ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

深谷市花の展覧会

今日は午後から寒くなってきました。

暖かいと急激に温室内の温度は上がってきて、植物も柔らかく伸びてしまうため、温室の壁面も開放し外気を取り入れて涼しくなるよう温度調節しています。

しかし涼しくなると温室を閉めて温度調節をしなければいけません。

開けたり閉めたりと温室管理の手を止めてしまう事にもつながるので、天気予報を見ながら対応してくれています。

 

昨日は深谷市花の展覧会があり、生産者の品評会と、一般公募の寄せ植えの

2つのコンテストがありました。

生産者の品評会で、小林花卉で今年から販売しているローダンセマム ハピネスシリーズが、見事入賞しました。

パチパチッshine

201736171641.jpg

賞の札が大きすぎて花の全体像がよく判らなくなっていますが、

埼玉県議会議長賞です。

管理してくれている奥地君、おめでとう!!

 

 

 

そして一般公募の寄せ植え部門、小林花卉のスタッフさんも参加し、第二位を取ることが

出来ました。

20173617217.jpg

小林花卉の大番頭「小池君」の作品です。

小池君は、カランコエ専任でやってくれていた時もありますが、

今は荒蒔君にカランコエの管理を教えて少しずつ作業を渡していっています。

でも今回の作品見ると、やっぱりカランコエに携わっていたいんでしょうね(笑)

 

小林花卉から5名の方が寄せ植えコンテストに出品してくれました。

こうやって花好きの方が集まる農場になっていくと面白いですよね。

小林花卉でも寄せ植えコンテスト企画してみたいと思いました。

 

 

静岡経営塾

 今日は静岡経営塾に行ってきました。

通常2日間あるのですが、昨日FAJのトレードフェアに出席したため本日一日のみの研修でした。

どこに時間を使うか本当に大事ですね。

 

 

今日の研修は、社長たちがどこを見ているか事例を元に学んでいきました。

会社は、お金を投資しその原資を元にお金を生み出すことで経営できるので、利益を出すという事はとても大事なことです。

そのため経営者はお金がうまく回っているかという所にも気を配っていかなければいけません。

しかし、お金を追っていたのでは、いい会社にならないんですね。

パートさんや社員さんが携わってくれているので、初めて商品が生み出されているのです。

その携わっているスタッフさんが元気かどうかが大事なことであり、お金や商品を見ていたのでは

そのいい会社になることはできないのでした。

毎月一回自分の行動を見つめ直す機会をもらえているのはありがたいことです。

 

しかし結局学んだことが生きるか、自分の趣味と観られてしまうかどうかは、自分の行動次第です。

研修に行っただけにせず、学んだことを実践し会社に落とし込んでいきたいと思います。

FAJトレードフェア

今日はFAJのトレードフェアに出展してきました。

近年市場や生産者団体が出展する展示会が増えてきており、2月から3月上旬までの期間、

各地で開かれています。

私も数会場出展させて頂きましたが、毎回顔を合わせる買参人の方たちもいます。

売店の方たちも自分で情報を取るため、各地展示会に足を運んでいるのには頭が下がります。

来てくれたお客様が喜んでくれるような商品にはまだまだ遠いですが、それでも買ってくれる方達がいてくれるので本当にありがたいです。

 

 

育種のこだわりが、消費者に伝わりにくいという事が展示会で分かりました。

自分の求めている形質が人の求めている価値なのかよく考えながら育種しないといけませんね。

やっぱり花はキレイが一番、花色というのは重要です。

改めて、インパクトのいいものが大事だと思いました。

 

明日から展示会のことを踏まえて商品づくりをしていきたいと思います。

栄養系アリッサム ストリーム

今日は風が強かったですね。

暖かい日もあるため寒く感じました。

 

 さて、今日は栄養系アリッサムの紹介です。

この栄養系という言葉は、栄養繁殖で増やす植物という意味があります。

植物の繁殖方法として、種を蒔いて芽を出させて育てる実生繁殖(実生系)と、

挿し木や株分けなどにより植物体を増やす栄養繁殖(栄養系)という分け方があります。

 

通常のアリッサムは種から育てる実生系品種がほとんどなのですが、

ストリームという品種はイスラエルのダンジガー社が開発した挿し木で増やす品種で、

種が取れないように育種されています。

その為に株が疲れず花が長持ちし、実生系品種が弱ってしまう5月以降でも強健で、

夏越しもしてしまう優れた植物になりました。

201733195813.jpg

この温室の中に何作かに分かれて栄養系アリッサム ストリームが生産されています。

ここから5月まで順次出荷をしていきたいと思います。

 

実生系アリッサムと同じような草姿ですが、性能が全く違います。

株が横に広がり、爆発力はとても素晴らしいです。

 

 

201733195747.jpg

村知さんが出荷直前の手直しをしてくれています。

商品として出荷するよう、丁寧に一鉢ひと鉢花を摘み作ってくれました。

 

 

何せ私、見た目が同じようでも育種のこだわりみたいなのが見えるのが好きなんですね。

だから、この栄養系アリッサム ストリームはなんとかよさを伝えたいと思っているんです。

 

これからどんどん出荷していきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

オステオスペルマム 八重品種

今日は雨も一時期降り、やや寒くなりました。

シバザクラの注文の追加のお願いの為に、わざわざ来社してくれたお客様がいました。

わざわざ来てくれたのですから、うれしいじゃあないですか。

出来る限り対応させて頂きたいと思いました。

 

さて、今日もオステオスペルマムの紹介をさせてください。

201732181038.jpg

手前のオステオスペルマムは、4寸テクポットです。

テクポットは、鉢とポットのちょうど中間くらいの感覚の入れ物です。

排水用に開けられている底穴がとても大きく、水はけがよいため、根の生育がとても良いと言われています。

オステオスペルマムを、わざわざ4寸テクポットにした理由はというと、

通常のオステオスペルマムではなく、ちょっと贅沢なオステオスペルマムを栽培しているからなんです。

それはこんな花たちが咲いてきてくれます。

201732191555.jpg

201732191617.jpg

201732191635.jpg

201732191659.jpg

八重のオステオスペルマムなんですよ。

 

 

201732191743.jpg

いい品種の物はこんなに綺麗な仕上がりになりますが、

あまり分枝の良くない品種はこんな感じになっています。

201732191921.jpg

 

このオステオスペルマムは、ハルディンさんが販売している商品を

買わせて頂いて作っています。

 

さすがハルディンさんです。

いい品種を持っていますね。

 

3月下旬には出荷となります。

出来上がりを楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

ガイラルディア

今日から3月になりました。

春がいよいよやってきましたね。

植物たちも敏感に反応し、やっぱり動きが早くなっていますよ。

 

先週紹介したガイラルディアも順調に発根し、これからあっという間に成長するでしょう。

20173119128.jpg

 

201731185059.jpg

プラグトレーの間から白い根がチラチラ見えてきています。

 

先週紹介した時には発根していなかったものもありましたが、今現在では100%近く活着しています。

100%発根してきたら、発根させるための環境から、しっかりとした健全な苗にする環境にしていきます。湿度と温度を下げて液肥を与えていきます。、

 

その後、定植をしますが、定植時は根の成長を進めるため、4月の晴れの日のようなポカポカ暖かい環境にします。

それから出荷間際には、温度を下げて環境の変化に耐えられるようにしていきます。

 

 

いよいよ第2段階に進みました。

出荷までには、まだやることが多く、気を抜くことが出来ませんが、

現在はとてもいい状態でいます。

これからの報告も楽しみにしていてください。

 

 

 

 

オステオスペルマム

2月も今日で終わりとなります。

今日もいい天気でしたね。

草も生えて来ていますが、ほとんどの畑は耕されて草退治できていました。

あっぱれです。

でも育種用の農場に行く途中、畑できれいな風景を見つけました。

201722819273.jpg

ホトケノザが畑いっっぱいに生えて花が咲いていたんです。

ココだけぽっかりとピンクのじゅうたんのようで素敵でした。

畑を耕していないお蔭で春が来たと感じさせてもらえた風景を見させて頂きました。

 

さて、明日は3月、これからどんどん出荷となりそうです。

オステオスペルマムのポットです。

2017228194359.jpg

 

2017228194426.jpg

 

 

 

2017228194457.jpg

こちらは試作品、 レモン色の品種です。

 

このオステオスペルマム達は小林花卉で種を取り、出来てきた品種です。

毎年新しい品種が増えてきていますので、どんな色が登場するか探してみてください。

 

 

 

まだ全体はちらほら咲いているだけですが、ここで一気に開花してきます。

来週から出荷です。

 

 

 

 

 

 

咲いてく

 

宿根バーベナ順調です

今日はまたいい天気でした。

春らしい天気で花たちの色もよくなってきました。

明後日からは3月春到来ですね。

 

 

さて、いよいよ3月下旬から出荷予定の植物にも蕾があがってきましたよ。

その植物はというと、宿根バーベナなんです。

 

2017227165731.jpg

これは小林花卉オリジナル品種のペティーナ レッドです。

花が咲いて来れば出荷となりますが、ちょっと開花が早くなりそうです。

 

201722717048.jpg

この蕾は株が出来ないうちに咲いてしまうので取り除き、株が出来た上で花が咲いてきた時、

出荷をしていきたいと思います。

手間のかかる宿根バーベナの生産ですが、この手間と時間をかけることが大事で、

パートさん達も出荷しながらであっても、丁寧に手直しをしていい商品に仕上げるお手伝いをしてくれます。

これからスペーシングをして株を一回り大きくしっかりさせていきます。

 

宿根バ-ベナ ペティーナシリーズ、宿根バーベナ スイートパフェシリーズ

3月下旬から出荷となります。お楽しみに!!

 

ローダンセマム ハピネスシリーズ

日差しがだいぶ強くなりましたね。

植物たちもむくむく動き出してきました。

挿し穂の発根も早くなりましたし、開花もどんどんしてきますし、畑の草たちも伸びてきています。

天気もよかったので、庭の周りで草むしりをしているおじいさんおばあさんが何人いました。

この生育し始めた時が、草むしりのベストのタイミングなんだと思います。

 

さて、今日紹介する植物は、ローダンセマム ハピネスシリーズです。

2017226183327.jpg

今年から新発売の新品種なんですよ。

小林花卉オリジナル品種で、シリーズ内ではクリームからローズ色までの色幅の品種があるんです。

 

このローダンセマムは、キク科の植物で、マーガレットに似た花を咲かせます。

しかしマーガレットは凍ってしまったり強い霜に当たると枯死してしまいますが、

ローダンセマムはー6℃になる深谷市でも問題なく冬を越してしまう耐寒性が強い植物なんです。

 

そして株がまとまってこんもりまん丸くなって咲いてくれ、最盛期は「ステキ」という言葉が似合う高級感のある雰囲気が出ます。

 

 

2017226185237.jpg

2017226185312.jpg

 

 

ローダンセマムは5年前には品種が出来上がっていましたが、アメリカの種苗会社さんに販売していこうと思い

アメリカの地での試験栽培をしてもらいました。

しかし、場所はカルフォルニア、寒くなりにくい花芽の形成が遅れるようで、日本のように一斉に咲いてくるという所が少なく

アメリカでの販売は断念しました。

 

でもやっと売れるという嬉しさがあります。

生産者としていい状態に管理をして販売できるという事は楽しいです。

 

ローダンセマム ハピネスシリーズ 見つけられた方、ぜひ植えてみてください。

 

 

花卉懇フォーラム

今日は東京農業大学の世田谷キャンパスで行われた花卉研フォーラムに行ってきました。

植物を利用した環境対策を探るという題目で、3名の演者の方が発表してくれました。

普段の仕事をしているだけでは見えない視点から話をしてもらえるので、固まっている頭をほぐしてもらったようです。

微気候、室内緑化、土地にあった植栽提案などなど、新たな視点を頂きました。

 

 さて、これをどうやって農場経営にどう生かすかですね。

社員さんたちが農場を守ってくれています。

送り出してくれた社員さんのためにも頑張らなければ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ