ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

寄せ植え大会準備

今日は地元埼玉にある鴻巣花き市場に足を運びました。

鴻巣花き市場は日本有数の花の市場なんです。

全国から花や観葉植物など観賞用の植物が出荷されてきます。

小林花卉の商品もとてもお世話になっているのですよ。

 

 

2016125165435.jpg

買参人席から見たセリ場です。

6レーンセリをやっており、モニターと植物を見ながら買参人さんは商品を買っています。

需要と供給のバランスで、このセリは高くも安くもなります。

外の花壇などに植えるパンジーもまだまだ需要があるようで、この時期でも花を植える人がまだ多くいてくれることは生産者として

ありがたいと思いました。

 

今年は9月の長雨で商品づくりに苦労しましたが、さすがはプロです。

シクラメンやポインセチアなど、今日出荷されている商品を見てみてもとても品質がよかったです。

 

 でも今日はセリを見に行ったのではないのです。

実は今回は、お花を買いに行ったのです。

8日に小林花卉の忘年会があり、その時に寄せ植え大会をするので、その材料を仕入れに行ったのです。

 

いつも働きに来てくれているパートさん達と一緒になって寄せ植え大会をして、ホテルで食事をとり、一緒の時間を過ごします。

せっかく寄せ植え大会を開くのですから、喜んでもらえそうな商品を買ってきましたが、果たしてパートさんは喜んでくれるでしょうか?

忘年会では、日頃仕事に来て頂いているパートさんに少しでもお返しができればと思っています。

 

 でも、寄せ植え大会では優勝はわたしません、本気で優勝目指しますよ。

果たしてどうなるでしょうか。

忘年会楽しみです。また紹介させて頂きますね。

 

 

 

静岡経営塾に行ってきました。

 一昨日、昨日と2日間かけて静岡経営塾でした。

毎月2日間、異業種の経営者さんと一緒に経営を学ばせてもらっています。

 昨日その様子をブログに書いたのですが、アップできていなかったようで、消えていました(涙)

少しの時間ですが、学んだことを再度紹介させていただきますね。

 

 

経営塾ではこの2日間かけて経営計画をキチンと作り上げるために時間を使いました。

経営計画は庭造りと同じことなんです。

まず自分はどんな庭にしたいのか、日本庭園がいいのか、イングリッシュガーデンがいいのか、南国風がいいのか自分のビジョンが大事ですね。

ビジョン(夢)ができたら、どうやって進めていくか、計画(設計図)を書きます。

設計図がなければその時いいなと思うものを植えてしまい理想の庭にはなりません。

今年は庭の土を耕しておこう、今年は木を植えるよ、今年は花を入れていこう、こうやって計画を立てますね。

また、順番が大事になります。

まずは土を耕しておくこと重要ですよね。

土づくりをせず木を植えても育っていかないときがあります。

理想の庭、自分の夢を持つことは大事なんですね。

 杉井さんから、「一年に一つ着実に形にしていくんだよ。何個もなんてできないのだから、一つでいいからものにするんだよ」

「今年一年で会社にどんな価値を付けられたか、振り返ってみて。ないようなら、今年一年無駄にしてしまったんだよ。」

とお話頂きました。

 

一年に一つ着実に形にしていくことを意識し行動して、いい会社を作っていきたいと思います。

 

すいません、ここで終わりにさせて頂きます。

 

来年の静岡経営塾賀詞交歓会は、1月8日(日)沼津ラクーン吉本劇場を借り切って、初の芸人さんとのコラボ発表会です。

花生産農場が、吉本の舞台で芸人さんと一緒に発表するんです。

なんだか面白いですよね。

興味のある方、ぜひ連絡ください。

 

 

幸せの四つ葉クローバー

この時期はシクラメンが旬ですね。

最近魅力的な品種がとても増え、同じ花生産者としてきれいな品種は生産したくなってしまいます。

しかし、その道のプロがいるのですから、簡単に作れるわけではないです。

その道のプロにならなければいけませんね。

 

 

201612217505.jpg

四つ葉のクローバーが出荷となっています。

 

 

 

小林花卉オリジナル品種として今年は6種類で販売しています。

 

201612217526.jpg

ウォーターメロン

 

201612217546.jpg

ライチ

 

2016122175444.jpg

キューカンバー

 

2016122175524.jpg

チョコ

 

2016122175559.jpg

キウイ

 

201612217585.jpg

フィグー

 

すべての品種が四つ葉が必ず出る品種になっています。

 

 

この時期は寒くなってきたので小葉になりかわいらしくなりました。

クローバーは温度によって生育が全く変わりますので、ここを調整してちょうどいい大きさに株を作っていきます。

 

プロとして、微妙な大きさの調整をしていきたいですね。

今度控えている品種はさらにきれいな色ですよ。

更に四つ葉のクローバーのレパートリーが増えていきます。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

オダマキ

今日から12月、一年最後の月ですね。

残り30日です。

来年に向けて体制を作っていきたいと思います。

 

今年はすでに雪も降り、霜も先日おりました。

霜が降ると寒さで弱い植物は、一発で枯死してしまいますね。

先日も紹介しましたが、こちらのオダマキたちは問題ありませんでした。

 

そのグリーンの株の中に、ライム葉があり,

2016112717226.jpgのサムネイル画像

 

 

 

そしてこんな斑入りまで出てきているんです。

2016121163143.jpg

寒さに強いオダマキですから、これからの時期のカラーリーフにもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

2016121163320.jpg

グリーンに、ライムリーフ、ライムの斑入り

花のかわいらしさだけでなく、寒さにも強いカラーリーフとしての活用も期待できます。

 

花色は一緒で葉色の違うオダマキを、庭に植えても面白いですね。

 

 

来春が楽しみです。

どんな花が咲くのか、お楽しみに!!

 

 

宿根バーベナ

今日で11月も終わりになります。

今年も残り1か月になってしまいますね。

 

いよいよポインセチアも終わりに近づき、春の仕込みに移ってきています。

仕込みの始まる前に、花の咲いていた宿根バーベナの写真を撮っておきました。

去年から販売始めたスイートパフェシリーズと、以前から販売していたペティーナシリーズです。

 

 

20161130165213.jpg

 

 

20161130165240.jpg

 

2016113016533.jpg

 

20161130165334.jpg

 

20161130165359.jpg

 

20161130165150.jpg

 

来春から出荷となります。

どの色も花付きがよく、横張りしやすく株元にも花が付きやすい品種を揃えました。

そしてここ深谷の暑さにも耐えられる丈夫な宿根バーベナです。

スイートパフェとぺティーナシリーズ来春また出荷しますのでお楽しみにしていてください。

実はもう一系統あるんです。それは出荷できるようになったらお見せします。お楽しみにしていてください。

 

 

佐藤さん

今日は佐藤さんが来てくれて、育種を進めてくれました。

育種はとても時間がかかるので、あっという間に何年もたってしまい、継続性が求められるとつくづく感じます。

しかし、きちんと種を取り、選抜をしていくことで早晩ありますが、狙った形質の品種を獲得できるんだと佐藤さんと一緒に育種をやらせて頂き思います。

 

佐藤さんが育種している商品は間違いなく世界最先端です。

佐藤さんのすごいところは、植物の知識があるだけでなく、その探究心と、やりきる継続力があることだと思います。

世界最先端の育種を間近で味わわせて頂いているのですから、佐藤さんを見習いきちんと継続して商品化していかなければ、いくらいい材料があってもでき上がりませんね。

 

小林花卉では来年も新品種が登場してきます。

新しく生み出した商品は、買った人が喜んでくれる性質のものと思っています。

時間をかけて作ってきた商品です。

の良さをキチンと紹介し、販売につなげていきたいと思います。

 

 

 

ローダンセマムの現状

いよいよ温度が上がりにくくなってきましたね。

暖房機に頼るところが多くなってきました。

 

さて、今年早く出荷しようと試みている植物があります。

それは、ローダンセマムです。

 

20161128174039.jpg

分枝もよく順調に大きくなっていますね。

ちょっと大きくなりすぎるので、担当してくれている奥地君が株を見ながら潅水をして株の大きさを調整してくれています。

この温室の潅水設備はプールベンチと言って、台の下から水が一定時間出て水をやれる大量生産にはもってこいの設備なんです。

簡単に潅水できるので、初めての人でもスイッチを入れれば水はあげられます。

しかし、水のあげすぎは大きくなりすぎたり、徒長したり、商品としての価値を下げてしまいます。

ですからプールベンチで管理するのは、簡単に水やりできる分より植物をきちんと見る目がないと仕上がりません。

いい商品を作るために手灌水を加えたりと、一鉢一鉢丁寧に商品づくりをしようとしているのですから、ありがたいことです。

私は大量生産をしたいと思いながらも、やっぱりこういった職人気質はうれしいですね。

 

2016112817430.jpg

現在、早いものではこのくらい花芽が見えています。

 

目標にしている1月下旬果たして出荷できるでしょうか?

 


 

元気になるのを待ってますよ

 今日は日曜日、パートさんたちはお休みです。

でも社員さんたちは担当場所の管理の為、出勤してくれました。

 

 そんな中、体調を崩して休んでいるパートさんが顔を出しに来てくれました。

心配していたので、顔を見せてもらえて安心しました。

誰でも病気になって欠勤してしまうことはありますし、怪我することもあります。

休んでいる本人が一番つらいのですから、元気な私たちが農場を守り、

復帰してくるのを迎えてあげたいですね。

体調がよくなるまでもう少し療養してくださいね。

 

 

そういえば、オダマキが雪の中から復活しましたよ。

20161127165853.jpg

このみずみずしさは、雪をかぶったと思えないですね。

 

今年もいろいろな品種を生産しています。

2016112717010.jpg

2016112717116.jpg

2016112717139.jpg

2016112717226.jpg

品種によって大きさが全く違いますね

 

 

4月頃出荷となるオダマキです。

花芽が着いてから出荷となります。

これからの変化も楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

雪後の植物たち

改めて夜は寒くなりましたね。

先日降った雪も今日はほとんど溶けて、日陰のほんの少し残すだけとなりました。

 

改めて事務所前のコンテナを見てみると、寒さに強い弱いがよくわかります。

では見てみましょう。

 

まずは雪でダメになってしまった物からです。

2016112617526.jpg

こちらはランタナ もももこりんです。

雪がのっかったところは枯れてしまいました。下の葉だけ残っていました。

 

2016112617544.jpg

ペンタスはもう株全体が枯死してしまっています。

一発で終わりになってしまいました。

今回の雪ではありませんが、カリオプテリスが葉を落とし冬支度をしていますね。

 

 

20161126175539.jpg

ウィンターコスモスは生きているけど、雪がかぶさり横に倒れるようになっています。

 

 

2016112618133.jpg

びっくりしたのが、サンブリテニアです。

暑さに強いサンブリテニア、夏の花の印象が強かったですが、

雪が溶けて傷んでいると思いきや、全く傷んでいませんでした。

やはり秋からでも十分楽しめる植物ですね。

 

20161126175736.jpg

こちらはペラルゴニューム ブラウニー

雪が溶けたら元通り!!というわけにはいかず、やや花芽が下を向いてしまいましたね。

でも傷んではいませんよ。

やはり四季咲きのペラルゴニューム ラベンダーラスから出ただけあって暑さにも寒さに強いです。

 

 

 

20161126175136.jpg

もちろんビオラは問題ないですね。やっぱりパンジービオラは素晴らしい植物です。

 

 

 

 

20161126182034.jpg

ペチュニアだって強健な品種は大丈夫なんですね。

品種はスーパーチュニアです。

 

 

20161126182235.jpg

栄養系アリッサムと幸せの四つ葉クローバーのミックス植えです。

雪が溶ければ元通りです。

アリッサムにクローバー、ともにいい植物ですね。

 

ついでに他のアリッサムとクローバーのミックス植え見てもらっちゃいます。

 

20161126183354.jpg

 

 

20161126183434.jpg

 

 

2016112618354.jpg

 

20161126183528.jpg

 

 

来年からこんなミックス植え作っていきたいとひそかに思っているんです。

欲しい方いるようでしたら、ぜひ声をかけて下さい。

すぐ生産し始めますからね(笑)

 

今日も現場はお客様が!

昨日の雪にはびっくりさせられましたね。

深谷市は、朝はまだ雪が溶けずに路面も凍って危なかったです。

でも来て頂いたパートさんが無事故でよかったです。

 

 今日は遠方より電車に乗って実地試験に来てくれました。

働きに来たいと思ってくれる気持ちだけでもうれしいですが、さらに遠方より実地試験を受けに来てくれるのですからうれしいですよね。

期待に応えられる農場かわかりませんが、働いてくれるパートさんたちと一緒に今日は実際に働いてもらいました。

 

2016112519431.jpg

午前中はチェリーセージの挿し木作業です。

丁寧に挿し木をしてくれていました。

 

 

 

20161125194718.jpg

そして午後はカランコエの挿し木作業です。

こちらも一本ずつ丁寧に挿し木をしてくれました。

  

 

一緒にパートさんと作業をし、休憩をし、お昼を食べれば、社長が話をするより実際の会社の雰囲気はわかると思います。

現場で働くパートさん、社員さん達が魅力の小林花卉ですから、体験してもらったのでよさが伝わったのではないでしょうか。

 

今回はお客様としての紹介でしたが、来年は社員さんとして紹介できるようになっていると嬉しいです。

これからも新しい人が入ってくると思いますが、パートさん・社員さんたちが活き活きと働ける活気のある職場を作っていきたいと思います。

ページ上部へ