ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ラベンダーアラルディ メルロー

今日も風が冷たい日となりました。

 

しかし、太陽の光線は強くなってきたのが感じられます。

植物たちも敏感に光線に反応しているのがわかります。

 

201828173252.jpg

じっとして動いていなかったメルローですが、ここにきて動いてきました。

 

 

201828173631.jpg

寒気や雪の話題が多いですが、植物の動きもよくなってきたのを見ると、

春はもうすぐ来るのだなあと感じています。

 

だんだんと植物の生育スピードが上がってくると、農場も活気が出てきます。

春が来るのを楽しみにしたいと思います。

フレンチラベンダー ティアラ・サファイア

日本海側では大雪とのこと心配です。

早く収まるのを祈る事しかできませんが、どうか気を付けてください。

 

 

 

さて、今日はフレンチラベンダー ティアラシリーズのサファイアの生育経過の紹介です。

そろそろ蕾が見えるのではないかと思い、無理して葉をどかし花芽があるか見てみました。

201826211922.jpg

やはり花芽が隠れていましたよ。

ピンボケしていましたが、真ん中にちょこっと花芽が見えています。

 

株の成長が遅い品種ですが、花芽があって一安心、これからどう生育するでしょうか?

 

 

小林花卉のオリジナル品種のティアラ・サファイア、私のおすすめNO.1です。

3月下旬には出荷となります。

 お楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

研修

 昨日今日と俊と一緒に研修に行ってきました。

静岡県富士宮市にあるいちごを生産直売をしているれっどぱーるさんの視察もしてきましたよ。

 

 

 いちごは冬から春の収穫ですが、れっどぱーるさんではその後はいちごのソフトクリーム、スムージーなど加工をして

販売しているんです。

そしてそのいちごだけで一年間経営しているのですからすごいです!

 

 

 

201824193617.jpg

移動販売車もベンツです。こだわっていますね。

 

佐野社長からお話を聞かせて頂きましたが、商品を売るという事に真剣に取り組んでいることがとても印象に残っています。

移動販売車での販売もしているのですが、初めはサービスエリアでいちごをパックで販売してみたそうです。

その時は全く売れず、そこで考えたそうです。

カットしてフォークを挿して販売すると少し売れ、スムージーにしてさらに売れ、

一つ一つ課題を乗り越えてきて、今の形になってきたそうです。

 

佐野社長の謙虚さ、働いている人たちも元気でとても気持ちのいい会社さんでした。

 

 

 

 

 

 

雪景色

昨日からの雪が積もりました。

朝から雪景色です。

20182217413.jpg

雪を纏ったけやきの木はとてもキレイでしたよ。

 

その後は雪かきをしましたよ。

広い舗装された場所や道路はトラクターを使っての除雪です。

地元の人たちと一緒に道路もきれいに除雪していきました。

 

また、今回とてもいい道具を見つけました。

コンクリートを伸ばすレーキです。

これはすごくいいです。

踏み固められたところでは難しいですが、新雪ならば軽くて一度に多くの除雪できます。

特に力を発揮したのが、舗装されていない砂利の部分です。

201822183453.jpg

トラクターだと自重が重くてどうしても砂利をグチャグチャにしてしまいます。

手でやることで砂利の部分を削らずに、雪をどかすことが出来るので雪がなくなった時もグチャグチャにならないですみます。

一回一本、レーキおススメです。

 

除雪をしましたが、今日は通路の雪はほとんど融けてしまいました。

やってもやらなくても同じだったのですが、凍ってしまうと明日以降にもっと大変になると思います。

この経験は無駄になったわけではなく、いざという時の練習ですね。

レーキの発見もありよかったです。

 

 

農閑期

今日は午後から雪模様になりました。

雪での事故等に気を付けてください。

 

 ところで小林花卉は働きに来てくれている人たちに対し何をお返し出来るのでしょうか。

 安定的に働ける職場というのは大事な要因ですが、

植物の生育もゆっくりになるこの冬の時期は作業的には少なく、

パートさんにはお休みを多くとってもらっています。

小林花卉に働きに来てくれているパートさんには年間通じて仕事を提供できるように

私たちの体制を作ることをやっていかなければいけないです。

来年に向けてどんな仕事ができるか考えていきます。

 

 そしてまたお返しできることといったら、みんなが働きに来てよかったと思ってもらえる

職場の環境を作っていくことも大事です。

作業を観て効率ややり方をばかりを指導していても、来てよかったと思ってもらえないですね。

私や社員さん達が関わってパートさん達が、元気になってくれたらいいですよね。

会社経営をしている事を理由にしてしまっている私の対応が一番、

会社のいい雰囲気を作る妨げになっているのだと思いました。 

 

そして改めていい会社を作っていきたいと思ったここ数日でした。

ガイラルディア サンリタ

今朝の最低気温-4℃、最高気温15℃でした。

昼間風は冷たいですが、晴れてくれるので温度が上がって助かります。

 

今日はガイラルディアの紹介です。

2018128173129.jpg

メーカーさんからの委託された商品で、サンリタという品種です。

 

去年、ガイラルディアの八重品種を作っていましたので、ガイラルディアというもののイメージは結構生育のいいものだと思っています。

しかしガイラルディアに限らずいろんな植物で言える事なのですが、品種によって性格がバラバラなのです。

ですからどんな性格かは生産してみないとよくわからないのです。

小林花卉では自社のオリジナル品種を多く生産していますが、キレイなだけでなく自社の手くせに合う商品を作っているので、大きな失敗をしないで済んでいるところもあります。

一流生産者さんは初めて作るものでも、キレイに仕上げてしまうのですから、ほんと職人です。

 

どんな性格なのか、どうやって生育調整すればいいか、このガイラルディア サンリタをキチンと観察して、いい品質の商品に作り上げたいと思います(野口君担当です(笑))。

 

 

ティアラシリーズ

今日の最低気温は-2℃でした。

さむいですが、これくらいだといいなぁと感じてしまうのは-9℃を経験したからですね。

 

 

さて農場にはお宝が眠っているんです。

2018127192851.jpg

 

 

2018127194028.jpg

ルビーとサファイアがザクザクと眠っているんです。

 

なんだかわかりますか?

 

この植物はフレンチラベンダーです。

このルビーとサファイアは、小林花卉オリジナル ティアラシリーズの2品種なんですよ。

 

結婚式のドレスの時など花嫁さんが頭に付ける髪飾りの事ですね。

フレンチラベンダーは冠状の花穂を持っており、このティアラシリーズはその冠部分が長くヒラヒラしているのが特徴です。

とてもかわいい品種なんです。

 

まだ花穂も見えていませんが、3月から少しずつ出荷となると思います。

 

寒さにも強く、今年は順調に生育しています。

開花を楽しみにしていてくださいね。

 

-9℃

寒波すごいですね。

最低気温がとうとう-9℃になりました。

最強寒波の名の通り、びっくりしてタイトルもズバリ-9℃です!!

 

小林花卉には無加温の温室もあり、例年-6℃まで下がっても中は0℃程度で止まっているんです。

今年は-7.5℃でびっくりしたのにさらに更新です。

ここまで下がると植物たちが心配ですが、なんとか元気でいてくれていました。

植物たちの力に感謝です。

 

これで寒さもひと段落、回復してくるのでしょうかね。

今年の極寒を経験した植物たちは、春の目覚めと共にすごいパフォーマンスを見せてくれると思います。

「ジャンプするときはいったんしゃがむ」という言葉を聞いたことありますが、植物たちの寒さの後の成長がそうですね。

縮こまっていた株が爆発的に動いてくるんです。

 

人それぞれ悩みがあり、その人の冬の時代があると思います。

そんな時はこの植物たちを見習い、できることをコツコツやって春を迎えていきたいと思います。

 

ツララ ローダンセマム

今日も風の冷たい日になりました。

さっそく最低気温を観てみるとー6℃!

昨日より過ごしやすいと言っても寒かったですね。

 

屋根から溶けた雪水が枯れたクレマチスの葉に垂れてツララになっていました。

2018125172725.jpg

この写真の時は10時のお茶休憩のときに撮ったものです。

 

日差しがあったため温室内は温かでしたが、北風ピープー吹いていて、外はあったかくならないなぁと思っていましたが、

やはり温度が上がりませんでした。

 

午後2時過ぎのツララです。

201812518278.jpg

ツララがでっかくなっちゃった!!

ここは北関東とはいえ、日中は太陽も出て日射量も多い地域ですよ。

びっくりです。

 

 

 

 

2018125183032.jpg

ローダンセマムの上にかかった雪たちも融けずに残ったままでした。

ローダンセマムは寒さに強く、雪がかかっても問題なく生育しています。

季咲きでは3月下旬から開花してきます。

 

まだ寒い日が多いですが、逆に温かくなった時芽吹き、変化して動き出すが楽しみです。

 

 

 

オステオスペルマム フェアリーアイ

寒いですね。

なんと農場の今朝の最低気温は-7.5℃!!

私が働き始めてから記憶にないですよ。

大寒波到来です。

 

例年通りの管理ではなく、保温をしたり寒さ対策をしてリスクを回避していくことが大事になりますね。

 

さて、今日はまたまたオステオです。

201812417344.jpg

オステオスペルマム フェアリーアイです。

小輪多花性、青い目を持つ小林花卉オリジナル品種です。

実はもう10年になる古い品種ですが、今でも人気があります。

 

201812417365.jpg

 

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、太陽が出るとポカポカ暖かくなります。

このきれいな白色はこれからとても映えると思います。

 

通常の出荷にも入っているので、楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

ページ上部へ