ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ギガ

20171225171024.jpg

突然ですが、何の花でしょうか。

 

 

チッ チッ チッ チッ チッ チッ チッ チッ チッ チッ

 

 

時間になりました。

正解は!?

 

 

スカビオサです。

ギガという名前が付いているほど、このスカビオサは超巨大輪ですが、何とも性能がいいんです。

 

 

 

 通常の植物は大輪になると一輪の花が咲くのに力を使うため分枝がわるかったり次の花が咲いてくるのが遅くなったりするんです。

 

しかしこのギガはそんな常識が当てはまりません。

見てください。

20171225172044.jpg

この性能は他のスカビオサを圧倒しますね。

しかも通常スカビオサは涼しい環境を好みますが、この深谷の夏も乗り越えられたんです。

 

 

巨大輪の品種の為、ギガという名前が付いたと思っていましたが、

今まで販売されてきた品種と、このギガの性能の差がかけ離れているから、

ギガとつけられたのだと思いました。

 

このロットの物はもう在庫がないのが残念ですが、来年のこの時期には

ご要望に対応できる量を生産していきたいと思います。

 

次回の出荷は4月頃になると思います。

暑さも寒さも乗り越えられるスカビオサです。

見かけた方はぜひお買い求めしてみてください。

 

ローダンセマム アフリカンアイズ

今日は天皇誕生日で祝日でしたね。

連休でパートさん達はお休みです。

そして明日はクリスマスイブいよいよ年末です。

 

今日はローダンセマム アフリカンアイズの紹介です。

20171223184138.jpg

毎年生産しているローダンセマム アフリカンアイズですが、今年は年末からの出荷です。

マーガレットと同じキク科で花が似ていますが、ローダンセマム類はこの-6℃まで下がる深谷市でも露地で問題なく越冬します。

寒さに強い花ですから、重宝しますよね。

 

 

今年は試験生産で数量はほんの少しではありますが、開花させられたことは大きな一歩であります。

チャレンジしてくれた社員さん達ありがとう。

 

皆さん、来年の年度末には期待してください。

 

 

 

 

 

佐藤さん忘年会

今週はお歳暮を届けにいったり、来ていただいたり一年のご挨拶をすることが多くなりました。

せわしなくなってきた今週ですが、今日は佐藤さんが来てくれました。

育種の経過を身に来てくれているのですが、小林花卉に来るのは今年は今回で終わりになります。

そのため、今日はささやかですが佐藤さんとの忘年会をこれから行います。

 

育種以外でも社員さんたちに声をかけて、社員さん達の成長を応援してくれているのです。

多くの人たちに見守られながら小林花卉の社員さんたちは仕事をしているのです。

ありがたいことですね。

 

今晩はお世話になっている佐藤さんへお返しをしていきましょうね。

斑入りアリッサム

いよいよあと2週間で今年も終わりになりますね。

今年出荷する予定のもの、まだあるんです。

 

 

 

斑入りアリッサムです。

20171216171514.jpg

イスラエルのダンジガー社の商品「ホワイト ストリーム」の枝変わりなんです。

特別に許可して頂き増殖しているんです。

 

でも結構この増殖に手間どってしまっています。

 

しかし、とても丈夫なホワイトストリームからの枝変わり、しかもみての通りきれいな斑入りのアリッサムですから買ったお客様には喜んでもらえると思っています。

 

流通量は少ないと思いますので、ぜひ見かけた方は手に取ってみてください。

寄せ植え大会

今日は昨日の寄せ植え大会で出来た寄せ植えを紹介します。

写真を撮るのを忘れてしまい、すでに持ち帰ってしまったものがいます。

素晴らしい作品が出来上がりましたよ。

数点ですが、お楽しみください。

 

20171215205637.jpg

 

 

 

2017121520579.jpg

 

 

20171215205932.jpg

 

 

2017121521331.jpg

 

 

2017121521911.jpg

 

 

2017121521955.jpg

 

 

20171215211041.jpg

 

 

20171215211135.jpg

 

同じような花材を使ってもそれぞれの表現できれいに仕上げていますね。

 

 

 

持ち帰り大事に育ててくださいね。

 

小林花卉忘年会

今日は小林花卉の忘年会でした。

午前中寄せ植え大会をやってお昼に忘年会をやるんです。

 

では早速みてください。

 

 

まずは寄せ植えの説明です。

 

20171214172717.jpg

 

 

事前に選んでおいた苗を使って、各自好きなように寄せ植えをしてもらいました。

 

2017121417339.jpg

 

 

20171214173417.jpeg

 

 

20171214173447.jpeg

 

20171214173542.jpg

 

 

 

さて、終わったら並べてみんなで投票です。

20171214181952.jpg

 

投票結果は後程

 

 

場所を移して葵寿司さんへ

いよいよ忘年会開始です。

 

2017121418254.jpg

まずは挨拶をさせて頂き

 

 

20171214182228.jpg

続いてサプライズゲスト!

小林花卉を支えてくれている深谷市の小島市長です。

 

20171214182927.jpg

俊の乾杯のあいさつ、もう酔っているようですがまだお酒は入っていないですよ(笑)

 

では様子を見てください。

20171214183213.jpg

 

20171214183257.jpg

 

 

20171214184029.jpg

 

 

20171214184243.jpg

 

 

2017121418243.jpg

 

 

 

20171214184412.jpeg

 

 

 

 

今年はいい面も悪い面もいろいろありましたが、こうやって働きに来てくれる方達と忘年会が出来たことは幸せです。

幹事を務めてくれた荒蒔君、社員さん達ありがとうございました。

 

オステオ八重

オステオスペルマム新品種をちらっと紹介させて頂きます。

 

八重のオステオスペルマムです。

20171213172644.jpg

 

 

観て下さい、このボリューム、この花付き

20171213172449.jpg

この品種は八重品種で、しかも上に伸びる品種ではなく

横に広がる性格なんです。

更に横に広がる品種は、大きくなると株の横にだけ花が付き

すぐ上は禿げあがる性質のものになりやすいんです。

 

それをクリアしたのがこの品種です。

分枝はよくて花が株元にも咲いてきます。

 

試験生産していますので、興味を持った方はご連絡ください。

 

挿し木の環境

宿根バーベナの挿し木も終わりに近づきました。

手前から挿し木をしていき、人が立っているところまでやり終えました。

これだけの量を挿し木するのですから、パートさん達はすごいですよね。

20171212171048.jpg

 

 挿し木の部屋は出荷間際の部屋と違い、蒸し暑いくらいにしておきます。

そしてちょっと暗くなっていますよね。

 なぜかというと、挿し木時の植物は根がありませんから、水が吸い上げにくく萎れやすいです。

葉から水分が逃げていきます。

だから時々葉水(霧吹き)をして葉から水分が逃げないようにしています。

また直射だと光線が強すぎるので、日よけをします。

 

 

ここの管理は今年入社した野口君にやってもらっています。

先ほど紹介した管理方法も理屈ではわかりますが、環境を同じにするのは現実的に難しいんです。

見ての通り、光が当たりやすい場所が出来たり風が入りやすかったり、いろいろありますね。

これから実際に経験してコツをつかんでもらえばと思っています、

応援していますよ。

ラミウム

今日も晴れ間が出ました。

挿し木の場所では温かい環境にしていますが、出荷間際の植物が置いてあるの場所では、

出荷後の荷痛みが起きないよう外気に当てて強くしているのです。

 

 

今日はラミウムの紹介です。

20171211164512.jpg

スターリング ライム

 

 

20171211165416.jpg

スターリングシルバー

 

このラミウムたちは柔らかな雰囲気を持っていますが、寒さにも強く、

葉が赤くなりますが霜に当たっても、じっと耐えているんです。

 

外に置いてあるラミウムです。

2017121117357.jpg

霜にあたっていますが元気です。

 

 

寄せ植えに柔らかなイメージを与えられるラミウムぜひ使ってみてください。

 

 

ポインセチア

今日もいい天気でしたね。

 

今日もポインセチアに妖精が来てくれていました。

201712920539.jpg

キラキラのラメをふってくれています。

 

素顔は見せませんでしたが、なんだか今日の妖精はたくましい感じですね。

 

 

 

実は今日、ポインセチアの最終出荷でした。

暑い盛りの7月から管理の始まるポインセチアもとうとう最終出荷になったのです。

 

この最後までというのが肝心ですね。

 

今年入社した瀬川君が管理担当したポインセチアでした。

最後までキチンと管理をしてくれてありがとうございました。

 

一つ一つ管理を覚え、生産者として成長していくんですよね。

これからもいろんな経験をしていくことになります。

さて、次はどんな花を咲かせてくれるでしょうか。

 

 

 

ページ上部へ