ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ピカビオサ

今日も晴れて温度が上がりましたね。

いよいよ庭にうえてあるパンジーがダメになってきました。

植え替えシーズンですね。

お店には暑さに耐えられる植物たちが出回ってきています。

 

この植物なんでしょうか。

2017521172616.jpg

この花を見るとわかりますよね。

この花はスカビオサなんです。

この品種は矢祭園芸さんから頂いてきたのです。

四季咲き性がありますが、開花はだらだらと咲いている感じでたくさん花を溜めることはできません。

でもカワイイ咲き方なんですよ。

そして葉っぱがピカピカしているんです。

葉がピカピカしているスカビオサだから、矢祭園芸の大樹君がつけたネーミングは「ピカビオサ」

なんともわかりやすいでしょ。

 

でも暑さ寒さに強く、四季咲きせいで株が暴れないのですから面白い商品だと思います。

葉っぱがピカピカ 「ピカビオサ」 秋出荷の予定です。

 

 

 

カラミンサ

今日間暑かったですね。

今年一番の暑さとのことでしたが、明日はさらに一度高いそうですね。

 

いよいよ出荷となる商品がこちら

2017520172817.jpg

カラミンサです。

暑くてもどんどん花を咲かせるのが魅力ですね。

今から秋までずっと咲いていてさらに宿根し、来年も咲くのですから

なんとも丈夫で長持ちがですよね。

 

これから花があがってきますのでお店で見かけた方、ぜひお買い求めください。

 

 

庭のバラたち、ベストシーズン

今日は朝曇り空でしたがいい日になりました。

見てください。

 

2017518174537.jpg

バラが咲いてきていました。

 

深谷花仲間のバラのオープンガーデンは13、14日に終わりました。

深谷市内のお庭では13日がベストのタイミングらしいですが、

郊外のこの地域はそれより一週間遅れてベストなタイミングになるんです。

深谷駅まで5キロの距離、このくらいの距離でさえ開花に差が出来るんですよね。

植物は敏感ですね。

 

 

2017518183653.jpg

グラハムトーマス

 

 

2017518183729.jpg

アンクルウォーター

 

 

2017518183754.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール

 

 

2017518183835.jpg

デルフィニュームも満開です。

高生種、苗で出回りにくいですよ。

会長が種から育てているんですよ。

 

 

2017518194058.jpg

ジキタリスだって高生種です。

ちょうど見ごろです。

バラと一緒に植えるとやっぱりいいですよ。

 

 

2017518194223.jpg

栄養系アリッサム ストリームと、スカビオサ ギガです。

栄養系アリッサムは、秋から春までの間生産しています。

通常出回っているアリッサムと大違いの生育力に耐候性!!

一度植えてみたら、もう通常のアリッサムは植えられないですよ。

 

そしてこのスカビオサ ギガは、今年の秋出荷に向け生産予定です。

大輪種でしかも四季咲き性、寒さにも強い!!

暑さはこれから試してみます。

とても楽しみな商品です。

 

 

 

 

ベロニカ レッドラインコンパクター

忙しかったゴールデンウィーク、母の日も終わり、やっとひと段落!!と、いうわけにまだいかないんですね。

ベロニカ レッドラインコンパクターがいい状態になって出荷となります。

2017517205020.jpg

いつまでもお嫁に行かないのも親としてはハラハラしますので、注文を頂き嬉しいことですが、

出来上がった途端あっという間になくなってしまうので、寂しさ半分ですね。

お嫁に行っても元気にやってくださいね。

いい人にもらわれることを願っています。

2017517205218.jpg

皆さん、ベロニカ レッドラインコンパクター、いい子ですよ。

 

ラベンダー センティビア

いよいよラベンダーセンティビアの出荷となります。

暖かいとすごいです、あっという間に色づいてきました。

通常春に一度咲くだけですが、このセンティビアは春と秋2度咲く品種なんですよ。

一株で2度おいしいとはこのことでしょうか(笑)

201751621200.jpg

 

花が咲き終われば刈り込んでください。

そうすると秋にもう一度開花してきますよ。

いい品種ですから、ぜひお手元に一つ置いておいてくださいね。

 

経営塾

静岡経営塾2日目です。

今回は経営塾の大先輩の長野県渋温泉の春蘭の宿さかえやさんに宿泊しています。

このさかえやんは、旅館協会で開催されている旅館甲子園で2連覇をした日本一の旅館なんです。

 

昨日と今日2日間の様子をちょっと紹介しますね。

昨日はCLを作ったアメリカの文化人類学者のデイビット・レイノルズ博士が来日して講義をしてくれました。

続いてハガキ祭り、さかえやの社員さん達が数か月かけて企画して頂いたのです。

ハガキを書き続けて1万枚を書いた京丸園の鈴木社長に講演して頂き、継続の大事さを教えて頂きました。

他にもさかえやさんの社員さん3名の発表や1年間ハガキ継続した海野塗装さんの岩本さんの表彰もありハガキの素晴らしさ、刺激を頂きました。

そして本日は県民ショーなどにも出演しているランチェスター戦略の矢野先生の講義も聞かせて頂き、自社の取り組みを見直すきっかけを頂きました。

 

最後に杉井さんからお話を頂きました。

これから国も会社も社員さんを守ってくれないんだよ。

だから社員さん達には、他の会社からうちに来ないかと誘ってもらえるような方法を身に付けさせてあげなきゃ。

会社に行ったとき、来てくれてよかったと思われるようにしてあげなきゃね。

ひっぱってもらって頭を下げられて次の会社に行くのと、自分から入れてくださいと頭を下げて次の会社に行くのでは給料も違ってくるよね。

頭を下げられて入ってくださいと言ってもらえるようにしてあげなくちゃ。

この仕事をやって損だとか言っている人と、よしやっちゃおうと言って取り組んでくれる人どっちの人が

いい人生を歩める?

社長は社員さん達を本気で思っていたら、困らないようにしてあげなくちゃだめだ。

社長たち、社員さん達へ会社のあり方や考え方を話してくれました。

 

会社の姿は社長の行動した通りになります。

本当に社長の器が会社の器となるのだと最近実感しています。

ですから、自分の器を作るために学んでいこうと思います。

 

今回一緒に研修に行った俊、そして森さんお疲れ様でした。

また農場に残り管理をしてくれた奥地君、林さん、荒蒔君、瀬川君、野口君、小池君ありがとう。

シシリンチューム カリフォルニアスカイ&ホワイト

今日は月に一度の研修で出かけます。

繁忙期ですが農場を守ってくれる社員さんたちがいてくれてありがたいです。

しっかりと研修したことを持ち帰りたいと思います。

 

 

そんなわけで、取っておいた写真を使いシシリンチューム カリフォルニアスカイの紹介をさせていただきます。

名前の通り、カリフォルニアの雲一つない青空をイメージさせる青色の品種です。

暑さ寒さに強い多年草で、とても丈夫な植物です。

このカリフォルニアスカイ の出荷をしていますが、なんと雲のような白が出てきました。

ブルーと白の組み合わせ、さらに魅力的になったと思いませんか。

201751218232.jpg

 パートさん達に出荷をお願いしていますが、白い花が咲いていることに気づいても

そのままにしてしまってもいいことなのですが、白い花が咲いたと社員さんに報告して

持ってきてくれるのですからありがたいですね。

来年は増殖年度、再来年から試験生産に移れると思います。

 

 

皆さん、小林花卉に働きに来てくれている方たちのおかげで、

また魅力的な商品が生まれてきました。

販売を楽しみにしていてください。

 

 

 

 

栄養系ブルーサルビア サリーファン

今日もいい天気でしたが、明日は下り坂。

週末の雨は観光地や園芸関係者には困り者ですね。

屋内で一日過ごせるショッピングモールなどがにぎわいますよね。

今週末は母の日です。

大型ショッピングモール、園芸店さん、どんな母の日になるでしょうかね。

 

栄養系ブルーサルビア サリーファンの紹介です。

ブルーサルビアといっても青にも濃い青や水色、紫そして白など種から育てる品種でも販売されています。

 種から育てられるなら、母株管理などもいらず生産費が安くなるのですが、なぜ挿し木で増やす栄養系品種を作っているのでしょうか。

それはこの品種は種が付きにくく、そのため長期間にわたり開花し続けるからなんです。

2017512175051.jpg

今年は種苗会社さんおススメの一番人気「スカイブルー」の一色の生産です。

栽培していた感じたのは、多肥を好みます。

現在露地に出してがっちり作っていますよ。

 

 

ステファニー

今日は曇りでした。

半袖で外に出ると寒いくらいの温度です。

定植したばかりの植物やまだ小さい苗、真夏の植物などは暖かい環境がいいので、温室の周りは閉めました。

水やりひとつから換気一つ一つ、細かな環境管理をして商品を作っていきましょう。

 

さて、今日もカランコエの新品種の紹介です。

2017510171344.jpg

こちらも種苗メーカーのデューメンオレンジ社の開発品種になります。

 

 

今までの園芸品種に無い特徴的な品種です。

2017510171229.jpg

八重品種なのですが、花びらが細かく切れていてひらひらしていてカワイイですよね。

 

 

こちらの品種も試験生産させて頂きましたが、とてもいい品種だと思いました。

 

カランコエもバラエティーになってきて売り場がまた楽しくなりそうです。

 

カランコエ担当のマッキー&ユウキのコンビ、今度紹介させて頂きますね。

花もそうですが、担当者の紹介も楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

ピンクピトン

連休開けて2日目、とは言ってもまだまだ出荷がありますね。

この時期に来ると、母の日用の鉢花の需要がたくさんあるのですよね。

お店も母の日用にたくさん買うのですから、荷物がたくさんでお店もまんぱんで

通常買っておいてもいい商品も買いたくても変えない状況になります。

そんな時に販売しようとするのがまちがっているのかもしれませんが、

いい商品ならばお店に置いておきたいと思いますよね。

 

そんなインパクトがある商品となるのがこちら

201759173541.jpg

カランコエ ピンクピトンです。

今回初生産、試験的に生産してみました。

ピンクに白い縁が入る品種になっています。

花も大きくてとても目立ちます。

 

先日紹介したピトンの姉妹品種となります。

201755204812.jpg

こちらが12センチ鉢で生産したピトン

 

 

 

このピトンシリーズは種苗メーカーのデューメンオレンジ社の開発品種です。

世界NO.1品種開発力は素晴らしいですね。

小林花卉の生産担当はマッキー&ユウキです。

 

 

種苗会社さんの最新品種を生産しています。

まだ紹介したい品種があるのですが、また今度にさせて頂きますね。

お楽しみに!!

 

 

ページ上部へ