ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

埼玉県鉢物大商談会

昨日は、旅館甲子園の観戦に社員さん達が行き、私は展示会へと行きました。

 

 旅館甲子園で社員さん達といい会社はどんな会社かを体験して会社づくりに生かすことも大事なことですし、

展示会に行きお客様とあって商品の話や情報交換をして来るのも大事なことで、

どちらかを選ばなければならないということが日常でも多々ありますよね。

自分の選択一つ一つが、人生を作っていくのですよね。

日常何気なく過ごしてしまっていますが、改めて昨日考えるきっかけを頂きました。

 

そして今日も埼玉県の鉢物生産者が行う展示会に行ってきました。

展示会シーズンでいろいろな場所で展示会やっています。

今日も農場を守ってくれているパートさん・社員さんがいてくれるので参加できました。

この展示会は、JA全農埼玉主催でやってくれており、農協職員さんが10名以上運営に携わってくれていました。

遠方の市場の担当者さんも来てくれるこの展示会は、全農の職員の方たちの集客のおかげでもあります。

やってくれている事を当たり前と思わず、来てくれるお客様が喜んでくれるよういい展示をすることですね。

ローダンセマムにオステオスペルマム、新商品も展示してお迎えしましたよ。

果たして喜んでくれたでしょうか?

 

 

 

反省&旅館甲子園&砧花き展示会

今日は、風がすごかったです。

ネギやブロッコリーの産地の深谷市、畑が多く風が強いと土ぼこりを上げて吹いていきました。

 

そんな中、天気予報をきちんと確認せず、パートさん達を外のシバザクラのポットに生えている草取りを始めさせてしまいました。

晴れた日にやってもらおうと思いながら、他の作業との調整をキチンと考えていなかったための失敗です。

社員さんが現場に行って気が付いたところでした。

時には大変な作業をしてもらう事もありますが、出来るだけ作業しやすい方法を工夫していくことが大事でした。

草取り作業に入ってくれたパートさん達には申し訳ないことをしてしまいました。

 

その後、ガイラルディアの挿し木に変更して作業をしていただきました。

ガイラルディアも種から育てる品種がありますが、こちらは八重品種で種をまき選抜した品種です。

写真を撮り忘れてしまったので、また紹介させて頂きますね。

 

 

明日、社員さん達は社員研修に朝から出かけます。

東京ビックサイトで行われる旅館甲子園の決勝戦を観覧しに行くのです。

今回の旅館甲子園には、静岡経営塾で一緒に学ばせてもらっている長野県渋温泉のさかえやさんが出場するのです。

小林花卉で社員研修の講師として来て頂いている杉井さんが、さかえやさんのコンサルもしているのです。

さかえやさんは社員さん一人一人が自主性を発揮し、そしてお互いを尊重しあっている会社で、いい会社のお手本となる素晴らしい旅館です。

いい会社は私一人で作れるものではなく、やはり協力してくれる社員さん・パートさんあってのいい会社です。

いい会社のお手本があるのですから、旅館甲子園を通していい会社とはどんな会社なのか、体験してもらいたいと思います。

 ですから、今回の研修には社員さん全員行けるといいのですが、やはり農場を管理しなければならないので、

責任者として小池君が残ってくれることになりました。

小池君・パートさん達が農場で働いてくれるのですから、しっかりと学んできましょう。

 

 そして私はというと、明日は砧花きの展示会に行ってきます。

農場で守ってくれるパートさん達、研修に朝から晩まで行ってくれる社員さん達の為にも、私は私の役割を果たしたいと思います。

そんな訳です、砧花きに来られる方、ぜひブースにお立ち寄りください。

よろしくお願い致します。

オステオ育種

昨日に続きオステオスペルマムの紹介です。

 

2017219184615.jpg

この画像は昨日撮ったのですが、株の違いを分かってもらおうとわざと並べてみました。

 

去年の秋に種をまき、植えこんだオステオスペルマムですが、ここまで大きくなりました。

小林花卉では挿し木繁殖しているので、市場に出荷する商品で種をまくことはやっていません。

ここまでばらばらの生育をしていたら、管理が大変でいい商品はできません。

種苗会社では、生産者の為に草丈を揃え、開花期を揃えるよう種取りをしているんですよ。

その製品率の高さで、同じ色のパンジーでもメーカーさんによって販売量が変わってきます。

 

そういう揃いのいい種子を販売しているのに、なぜこんなバラバラの生育をするのに種をまいているかというと、育種の為なんです。

2017220195955.jpg

花色がいいけど株が良くない個体と、株はいいけど花色が良くない個体のいいところを

交配して獲得する作業をしています。

 

焦らず、でもキチンと狙った形質を獲得できるようやっていきたいと思います。

3月に入れば開花してくるので楽しみです。

 

 

 

 

オステオスペルマム 八重品種

今日は日曜日、いい天気になりました。

いよいよ2月もあと10日を切りました。

 

今月は2/22砧花きの展示会、2/23埼玉県大商談会、2/25花卉懇フォーラムとまだまだ外に出ることが多くなっています。

2月は逃げると言いますが、逃がさないようにしたいです。

 

 

さて、順調に植物たちは生育しています。

今日はオステオスペルマム紹介します。

2017219184730.jpg

このオステオスペルマムは、4寸テクポットで生産されています。

小林花卉のオリジナル品種として生産しているものは、3月からは3.5寸ポットで出荷しているのですが、

メーカーさんの特徴ある品種だけけ苗を買って生産しているんです。

そのメーカーさんの苗がこの4寸テクポット企画の商品になります。

 

このオステオスペルマムの品種は多分八重品種だったと思います。

3月下旬から出荷予定でありますので、開花を楽しみにしていてください。

イングリッシュラベンダー センティビア

今日はまた寒くなりました。

春一番が吹いた次の日は、天候が崩れると言いますが、春一番を起こす低気圧の移動によってできる春先の天気のメカニズムのせいなんですって。

また、三寒四温と言いますのでだんだん温かく、あっという間に暑くなってくるでしょうね。

 

昨日は露地のイングリッシュラベンダーを見てもらいましたが、

今日は温室内のイングリッシュラベンダーを見てください。

2017218184629.jpg

節という節から芽が吹いてきています。

しっかりと露地で低温にあたった株は、温室内に入れると、いきなり春が来たと勘違いし

節々から芽が吹いてくるのです。

しっかりと寒さに当てることが生産時のポイントになります。

これならばボリュームばっちりの株になります。

これからの成長が楽しみです。

 

4月下旬からの出荷に合わせ、温室に取り込みました。

初めての作型の為、狙い通りに咲いてくれるか心配ですが、

今年やってみてデータを取っていきたいと思います。

 

どなたかこの調子で栽培していて4月下旬の出荷に間に合うかわかりますか?

四季咲き性のあるイングリッシュラベンダー センティビアという品種です。

知っている方教えて下さい(笑)

 

 

 

 

春が来ました。

東京の方では春一番が吹いたそうですね。

深谷市は風もなく、ポカポカ陽気でした。

こんな陽気になると温室の中は温度が上がりすぎてしまいます。

今まで通りの管理では、温室内の環境を整えることが出来ないですね。

適温にするため担当社員さん達は、天気を見ながら温室の側窓を開けたり閉めたり気を遣ってくれていました。

 

植物たちは敏感に反応しますよ。

換気も潅水も冬場と違う、早め早めの対応をしていきましょうね。

 

 

そろそろ咲いてくるころだと思い、近所にある木を見てみました。

2017217183531.jpg

梅の木です。

 

2017217183630.jpg

やっぱり咲いていました。

2017217183717.jpg

 

去年のちょうど2月17日も梅の花を撮っていて、同じくらいの咲き具合でした。

植物は本当に敏感ですね。

 

でも桜はまだまだ!!

201721718438.jpg

2017217184331.jpg

 

 

イングリッシュラベンダーもまだまだ!!

2017217184514.jpg

 

 

 

オダマキもまだまだ!!

2017217184745.jpg

 

 

ローダンセマム アフリカンアイズもまだまだ!!

2017217184714.jpg

 

 

 

でも温室のアフリカンアイズは出荷最盛期です(笑)

 

ここから劇的に変化する植物たち、ここからが楽しみです。

 

 

オープン農場2日目

今日はオープン農場2日目でした。

今日は農業大学校の学生さんも見学に来てくれました。

業界関係者だけではなく、学校の生徒さんたちにも興味を持ってもらえているのは、嬉しいですね。

つい力が入って、商品・会社の紹介をしてしまいました(笑)

 

でも学生さんからの率直な意見は、商品づくりをする上で大変参考になりましたよ。

また、販売店さんや市場の方達だけでなく、メーカーさん、鉢屋さん、ラベル屋さんなど、いろいろなジャンルの方たちが観に来てくれました。

四つ葉のクローバーの新企画、実売に向けて商品づくりにさっそく取り掛かりたいと思います。

学生さんの意見を踏まえた新商品、鉢屋さんやラベル屋さんなどの力を貸して頂き、

今秋から出荷しようと思います。

多くの人の力を貸して頂き、幸せの四つ葉クローバー新企画作り上げたいと思います。

楽しみにしていてください。

オープン農場 1日目

今日はオープン農場でした。

オープン農場の方針に賛同し、出展してくれた生産者の方達、訪問してくれた方達本当にありがとうございました。

 

どんな商品がいいか、こんなコンセプトで作ってみたと参考商品の説明をし、意見を聞かせて頂きました。

展示会では、そこまで多くの商品を持っていくこともできず、販売してくれている方たちのお話を農場で聞くことが出来たのはありがたいことです。

思わぬ発見もあり、新たな視点で商品を見ることが出来ました。

 

明日もあるので、今日を踏まえてまた情報交換させて頂きたいと思います。

 

明日もお待ちしております。

人生の約束

今日は月に一度の、杉井さんに講師をしていただいての社員研修でした。

主な研修内容は、映画「人生の約束」のDVDを観賞し、自分の人生にとって大事にしなければいけないものは何なのかを学ばせて頂きました。

今回は、4月から社員さんとして働きに来てくれる予定の学生さんも参加してくれました。

映画を観る前、自分にとっての一番の仕事は何なのかと杉井さんから質問がありました。

なんだと思いますか?

 

それは、いい人生にすることでした。

一生懸命よくなろうと取り組んでいるのに悪い方向に行ってしまっていては悲しいですよね。

良くなろうとがんばったらよくなっていく人生がいいじゃあないですか。

その為に、忘れてはいけないことがあるのですよね。

 

改めて、以前教えて頂いた「いい人生にするには、今自分の周りにいる人を大事にすることだよ。

だってそれが自分の人生になっていくのだからね。」という言葉を思い出しました。

 

内容は詳しく書きませんが、映画「人生の約束」是非見てみてください。

 

オープン農場 生産者さんも展示します

今日は埼玉県農林振興センターから、農家の研修という事で、一日実習に来て頂きました。

クローバーの出荷、カランコエの施肥、寄せ植えづくりと、3つの場所を体験して頂きました。

パートさん達に混ざり作業をやって頂きましたが、最後まで明るく作業をしてくれました。

楽しそうに作業をやってくれると、お願いした方もすごく助かりますね。

またいつでも来てくださいね。

 

いよいよ明後日になったオープン農場です。

当日農場では、他の生産者の方が展示をしてくれる予定です。

その生産者の方たちは、同じ深谷市でマーガレットやポインセチアを生産している高橋義治君、

同じく本庄市で宿根草類や珍しい花壇苗、シャコバサボテンを生産している早野園芸さん、

更に福島県矢祭町から、カーネーションやシクラメンなどの生産と、多くの品種改良をしている金澤大樹君も展示してくれます。

 

どんなことがまっているでしょうか、私も新商品のお披露目会として初公開の品種も用意してお待ちしています。

業界関係者の方、ぜひお立ち寄りください。

ページ上部へ