ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

バコパ カリプソジャンボ

今日も晴れていましたが、風が冷たく体感温度は低かったです。

今月も今日で終わり、明日から12月。

今年もいよいよ1か月となりました。

なんだかやることが多くなっているので、今年の事は今年のうちにやっていきたいと思います、

 

さて今日はバコパの紹介です。

20191130205122.jpg

こちらカリプソジャンボのホワイトです。

シンジェンタ社から販売されている大輪品種のシリーズなのです。

 

 

他にもこんな色があります。

20191130211737.jpg

ピンクアイ

ピンク色で真ん中が濃いピンク色になる品種ですが、まだ小さな苗なので特徴が出ていませんね。

これからが楽しみです。

 

2019113021205.jpg

ライラック

薄いラベンダー色です。

こちらも大輪で株が育ってきた時が楽しみな品種です。

 

 

2019113021257.jpg

こちらブルーです。

苗の入荷が遅れてこのブルーだけ細くて頼りないですね。

濃い色なので期待しているのですが、他の品種となんだか違っていて心配です。

 

でもこれから養分を吸って大きくなってくれるはずです。

今後を楽しみにしていてください。

研修生

今日もこの冬一番の寒さとなりました。

最低温度-1℃!

いよいよ冬本番。

イルミネーションがキレイな季節になりましたが、保温するための暖房代が心配になりますね。

 

さて、今日は研修生のお話です。

園芸専門学校のテクノホルティ園芸専門学校の生徒さんが、2週間の研修に来てくれています。

電車を使い朝から夕方まで、実際にパートさん、社員さん達と一緒に作業をしています。

初めての社会勉強ですから、緊張しているかと思いますが、頑張ってくださいね。

 

 

作業風景の一部です。

20191129144743.jpg

Uさんパートさん達と一緒にカランコエの出荷作業です。

 

研修を受け入れるという事は、研修生に誰かが教えてあげなくてはいけなくなります。

普段の自分達のペースで作業が出来ないので、負担になってしまう事もあります。

しかし、そこは小林花卉のパートさん達です。

温かく受け入れて、そして丁寧に作業を教えてくれていました。

 

こういった温かいパートさん達がいるからこそ、農場の雰囲気が明るくなりチームワークが良くなっているのです。

やはり人が会社を作っていきますね。

ありがとうございます。

 

研修を受け入れるという事は、自分たちの栽培に関する知識を研修生に教えてあげるという事もありますが、私たちが勉強になることの方が多いと思います。

新しい方が入ってきた時、仲間として温かく受け入れるためにどうするか、作業を身につけてもらうためにはどう教えていくかなど、私たちの勉強です。

ぜひ皆さん、研修やらアルバイトやらなんでも、一日だけでも小林花卉を体験に来てください。

一緒に勉強していきましょう。

 

 

 

ハピポン

今日は朝型雨が降りその後は曇り空でしたが、温度が上がり温室内は暖かくなりました。

温かいことは暖房を書けることが少なくなるのでありがたいですが、曇りで日射量が少ないため、それはそれで植物たちは柔らかく伸びてしまいそうで心配になります。

なんとも勝手ですね。

 

さて、突然ですがここで発表です!

アリッサム ハッピーポンポン はハピポンと略して呼びたいと思います。

パチパチパチ!!

日常でハッピーポンポンと呼ぶのは名前が長いのでかわいく省略させて頂きます。

皆さんもハピポンと呼んで下さいね。

 

そのハピポン、ここにきて注文をして頂ける方が多くなってきており、注文数を出すことができていません。

というのも、生産量が少ないためなのです。

ハピポンは、種から育てるアリッサムよりも丈夫で、夏の暑さも乗り切ることができるのですが、やはりアリッサムなので、基本的に暑さが好きではないんです。

その為、何とか暑い時期に挿し木をして秋から出荷をしていこうと思っていましたが、考えが甘かったです。

挿し木したものの暑さのために傷んでしまい、この秋の供給が少なくなってしまいました。

 

厚さを乗り越え生産してきたハピポンですが、生育を促すために、野口君の管理場所から、

夜間に加温している温室に移動をしてきました。

 

 

2019112417057.jpg

この温室の管理担当者は今年入社の三ノ輪さんです。

丁寧に手入れをしているところです。

 

 

野口君が育ててきたハピポン、いい状態でお客様に届けられるように

最後まで丁寧な管理をしていきましょうね。

 

今年は暖冬?

今日は曇りのち雨になりました。

寒い一日になりましたが、これから1週間くらいはぐずつきそうですね。

今年は暖冬とのことですが、最低気温があまり下がらないけれど晴れ間が見えない為

日中の温度も上がらないとのことでした。

夜間あまり下がらないことはいいですが、日中の温度が上がらないことは、

太陽が好きな植物を栽培している小林花卉にとっては心配な気候です。

 

環境を整える事 + 生育補助剤などを使いながら、計画通り開花するよう

社員さん達と取り組んでいきたいと思います。

 

アリッサム ハッピーポンポンも太陽が大好きな植物です。

20191122181037.jpg

 

ふるさと納税

今日は風が冷たく寒い一日になりました。

明日は冷たい雨でもっと気温が低くなるとのことです。

夜は暖房機が元気よく燃える季節になり、光熱費が心配になりますね。

植物を健全に生育させる為には、いい環境を作ってあげなくてはいけません。

暖房掛けるところにはきちんとかけて、いい環境を保持したいと思います。

 

さて小林花卉では、深谷市のふるさと納税の返礼品をやらせて頂いております。

毎月小林花卉で生産している深谷産のお花を使っての寄せ植えです。

11月はこのような寄せ植えを送らせて頂きました。

20191121171159.jpg

中心にコプロスマを入れ、周りにビオラ、白いアリッサム、

小林花卉オリジナルアリッサムのハッピーポンポン、

ビデンス、そしてワンポイントで斑入りのセキショウを合わせました。

 

ここで一種類ずつ紹介させてください。

 コプロスマは、ピカピカの葉を持つオーストラリア原産の植物で、

秋になりさらに葉色がキレイになりました。

 

 ビオラはシンジェンタ社から販売されているペニーシンクロシリーズ ピンクフェイス

という新しい品種です。花上がりも株張りも抜群にいい、優秀な品種です。

 

 白いアリッサムは、ノースフェイスという、大輪品種です。

難しい話ですが、生物には各細胞にその生物の遺伝情報を乗せた染色体があります。

通常染色体数は2倍体ですが、このノースフェイスは4倍体で染色数が倍あるのです。

2倍体に比べ4倍体は、花や株が大きく硬くなる性質があります。

ノースフェイスは4倍体のために、花が大きいんです。

同じ白いアリッサムでもちょっとした違いがあります。

 

また九州の生産者 平田さんが開発したオリジナル品種を特別に作らせて頂き、そちらも入れさせていただきました。

ウィンターコスモスとの交配種できれいな2色咲きが今回の寄せ植えに、とてもあっています。

 

そして小林花卉オリジナル品種 斑入りアリッサム ハッピーポンポンです。

斑入りながら、生育力が良く横に広がって大きくなっていきます。

紫色の花と斑入りの葉がとてもマッチしているお勧めの品種です。

 

そして最後にセキショウもいれています。とても丈夫な植物で、暑さ寒さにも余裕で耐えられます。 

 

いつもはケースに入れてまとめて市場やお得意様に送り届けているのですが、

ふるさと納税では、パートさん・社員さん達が手をかけて栽培してくれたものを、

一つ一つ寄せ植えして作品にしてくれています。

貰った人に喜んでもらえるよう、ていねいに栽培し販売したいと思います。

金魚草 スナップタスティック

今日も晴れ間が見えていい気候です。

年末までに作業を終わらせられるかドキドキしてきました。

焦っても始まりませんので、一つ一つ作業を終わらせていきたいと思います。

 

 

今日は金魚草の紹介です。

20191118191422.jpg

 スナップタスティックです。

このキンギョソウ、ポット苗で販売されているコンパクトなタイプとはちょっと違い背が高くなる品種なのです。

しかし、切花ほどの高さは出ない品種で、コンパクトな品種と切花種との中間あたり、

ニーハイ(膝丈)の高さで咲く品種なんです。

高さの出るお花が冬場にはあまりありませんので、スナップタスティックみたいな高さの出るお花は重宝しますね。

 

このスナップタスティック数色入れた鉢物にしました。

年末に販売し、玄関前を華やかにして新年をお迎えして頂ければと思い作成しました。

 

一つ一つ仕上げて年末を迎えたいと思います。

金魚草 スナップタスティック

アリッサム ハッピーポンポン

今日も晴れ間が見えていい天気でした。

 

アリッサム ハッピーポンポン花盛りになりましたので、再度紹介です。

20191117181348.jpg

斑入りの葉と紫色の花とのコントラストがキレイですね。

 

小さな花が集まって大きな花に見える花房はどんどん咲きすすみ

更に脇芽も花が咲いてくるので、これからさらに花が多く、

株いっぱいに咲き誇ります。

 

 

寒さに強いハッピーポンポン、ただいま出荷中です。

宜しくお願いします。

宿根ネメシア レモンスカッシュ

今日は曇り空でした。

日に日に寒くなってきますから、植物の生育も緩慢になって来ます。

 

地温を下げないよう、水やりやハウス環境を整えていく事がこれから大事になって来ます。

 

さて今日はこちらのネメシアの紹介です。

2019111321115.jpg

宿根ネメシア レモンスカッシュです。

レモン色のネメシア、これからの季節は暖色系の色が好まれますから

ちょうどいいのではないでしょうか。

 

レモンスカッシュは開花がやや遅いため、ピンクレモネードと一緒に開花せず出荷できません。

それでも苗を植える時期や剪定時期を変えたりすることで、出荷日を合わせる努力をしていくのです。

 

いい商品をお客様に届けられるよう、努めていきたいと思います。

 

 

 

宿根ネメシア チョコバナナ

今日は朝方に雨が降り寒い一日になるかと思いましたが、昼間晴れて温度が上がってくれてよかったです。

晴れは気持ちがいいですね。

 

晴れ間が見えれば開花も進みます。

先日紹介した宿根ネメシアは、ピンクレモネードの開花が早いですが、この花も咲きました。

20191111173621.jpg

宿根ネメシア チョコバナナです。

面白い名前ですね。

この宿根ネメシアはタキイ種苗さんから販売されている品種なのです。

その他にもレモンスカッシュ、グレ-プタルトといったデザートや飲み物の名前が付いている品種があります。

 

 

少しずつ出荷です。

 

良品生産をする方法は、日々の作業を丁寧にキチンと適期にやっていくしか道はないです。

野口君が毎日よく観て対処してくれています。

ありがたい話です。

出荷最後まで良く観て丁寧な作業をしていきましょう。

ページ上部へ