にも来て頂いたり、一昨年のアメリカ訪問時も一緒に同行してくれたりと、

信頼関係を築いてきました。

 

 

それはこのためです。

Trifolium 4 Luck 四つ葉のクローバーです。

必ず四つ葉が入っているという、このクローバーのアメリカでの販売がついに実りました。

 

 

 

 

展示ブース

201541517344.jpg

 

レッド グリーン

2015415173440.jpg

 

ココミント

201541517359.jpg

 

グリーングロー

201541517369.jpgのサムネイル画像

育種をしていたことの一つ形として、アメリカでの販売になったこと本当にうれしいです。

 

 

 

そしてこの綺麗なダイアンサスも日本の有名な育種者の品種です。

2015415173921.jpg

 

低温感応のいらないダイアンサスなんですよ。

2015415174053.jpg

 

どなたかわかりますか。

日本でも有名な育種家のあの人です。

2015415174222.jpg

 

 

 

 

じゃーん!!

2015415175847.jpg

そうなんです。

日本を代表する育種家、矢祭園芸の金澤社長です。

 

金澤さんと一緒にアメリカに来て、品種の販売をするようになるとは、夢にも思っていませんでした。

 

ここには、いつも育種を教えてい頂いている、佐藤さんのお力があったからであります。

佐藤さんには、育種を教えて頂いているだけでなく、仕事外でも私の子供と遊んでくれたり、

人とのご縁を作っていただいたりと、いい人生を送るための生き方も教えて頂きました。

そして、今回、アメリカでの販売の夢を見させてくれ、すべてを取り仕切っていただいておりました。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

そんなグリーンフューズ社の商品の一つサルビアです。

2015415174558.jpg

栄養系の連続開花するきれいな品種です。

 

このサルビアに向かってみんな真剣にカメラを構えています。

2015415174343.jpg

 

 

でも、理由は別にあるのです。

 

実はかわいい訪問者がやってきていたのです。

塗りつぶした黄色の枠のなかに、、かわいい訪問者が今ます。

なんだかわかりますか。

2015415175646.jpg

 

小さなこと生き物、いるのが確認できるでしょうか。

2015415174629.jpg

実は、ハチドリが蜜を吸いに来ていたのです。

とてもかわいく、鳴き声もかわいかったです。

 

 

 

 

 

そしてまた、目的の一つ、サントリーフラワーズの展示会場です。

 

山の上までこのバスに乗っていきます。

2015415175950.jpg

山の頂上に展示会場を設けているんです。

 

ロケーション最高です。

201541518129.jpg

 

201541518043.jpg

 

201541518347.jpg

 

2015415181157.jpg

 

 

 

いろいろな商品を展示してありましたが、

今回はこのビデンスを見に来るのが目的でした。

 

2016年NEW ビデンス ビーダンス

ハチが好んで寄ってきます。

201541518522.jpg

 

20154151862.jpg

コンパクトタイプのビデンスの赤、そしてストライプ2品種で販売ですね。

 

コンビネーションにも合いますね。

201541518919.jpg

 

2015415181035.jpg

 

素敵なビデンス ビーダンス、日本ではいつ販売になるのでしょうかね。

楽しみです。

 

今日はボール社も視察しましたが、ここでおしまいです。

明日が視察最終日、どんな出会いがあるが楽しみです。

 

 

 

アメリカ視察3日目

今日はサリナスを出発して5時15分モーニングコール、5時45分朝食、6時45分集合、というハードスケジュールでした。

 

何せ400キロ以上走る今日の日程、移動に時間がかかります。

相変わらず、霧ですね。

2015414153449.jpg

 

霧が晴れればこの通り

2015414153624.jpg

 

 

カリフォルニア州は農業が盛んでありますが、ワインの産地としても有名です。

見てください。

見渡す限りのブドウ畑、このような風景が何十キロにもわたって続いています。

201541415388.jpg

 

2015414153919.jpg

 

2015414162434.jpg

 

すべてブドウ畑です。

このような広大な土地で、効率良く生産しているんですね。

大規模経営の強みを見ることができました。

作業の簡素化、機械設備の使用頻度は大型化するほど上がってきます。

昨日のドレスコール社と言い、このワイン産地と言い、自社の経営を考えさせられますね。

 

 

さて、本日一番最初に伺ったのは、デューメン社です。

2015414154211.jpg

 

2015414154246.jpg

 

 

栄養系品種がいっぱいです。何とも素晴らしい品種が多く展示していありました。

ペチュニア

2015414155551.jpg

 

 

カリブラコア

201541416521.jpg

 

 

宿根バーベナ!?

20154141668.jpg

 

 

ベゴニア

2015414155722.jpg

 

 

メカルドニア、ロベリア、バコパ、アリッサム

201541415455.jpg

 

コリウス

201541416107.jpg

 

 

コンビネーションバスケットの提案は多いです。

2015414161423.jpg

 

201541416440.jpg

 

2015414161511.jpg

 

やはり消費者のニーズがおおくなってきているのでしょうね。

 

 

 

 

続いてはフロラノバ社です。イギリスの会社です。

2015414164558.jpg 

20154141709.jpg

 

 

日々草                                   

2015414164819.jpg

 

 

ベゴニア ボリビエンシス

2015414165256.jpg

 

アゲラタム2015414165553.jpg

 

ペチュニア

2015414165751.jpg

 

そのほかベランダで育てられるコンパクトなタイプの野菜の品種を数多くそろえていました。

すっかり写真撮り忘れてしまいましたが、ハンギングタイプの野菜は、オリジナル性があり面白帷商品だと思いました。

 

 

 

続いていったのは、日系3世の社長が経営しているラ・スミダナーセリーです。

2015414162740.jpg

サンタバーバラにあるこの売店は、バラに力を入れており、10エーカーのうち、1エーカーをバラ置き場にしています。

 

2015414163617.jpg

 

2015414164053.jpg

 

 

しかも農園で販売するうちの20パーセントを自分で生産しているそうです。

2015414164227.jpg

 

ここ4年は、極端に降雨量が減り、10月から1月は毎週降っていた雨も、去年は年間18回だけとなっています。

雨が降らないので、条例で水の使用量に規制がかけられてしまったとのことでした。

 

その内容ですが、

 1.週2回以上庭の水やりをやってはいけない

 2.駐車場に水をまいてはいけない

 3.洗車は洗車場に行って行わなければいけない

 

そのためもあり、現在シーズンではありますが、販売金額は減少しているそうです。

素晴らしいガーデンセンターですが、外部環境の悪化という時代の変化が影響してしまっています。

どんな風に、形を変えていくのか、応援していきたいと思いました。

201541417856.jpgのサムネイル画像

 

 

                                                         

半分を過ぎ、残り2日となりました。

明日もどんな発見があるか、楽しみです。             

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

アメリカ視察2日目

カリフォルニアは陽射しが強いのですが、朝は寒くてジャンバーを着て出かけました。

緯度もやや高く、北海道のようなイメージですと、添乗員さんに教えて頂きました。

 

バスの中では、添乗員の南さんが、カリフォルニア地域の事を説明してくれました。

ここら辺は海沿いの地域で、寒流が流れているそうです。

そして内陸は砂漠という事で、暑いため、朝方は、霧が発生することも多いそうです。

2015413135558.jpg

かなり、霧は濃いです。

視界が通らないので、バスもスピードを落として運転していました。

ガイドさん曰く、キリが出るのは日常茶飯事なので、キリが出るのを悩んでいたら、きりがないそうです(笑)

 

 

 

 

今日の一件目は、ベナリー社 ドイツの種苗会社です。

種子系の品種を得意としています。

なんといってもベゴニアでは世界的に有名です。

 

ベゴニアの各種を見てください。

201541314444.jpg

201541314024.jpg

ベゴニアビッグ ビッグというだけあり、花も葉も大柄な品種です。

 

 

201541314740.jpg

ベゴニアワッパー 何とも大きいですね!

私のベゴニアの概念を超えた品種です。

 

 

数年前、ボジャーボタニカル社を買収してレパートリーが増えた、種からできる宿根草類。

2015413141142.jpg

とても魅力的な植物群でした。

 

 

 

続いてはストロベリーのトップ企業、ドリスコール社視察です。

世界のイチゴ産業は、アメリカ企業が6割を占め、その中でも26パーセントのシェアを占めているトップランナーです。

 

イチゴ、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーを世界に27の拠点を持ち、51か国で販売しています。

2015413141343.jpg

 

ビジョンを浸透させ、社員がそのビジョンに向かい行動しているのが印象に残りました。

親子2代にわたり会社に入っていたりと、カリフォルニア州のイチゴだけで12000人の雇用をしている会社でありました。

日曜日の休みにも関わらず、日本からの訪問客のために出勤をしてきてくれ、対応してくれた社員さんは

人を大切にする行動に誇りを持っていました。

人を大事にするという、ビジョンが浸透しているんだと感じさせられました。

 

 

きれいに整備された農場

2015414172956.jpg

 

2015413142037.jpg

 

草一本生えていません

201541417324.jpg

どうやっているかと言えば、人手を使っての除草作業だそうです。

大量生産でありながら、基本となる農場整備、手間のかかる除草作業をきちんと行っていました。

やるべきことをきちんと行う事が大事なのだと思いました。

 

 

 

続いてプルーブンウィナーズ社のパックトライアルです。

プルーブンウィナーズはマーケティングの会社で、育種者から預かった品種を、消費者に届けるために様々な取り組みをしているマーケティング専門の会社です。

2015413142355.jpg

2015413142546.jpg

プルーブンウィナーズ社は、リゾート地のホテルを借りて展示しているのです。

とてもきれいな場所でしたよ。

 

 

 

今日の夕飯はメキシカン料理でした。

メイン料理が出た後、追加でフライドポテトを頼んだはずが、出て来たものは、もう一度同じメイン料理。

 

さらにフライドポテトが出てくる予定がこれ?

2015414174616.jpg

アメリカンサイズのじゃがバター!! 

 

泣くほど笑ってしまいました。

 

 

こんなハプニングも楽しみながら、今回のメンバーで一緒に視察に来られたことは幸せです。

 

 

 

 

視察初日

現地時間はまだ4月11日ですが、日本では12日ですね。

時差の関係でよくわかりませんが、11日の報告行きたいと思います。

 

 

総勢37名、サンフランシスコ空港から、バスでの移動です。

2015414175625.jpg

 

 

 

まず行ったのは日本でおなじみサカタのタネ、アメリカではSAKATAです。

2015414175727.jpg

 

2015414175842.jpg

 

 

 

カリブラコアのカリプッチ、非常にいい性質で、手入れいらずのパフォーマンスです。

201541418022.jpg

 

ここまで育種が進んで、性能はパーフェクトに近いのではないかと思います。

 

 

そして、カリブラコアとペチュニアの種間雑種のスーパーカル、こちらも技術の粋を集めたものだと思います。

201541418349.jpg

カリブラコアとペチュニアのいいところを取ったこの品種はさすがです。

 

 

 

ケイトウのドラゴンズブレス、大柄な品種ですが、存在感がありいい品種でした。

201541418644.jpg

 

サンパチェンス

2015414181046.jpg

日本よりアメリカの方が多くの品種を出しているそうです。

その中でもこのコンパクトタイプが人気だとのことです。

 

サカタさん、これからも、日本の企業として応援していきたいと思いました。

 

 

 

 

2件目シンジェンタシード社

2015414181432.jpg 

農場でも、宿根バーベナ キャンディーケーン、クフェア スリラッチャ、クフェア キューフォリック、ポインセチアといった

商品を導入させてもらっています。

 

飾ってありましたよ。

宿根バーベナ キャンディーケーン

2015414181857.jpg

 

クフェア スリラッチャ

2015414182638.jpg

ポインセチア

2015414181643.jpg

 

 

 

最近の売れ行きとして、コンビネーションバスケットがアメリカでも多くなってきたそうです。

2015414183038.jpg

 

201541418359.jpg

 

 

2015414183714.jpg

3種類の植物が一緒に育てられ、非常にきれいなミックスの展示をしていました。

シンジェンタ者では、おすすめミックスをカタログにもしており、力が入っていると感じました。

 

 

 

 

3件目はダンジガー社です。

本社はイスラエルの会社です。

日本でもおなじみの商品が多くあります。

小林花卉でも生産していた、ビデンスに新しい品種が出ました。

2015414184031.jpg

やや花首が伸びあがるタイプで、作り方を考えれば、寄せ植えの芯になる商品ではないでしょうか。

 

 

バコパ

2015414184230.jpg

さすが、ダンジガー社です。

大輪八重咲のラベンダー色でとてもきれいです。

 

 

まだまだ消化したいものありましたが、今日はここでおしまいです。

また明日お楽しみに。

 

今日、明日はサリナスに宿泊です。

 

 

アメリカ視察

今日から一週間、アメリカ視察に行っています。

毎年アメリカのカリフォルニア州で、4月に行われている、パックトライアルという種苗会社の展示会の視察ツアーに参加しています。

成田空港から一路サンフランシスコへ、そこからロサンゼルスまでの間を種苗会社の展示会は駆け足で見て回るツアーです。

201541232230.jpg

 

今回は、全国育成者の会という育種をしている方々のツアーに混ぜてもらっています。

 

全国育成者の会会長でもあり、今回の視察団団長の金澤さん

決起集会でのあいさつです。

201541231944.jpg

業界では知らない人のいない、矢祭園芸社長であります。

100品種以上の品種を開発した、個人育種家界のスーパースターでもあります。

一緒に行けるのですからいろいろ学んできたいです。

 

金澤さんのあいさつの中で、今回の視察は、アメリカでどんな商品が売れているのかだけでなく、

どんなものが求められているのか種苗開発から販売までをマーケティングして、

日本に持ち帰るという重大な任務を背負っているともおっしゃられていました。

 

本当にそうですね。

農場では、出荷を控え、最終調整の段階のものが多くあります。

農場を守ってくれるパートさん、社員さん、そして家族が送り出してくれているからこそ、視察に出られるのですよね。

4月の中旬という重要な時に、視察をしてくるのですから、しっかりと持ち帰りたいと思います。

視察先のリポートお楽しみに!

 

宿根バーベナ色々咲いてきましたよ。

今日も晴れ間は見えませんでしたね。

幸いにも、温室があるので天候不順でも植物の管理をしやすいです。

とはいえ、お客様が花を植える気になるようにすることはできないですよね。

でも、きれいな宿根バーベナたちが咲いてきましたよ。

 

種苗会社さんで開発された品種、ここ数年でかなり個性的な品種が揃ってきました。

 
 
ラナイ キャンディーケーン
2015410185019.jpg

 

 

エストレア ピンクバレエ

2015410184432.jpg

 

 

エストレア ブルーベリー

201541018565.jpg

 

 

パティシエ ブルー&ホワイト

2015410184456.jpg

 

どうですか、ウズウズしてこないですか。

植えたくなってきますよね。

 

 

私が好きなのはキャンディーケーンなんですよ。

 

もう一度

2015410185313.jpg

 

この赤とピンクがかった白のコントラスト、この品種を見た時は、自社開発をやめようかと思ってしまいました。

でも、キャンデイーケーンは、私の農場の手癖に合わないんですよね。

 

他の品種も品種ごとに癖があり、同じような顔つきにすることは難しいです。

その品種群を、社員さんは上手に仕上げてくれていますね。ありがたいことです。

 

 

追伸

今年のハッピーバルーンに続き、来年も弊社開発品種、発表できそうです。

日本の中でも、暑さではトップクラスの、熊谷の隣町、深谷で開発です。

「真夏もへこたれない丈夫さ」、「株の作りやすさ」、そして「花色」を、見極めて本生産しています。

どこのお客様にも喜んでもらえると思っています。

 
 
開発までの時間はかかりますが、そこまでの過程も楽しいのですよね。
 
やっぱり自社で開発していく方が、小林花卉にはあっているのかもしれないです。

雪になりました。

今日から、我が家の小学生は学校が始まりました。

雨の始業式となってしまいました。

 

社員の小池君の下の子供は、本日入学式を迎えました。

小池君が入社したときには、まだ学校にも行っていなかった子が、もう中学生になったのですね。

月日の経つのは早いものです。

その小池君は、4人の社員さんの立派な上司となっています。

今では小林花卉の要としてのカランコエの生産を一手に引き受け、尚且つ社員さんたちの面倒を見てくれています。

本当にありがたい存在です。

 

桜も咲いて、ここまで暖かくなってきたので、まさか雪が降るなんて想定しませんでした。

201541091715.JPG

最近になって、露地に出した植物もいくつかありましたので心配です。

寒さに強い植物なので大丈夫だとは思いますが、これから少し注意深く観察して見ようと思います。

 

早く本格的な春を迎えたいものですね。

 

今日は、山田君が管理してくれている温室の方で、定植作業が行われていました。

ビデンス ソレイユ3.5寸ポットで栽培します。

201548192525.jpg

一昨日も紹介しましたが、このビデンス ソレイユはシンジェンタ社から販売されている品種です。

春から秋までずっと咲き続けるとても強健な植物なんですよ。

花が咲き続けるので肥料は切らさない様に管理してあげて下さい。

切れ込みの入った葉がかわいいですね。

 

これからどんな成長をしていくのか楽しみにしていてください。

 

 

 

ページ上部へ