ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ビデンス 月虹

皆さん、台風被害は大丈夫でしたか。

こちらは台風の影響はあまりなく、朝から晴れ間が見えました。

台風一過で日差しが強く、社員さん達は水やりに追われていました。

でもこうやって晴れてくれると気持ちがいいですね。

 

今日もきれいなビデンスの紹介です。

2017918173555.jpg

あら、ピンボケです!

 

2017918173618.jpg

こんな花ですよ。

ビデンス 月虹です。

こちらも今年から試作をさせてもらっている九州の平田さん育成品種なんです。

先日紹介させて頂いた紅花火とこちらの月虹を作らせて頂きました。

 

なんとも言えない色合いです。

ビデンスも多くの品種が出てきていますが、この平田さんのビデンスは

作っていて好きですね。

 

今年は少ないですが、来年から本格生産したいと思います。

ご期待ください。

 

大宮アルディージャ

今日は一日台風の影響で雨でした。

私たちの地域は避けて通ってくれましたが、台風の進路の方々に被害が出ないことを祈っています。

昨日の夕方から雨が降りだしましたが、実は昨日は年に一回の熊谷スポーツ公園で行われる

大宮アルディージャの試合があったんです。

去年から社員さん達と一緒に観戦に行っているんです。

2017917185254.jpg

 

雨の中でもこのサポーターの数、すごいですね。

2017917192322.jpg

熱気がすごいです。

私たちも一緒に参加させてもらいましたよ。

 

 

試合は始め点を入れられ0-1になってしまいましたが、試合終盤には2-1と逆転したんです。

もう安心と思っていたら、アディショナルタイムになんと同点にされてしまいました。

残念でしたが、勝負の世界ですから何が起こるかわからないですね。

選手の皆さんお疲れ様でした。

2017年9月、社員さん達との貴重な楽しい時間となりました。

 

 

でも、どれだけ多くの人の協力によって試合の運営をされているのか想像もつきませんが、

人の手によって作られているんですよね。

今回の試合も関係者の一人一人の手が重なり合い、作られているんですよね。

人の力を合わせて力を発揮させるとこんなに大きなエネルギーになるのだと、多くの人が集まるこの試合を観て考えさせてもらいました。

 

小林花卉も多くの人の支えによって運営できているのです。

その力を合わせて、発揮させて世の中の人たちに喜んでもらえる商品を作っていきたいと思います。

 

農場視察

今日ははるばるオランダからお客様が来社しました。

カランコエの育種に40年間携わっている種苗メーカーのブリーダーの方です。

 

各国の農場を見ては、生育状況や病気の出方、栽培のポイントなどを教えてくれているんです。

日本の種苗会社の方が小林花卉に連れて来てくれて本当にありがたいです。

 

そして迎える小林花卉のメンバーはというと、カランコエ責任者の小池君、

そしてカランコエ担当者となってメキメキ技術を身に付け始めた荒蒔君、

そしておまけに私の3名でした。

 

小林花卉の商品が良くなるよう、全面的に協力してくれている方々がいてくれて、

多くの人に助けて頂いて商品が出来ているのだと改めて思いました。

 

 

応援して頂いているのですから、いい商品を世の中に出してお客様に喜んでもらえるよう

がんばっていましょうね。

 

来社ありがとうございました。

 

 

 

サンブリテニア

今日もいい天気でした。

過ごしやすくなりましたね。

 

さっそくお花の紹介をしたいと思います。

今日はこの花です。

2017911191750.jpg

サンブリテニア スカーレットです。

紹介しましたが、花が咲いていません(泣)

去年はどんどん咲いてきていたのに、今年は日照不足の影響で咲いてきていません。

 

こちらはサンブリテニア アプリコットメルバ

201791119205.jpg

何とか花芽に色が付き、開花し始めようとしています。

 

天気はコントロールできないので、咲く咲かないはコントロールしづらいですが、

一流生産者は天候から植物の生育を予想して、開花をさせるようにしているんです。

長年やっていても一流になっていないなぁと実感しました。

 

しかし、植物をいい状態に保つことは私たちにもできる仕事です。

今出来ることをキチンと取り組んで、いい品質の商品を送りだしたいと思います。

 

紅花火

今日もいい天気でした。

連日出荷しているビデンスですが、今年から試験生産しているものがあります。

早速見て頂きましょう。

2017910183733.jpg

どうですか、キレイでしょ。

ビデンス 紅花火です。

このビデンスは、九州の生産者、平田さんが品種改良した商品なのです。

それを今年は試験栽培させて頂きました。

 

 

雰囲気がわかるようにと寄せ植えもしてみましたよ。

201791019846.jpg

なんだかいい表情をしています。

 

来年本格生産に向けて最終試験栽培をしています。

販売試験もしたいと思い、平田さんに許可を頂きました。

平田さんのラベルを使わせて頂き販売していきます。

お試しして頂ける方がいましたらご連絡ください。

 

ステキなお花を生み出してくれた平田さん、ご縁を頂き

ありがとうございました。

 

 

 

四つ葉のクローバー

今日も秋晴れ?でした。

ところでいつから秋晴れっていうんですかね。

 

さて今日は露地ですくすく育っている四つ葉のクローバーを紹介します。

この四つ葉のクローバーは種苗メーカーさんと一緒に開発をしており、

去年から小林花卉専売となった商品なんです。

 

必ず四つ葉がはいっているように品種改良したクローバーです。

中でもこの品種は今でも花盛りです。

20179919375.jpg

すごい花付きですよね。

 

20179919380.jpg

今なら花付きでの出荷となります。

 

本格出荷は、10月に入ったころとなります。

ただ今ラベルのデザインを変更してもらっています。

もっとかわいくなりますよ。

 

お楽しみにしていてください。

 

四つ葉のクローバー

今日も秋晴れ?でした。

ところでいつから秋晴れっていうんですかね。

 

さて今日は露地ですくすく育っている四つ葉のクローバーを紹介します。

この四つ葉のクローバーは種苗メーカーさんと一緒に開発をしており、

去年から小林花卉専売となった商品なんです。

 

必ず四つ葉がはいっているように品種改良したクローバーです。

中でもこの品種は今でも花盛りです。

20179919375.jpg

すごい花付きですよね。

 

20179919380.jpg

今なら花付きでの出荷となります。

 

本格出荷は、10月に入ったころとなります。

ただ今ラベルのデザインを変更してもらっています。

もっとかわいくなりますよ。

 

お楽しみにしていてください。

 

群馬視察の旅

今日は秋晴れというような過ごしやすい日でした。

 

実は昨日、地元の花の生産者組合(ふかや鉢物研究会)の視察研修がありました。

朝からバスで群馬県の生産農場3社の視察と販売店さんを見てきました。

さすが業者さんが紹介してくれるだけあって、どの農場も素晴らしい経営をしていました。

何より経営者の皆さんの人柄がよく、聞けばなんでもオープンに答えてくれました。

この人柄は私も見習っていきたいと思いました。

オープンに話をしてくれるので企業秘密はないとは思いますが、生産者さんの迷惑にならないようちょっとだけ気づいたところを

紹介させて頂きます。

 

一件目は、株式会社ナーセリーハラサワさんでした。

原澤さんはシクラメン生産者でありますが、お花屋さんやホームセンターなどにシクラメンを咲かせて出荷するだけではないんです。

シクラメンの種を蒔き、苗を育ててそのシクラメンの苗を生産者に販売しているんです。

花を付けたシクラメンが主力なのではなく、種から育てた苗が主力なんです。

ほとんどのハウスがシクラメンの苗で埋められると聞き、その数量にびっくりでした。

 

そして次は林園芸さんでした。

林さんは2代目の生産者で、シクラメン中心の経営だったのをシクラメンの他にカラーリーフ部門を作り生産を軌道に乗せていました。

ギャザリングをきちんと学び、ギャザリングをやる方たちの声も聞いて商品づくりに生かしているのですから頭が下がります。

また、注文対応にしたいとのことで、積極的に各市場の展示会などに行き営業活動にも力を入れていました。

林さんの人柄もあり、順調に受注を頂いているようでして、素晴らしいと思いました。

 

3件目はホシノナーセリーさんでした。

星野さんは自分で花作りを始め、シクラメンを中心にカラーリーフの生産も10年前からやっていたそうです。

カラーリーフの先駆者ですね。

実はこの星野さんには、サンシャインでのクレマチス展やペチュニア展などでもお世話になっていました。

今回初めて農場に伺わせて頂きましたが、イメージしていた通りの素晴らしい品質のお花を作っていました。

カラーリーフもビシッときれいに生産していて、学ばせてもらう所が多かったです。

 

 

 

今回農場視察を受け入れてくれた生産者さん、そしてこの企画を立ててくれた役員さんありがとうございました。

また一日一緒に視察をした鉢研の方々お世話になりました。

バスの中でもいろいろ情報交換させて頂き学びの多い一日になりました。

 

しかし視察も、農場に落とし込んで初めて生きてくるのですよね。

キチンと学んだことを会社で生かしたいと思います。

 

モンティゴ

今日は雨も降り肌寒い日になりました。

低温日照不足がいよいよ心配になってきています。

 

そんな心配をよそに植物たちは順調に生育しています。

キンギョソウ モンティゴが咲いてきました。

201796191329.jpg

 

201796191533.jpg

 

201796191558.jpg

 

201796191620.jpg

キンギョソウにとっては、涼しい環境が早く来てくれてよかったと思います。

 

もうすぐ出荷となります。

仕込みをしている植物と、出荷が始まる植物とで農場は忙しくなっています。

 

寒くなる前に作業を進めていきたいと思います。

ウィンターコスモス 3回目

いよいよ熱帯夜で苦しむことの多いこの深谷市でも寝ていると冷えてくることが感じられるようになりました。

昼間も晴れ間も見えてそれでいて暑すぎず、快適でした。

2017年の夏は終わりましたね。

 

 

それもそのはず、ウィンターコスモスが出荷となっているのですからね。

201795172335.jpg

今回のものは3作目、この作は理想の形に近づいてきました。

 

201795172631.jpg

この形に仕立てようとするのはまだまだ難しい。

前回の物はもう少し葉を小さくしたかったですし、

でも次の作はもう少し枝数を増やしたいです。

 

同じようにやっても潅水のタイミング、矮化剤のタイミングや濃度など

ちょっとずつ違っていますし、環境が違っていますから、

同じものを作るというのが難しいんです。

 

でもそのような植物を育てていき、花が咲いた時の感動は何とも言えないです。

この感動を味わうと辞められないですね。

 

 

 

ぜひ自分の仕事にやりがいを感じたい方、花作りをしてみてはいかがですか。

 

ページ上部へ