ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

チェッカーベリー

今日も暑い日となりました。

 

農場では、荒川の水を使わせてもらっています。

毎日当たり前に水が用水路から流れてきて、その水を使わせてもらっているのですが、

上流のダムの貯水量が少なくなってきて10パーセントの取水制限が出たのです。

水が来るのが当たり前と思っていますが、取水制限が出てみると、水の有りがたさに気が付き、

大事に使わないといけないと気が付きます。

当たり前というものはないですよね。

周りを良く観ていきたいと思います。

 

さて今日紹介させて頂くのは、チェッカーベリーです。

北海道や標高の高い涼しい場所で栽培している印象のチェッカーベリーですが、育種の師匠佐藤さんが「平地でも作れるよ」と、紹介してくれたのでトライしているんです。

最近色々な品種を購入し生産し始めていますが、どの商品も相手の方とのご縁があって、相手の方が紹介してくれたからこそ生産させてもらえているのですね。

有りがたいことだと最近しみじみ思っています。

 

 

 

 

では現状を観てください。

2017710191859.jpg

じゃーん!!

今、花が咲いてきているんです。

 

かわいいお花ですよね。

スズランのような白い花がたくさん咲いてきそうです。

 

このチェッカーベリーは佐藤さんの知り合いの生産者さんが自家選抜して、より実付きが良くて大実の品種にしているんです。

だからこんなに花付きもいいのだと思います。

 

他の株も見てください。

2017710194512.jpg

葉っぱも照り葉でリーフとしてもかわいい感じです。

 

2017710194442.jpg

そしてこの花ですよ。

 

 

今の時期の寄せ植え商材として使ってもいいんじゃないですか?

 

興味のある方、ご一報ください。

 

 

 

 

アルテルナンテラ レッドフラッシュ

農場がある深谷市は今日もいい天気になりました。

お蔭で花たちへの水やりが多くて、社員さん達は大慌てでした。

 

しかも、もう秋に向けた生産も始まっているのです。

その秋商品のひとつ、今年試験生産している、アルテルナンテラ レッドフラッシュがあります。

201779202730.jpg

このアルテルナンテラ レッドフラッシュは、日が短くなると花芽をつける性格なんです。

そんな性格を利用し、ハウスに暗幕を付け、夕方5時になると真っ暗にしてしまい、本来咲かない秋早くから出荷が出来ます。

 

暗幕をしている期間は大体1か月くらいで、花芽が見えてきたら暗幕をしなくても大丈夫になります。

 

これから新芽を摘芯し、短日処理をして花を付けて販売したいとおもいます。

どうなるか楽しみですね。

ご期待ください。

 

寄せ植えの取り組みも始まりました。

今日もいい天気になりました。

土曜日はパートさんには半日来てもらっています。

子供が小さい家や用事がある人は出勤しませんが、協力して出て来てくれるのでありがたいです。

まだまだ出荷作業の多い小林花卉でした。

 

来週出荷予定の商品にこんなものもあります。

201778175943.jpg

寄せ植えです。

青白系の寄せ植えで頼まれたのです。

 

5品種入っているのです。

まずは奥にあるシルバーリーフはサントリーナです。

そしてそのわきの細かな花が咲いているのが、カラミンサになります。

そして青の花は栄養系のバーベナ‘スーパーベナ ブルー’です。

そして白い花はペンタスです。

最後のわきにあるのはラミウム‘スターリングライム’です。

 

このメインのスーパーベナ ブルーですが、ポットではあばれて性格が悪いと思っていましたが、

寄せ植えに使うにはこの伸びた感じが実にいいですよ。

もうお店にも出回っていないと思いますが、強健でどんどん咲いてきます。

さすがや種苗メーカーさんが選んできた品種といった感じです。 

小林花卉の宿根バーベナも進めたいところですが、このスーパーベナブルー、あばれますがおススメです。

 

 

七夕様

今日は七夕ですね。

今年は私たちの地域は晴れて天の川が見えるでしょう。

 

例年通り七夕という事で小池君には竹を切ってきてもらい、みんなで短冊を書いて飾りました。

20177718942.jpg

 

 

大したことではありませんが、一緒に楽しんでくれるパートさん、社員さんがいてくれること、

そして仕事でもないのに付き合ってくれるやさしい気持ちが嬉しいです。

 

 

 

 

毎年七夕で皆さんに書いてもらって一緒に楽しんでいますが、

新しい人が入ってきてくれ辞められた方もいてと、今のメンバーがずっと続くというのはありえないんですよね。

ですから今という時間を大事に、出会えたご縁を大事にしていきたいと改めて思いました。

 

 

佐藤さん

今日は台風の影響で、蒸し暑くだんだんと雨が強くなってきました。

私の地域は台風の進路からずれたので、雨だけと思われます。

皆さまも台風の被害が出ないようご注意ください。

 

そんな台風直前の日でしたが、佐藤さんが育種を教えに来てくれました。

雨の中東京から登場するのですから頭が下がります。

 

佐藤さんは、一つ一つ目的に向かって確実に歩んでいっているんです。

この確実に進めるという事がすごいことだと身近で学ばせて頂いています。

 

今日も一つ確実に育種をすすめていきました。

やっぱり佐藤さんすごいなぁ。

 

 

台風さん来ないで!!

昨日の夜から寝苦しい蒸し暑い夜となり、一緒に寝ている子どもたちも

いつも以上に活発に寝返りをうって攻撃を仕掛けてきていました。

お蔭で寝不足となってしまいました。

 

そして今日も蒸し暑かったですね。

明後日台風が最接近する影響もあるのでしょうか。

被害が出ないようにと社員さんも点検し始めてくれました。

自主的に点検してくれる社員さん、ありがとうございます。

 

小林花卉では露地も有効活用しているのですが、台風となると風も雨も別格ですから

さすがに植物が傷んでしまわないか心配になります。

ハウスの準備をキチンとして台風に備えた後、露地の植物に関しては祈るだけです。

 

明日一日台風が来ても大丈夫なように備えていきたいと思います。

ニーレンベルギア

 今日は晴れましたが、昨日降った雨の後だったので余計に蒸し暑かったです。

そんな環境だと、蕾だと思った花たちも、すぐに咲いて散ってしまうので出荷時期がとても短くなっています。

お花屋さんも品質維持が大変だろうと思っています。

持ちの良い商品を作ることが大事ですね。

 

今日紹介するニーレンベルギアは、種苗メーカーさんが販売している品種なんです。

20177218586.jpg

PWと言って世界中にいる育種家さんが開発した植物を扱っているメーカーさんの商品です。

 

このニーレンベルギアは花色がきれいなだけでなく、花殻も見えていると思いますが

見ての通りどんどん花が咲いてくるんです。

いつまで咲いているか楽しみです。

 

もう出荷は終了してしまいましたが、来年も栽培していきたい商品です。

 

シャイアンスピリット

今日は大雨が降ったり晴れ間が出たり、不安定な一日でした。

そんな雨の中、社員さん達は外で出荷をしてくれました。

パートさん達には室内でできる出荷をしてもらい、自分たちが外で出荷をしてくれたのですから素晴らしいですね。

 

 

そんな社員さんの成果、エキナセア シャイアンスピリットです。

201771194129.jpg

色鮮やかな大輪の花が咲いてきましたよ。

 

この梅雨空を吹き飛ばすような素晴らしい発色です。

201771202743.jpg

 

 

20177120288.jpg

 

 

201771202838.jpg

 

 

201771202948.jpg

 

明日から出荷開始です。

楽しみにしてください。

 

 

ケイトウ多粒播き

 今日は曇り空、時々パラパラ雨が降ったりしながら、ジメジメした梅雨らしい天気になりましたね。

最近は花落ちしやすい植物は、お店の手入れが大変でやや敬遠されてきているようです。

ランタナも庭ではきれいに咲いてとてもいい植物なんですが、その前のお店の段階で避けられてしまうのは残念なことです。

 

 でもお店では多くの植物を販売しているのですよね。

多くの種類を扱っているという事はそれぞれに管理の仕方があり、そしてその植物を生産した生産者の用土や肥料によっても管理が違ってきます。

そんな状況でお花をきれいに保って販売するのですからとても大変なことだと想像しています。

 

ですからお店の方も安心して管理して販売できる商品を喜んで購入してくれると思います。

そんな訳もあり、毎年母の日の寄せ植え商材として生産しているケイトウの多粒播きをこの時期もやっています。

 

 2017630171435.jpg

ケイトウの多粒播きは何本も種を蒔くので一つ一つの株が大きくなれず、小さいまま花が付くんですね。

ミックスで混ざってかわいいですよね。

2.5寸ロングポットで寄せ植え用として作っています。

 

あと1週間くらいしたら出荷となりそうです。

 

ペラルゴニューム ブラウニー

今日も雨は降りませんでしたが、むしむしとした天気になりました。

 

さて今日は小林花卉オリジナル品種の紹介です。

ペラルゴニューム ラベンダーラスという原種の枝変わりで葉の色が銅葉をしているのです。

2017629174230.jpg

このラベンダーラスは丈夫な植物で、秋までずっと開花しており、大きく伸びすぎたら丸坊主にしても

一か月後には再び咲いてくるんです。

そのラベンダーラスの銅葉ですから、寄せ植えにしても単品植えにしても重宝すると思います。

 

オリジナル品種といっても少量出荷で終わってしまっている現状です。

2017629174151.jpg

もし見かけた方がいましたが、ぜひ試してみてください。

 

ページ上部へ