ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

斑入りラベンダーアラルディ ' メルロー '

今日もいい日となりました。

この天気も今日までという事でしたので、潅水も今日できるだけやって寒い日に備えてみました。

 

さて、生育途中ですが、今日は斑入りラベンダーアラルディ‘メルロー’の紹介です。

20171012214228.jpg

やっと生育が良くなってきました。

メルローはラベンダーの中でも耐暑耐寒性が一番強いと言われているアラルディー種の斑入り品種なんです。

だから斑が入っても強健なんです。

 

 暑い時期、斑入り植物は斑の部分が茶色く焼けてしまったり、生育が極端に落ちてしまったりと弱いですが、

このメルローは、今年の夏全く問題なく乗り越えることが出来ました。

夏越し試験の為、暑くなってきた7月に露地にポットのまま3鉢置いておいたのです。

今年は暑さはそんなに厳しくなかった私たちの地域でしたが、逆に曇天続きで、晴れてきた時に焼けるなんてことがあるかと思いましたが、

まったく焼けないんです。

 

これならばお客様のお庭に植えておけば一年中楽しめる植物になると思います。

 

今年は10月から再出荷になりそうです。

お店に出回った時には、ぜひ一つお手に取ってみてください。

 

栄養系アリッサム ストリーム

今日は10月10日休み明けの火曜日です。

元はこの10月10日が体育の日だったのが、ハッピーマンデーという事で10月第2月曜日が体育の日で連休となったんですよね。

 

今日は栄養系アリッサム ストリームの紹介です。

 

20171010183133.jpg

このアリッサムストリームは種から育てるのではなく、挿し木で増やしていくのです。

種が出来にくく花持ちが良いのが特徴で、さらに根が強いので暑さ寒さにも耐えられる丈夫な品種なんです。

極端にいうとアリッサムと別の植物と思ってもらった方がいいくらいです。

ぜひ見かけた方植えてみてください。

びっくりしますよ。

 

 

 

 

 

 

ベロニカ レッドラインコンパクター

今日も秋晴れの気持ちの良い日となりました。

でも日に日に夜が長くなっているのがわかります。

それにつれてだんだん寒くなってきました。

夏の植物から秋、冬の植物へお庭の衣替えを始めた人たちも居るのではないでしょうか。

 

さて今日はこちらの植物です。

201710918149.jpg

ベロニカ レッドラインコンパクター

暑さ、寒さに強い多年草で、茎が赤くなるのがこの品種の特徴です。

この斑は一年中きれいに発色していますので、この時期だけでなくどのシーズンでも重宝される植物だと思います。

 

今季はほんの少ししかありませんが、これから増やしていきたい植物の一つです。

 

ビデンス ハッピープリティピンク

今日は日曜日でパートさん達はお休みです。

いつも作業を手伝ってくれているので助かっていますが、休みの日には社員さんだけとなり、さらに明日は体育の日のため連休です。

でもお互い協力し合い、出荷に潅水にと社員さん達は大活躍でした。

とても連携が取れていて協力し合ってくれている事ありがたいです。

 

 

さて今日もビデンスの一品種を紹介します。

201710819548.jpg

ハッピープリティピンクです。

 

やや枝が強く、株のまとまりが悪いですが、かわいいピンク色をしているんです。

 

近年いろんなビデンスが出始めています。

なぜかと言うと、それは各メーカーが開発に乗りだしているからなのです。

そして各メーカーさんが開発に乗り出したきっかけというのが、育種を教えて頂いている佐藤さんが育種した商品を販売してからなんです。

すごい人に来てもらっていると改めて思いますね。

 

せっかく来て頂いているのですから、小林花卉でもどんどん育種を進めていきたいと思います。

 

 

 

ビデンス イエローデューン

雨が降って今朝も寒くなりましたが、お昼ごろにはやみ、晴れ間が見えて暑くなりました。

予想はしていましたが、こうなると水やりが忙しくなります。

でも社員さんたちはキチンと水やりに入って管理をしてくれました。

有りがたいことです。

 

今日もビデンスの新作の紹介です。

今回のビデンスは中が黄色で外側がクリーム色をしているイエローデューンです。

201710716418.jpg

とてもかわいい花色をしていますよね。

 

 

でもちょっとお転婆みたいですよ。

横張り性が強くてポットに収まりがつかないようです。

2017106194544.jpg

でもこの子にあった場所を見つけてあげれば、この子の良さが出てくるんですよね。

 

横張り性のあるところで、寄せ植えに植えてみたのですが、とてもいい感じでした。

寄せ植え用商材としてこれから重宝されると思います。

 

かしこまってポットに収まる子はもちろんかわいいですが、こんなお転婆でも

活躍することが出来ます。

人もそうですね、小さなコミュニティでははみ出されてしまっても、

活躍の場が出来ればすっごい活躍できるんですよね。

 ビデンスイエローデューンを見ながらそんなことを考えてしまいました。

 

社員さん達が輝く活躍の場を作っていける会社にしていきたいと思います。

 

 

 

ビデンス ハッピーエンパイヤー

今日は寒い日になりました。

夜も毛布だけではもう寒くて掛け布団をかけて寝ました。

いよいよ秋も深まってきましたね。

 

さて今日はそんな日を吹き飛ばす黄色いお花の紹介です。

2017106171851.jpg

201710617147.jpg

ビデンス ハッピーエンパイヤーです。

コンパクトな草姿と次々上がる黄色いお花がとても魅力的な品種です。

ドーム状に生育してそのまま大きくなっていき形が崩れないのもいいらしいです。

 この植物の持っている性格は、生産者が頑張って技術でカバーをしようとしてもどうにもならない所なんです。

 生産者が取り組めることと言ったら、お店まで植物をきれいに整えていく事と、

お客様の所に渡った後スムーズに生育が行くように植物体を丈夫に、そしてストレスをかけないようにしておくことです。

 

ですから元々の性格を変えるには育種の力が必要となります。

小林花卉では、今年から森さんが入ってきてくれ、育種にも携わってくれています。

消費者の手に渡ってから、喜んでもらえる商品にするためにも、育種にも力を入れていきたいと思いました。

消費者の方たちの為もに、育種と生産両面から喜んでもらえる商品を作っていきたいと思います。

全国新品種育成者の会

今日は全国新品種育成者の会の30周年記念講演に参加させていただきました。

30年前、18名の個人育種家さんたちが立ち上げたこの育成者の会ですが、

近年若い人も入ってきて活気が出てきています。

農水省の6つの外郭団体の一つでもある由緒正しい会なのです。

 お世話になっている矢祭園芸の金澤さんが会長をやっており、そして佐藤さんが顧問をしている会でもあります。

 

今回の記念講演がまた面白かったですよ。

佐藤さん金澤さんと一緒にアメリカに行かせていただいたとき案内してくれ、クローバー等をアメリカで扱ってくれている

グリーンフューズ社のスティーブ社長の講演でした。

 講演内容は、過去から現代のトレンドの変遷、育種のトレンド、そして世の中に育成品種を出すときの6つのステップととても勉強になりました。

育種トレンドの変遷は固定種を販売することから、F1品種への変遷、そして栄養系品種へと移っていったのですね。

固定種というのは、犬でいえば血統章付きの犬のことで、親と同じ形質を持った子供ができます。

F1品種とは、固定種通しを掛け合わせてできたハーフのことで、両親のいいとこどりをした子供ができます。

そして今は栄養系の時代になってきているのです。クローンですから、どの子も全く同じ性質を持っています。

 

 小林花卉では挿し木ができる植物を多く生産しており、オリジナル商品も栄養系品種を開発をしていたのが今の時代に合っていたようです。

しかしそれだけでは種苗販売はできないんです。

挿し木で増やす栄養系品種は、挿し穂に病気のない状態で販売することが大事で、そのために種苗会社さんは試験管培養をしたり、

病気で汚染されないように徹底した衛生管理をしています。

私の農場は衛生管理という面でまだまだ基準が低いので、これから取り組んでいく課題となりました。

そして何より大事なのが、パートナーを見つけることだということです。

いい商品を作っても世の中に出すことができなければ、ないのと一緒ですね。

一緒になって世の中に出してくれる方が必要となります。

 

何度も佐藤さんと一緒に小林花卉に足を運んでくれているスティーブさんですが、改めて大きな会社と取引させてもらえていることを思い、

多くの人のご縁で今に至っているこんだとおもいました。

 

課題も見つかりましたので、これから課題をクリアしてご縁をいただいた方が喜んでくれるような商品を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

企業説明会

今日は埼玉県農業大学校の合同企業説明会に参加させて頂きました。

埼玉県下の企業さん達20社が出展し、生徒さんたちに自社の魅力を伝えていました。

 

しかし今回は生徒さんたちの就職率が高く、出展社の方たちの方が多い状況でした。

人手不足が騒がれていますが、本当に人手が少ないのだと実感させられました。

 

そんな中でも、小林花卉に興味を持って来て下さった生徒さんがいてくれ、うれしい限りでした。

また社員の林さんには一緒に大学校に来て話をしてもらえたことはありがたいと思いました。

社員さんからの言葉で話してもらえると、より実感がわきますよね。

 

これからも人手不足はずっと起こる問題です。

この会社に入ってみたいと思ってもらえるよう、社員さん達と一緒にいい会社にしていきたいと思います。

 

 

しあわせの四つ葉のクローバー

 今日から10月もう今年も3か月を切りました。

あっという間ですね。

今年のうちに形にしていくものはキチンと形にしていきたいと思います。

 

さて、今日はそんな形にしようと思っていた商品の一つ、四つ葉のクローバーの紹介です。

毎年生産しているクローバーですが、今年はラベルと鉢とを一新したんです。

 

 いよいよ完成しましたよ。

20171011956.jpg

カワイイでしょ。

 

201710119552.jpg

 

201710119639.jpg

6品種どれも四つ葉が必ず入っているんですよ。

小林花卉で開発した品種です。

 

 

ラベルも良く観てくださいね。

201710119214.jpg

ラベル屋さんにカワイイラベルを作ってもらえました。

私の印象を伝えたところ、イメージに合った一押しのデザイナーさんにデザインに頼んでくれたそうです。

私にはこんな素晴らしいラベルはできません。

製品から商品に変えてもらえたようです。

 

小林花卉を支えてもらっています。ラベル屋さんありがとうございます。

 

これから販売していきますので、皆さんよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

社員さんの成長って何?

 小林花卉では、社員教育にも力を入れています。

会社は自分一人ではできるのではなく、力を貸してもらえる事で運営できているんですね。

せっかく働きに来てくれているのですから作業をするだけではなく、仕事を通じで成長できればいいですよね。

 そして、社員さん達が成長することにより、出来ることが増えて働きやすい環境になれば、自然と会社も成長すると思います。

その社員さん達の力をもっと合わせられれば、大きな力となって会社は走りだせると思います。

 

 そのため今回、CL基礎講座という研修に新入社員の野口君に行ってもらいました。

 その野口君、今日合計5日間のうち、前半3日間の研修を終えて帰ってきました。

研修を受けてきてとても疲れたようですが、それ以上に凛々しい顔になって帰ってきました。

 

ここでCLについて少しお話させて頂きますね。

 CLは神経質な人の治療法として世界的に有名な森田療法と、禅宗の身調べから宗教色を抜いて作った内観法の2つをアレンジして作り出した

誰にでも身に付けられる教育法なんですよ。

 CLでは森田療法と内観法をそれぞれCL森田、CL内観と呼んでいます。

森田療法は神経質な人に対して行われる治療法ですが、CL森田では神経質な人という人はいなく、

人は時々神経質という事で神経質な時があるとしています。

私たちは、やろうと思うけど、どうも避けてしまう事とかありませんか。

やろうと思えば思うほど後回しにしてしまう神経質な時などあると思いますが、

そんな時にCLを使って行動しやすくしているんです。

ちょっとした工夫でその神経質になってやりにくくしているハードルを下げたり、ハードルのことを考えなくなったりするんですね。

そのCL森田では大きく3つのポイントがあるんです。

・目的本位

・事実をあるがままに認める

・なすべきことをなす

このポイントを使って自分の夢に向かって歩みやすくしていきます。

 

そしてもう一つのCL内観法は「して頂いたことを認める」、「して差し上げたことを認める」、「ご迷惑をおかけしたことを認める」

という3つを書き出していきます。

このCL内観法は普段の生活で何気なくスルーしてしまっていた事を見直していきます。

 事実を見直すことで、今まで頭の中で思っていたこととは別の一面を知ることが出来ることがあります。

例えば親に叱られてすごく腹が立ったという事があったとしても、内観をした後、実は親は自分のことを心配して叱ってくれていたのだと気がつく事があります。

事実は変わりませんが、自分から観えていた事実と客観的な事実は違う事は多いです。

 

 

 

 CL基礎講座を学んでも花作りの腕は全く上がりませんし、農場にいないですから植物生産の経験をするチャンスも逃してしまっています。

同じ時間を費やすならばメーカーさんの勉強会や薬品や肥料の試験などに時間を費やした方が技術は上がるでしょう。

花生産をするにあたってはいらないことかもしれません。

 

 しかし、社員さんの人生にとってはとても大事なことだと思っています。

それぞれの人生の目的に向かう途中には、苦手なこともあると思います。

それでも目的に向かって歩める自分、そして人の支えに気が付く自分になっていくことは、社員さん達の人生にとってとても大事なことだと思います。

そうやって、社員さんの人間的な成長を応援していく会社であり、お互いに成長を応援しあえるいい人たちがいるいい会社にしたいと思っています。

 

ぜひ、花作りを通して人間的な成長をしたい方、いい人生を送りたいと思っている方、いい人生ってなんだろうと思っている方

小林花卉で一緒に学んでいきませんか。

 

ぜひと思っている方、メールでご一報ください。

ページ上部へ