ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ポインセチア

今日もいい天気でしたね。

夕方からは涼しくなります。

いよいよ秋らしい天候になってきました。

この過ごしやすい天候が生育にどう影響していくのでしょうかね。

曇天の中の栽培、今年はまた経験値があがりますね。

 

今年はポインセチアにとってはすごしやすいでしょうね。

201782718563.jpg

順調に生育しています。

 

 

よく分枝もしています。

2017827185915.jpg

枝が5本以上ですようにと思い、ピンチする時期と栽培期間に注意しているんです。

 

11月から出荷になります。

これからの成長楽しみにしていてください。

ウィンターコスモス

今日は農業大学校、女子栄養大学、農業関係高校の合同農業法人等見学会という事で、

学生さんたちが小林花卉に見に来てくれました。

今年から小林花卉に入社してくれた野口君も、先輩として実際社会に出て働いた感想を話してくれました。

最近担当場所を持ったことで、責任も出ますが楽しみになったと話していました。

仕事に対して楽しみになったと言ってもらえたのは嬉しいですね。

一つ一つ身に着けて行ってください。

 

 

 

さて、その野口君と瀬川君が連携して育てているのがこのウィンターコスモスです。

2017825172948.jpg

白い縁に黄色い中心のある花、キレイに仕上がりました。

2017825171842.jpg

合計8作、順々に出荷をしていきます。

8作終了する頃にはウィンターコスモスつくりの師範代になっているでしょうね(笑)

 

学生の皆さん、今日見てどうだったでしょうか。

興味がある方は是非見学だけでも来てみてください。

会社の雰囲気も見られますよ。

 

 

 

花咲徳栄、優勝おめでとう!!

今日はいい天気でした。

真夏を通り過ぎて気持ちのいい暑さでした。

今日は甲子園の決勝戦でしたね。

埼玉県代表、花咲徳栄高校が全国優勝をしました。

実はその花咲徳栄のエース清水達也投手は、わが深谷市出身なんです。

しかも同じ中学校、同じ地区

実は先日も「息子さん甲子園で活躍してすごいですね」、なんて親父さんと話をしていたんです。

何せ同業者、私のハウスの向かい側に清水さんが来るんですからね。

親父さんの方が息子の一投一投にハラハラしてみているらしいです。

 

私もにわかファンでしたが、仕事をしていても気が気じゃありません。

優勝して本当に嬉しいです。

 

帰ってからじっくりテレビも見てみようと思います。

プロに行くのでしょうね。

清水君、将来が楽しみです。

 

すみません、今日は甲子園の話題で終わりにさせてください。

 

 

 

サルビア ミスティックスパイアーズ

 今日は晴れ間も見えました。

今日みたいに昼間晴れて夕方雨が降って涼しくなるのがベストなんですよね。

でもいつもベストという天気はありません、天気はコントロールできませんから、状況に合わせて自分の対応を変えていかなければいけませんね。

 

 昨日も社員研修で学びましたが、人間関係もそうなんですよね。

他人はコントロールできなんです。それに他人からの評価もコントロールできません。

歳を取ることも、おなかが減ることも、誰かを好きになることも嫌いになることもコントロールできません。

相手が怒るのも、子供が風邪をひくことも、電話がかかってくることもコントロールできないんです。

実はコントロールが出来るのは自分の行動だけなんです。

 それなのに私たちは他人の評価を気にしたり、相手をコントロールしようとしてしまいます。

相手に合わせてコントロールが出来る自分の行動をコントロールすることが大事ですよね。

いい人生になる為には、ベストな日を夢見ているのではなく、自分の対応力を上げることがとても大事なことだなあと天気から思いました。

 

 

さてさて、今日はサルビア ミスティックスパイヤーズの紹介です。

 

2017822184448.jpg

どうでしょう。

迫力ある株立ちですね。

結構きれいに出来上がりました。

これだけ大きくするのには株と株の間隔を広く取らなければいけないんです。

温室には限りがあるので、あまり大きくなる植物は避けたいところなんですが、

この品種好きになってしまったのでまた来年も作りたいと思います。

そしてまことに残念ながら、今年は生産できるのかおっかなびっくり少量生産しましたので、

今日お見せしたのが最終出荷のものなのでした。

 

また生産した時にはぜひともご注文下さいね。

8月社員研修

今日は太陽が出ていい天気になりました。

ムシムシした曇天では困っていたので、今日のように晴れてくれるととてもありがたいと思いました。

ホント自分都合ですね。

 

今日は月に一度の杉井さんを招いての社員研修でした。

お昼の時間を使ってゆっくりたっぷり濃厚な時間となっています。

2017821174159.jpg

 

今日の講義の内容は、人は自分のことを正しいと思っているけど、それぞれずれがあるからそのずれを認識して修正していくことが大事だと教えて頂きました。

そして「人とぶつかる時、相手が悪い自分が正しいと思っていても、毎回同じようなことが起こるのならば相手が割るのではなく、自分が悪いのだと思わないといけないよ」と話を頂きました。

人の考え方は10歳ころまでで形成されてそれ以降は、形成されたパターンの対応をしているだけだとのことでした。

そのため中学時代にもあったつまずきに社会人になっても、同じようなところで転ぶのだそうです。

そしてうまくいかないと、幼児帰りをするのだそうです。

拗ねたり、怒ったり、そして最後には泣くという事で何とか事態を乗り越えようとしているのです。

 でも本当は問題を解決するために、11歳の対応を学んでいくことが大事になります。

尊敬できる人の行動を学んだり、関わりを持たせてもらったりすることで10歳以降の対応を身に着けることが出来るそうです。

 小林花卉には杉井さんという58歳?の対応をしている人が月に一度教えに来てくれているのです。

せっかく来て頂いているのですから、身に着けなければもったいないですよね。

せめて20歳になりたいと思いました。

興味のある方、小林花卉に見学に来てくださいね。

 

 

 

 

 

葉摘み

今日は日曜日でしたが、社員さん達は出勤して、管理や出荷作業をしてくれました。

先週から、新しく管理担当となった瀬川君、野口君2名は、先輩社員さんに教わりながら、

潅水やら矮化剤やらを身に着けようと学んでくれています。

頼もしい限りですね。

 

今日は事務所前にあるポインセチアの葉摘みをしました。

2017820201233.jpg

すっきりしています。

この画像は先日ピンチをしたものです。

ピンチ後にこのように葉摘みをするんです。

 

 

葉摘み前はこんな感じです。

2017820201310.jpg

なんでこんな手間がかかることをするのでしょうか?

 

 

 

 

 

それはですね。上部の葉が脇芽を隠してしまっているからなのです。

脇芽に光が当たらないとヒョロヒョロと伸びてしまい商品価値が下がってしまうんです。

それを改善するため上部の葉を取り除き、光が入るようにしているんです。

ちょっとした手間というのが、結構大変ではありますが、このちょっとした手間をかけることで、

品質が変わるんです。

 労を惜しまず、いい商品を作るため取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

オダマキ

今日も雨降りましたね。

ウィンターコスモスの開花が遅いです。

早く太陽の光の下、咲いてくれないかと思っています。

 

 

さて来年の商品のお話です。

オダマキが定植間際になってきました。

自家採取をして筋蒔きしているんです。

 

いろんな種類のオダマキをまいています。

201781820429.jpg

ライム色の葉を持つオダマキ、散り斑の入ったオダマキなどは、

選抜して作ってきました。

 

ふっと思いましたが、秋にカラーリーフとして販売しても面白くないですか。

寒いうちはカラーリーフあったかくなると花も見れるなんていいじゃあないですか。

 

来春出荷に向けて順調に生育しています。

 

 

 

 

 

 

オダマキ

今日も雨降りましたね。

ウィンターコスモスの開花が遅いです。

早く太陽の光の下、咲いてくれないかと思っています。

 

 

さて来年の商品のお話です。

オダマキが定植間際になってきました。

自家採取をして筋蒔きしているんです。

 

いろんな種類のオダマキをまいています。

ライム色の葉を持つオダマキ、散り斑の入ったオダマキなどは、

選抜して作ってきました。

 

秋にカラーリーフとして販売しても面白くないですか。

 

 

 

 

201781820429.jpg

 

 

 

ピナフォア

 今日は久しぶりに晴れ間も見えたのですが、やはり曇りになってしまいましたね。

いやはや、わがまま承知で書かせて頂きますが、太陽の晴れ間が見たいです!!

わがままですね(汗)

 

今日はチェリーセージ`ピナフォア’の紹介をさせてください。

このチェリーセージ`ピナフォア’は小林花卉オリジナル品種で、花色は赤だけでなく、白やローズピンク、黄色と

様々な色があります。

そして、青色もこれから販売に向けて控えているんですよ。

こちらはもう少しお待ちくださいね。

 

そのピナフォアの現在の様子です。

20178171678.jpg

もう2度ピンチ(剪定)されており新芽が吹いてきたところです。

 

 

ピナフォアは毎年春と秋に出荷をしています。

秋出荷のものは、夏に生育させて秋出荷になりますが、暑すぎて生育が悪くなることも多く大変でしたが、

奥地君が毎年試行錯誤しながら栽培方法を見直してくれたおかげで、今年はとてもいい状態です。

奥地君の植物に対する知識、探究心には頭が下がります。

 そのピナフォア、もう少ししたら最終ピンチをして出荷となります。

9月下旬出荷を目標に最終ピンチをしてしあげていきたいと思います。

 

お楽しみに

 

 

 

 

オステオスペルマム

今日までお盆ですね。

今日も雨が降り、暑くないことは体力的にはいいのですが、植物にとってはどうなのでしょうかね?

ウィンターコスモスの開花も遅れているので、どんな影響が出るか注意して観ていきたいと思います。

 

さて、いよいよお盆が開けると日が短くなってきて来るのが目に見えてきます。

パンジー生産者さんはこれから本格的に苗が入ってきて、それを植えて秋10月から出荷になります。、

しかし小林花卉は秋作を飛ばしてもう冬の仕込みをやっています。

栽培期間がかかりますが何せ小林花卉オリジナル品種ですから、力が入ります。

 

その植物は、オステオスペルマムです。

観てください。

2017816181720.jpg

今挿し木をして、12月下旬より出荷となります。

寒い時期ですので部屋の中で見てもらえるよう、鉢物として出荷します。

 

青いラベルが品種になります。

自社オリジナル品種を生産しており、毎年種を蒔き選抜をしているんです。

右側の青いラベル群が今年の試験品種になります。

今年の春は6000ポット苗を育てその中から約150ポットに絞り込みました。

約150品種/6000ポット=1/40になったのです。

本当はもっと絞りたいのですが、花色と性質がいい品種にするためにも、ちょっと多いですが丁寧に試験生産して

本格生産に移っていきたいと思います。

最終数品種残ればOKでしょうね。

品種が出来上がるまでには多くの時間がかかります。

15年以上の年月交配をしながら、良質の系統を選抜してきて現在に来ていますから、

確率でいったらすごいことになりますね。

計算したらメーカーさんの苗を買った方がよさそうです。

それだけの経費も掛かっていますが、こればっかりは社員さん達も応援してくれている大事なところです。

辞めるわけにはいきません。

今年も本生産を始めた品種があります。

キレイですよ。

12月から販売ですから小林花卉のオステオスペルマム楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

ページ上部へ