ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

元気になるのを待ってますよ

 今日は日曜日、パートさんたちはお休みです。

でも社員さんたちは担当場所の管理の為、出勤してくれました。

 

 そんな中、体調を崩して休んでいるパートさんが顔を出しに来てくれました。

心配していたので、顔を見せてもらえて安心しました。

誰でも病気になって欠勤してしまうことはありますし、怪我することもあります。

休んでいる本人が一番つらいのですから、元気な私たちが農場を守り、

復帰してくるのを迎えてあげたいですね。

体調がよくなるまでもう少し療養してくださいね。

 

 

そういえば、オダマキが雪の中から復活しましたよ。

20161127165853.jpg

このみずみずしさは、雪をかぶったと思えないですね。

 

今年もいろいろな品種を生産しています。

2016112717010.jpg

2016112717116.jpg

2016112717139.jpg

2016112717226.jpg

品種によって大きさが全く違いますね

 

 

4月頃出荷となるオダマキです。

花芽が着いてから出荷となります。

これからの変化も楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

雪後の植物たち

改めて夜は寒くなりましたね。

先日降った雪も今日はほとんど溶けて、日陰のほんの少し残すだけとなりました。

 

改めて事務所前のコンテナを見てみると、寒さに強い弱いがよくわかります。

では見てみましょう。

 

まずは雪でダメになってしまった物からです。

2016112617526.jpg

こちらはランタナ もももこりんです。

雪がのっかったところは枯れてしまいました。下の葉だけ残っていました。

 

2016112617544.jpg

ペンタスはもう株全体が枯死してしまっています。

一発で終わりになってしまいました。

今回の雪ではありませんが、カリオプテリスが葉を落とし冬支度をしていますね。

 

 

20161126175539.jpg

ウィンターコスモスは生きているけど、雪がかぶさり横に倒れるようになっています。

 

 

2016112618133.jpg

びっくりしたのが、サンブリテニアです。

暑さに強いサンブリテニア、夏の花の印象が強かったですが、

雪が溶けて傷んでいると思いきや、全く傷んでいませんでした。

やはり秋からでも十分楽しめる植物ですね。

 

20161126175736.jpg

こちらはペラルゴニューム ブラウニー

雪が溶けたら元通り!!というわけにはいかず、やや花芽が下を向いてしまいましたね。

でも傷んではいませんよ。

やはり四季咲きのペラルゴニューム ラベンダーラスから出ただけあって暑さにも寒さに強いです。

 

 

 

20161126175136.jpg

もちろんビオラは問題ないですね。やっぱりパンジービオラは素晴らしい植物です。

 

 

 

 

20161126182034.jpg

ペチュニアだって強健な品種は大丈夫なんですね。

品種はスーパーチュニアです。

 

 

20161126182235.jpg

栄養系アリッサムと幸せの四つ葉クローバーのミックス植えです。

雪が溶ければ元通りです。

アリッサムにクローバー、ともにいい植物ですね。

 

ついでに他のアリッサムとクローバーのミックス植え見てもらっちゃいます。

 

20161126183354.jpg

 

 

20161126183434.jpg

 

 

2016112618354.jpg

 

20161126183528.jpg

 

 

来年からこんなミックス植え作っていきたいとひそかに思っているんです。

欲しい方いるようでしたら、ぜひ声をかけて下さい。

すぐ生産し始めますからね(笑)

 

今日も現場はお客様が!

昨日の雪にはびっくりさせられましたね。

深谷市は、朝はまだ雪が溶けずに路面も凍って危なかったです。

でも来て頂いたパートさんが無事故でよかったです。

 

 今日は遠方より電車に乗って実地試験に来てくれました。

働きに来たいと思ってくれる気持ちだけでもうれしいですが、さらに遠方より実地試験を受けに来てくれるのですからうれしいですよね。

期待に応えられる農場かわかりませんが、働いてくれるパートさんたちと一緒に今日は実際に働いてもらいました。

 

2016112519431.jpg

午前中はチェリーセージの挿し木作業です。

丁寧に挿し木をしてくれていました。

 

 

 

20161125194718.jpg

そして午後はカランコエの挿し木作業です。

こちらも一本ずつ丁寧に挿し木をしてくれました。

  

 

一緒にパートさんと作業をし、休憩をし、お昼を食べれば、社長が話をするより実際の会社の雰囲気はわかると思います。

現場で働くパートさん、社員さん達が魅力の小林花卉ですから、体験してもらったのでよさが伝わったのではないでしょうか。

 

今回はお客様としての紹介でしたが、来年は社員さんとして紹介できるようになっていると嬉しいです。

これからも新しい人が入ってくると思いますが、パートさん・社員さんたちが活き活きと働ける活気のある職場を作っていきたいと思います。

54年ぶりの雪でした。

今日は11月の積雪としては54年ぶりとなる雪だったのですね。

11月に降るなんて予想していませんでした。

何ともびっくりですね。

 

朝10時、まだまだここから積もっていきました。

2016112420517.jpg

 

露地のベンチに置いてある植物たちの上にも雪が積もっています。

2016112420637.jpg

 

雪が積もっても生きていられる耐寒性の強い植物を置いているから、こんなに積もっても大丈夫なんです。

2016112420755.jpgのサムネイル画像

 

 

突然ですが、ここで問題です。

この露地のベンチ上に置いてある植物は何でしょうか。

 

2つの作物が外に置いてあるんです。

2016112420551.jpg

 

 

 

2016112420135.jpg

 

さて、なんだか考えてくださいね。

 

今回はじらしますよ、正解は後程です。

 

 

 

 

では、今日の出来事です。

今日は四季咲きのラベンダーの作業をしてくれました。

やってくれた作業はピンチ作業です。

20161124201725.jpg

このピンチ作業は、頂芽をとると側枝の成長が促されて株を大きくするのに有効な手段なんです。

 

実際どのようにするかと言えば手で一つ一つ頂芽を止めていくんです。

2016112420231.jpg

左がピンチ前、右がピンチ後です。

パッと見ただけではよくわからないと思いますが、良く観ると頂芽がなくなっているのです。

丁寧にピンチをしてくれ、また熊農生にピンチを教えてくれてありがとうございました。

 

実はこのラベンダーも露地に行って寒さを当てるんですよ。

 こんなにか細いですが、たくましく育って行ってくれると思います。

 

 

さて、露地にあった植物の正解を発表したいと思います。

①はオダマキでした。

 既存の品種だけでなく、佐藤さん育種の品種もありますから期待していてくださいね。

 

そして②はローダンセマムでした。

このローダンセマムは小林花卉の育成品種があります。

いよいよ1月下旬から出荷となります。

こちらも楽しみにしていてくださいね。

 

 

寒さに強い植物、弱い植物いろいろな性質ありますが、

その植物に合わせて環境を作っています。

 

植物だけでなく、人も環境が育てるんですよね。

社員研修をしたり、担当を持ってもらったり、社員さんが成長しやすい環境を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月社員研修

今日は月に一度の社員研修でした。

毎月杉井さんに来てもらって、パートさんやほかの社員さん達といい関係づくりができるよう、

コミュニケーションの取り方を教えてもらっています。

 

 今回杉井さんから2つの癖についてお話を聞かせて頂きました。

 

 一つは、捉え方の癖です。

不満を持ってしまう時などは、「私ばっかり大変なことをしている」とか、「あの人があんなことをやっているから私がやらなくちゃならなくなっているんだ」

など思ってしまう事がありますね。

「体調崩して休んじゃったから、私の居場所がなくなっちゃった」、「あの人こんなこときっと思っている」なんて勝手に、悪い想像をしてしまうなんてこともありますね。

事実をキチンと観ないと、想像が膨らんでお化けが大きくなってしまうんですね。

そしてお化けにおびえて嫌になっちゃうんですから、私たちの創造力ってすごいですね。

 事実をキチンと観て、物事をとらえられると意外と問題ではなかったという事もありますね。

「上司が私ばかりに仕事をさせる」、「私ばかり怒られる」なんてとらえていてのが、

「上司は仕事を身に付けさせるためにあえてやってくれていた」、「期待をしてくれているので叱ってくれていた」とわかると問題ではなくなりますね。

 とらえ方の癖が被害者的になっていないか、自己中心的になっていないか、事実はどうなのかを観ていきたいですね。

 

もう一つは、行動の癖です。

私たちは起きた問題に対し、自分がやりやすい対応をしてしまいがちなんですね。

対応の仕方が自己流しか判らないため、同じような問題で毎回躓いてしまうんですね。

代表的な癖としてこんなのがありますね。

 攻撃的になる

 無視をしてしまう

 やる気を失う

 愚痴を言う

 逃げてしまう

ワンパターンになりがちなこの癖を回避する方法が身に付けられると、すごい楽になるのでしょうね。

 

毎月杉井さんに来て頂き、固まってしまったこのような自分たちの癖をほぐして頂いているんです。

こうなると杉井さんは、考え方の癖を矯正するマッサージ師ですね。

最高のマッサージ師が小林花卉に来てくれているのです。

 社員さん、月に一度私たちの状態を見て調整に来てくれているのですから、小林花卉で思う存分プレイをしていきましょうね。

 

過ごした時間、行動した時間が私たちの人生になるのですから、休日でも出勤してきてくれ研修を受けている社員さんは、

自分の人生を大事にしている人たちだと思います。

 

今日はまた花を育てる話ではなかったですが、小林花卉では花を育てる技術が学べるだけではなく、

人との関わり方を学び自分を育てることも学べます。

ぜひ花作りだけでなく、いい人生づくりを学びたい方一緒に働いてみませんか?

 

 

 

 

 

熊農生2日目

今日も熊農生が来てくれました。

今日もそれぞれ仕事場に行って活躍していましたよ。

 

2016112218314.jpg

ポインセチアの出荷担当、品種ごとにシールを付けて出荷します。

 

 

2016112218337.jpg

こちらはチェリーセージの挿し木ですね。

 

 

2016112218413.jpg

こちらではカランコエの挿し木をしていました。

 

2016112218527.jpg

こちらはカランコエの出荷ですね。

鉢に入れて出荷するため、ただいま鉢を出しているところです。

 

 

どの場所でもパートさんから、「生徒さんたちはよくやってくれている」との声を聞かせてもらいました。

生徒さんも、学校の実習よりも楽しいなんて言ってくれ、うれしい限りです。

会社は社会の公器という事を思い出しました。

至らないところがまだ多くありますが、多くの人が働ける環境を作っていきたいと思います。

 

校外農業実習

 今日は熊谷農業高校から校外農業実習に4人の生徒さんが来てくれました。

授業の一環で社会で働くことを経験でき、学校では見ることのできない親世代のパートさんや

その上の方達が一緒になって働いている姿や、20代の若い社員さん達が、

現場で活躍している姿を観ることが出来るのですから今後の進路を決めるうえでの財産になると思います。

 

 

 

201611211852.jpg

チェリーセージの挿し木です。

一本ずつ丁寧に挿してくれました。

来春出荷しますよ。

 

 

2016112118528.jpg

カランコエの出荷作業です。

パートさんの指示に従って楽しそうに仕事をしてくれました。

 

 

2016112118641.jpg

コンボルブルスの施肥です。

寒い中頑張ってくれました。

 

 

 

あと2日間ありますが、いろんな作業を経験してもらい、

何か一つでも持ち帰って頂ければ幸いです。

 

 

 

 

木々の様子

今日は朝は濃い霧が出ていました。

この地域ではこんなに霧が出るなんてことはとても珍しい事なんです。

 

2016112083834.jpg

記念に撮ってみました。

太陽も霧でぼやけてしまっています。

 

201611208381.jpg

霧のお蔭で今日の最低温度は6℃でした。

数日前に2℃まで下がったのに比べると霧のおかげで暖かかったのですね。

 

 

最近の気温で庭の木々たちはどうなっているかを見てみましょう。

2016112083534.jpg

ジューンベリーの木

 

2016112083617.jpg

ブルーベリーの木

 

2016112083553.jpg

サクランボの木

 

201611208330.jpg

こちらはライムの蔦です。

紅葉しているのでライム色がよくわからないですよね。

 

 

紅葉している葉をどかしてみましょうね。

2016112083330.jpg

どうですか?

きれいなライム色が見えましたね。

この蔦きれいですから、おススメです。

 

 

キレイと言えばバラですね(笑)

この秋、最後の力を振り絞って咲いてくれました。

2016112083650.jpg

2016112083715.jpg

 

あっという間に冬景色です。

11月も下旬になりいよいよ気忙しくなってきました。

年内にやることやって新年を迎えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

農業経営セミナー

今日はお世話になっている税理士さんが開いてくれた農業経営セミナーに時間を頂き行ってきました。

農場の中にいると気にしていなかった部分もセミナーで聞かせてもらえたことで、経営という事を考える時間を持つことが出来ました。

 

 

セミナーの中で西田代表がおっしゃっていました。

 今は超高齢化時代ですから、農業も機械化は避けて通れない道ですよ。

トランプさんが大統領になるためTPPはどうなるかわからなくなりましたが、自由貿易の流れは変わらないでしょう。

日本の農家でもM&Aが起こってくるだろうし、販売側も生産に参入し携わってきますよ。

日本の農業もプロが経営するようになってきますよ。

TPP関連で、農業には補助金が出ているけれど国の財政が悪いのだからどうなるかわからないですよ。

米農家は補助金がなくなったら赤字になるのですから、他のもので収入源を作ることはやった方がいいですよ。

作るだけではなく、限りなく消費者に近づいていかなくては利益は上げられなくなりますよ。

去年と同じようにやれば何とかなるではなく、キチンと事業計画を立てなくちゃいけませんよ。

これから伸びようとしている会社には税金をまけると国の政策が決まったんですよ。

農家の人は人に使われたことの無い人が人を使うのだから大変なんですよ。

 

 

 その他労務管理や農業の税制、農業内の業種別の動向や融資の話など、盛りだくさんでした。

 一般的な会社が普通にやっている事だと思いますが、私たち農家は植物を育てているだけで経営するという事は改めて多面的に見ていくことと改めて思いました。

多くの人が働きに来てくれている農場ですから、農業界の基準ではなく、一般企業の基準でいい会社となるようにしたいと思いました。

 

 

いろいろ考えさせてもらいました。

 

留守を預かってくれた社員さん達ありがとうございました。

 

 

 

厳しい環境とぬるい環境

いよいよ夜は寒くなりましたね。

 

寒さに強い植物は寒くても平気な管理、寒さに弱い植物は保温をして温めたりと、植物の性質に合わせて温室の環境を整えています。

来春出荷の宿根草たちは、これから温室から露地に出し、寒さをしっかり当てて株を充実させます。

その為、寒さになれるためにも開けっ放しです。

スパルタ教育です、ビシバシですよ。

 

ラベンダーセンティビアなんて寒くて縮こまってしまっていますよ。

2016111818110.jpg

これからもっと寒くなるので頑張ってくださいね。

 

 

 

 寒さに強くても花が咲いたら出荷をするアリッサム ストリームたちは、夜だけ閉めて生育を促しています。

このアリッサムストリームの性質は素晴らしいですから、ぜひお庭やコンテナに植えてみてくださいね。

 

 

 

 そしてポインセチアたちは寒さにあまり強くない植物です。

冷たい風を当てすぎると弱ってしまいます。

ですから、生産現場ではもう暖房器を入れて温めているんです。

このかわいい子たちは、甘やかし放題ですよ。

その為か、最近派手になってきてしまいました。

20161118174126.jpg

ピンクのこの子、ショッキングピンクなんかに身を包まれちゃっています。

化粧で雰囲気がガラッと変わりますね。

 

2016111818817.jpg

この子は上品にゴールドとパールを着けてます。

もうすぐお嫁に行くのですから、好きにさせてあげちゃっています。

こんな子たちですが貰ってくれる人、かわいがってくださいね。

 

 

 

 

 

そんなわけで、植物ごとに環境を考えて管理をしてくれているんです。

社員さん達、毎日ありがとうございます。

 

 

ページ上部へ