ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ウィンターコスモス

お盆中ですね。

そんな中、いよいよ出荷となった植物があります。

それは、ウィンターコスモスです。

 

 

お盆と言えば夏真っ盛り、そんな中ウィンターって名前の付く植物を出荷するのですから

季節感はどうなんだって突っ込まないでくださいね。

 

今年は開花が遅れています。

光を好むウィンターコスモスなので、曇り空が多い今年の夏は遅れてしまったのだと思います。

それでもどうにかぎりぎり間に合ったのではないでしょうか。

201781517131.jpg

 

実は今年入った社員さん2名、担当場所を持ったんです。

このウィンターコスモスもこれから新しく担当になった瀬川君、野口君が作っていきます。

二人の連携で商品に仕上がりますよ。

 

それを見守る奥地君、俊、教えすぎず任せ過ぎず、程よくサポートして二人を成功させてあげましょうね。

ポインセチア

今日もムシムシ暑い日でした。

日差しの照りつける真夏の熊谷!!というような暑さではありませんが、

ムシムシしており、植物たちもなんだか例年と生育が違っています。

 

さて、天候によって例年と生育が変わっているからと言っても、

出荷期には出荷をするように管理するのがプロですよね。

ジャストのタイミングで出荷できるよう、天候を見ながら対応したいと思います。

 

ポインセチアも順調です。

2017813201843.jpg

クリスマスに向け出荷をするポインセチアですが、すでに定植をしています。

これでも3寸の小鉢で生産しているので栽培期間は短いですが、5月下旬から大鉢を作るために植えている方もいらっしゃるんですよ。

この作型は11月に入ってから出荷となる半シェードと呼ばれている作型なんです。

 

シェードってなんだかわかりますか?

シェードは光をさえぎるものという意味で、私たちの地域ではシェードと呼ぶ時に2パターンあるんです。

一つ目は日差し除けで直射日光を遮るために使うメッシュ状の遮光ネットをかけて日陰をつくることです。

特に日中、日差しが強い時にかけて暑さを遮る役目をします。

暑さ対策の一つです。

 もう一つは、暗幕のように100%光を通さない素材で温室にカーテンをはってしまい、真っ暗にしてしまうんです。

ポインセチアで言う半シェードというものは、この光を通さない素材でハウス内を暗くするシェードの方を言っています。

なぜポインセチアは真っ暗にハウス内をしなければならないかというと、

短日植物と言って日が短くなると花を咲かせる性格があるからなんです。

やり方としては夕方5時から朝8時まで温室内をシェードを使い真っ暗にしてしまいます。

この短日期間を約2か月経過すると、ポインセチアが出荷できるようになります。

 

9月にシェードに入れて11月から出荷です。

気が付けばもう年末の話になりました。

そう思うと焦ってきました。

今年やるべきことやっていきたいと思います。

 

 

 

 

お盆

いよいよお盆ですね。

実家に住んでいる私は、渋滞情報を聞くと「よくあの渋滞の中、帰京するなあ」と、感心してしまいます。

でも何時間も渋滞の中を帰京して顔を見せてあげるのですから、やさしい人たちが日本には多くいるのだと思いました。

お盆渋滞は大変ですが、実家に戻りそしてお墓参りをして今の自分とのご縁を振り返れるお盆という文化はいいなぁと思っています。

小林花卉の社員さんも実家は遠方の人も居ますが、実は秋に向けた作業が多くみんな仕事をやってくれているんです。

そしてパートさんも時間をさける人が来てくれています。

会社を助けてくれている人たちがいてくれてありがたいです。

 

サルビア ミスティックスパイアーズ

今日も蒸し暑い一日となりました。

このムシムシはちょっと植物たちにも影響が出てきているように思います。

病害虫の発生が心配です。

 

そんな心配をよそに、元気いっぱいの植物があります。

M&Bフローラさんから販売されているサルビア ミスティックスパイアーズです。

201781016292.jpg

 

すくすく順調に育っています。

お盆明けから出荷となるのかなと思っています。

 

ピンチできなかった株が一足お先に花を咲かせました。

2017810163041.jpg

青いさわやかな花を咲かせる大型のサルビアですよ。

 

2017810163824.jpg

 

このサルビア ミスティックスパイアーズは去年試験栽培をしてとてもよかったので

今年少し増やして生産しています。

去年、M&Bフローラの営業さんが紹介してくれたからこそ出会えた品種です。

ありがとうございます。

 

 

 

話しは変わりますが、携帯データをパソコンに移行できるようになりました。

嬉しくなって3枚のせてしまいました。

事務所のOA機器を面倒見てくれている会社の保守サポート担当さんが面倒を見てくれました。

わからないこと聞ける人がいるってありがたいと思いました。

 

 

 

話し跳んでしまいましたが、サルビア ミスティックスパイアーズ

いい植物ですから皆さんお試しあれ~。

暑さ?

今日は夏らしい日になりました。

台風が去っていき日差しも強かったですね。

暑い暑いと周りから声が聞こえてきました。

暑い中の作業ありがとうございました。

お茶の時間に差し入れしてくれたアイスがうまかったです。

暑い日の特権ですね。

 

今週末は連休でお盆突入です。

お盆が過ぎれば園芸後半戦になります。

お盆過ぎ、市場も再開する時にはウィンターコスモスがいよいよ出荷となります。

また出荷が忙しくなります。

 

そんな訳で今日はウィンターコスモスの現状をお見せしようと思いましたが、

携帯とパソコンの同期がうまくいかずつながらなかったので、画像データはお預けです。

暑いためにパソコンと携帯もくっつきたくなかったんですかね(笑)

文章だけですみませんが、想像してください (想像できないですよね)

 

今年は俊が管理を中心にやってくれていますが、最後は奥地君がバトンを渡されました。

アンカー奥地君、ゴールはもうすぐそこです。

かわいい花をお客様に届けていきましょう。

 

 

50キロウォーク

ご無沙汰となってしまったブログです。

またお付き合いよろしくお願いします。

 

ブログを更新しない間にもいろんなことがありました。

なんといっても8月の静岡経営塾が一番報告させて頂きたかったものです。

今月の経営塾は、なんと50キロウォークだったんです。

 

小林花卉からは4名で参加させて頂きました。

50キロウォーク

土曜日の朝6時からスタートし、制限時間は夕方6時、制限時間12時です。

4名一チームで、チーム戦だったので、一人が早くてもダメなんです。

みんなでどうやって50キロを完走する必要があるんです。

 

 私たち4名の顔ぶれはというと、まずは俊君、そして今年入社した瀬川君と野口君、そして私の4名です。

 

実は50キロウォークなめていました。

時速4キロで11時間あればゴールできるんですからね。

ただ歩くだけですから、普段農場を見て回っているのですから問題ないと思っていました。

 

 

 そうそう、話は飛びますが、50キロウォークに参加することが決まった2週間前から時間があれば、毎日社員さん達に付き合ってもらって歩く練習していたんです。

しかも50キロウォークに参加する社員さんだけでなく、参加しない社員さんも一緒に練習してくれていたんです。

協力してもらって実は社員さん達とのいい時間を頂いていたんですよ。

 

 

話し戻しますね。

準備万端と思って臨んだ50キロウォークですが、序盤から足首の痛みが起こり、

残り10キロくらいは足の痛みに耐えながらのウォーキングになりました。

みんなそれぞれ痛いところが出てきて、一人ならやめてしまったと思います。

でもチームでゴールするという事が目標ですから、一人だけが脱落してしまう訳に行きません。

励ましあい、声かけあいながらゴールをしましたよ。

力がまだあった瀬川君には精一杯力を出す機会を作れずに申し訳ないことをしてしまいました。

痛みが強くなって歩き切るのが大変だった野口君には、どんな関わり合いをしていけばよかったのか、もっと良い関わり方があったのではないかと振り返っています。

俊は痛みがひどくなった野口君を応援しながらなんとかゴールさせてあげようとしてくれてていました。

怪我しているからリタイヤさせてあげるのがやさしさじゃあないんだと、野口君がゴールした時の笑顔で思いました。

それぞれがドラマとなる50キロメートルの体験をしたと思います。

それにしてもみんなよくがんばったよね。

一緒に歩いてくれてありがとうございました。

 

そして4名を送りだした晴れた日の農場は、かなりの忙しさだったと聞きました。

それでも残った社員さん達は、「完走おめでとうございます」とラインで喜んでくれ、帰ってからも「おめでとうございます」と労をねぎらってくれたんです。

逆に残ってもらった社員さん達にはお礼を言わなければいけなかったのに、

素直に完走したことを喜んでしまっていました(汗)

支えてもらっているんですよね。

本当にありがとうございます。

 

チョカモカ

今日も曇り空、過ごしやすい天気でした。

 

 

 

今日は初めて生産している植物の紹介です。

なんだかわかりますか?

201783162719.jpg

チョコレートコスモス‘チョコモカ’です。

チョコレートコスモスの中でも日長に中日な品種で、春から秋まで開花してくれるんです。

お客様にとってもいい品種だと思っています。

 

剪定し終わってすぐですが、スペーシングをしています。

なぜかと言うと生育がとても速く、あっという間に伸びすぎてしまうんです。

もう2回剪定をしているんですよ。

もうこの剪定で終わりにしたいと思っていますが、チョコチョコと伸び出している枝もあるので、残さずに剪定していきたいと思います。

 

なかなか生育旺盛でして、初めて作るものですのでどうなる事やら心配ですが、

そこは社員さん達、試験と本番を同時にしながらしっかりと作り込んでくれています。

 

いい商品を届けられるよう、理想とする形にどうやったらなるかを細かく観察していきましょう。

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この植物は、お店の方からの注文で栽培しているのです。

 

八重ガイラルディア

201782142716.jpg

ランタナらんらん

今日は昼間は曇り空でしたが夕方になると夕立となりました。

社員さん達は温室内に雨が吹き込まないよう素早く対応してくれていました。

 

 

さて今日ご紹介するのはランタナらんらんです。

真夏でも発色の良い花を秋まで長期間咲かせるランタナですが、実は一点だけ問題があるんです。

それは花落ちです。

暑くなってくると一日で咲いた花が散って行ってしまうんです。

それにトレーに詰めて出荷をすると、蒸れて株が痛むんです。

出荷輸送中にもバラバラと花や葉が落ちてしまう事が多くて、品質の劣化が激しい植物の一つに挙げられると思います。

 

お客様宅ではとてもいい商品ですが、お店で花落ちしやすく劣化の激しい商品として扱われてしまうのはとても残念ですよね。

 

何とかならないかと思いつつ生産してみたのがこちらです。

20178117329.jpg

4寸テクポットの大株仕立てです。

 

他にもあります。

2017811752.jpg

 

20178117522.jpg

 

20178117541.jpg

 

3.5寸ポリポットは1トレーに24ポット入りますが、4寸テクポットは12鉢しか入りません。

少しでも風が入ることにより、蒸れは激減すると思います。

そんな願いを込めて・・・。

 

元々夏の花ですが、ランタナの夏バージョンです。

これがどういう評価を受けるのか、販売してもらっての検証となりますね。

いい結果を聞きたいですね。

 

さてどうでしょうか。

斑入りラベンダーアラルディ ' メルロー '

今日は晴天でした。

という事でとても暑くなりました。

暑い中作業をしてくれてありがとうございました。

お店の方たちもいい状態でお花たちを管理しているのは大変だと思います。

お店あっての生産者、持ちの良い商品を作っていかないといけないと思いました。

 

さて、そんな暑い日差しでもへっちゃらなラベンダーがあるんです。

しかも斑入りです!

試しに露地に出して様子をみているのですが、順調に成長しています。

 

では見てください。

2017731172542.jpg

どうですか、キレイな品種ですよね。

この品種は、ラベンダーのアラルディという種の‘メルロー’という品種です。

ラベンダーの中でも暑さ寒さに強いひんしゅです。

農場でも何年も斑の入っていないアラルディ種は生産しており、丈夫なことは実証済みでしたが、斑入り品種はどうなるのか心配していました。

どうしてかというと、斑入りの部分は葉緑素が無く、葉が焼けやすく生育も緩慢になってしまうんです。

でも見ての通り問題なく生育しているのですから素晴らしい品種です。

 

香りはほかのラベンダーより弱いですが、四季咲き性もありお庭に植えていつまでも楽しめます。

 

種苗メーカーさんがおススメしてくれた品種で、私もとても気に入っています。

紹介してくれたからこそ出会えた品種です。

種苗メーカーさん、紹介して頂きまして本当にありがとうございます。

 

 

いい植物です、ぜひお手元に一つ置いてみてください。

 

ページ上部へ