ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ランタナ

だいぶ秋本番の雰囲気になってきましたね。

気が付くとシュウメイギクも咲き誇っていました。

202091617599.jpg

 

 

 

その下にあるのが今日紹介するランタナになります。

2020916175958.jpg

こちらがランタナ 赤もこりん その奥がもこりんレモンです。

もこもこ花をつけながら育つからもこりんなんですよ。

今年の夏は一度も剪定せずにそのまま飾っていましたが、まとまっていてとてもいい状態ですね。

 

 

小林花卉のランタナは他にもらんらんシリーズという大きく育つシリーズがあります。

らんらんはどうなっているかというとこんな感じです。

202091618357.jpg

もこりん同様に花も咲いていますが、葉が大きくて花の印象よりも

生い茂る葉の方が印象が強くなってしまいました。
 

生育力旺盛で大きな庭には合う気がしますが、一般家庭ではもこりんがいいのではないでしょうか。

 

 

今年の販売はもう終わってしまっていますが、またらい来春出荷用に生産していきますので楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

ブッドレア シルバーアニバーサリー

今日も33℃と日中は暑い日となりました。

 

さて今日は寄せ植え用に生産している商品の紹介です。

202099195251.jpg

こちらブッドレア シルバーアニバーサリーです。

寄せ植え用という事で小さなポットにして植えやすくしています。

 

この小さなサイズですが、ボリューム満点の3本植えをしています。

このまま植えてもいいですし、さらに小さく一本ずつに分けて植えてもいいですね。

 

3本植えているため、母株数量も必要となり、なかなか増産できない状況ですが、

買った方が喜んでもらえるよう商品づくりをしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

フレンチラベンダーティアラシリーズ

9月5日(土)台風9号の次に10号がまたやってきています。

台風の影響のある地域の方、被害の出ないよう気を付けてください。

 

大変な地域もある中、私たちの地域では今日も暑い日となりました。

 

さて今日はフレンチラベンダーの生育状況を紹介します。

202095192840.jpg

フレンチラベンダーのオリジナル品種、ティアラシリーズです。

暑さにも強いこのティアラシリーズです。

7月に挿し木をしてから早いものでもう9月、すでに剪定を2回行っています。

順調に生育しています。

 

来春までにあと3回剪定をしてボリュームある商品に仕上げていきたいと思います。

 

来年は過去最高の品質に仕上げていきたいと思います。

お楽しみにしていてください。

 

きれいに植えてもらいました。

今日はマリーゴールドの丘公園へマリーゴールド納品の最終日でした。

 

植えた後のマリーゴールドの丘公園の様子です。

202094201524.jpg

空と雲がきれいで我ながらいい写真が取れたと思っています。

 

でもマリーゴールドを紹介したいのですから、地面に植えてあるマリーゴールドを

拡大してみてくださいね。

 

きれいに植えてもらました。

丘の上から本庄市内一望できる子のマリーゴールドの丘公園です。

コロナ禍で人ごみを避けて遊びに行きたいと思っている方多いと思います。

マリーゴールドの丘公園はゆっくしたい方にピッタリです。

これから寒くなるまでさらに大きく花盛りとなりますから、ぜひ見に行って観てください。

 

マリーゴールドの丘公園2

今日は涼しいくらいの日でした。

関西地方は台風の影響でまだ35℃以上になっているとのことですね。

台風10号も発生したようで、これから台風の季節となりますので要注意が必要です。

早めに温室の点検をしていきたいと思います。

 

 

今日はマリーゴールドの丘公園に、マリーゴールドを納品に行ってきました。

マリーゴールドの丘公園ですからマリーゴールドがメインの花です。

その花を任せていただいたのですから、ありがたい限りです。

 

 

早速植えてもらいました。

20209120114.jpg

曇り天気で作業に最適な天気だったと思います。

 

 

 

20209120927.jpg

まだまだ完成にはなりませんが、どんな景色となるか楽しみです。

 

これから秋いっぱいまでさらに大きくなってきれいな景色が見られると思います。

 

 

ぜひ上越新幹線 本庄早稲田駅前 マリーゴールドの丘公園に遊びに来てくださいね。

マリーゴールドの丘公園

今日で8月も終わりです。

昼間の暑さもだんだんと和らいできているのでだいぶ体が楽になってきました。

一日一日と秋に向かっていっていますね。

今年は新型コロナウィルスの大きな波の中で過ごしてきた感じがしていますが、

あっという間にここまで来てしまいました。

今年も残り4か月、体制を整えて秋販売に取り組んでいきたいと思います。

 

 

さて、今日紹介するのはマリーゴールドです。

2020831192320.jpg

今年はこんなにも多くのマリーゴールドを生産しました。

しかしたくさん生産しました。

この時期に大量のマリーゴールドがなんであるのでしょうか。

 

実はこの大量のマリーゴールド、深谷市の隣町、本庄市にある上越新幹線の本庄早稲田駅前にあるマリーゴールドの丘公園に植えてもらえます。

 

マリーゴールドは暑さを越えたこれからの季節にさらに色鮮やかに咲き誇ってきます。霜に当たらなければある程度の寒さにも耐えられるので、11月上旬の初霜がるくころまでは楽しめると思います。

自分たちの農場で手間ひま入れて作ったこのマリーゴールドが植えられ、

オレンジいっぱいの公園を見た人たちが喜んでくれているときを思い浮かべると

それだけでわくわくですね。

 

株が大きくなって潅水が一日3回やる事態になってしまっていましたが、あと少しです。

最後まで頑張って管理していきましょう。

ガザニア カナリアスマイル

昨日は安倍首相が退任されましたね。

この小さな農場の中でもいろんなことが起こり、方針や判断を迫られます。

判断に悩むことや決断を迫られることがありますが、安倍さんは一国の長ですからね。

想像できないくらいいろんな重責を担っていたと思います。

長年お疲れさまでした。

政治家安倍さんがいいか悪いかはよくわかりませんが、日本を背負っての任務本当にお疲れ様でした。

 

 

 

さて、今日も晴れの天気でしたね。

日も出て暑かったです。

 

今日はガザニア カナリアスマイルの紹介です。

2020829202559.jpg

こちらカナリアスマイルは 花弁の中心部分がオレンジで、周りが白く抜けていくバイカラー咲きの品種です。

この微妙な花色が人気で、春と秋出荷用に生産しています。

当初の予定は10月出荷でしたが、もう少しで出荷可能となりますね。

期日よりかなり早くなっていますが、早めに納品できればいいなあと思っています。



 

キンギョソウ スナップタティック

本日は晴れのち曇りといった天気でしたが、じめじめとした暑さで体を動かすと

どっと汗が出てくるのがわかる感じでした。

しかし秋は近づいてきています。

 

今日はキンギョソウを見てもらいます。

2020828183723.jpg

こちら、シンジェンタ社が育成した鉢花向けのキンギョソウ

スナップタティックです。

キンギョソウは切り花用の背が高くなる高性品種も多く出ていますが、

こちらのスナップタスティックは草丈50cm位になる中性品種です。

しかし、この時期は草丈15㎝くらいで咲いてしまいます。

 

もともと、多くのキンギョソウの品種は日が長い時に花咲かせる植物だったのです。

日が短い期間に株を作り、日が長くなると花を咲かせる春の花だったのです。

その長日で花を咲かせる性質のキンギョソウを、長い年月をかけて日の長さに関係なく花を咲かせる性質を持たせたのが、今花壇用の苗として販売されている品種たちなのです。

 

このスナップタスティックも9月のお彼岸までは春のような大きな株ができずに花が咲いてきてしまうのです。

2020828183647.jpg

画像ではわかりにくいですが、枝の先端につぼみが見え始めています。

 

9月上旬に出荷予定です。

もともとが草丈15㎝くらいのコンパクトな品種もありますが、

こちらのスナップタスティックは秋深くまで咲いて、

翌春はさらに大きくなって咲いてくるのでとても見ごたえがあります。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

ケイトウ多粒播き

今日もこちらは晴れていい天気になりました。

しかし、日が落ちるのが早くなり夕方になると涼しくなってきて、コオロギの音色も聞こえて秋が近づいているのを実感しています。

 

 

 今日はケイトウ多粒播きの紹介です。

こちらは赤・オレンジ・黄色・ピンクなどいろんな色のケイトウのタネを混ぜ合わせ、

1ポットに40粒くらい蒔いてある商品なんです。

小さなとんがり帽子がたくさん並んでいるようでとってもかわいい商品です。

ケイトウのタネは普通の鉢物生産にも使われているものを使っており、1株を1ポットに植えて栽培した場合は、

20㎝くらいの高さになるのです。

それを多粒播きをすることで土の中の栄養を40本の株がわけあって使うため、

大きくならずに仲良く粒ぞろいなかわいいとんがり帽子がそろった商品となります。

2020826195043.jpg

こちらの商品は10月中旬に出荷予定です。

この暑い時期には一月半で出荷する大きさになります。

種から育てる植物を生産している生産農場にとっては普通のことですが、

挿し木をして定植して剪定をしてとポット苗の中でも手間暇かかる品目を中心に

生産をしてる小林花卉にとっては、種から育てる植物は回転の速い部類です。

 

しかしシクラメンなどは出荷まで1年間かけて生産をしています。

シャコバサボテンは2年間、低木類はそれ以上なんてことも聞きます。

それに対し、野菜苗の生産は定植して15日くらいで出荷をするとのことです。

 

いい商品はいい品質のものというだけではなく、相手の人が欲しい商品がいい商品となりますね。

お店の方、消費者の方、そして農場で働く人たちに喜んでもらえる植物は何かを見つけ、

商品化することが大事になりますね。

 

 

改めて相手の方が欲しいものが何かを確認し、そのうえでいい品質の商品を作っていきたいと思います。

チェリーセージ ピナフォア

朝晩が涼しくなってきましたが、日中はまだまだ35℃以上の暑い日が続きますね。

今年は10月まで熱いとの予報もあり、暑さが長引くのであればどんなふうに植物に影響が出るのか心配になります。

そして台風8号も沖縄近辺にいるようですね。

いよいよ台風予報に敏感になる季節になってきました。

被害が出ないことが一番です。

来てから慌てるのではなく、今から手を入れていきたいと思います。

 

さて、今日紹介するのはチェリーセージ ピナフォアです。

チェリーセージ ピナフォアは小林花卉で15年以上前から生産しているオリジナルのチェリーセージです。

当時は赤色の品種が多く出回っており、ほかの色は小輪系統の品種が少し流通している程度でありました。

そんなチェリーセージの状況でしたので、大輪でいろいろな花色をセットで販売してみたところ、

市場の方、お店の方にとても喜んでもらえたのを覚えています。

早いものであれから10年以上の年月が経っているのですね。

今では新しい品種に切り替えているものも多くなりましたが、当時から変わらず作り続けている性質のいい品種もあります。

 

このチェリーセージですが、春から秋まで温度があれば咲き続けるサルビアの仲間なんです。

冬場はじっとしていますが、春になると新芽が吹いて4月から開花する暑さにも寒さにも強いとてもいい植物なんです。

一株植えておけばお庭が華やかになります。

 

今年は例年以上に管理に力を入れ、ポット苗ながらも剪定を3回以上やってくれました。

わかりにくいですが、剪定したところから枝が吹いてきて、この枝が成長しその先に花が付きます。

2020825192515.jpg

どうですか、たくさん枝数があると思います。

9月下旬から出荷の予定でいます。

 

今年のピナフォアは楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

ページ上部へ