ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

オステオスペルマム 八重品種

今日は雨も一時期降り、やや寒くなりました。

シバザクラの注文の追加のお願いの為に、わざわざ来社してくれたお客様がいました。

わざわざ来てくれたのですから、うれしいじゃあないですか。

出来る限り対応させて頂きたいと思いました。

 

さて、今日もオステオスペルマムの紹介をさせてください。

201732181038.jpg

手前のオステオスペルマムは、4寸テクポットです。

テクポットは、鉢とポットのちょうど中間くらいの感覚の入れ物です。

排水用に開けられている底穴がとても大きく、水はけがよいため、根の生育がとても良いと言われています。

オステオスペルマムを、わざわざ4寸テクポットにした理由はというと、

通常のオステオスペルマムではなく、ちょっと贅沢なオステオスペルマムを栽培しているからなんです。

それはこんな花たちが咲いてきてくれます。

201732191555.jpg

201732191617.jpg

201732191635.jpg

201732191659.jpg

八重のオステオスペルマムなんですよ。

 

 

201732191743.jpg

いい品種の物はこんなに綺麗な仕上がりになりますが、

あまり分枝の良くない品種はこんな感じになっています。

201732191921.jpg

 

このオステオスペルマムは、ハルディンさんが販売している商品を

買わせて頂いて作っています。

 

さすがハルディンさんです。

いい品種を持っていますね。

 

3月下旬には出荷となります。

出来上がりを楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

ガイラルディア

今日から3月になりました。

春がいよいよやってきましたね。

植物たちも敏感に反応し、やっぱり動きが早くなっていますよ。

 

先週紹介したガイラルディアも順調に発根し、これからあっという間に成長するでしょう。

20173119128.jpg

 

201731185059.jpg

プラグトレーの間から白い根がチラチラ見えてきています。

 

先週紹介した時には発根していなかったものもありましたが、今現在では100%近く活着しています。

100%発根してきたら、発根させるための環境から、しっかりとした健全な苗にする環境にしていきます。湿度と温度を下げて液肥を与えていきます。、

 

その後、定植をしますが、定植時は根の成長を進めるため、4月の晴れの日のようなポカポカ暖かい環境にします。

それから出荷間際には、温度を下げて環境の変化に耐えられるようにしていきます。

 

 

いよいよ第2段階に進みました。

出荷までには、まだやることが多く、気を抜くことが出来ませんが、

現在はとてもいい状態でいます。

これからの報告も楽しみにしていてください。

 

 

 

 

オステオスペルマム

2月も今日で終わりとなります。

今日もいい天気でしたね。

草も生えて来ていますが、ほとんどの畑は耕されて草退治できていました。

あっぱれです。

でも育種用の農場に行く途中、畑できれいな風景を見つけました。

201722819273.jpg

ホトケノザが畑いっっぱいに生えて花が咲いていたんです。

ココだけぽっかりとピンクのじゅうたんのようで素敵でした。

畑を耕していないお蔭で春が来たと感じさせてもらえた風景を見させて頂きました。

 

さて、明日は3月、これからどんどん出荷となりそうです。

オステオスペルマムのポットです。

2017228194359.jpg

 

2017228194426.jpg

 

 

 

2017228194457.jpg

こちらは試作品、 レモン色の品種です。

 

このオステオスペルマム達は小林花卉で種を取り、出来てきた品種です。

毎年新しい品種が増えてきていますので、どんな色が登場するか探してみてください。

 

 

 

まだ全体はちらほら咲いているだけですが、ここで一気に開花してきます。

来週から出荷です。

 

 

 

 

 

 

咲いてく

 

宿根バーベナ順調です

今日はまたいい天気でした。

春らしい天気で花たちの色もよくなってきました。

明後日からは3月春到来ですね。

 

 

さて、いよいよ3月下旬から出荷予定の植物にも蕾があがってきましたよ。

その植物はというと、宿根バーベナなんです。

 

2017227165731.jpg

これは小林花卉オリジナル品種のペティーナ レッドです。

花が咲いて来れば出荷となりますが、ちょっと開花が早くなりそうです。

 

201722717048.jpg

この蕾は株が出来ないうちに咲いてしまうので取り除き、株が出来た上で花が咲いてきた時、

出荷をしていきたいと思います。

手間のかかる宿根バーベナの生産ですが、この手間と時間をかけることが大事で、

パートさん達も出荷しながらであっても、丁寧に手直しをしていい商品に仕上げるお手伝いをしてくれます。

これからスペーシングをして株を一回り大きくしっかりさせていきます。

 

宿根バ-ベナ ペティーナシリーズ、宿根バーベナ スイートパフェシリーズ

3月下旬から出荷となります。お楽しみに!!

 

ローダンセマム ハピネスシリーズ

日差しがだいぶ強くなりましたね。

植物たちもむくむく動き出してきました。

挿し穂の発根も早くなりましたし、開花もどんどんしてきますし、畑の草たちも伸びてきています。

天気もよかったので、庭の周りで草むしりをしているおじいさんおばあさんが何人いました。

この生育し始めた時が、草むしりのベストのタイミングなんだと思います。

 

さて、今日紹介する植物は、ローダンセマム ハピネスシリーズです。

2017226183327.jpg

今年から新発売の新品種なんですよ。

小林花卉オリジナル品種で、シリーズ内ではクリームからローズ色までの色幅の品種があるんです。

 

このローダンセマムは、キク科の植物で、マーガレットに似た花を咲かせます。

しかしマーガレットは凍ってしまったり強い霜に当たると枯死してしまいますが、

ローダンセマムはー6℃になる深谷市でも問題なく冬を越してしまう耐寒性が強い植物なんです。

 

そして株がまとまってこんもりまん丸くなって咲いてくれ、最盛期は「ステキ」という言葉が似合う高級感のある雰囲気が出ます。

 

 

2017226185237.jpg

2017226185312.jpg

 

 

ローダンセマムは5年前には品種が出来上がっていましたが、アメリカの種苗会社さんに販売していこうと思い

アメリカの地での試験栽培をしてもらいました。

しかし、場所はカルフォルニア、寒くなりにくい花芽の形成が遅れるようで、日本のように一斉に咲いてくるという所が少なく

アメリカでの販売は断念しました。

 

でもやっと売れるという嬉しさがあります。

生産者としていい状態に管理をして販売できるという事は楽しいです。

 

ローダンセマム ハピネスシリーズ 見つけられた方、ぜひ植えてみてください。

 

 

花卉懇フォーラム

今日は東京農業大学の世田谷キャンパスで行われた花卉研フォーラムに行ってきました。

植物を利用した環境対策を探るという題目で、3名の演者の方が発表してくれました。

普段の仕事をしているだけでは見えない視点から話をしてもらえるので、固まっている頭をほぐしてもらったようです。

微気候、室内緑化、土地にあった植栽提案などなど、新たな視点を頂きました。

 

 さて、これをどうやって農場経営にどう生かすかですね。

社員さんたちが農場を守ってくれています。

送り出してくれた社員さんのためにも頑張らなければ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイラルディア

今日も天気になりました。

パートさん達にはガイラルディアの挿し木をしてもらいました。

2017224182650.jpg

 

 

一回目の挿し木のロットは発根してきましたよ。

2017224182756.jpg

もう少し発根が揃うまで、温かくて湿度の高い「挿し木の環境」にいてもらいましょう。

業者さんからプラグ苗を買う生産者さんは、プラグ苗が来たらすぐに定植し、生育してきたら1度剪定をして製品に仕上げます。

 しかし、小林花卉では大きい穴のプラグトレーを使用しているのです。

なぜ穴が大きいものを使用しているかというと、小さなプラグよりも栽培期間を長くしておきたいからなのです。

一般的なプラグ苗生産農場では、ここまで大きなプラグ苗は生産しません。

プラグ苗生産農場では同じ面積ならば、なるべく多くの苗を生産できることが利益を多くする方法ですし、

プラグ苗の大きさを小さくし、発根すれば生産者に届けるという事をして回転させて利益を多くするんです。

 

ではなぜこの大きな穴のプラグを使うかというと、長期間このプラグで管理しておき、この中でピンチを2回して、枝数を増やしておくのです。

そうすることで定植後、枝数の多いしっかりとした株に仕上げることが出来るのです。

プラグ苗でも手間と時間をかけていますが、買ったお客様の手元でしっかりたくさん花が咲いてくるよう

商品づくりを進めています。

 

 

 

埼玉県鉢物大商談会

昨日は、旅館甲子園の観戦に社員さん達が行き、私は展示会へと行きました。

 

 旅館甲子園で社員さん達といい会社はどんな会社かを体験して会社づくりに生かすことも大事なことですし、

展示会に行きお客様とあって商品の話や情報交換をして来るのも大事なことで、

どちらかを選ばなければならないということが日常でも多々ありますよね。

自分の選択一つ一つが、人生を作っていくのですよね。

日常何気なく過ごしてしまっていますが、改めて昨日考えるきっかけを頂きました。

 

そして今日も埼玉県の鉢物生産者が行う展示会に行ってきました。

展示会シーズンでいろいろな場所で展示会やっています。

今日も農場を守ってくれているパートさん・社員さんがいてくれるので参加できました。

この展示会は、JA全農埼玉主催でやってくれており、農協職員さんが10名以上運営に携わってくれていました。

遠方の市場の担当者さんも来てくれるこの展示会は、全農の職員の方たちの集客のおかげでもあります。

やってくれている事を当たり前と思わず、来てくれるお客様が喜んでくれるよういい展示をすることですね。

ローダンセマムにオステオスペルマム、新商品も展示してお迎えしましたよ。

果たして喜んでくれたでしょうか?

 

 

 

反省&旅館甲子園&砧花き展示会

今日は、風がすごかったです。

ネギやブロッコリーの産地の深谷市、畑が多く風が強いと土ぼこりを上げて吹いていきました。

 

そんな中、天気予報をきちんと確認せず、パートさん達を外のシバザクラのポットに生えている草取りを始めさせてしまいました。

晴れた日にやってもらおうと思いながら、他の作業との調整をキチンと考えていなかったための失敗です。

社員さんが現場に行って気が付いたところでした。

時には大変な作業をしてもらう事もありますが、出来るだけ作業しやすい方法を工夫していくことが大事でした。

草取り作業に入ってくれたパートさん達には申し訳ないことをしてしまいました。

 

その後、ガイラルディアの挿し木に変更して作業をしていただきました。

ガイラルディアも種から育てる品種がありますが、こちらは八重品種で種をまき選抜した品種です。

写真を撮り忘れてしまったので、また紹介させて頂きますね。

 

 

明日、社員さん達は社員研修に朝から出かけます。

東京ビックサイトで行われる旅館甲子園の決勝戦を観覧しに行くのです。

今回の旅館甲子園には、静岡経営塾で一緒に学ばせてもらっている長野県渋温泉のさかえやさんが出場するのです。

小林花卉で社員研修の講師として来て頂いている杉井さんが、さかえやさんのコンサルもしているのです。

さかえやさんは社員さん一人一人が自主性を発揮し、そしてお互いを尊重しあっている会社で、いい会社のお手本となる素晴らしい旅館です。

いい会社は私一人で作れるものではなく、やはり協力してくれる社員さん・パートさんあってのいい会社です。

いい会社のお手本があるのですから、旅館甲子園を通していい会社とはどんな会社なのか、体験してもらいたいと思います。

 ですから、今回の研修には社員さん全員行けるといいのですが、やはり農場を管理しなければならないので、

責任者として小池君が残ってくれることになりました。

小池君・パートさん達が農場で働いてくれるのですから、しっかりと学んできましょう。

 

 そして私はというと、明日は砧花きの展示会に行ってきます。

農場で守ってくれるパートさん達、研修に朝から晩まで行ってくれる社員さん達の為にも、私は私の役割を果たしたいと思います。

そんな訳です、砧花きに来られる方、ぜひブースにお立ち寄りください。

よろしくお願い致します。

オステオ育種

昨日に続きオステオスペルマムの紹介です。

 

2017219184615.jpg

この画像は昨日撮ったのですが、株の違いを分かってもらおうとわざと並べてみました。

 

去年の秋に種をまき、植えこんだオステオスペルマムですが、ここまで大きくなりました。

小林花卉では挿し木繁殖しているので、市場に出荷する商品で種をまくことはやっていません。

ここまでばらばらの生育をしていたら、管理が大変でいい商品はできません。

種苗会社では、生産者の為に草丈を揃え、開花期を揃えるよう種取りをしているんですよ。

その製品率の高さで、同じ色のパンジーでもメーカーさんによって販売量が変わってきます。

 

そういう揃いのいい種子を販売しているのに、なぜこんなバラバラの生育をするのに種をまいているかというと、育種の為なんです。

2017220195955.jpg

花色がいいけど株が良くない個体と、株はいいけど花色が良くない個体のいいところを

交配して獲得する作業をしています。

 

焦らず、でもキチンと狙った形質を獲得できるようやっていきたいと思います。

3月に入れば開花してくるので楽しみです。

 

 

 

 

ページ上部へ