ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

応援されています

実は昨日から最年少社員さんの荒蒔くんが3日間の研修に出ています。

どんな研修かというと、CL基礎講座という計5日間で、今回は前半3日間の研修に行っています。

 

そのCLというのは、Constructive Living(コンストラクティブ リビング)と言って、日本語で「建設的な生き方」という意味になります。

日本で作られた森田療法と内観法という2つの考え方をアレンジして、アメリカの文化人類学者の、デビット・K・レイノルズ博士が作り出した教育法なんです。

CLでは森田療法をアレンジしてCL森田、内観法をアレンジしてCL内観としています。

 

 

森田療法は、神経質の治療法として作り出されました。

その森田療法には、3つの大きな核があります。

1.事実をあるがままに受け入れる

2.目的本位

3.なすべきことをなす

私たちは誰でも、気になればなるほど気にしてしまい神経質な状態になり、手が付けにくくなってしまうことがありますね。

例えば、片付けをやってしまわないといけないと思いながら後回しにして、片づけていない状態を見るたびにやらなくちゃなんて思うけど、

先延ばしにして、やらないことに気がめいってしまうことが、神経質な状態といいます。

こういう時、カウンセリングなどでは、この神経の固着を取り除こうとしますが、森田療法では取り除こうとせず、その神経質な状態をあるがままに受け入れて、それでも自分にできることをしていくことを進めています。

神経質な状態を無理に取り除こうとすると、かえって意識がそこに向いてしまうからなんです。

誰でも神経質な状態になるときがあるのですから、解決できる方法を身に着けると生き方がすごく楽になりますよね。

 

 

 

もう一つの内観法ですが、禅宗の身調べから宗教色を抜いて研修法として確立したものです。

それをさらにCLではアレンジし、CL内観を作り出したのです。

CL内観では、「していただいたこと」、「して差し上げたこと」、「ご迷惑をおかけしたこと」を日常の生活の中で調べます。

普段何気なく生活していると当たり前と思って気づきにくいですが、頭の良くなる花を出荷できるのも、パートさんが働きに来てくれて、挿し木や肥料くれ、出荷作業などをやってくれているおかげなんですよね。

それに荒蒔君や小池君が様子を見て消毒やわい化剤を適宜にやってくれていたり、木村さんが毎日ハウスを開け閉めしてくれたりしているから品質が安定しているんです。

また、頭のよくなる花を販売してくれている市場の方、荷物を運んでくれる運送屋さん、買って行って販売してくれる販売店さん、それに資材を卸いてくれる資材屋さんなど、一つの商品を取りあげても本当に多くの人の支えによってできているのですよね。

そういった人の支えに気が付けることは、その人にとっていいことだと思います。

CL内観では、支えに気が付いたら、それをお返しの行動をすることを必要としています。

嫌いな人がいたとしても、何かしていただいたら、自分のためにしていただいたことに対してありがとうということはできますし、

あまり好きではないお土産をもらっても、お土産を買ってきていただいた事実に対してはありがとうということはできますね。

そうやって支えに気が付き、お返しの行動をしたほうが、その人の人生がいい人生になっていくと思います。

 

 

 説明が長くなりましたが、小林花卉では社員さんたちの人生がよくなるよう、こういったCL基礎講座などの社外研修や、月に一度の社員研修をやっていっています。

研修をやったからと言って、植物の栽培技術が上がるわけではないですし、販売価格が上がるわけではありません。

それでも、一緒に働く仲間がいい人生になるよう少しでも応援できたらいいと思って研修に力を入れているのです。

 

 

 

 

そしてここからが今日の出来事、本題です。

若い社員さんが、研修で頑張っているのですから、上司の私たちが少しでも応援してあげなければいけないですよね。

そこでCL基礎講座を受けている荒蒔君を応援しにいこうと、今日は俊と小池君と3名で山梨県山中湖にある研修センターまで、仕事が終わってから行きました。

往復約4時間、面会時間約15分の応援です。

 

 

 

実は今日は、社員さんが俊と小池君しかいないため、手分けして注文集計や明日の作業段取りもやらなければいけません。

しかし、研修センターに遅くいくのも迷惑になりますから、夕方6時に出発しました。

 

そのため明日の段取りがやり終わりませんでした。

明日の朝ちょっと早く来て段取りをやらなければいけなくなりましたが、俊も小池君も嫌な顔一つせず、荒蒔君応援についてきてくれました。

若い社員さんを支える上司たちがいてくれること本当にありがたいです。

 

荒蒔君、社員さんたちも荒蒔君の人生が良くなることを応援するため、自分の時間を使ってくれているよ。

ひとまず残り一日、頑張って!!

応援しているよ。

 

 

 

 

 

 

お話ありがとうございます。

今日は東京の大田市場にいきました。

新しく販売する予定の商品を紹介に行ったのです。

ローダンセマムの新色やオステオスペルアム トレイルシリーズなどは喜んでもらえましたよ。

画像はまたの機会のお楽しみにさせてくださいね。

また、2月15日、16日にオープンハウスを行なう運びとなりました。

その時にも展示をして紹介させていただきますので、ぜひ来社してください。

自分で開発したものを紹介してお話をさせてもらうことが大事だと改めて思いました。

お時間を頂きお話をしていただいた方々に感謝です。

 

すみません、今日はここで終わりにさせていただきます。

フラワーバレンタイン

今日は朝方曇っていましたが晴れ間に変わり温室内は相変わらずあたたかくなりました。

御昼どき、近所のお寺に子どもと行ったら蝋梅が咲き始めていました。

画像を撮り忘れてしまいましたが、早い花が開きかけたところで、

春の訪れを感じさせてくれた一コマでした。

 

いよいよ今週は2月に突入です。

早いもので2017年も1か月が経とうとしています。

2月はまだ寒く、花の消費も少ないですが、花業界では2月にフラワーバレンタインというイベントを盛り上げていますね。

花の国日本協議会という断代が主催してくれています。

花の普及のためにご尽力いただいているのですから、花を生み出す私たち生産者も一緒に普及活動していかなければいけませんね。

 

微力ではありますが協力させてもらいます。

2017129165251.jpg

 

201712917357.jpg

 

20171291758.jpg

 

201712917441.jpg

 

201712917615.jpg

 

201712917638.jpg

軽バンと事務所、そしてトラックにもフラワーバレンタインのポスターをはって普及活動しています。

 

10年後の花産業の為、こういった活動をしてもらえている事本当にありがたいことです。

 

今年も花を贈ってみて、どんな花なら贈り物にしたいか自分でも考えていきたいと思います。

 

 

 

 

ランタナらんらん

今日は土曜日でした。

長女が埼玉県の書初め展に選ばれたとのことで行ってきます。

字の下手な私とは大違いで、きれいな字を書くんです。

顔は似ているのに何ででしょうね(笑)

字は汚くても丁寧に書くことはできるのですから、丁寧に書いていこうと思います。

 

さて挿し木をしたランタナが活着してきています。

201712894328.jpg

 

20171289441.jpg

まだまだ挿したままの顔をしていますが、なんと花芽は成長してきています。

201712894239.jpg

 

挿し木時はなるべく蕾までとって挿し木をしてもらっています。

でもランタナは根が出るかどうかの時でも花を咲かせます。

ランタナの増殖をするたびに、植物の持っている生命力はすごいと感動させてもらっています。

 

熱帯性花木のランタナは、増殖には温度が必要となります。

ただ今ランタナを管理している部屋は、真夏の環境(夜温20℃弱、昼温度40℃)を作り出しています。

 

4月下旬出荷の予定で、花壇苗としては栽培が長い花です。

温度も高く暖房費も多くかかりますが、それでも自社の商品にこだわり、お客様に届けたいと思います。

 

熱帯性花木ですから、暖かくなった5月に入ってからご購入いただけたら、失敗も少なく長期間楽しめると思います。

 

「ランタナ らんらん」という名前で販売している小林花卉のランタナにはオリジナル品種が多く入っています。

他にない花色も魅力のランタナらんらん、お店に並ぶ日をお待ちくださいね。 

 

自社生産

今日も宿根バーベナの挿し木をしてもらいました。

そろそろ挿し木も終わりになります。

何といっても作業はなるべく短期間で終わらせることが、均一に生育をさせるポイントになります。

日にちが伸びれば伸びるほど、最初に作業した株と終わりに作業した株の生育が変わってしまいます。

挿し穂を買って生産すると、いっぺんに挿し穂が来て、作業を集中させていっぺんに始めいっぺんに終わらせることが出きます。

効率がいいなと思うことがありますが、でも親株をもって挿し木を自社でできるのもいいもんなんです。

挿し穂の規格など作業をする上で判断することも多くなりますが、どこにもない商品を作ることができるんです。

 

新商品を作るのも自分のペースでできますし、いろんな企画を考えることもやりやすいです。

 

お客様に喜んでもらえる企画が今年も試験栽培できました。

またお見せできる時が来ましたら紹介しますね。

 

すみませんが強化ここで終わりにさせていただきます。

お休みなさーい。

斑入りポーチュラカ'華ミステリア 2017'

今日も風が冷たい日でした。

でも温室の中は暖かく、社員さん達は温室の温度を植物たちの快適な温度にしてあげていました。

植物の生育を見て対応している社員さんたちが管理してくれていますから、いい商品が仕上がってくると思います。

 

そんな快適な温度が何度なのかわからない植物があります。

2017126204227.jpg

斑入りポーチュラカの華ミステリアです。

暑さに強くて丈夫なポーチュラカ、しかも斑入りですから、とても人気の商品なのです。

挿し木をして増やしていますが、日中は40度以上に上がるとても過酷な環境なのです。

でもそのくらい温度が高くならないと、生育不良になりそうです。

にょきにょき白い斑の入った葉が出てきましたね。

まさしく適温です。

環境づくりをきちんとしていきたいと思います。

 

実はこの華ミステリアは九州の田中農園さんが品種登録をして権利を持っている商品なんです。

日本で許可を頂き生産をしているのは数社のみなんです。

 そんな貴重な商品の販売をさせて頂いているのですから、私も弊社商品も他の人に供給できるといいなと思いました。

 

今年はこの華ミステリア、斑入り部分が多いものを選抜し挿し木をしています。

ですから、キレイな斑になっているでしょ。

こういうきれいな斑になるのもパートさん社員さん達、現場できちんと取り組んでくれているからなんですよ。

 

こういう小さなことの積み重ねを大事にしたいと思っています。

 

華ミステリア 5月中旬から出荷しますので、よろしくお願いします。

ラベンダーセンティビア

今日も寒い一日になりました。

ラベンダーを温室内に搬入する作業が始まりました。

2017125183824.jpg

隣にあるのはオステオスペルマム フラッシュミックスです。

また後日紹介しますね。

 

 

しっかりと低温に当たって動いていないように思われるラベンダーですが、寒い冬の間にじわじわ成長し花芽が形成されます。

低温を当てた後、温度をかけることで春を感じて開花が早まります。

宿根草や球根と同じ生理ですね。

 

しかしこのラベンダーは、なんと低温に当てなくても太陽の光が強ければ開花してくる四季咲き性があるんです。

春と秋咲くこの品種は、ラベンダーセンティビアという品種です。

 

4月下旬から出荷となりますので、楽しみにしていてください。

計画の大事さ

今日は冷たい風が吹く寒い日になりました。

でも、太陽がでたので、温室内はぽかぽか陽気でした。

 

滋賀からお客様がお見えになりました。

50センチを超える大雪の真っ最中らしく、埼玉は別世界だと言っていました。

それもそのはず、実は埼玉県の日照量は全国一位なんですよ。

とても太陽には恵まれている地域なんです

 

でも夏はもう少し曇りがあってもいいのではないかなと思ってしまいます。

 

 

ただいま何回目でしょうか?またまた宿根バーベナの挿し木をしています。

寒いこの時期、植物たちの生育は緩慢なため作業は少なめですが、

挿し穂が取れる状態になったらすぐに挿し木をしている状態です。

長年生育データを取ってそのデータをもとに計画を組み立てているため、作業計画に大きなずれはなくなっています。

 

 でも、ちょっとした温度のかけ方、換気の仕方、作業のずれでタイミングが多少違ってきます。

タイミングがずれているかが判るよう、担当者には作業を始める前に挿し木から出荷までの栽培計画を立ててもらっています。

考え方としては、出荷日からの逆算です。

〇月〇日に出荷するから、その〇日前にスペーシングをして、その〇日前に剪定して、

〇日前に苗を定植して、〇日前に挿し木をして、と考えていきます。

この作業をするのはこのくらいの大きさにして、では親株はどれくらいとっておこうかなんて具体的になってきます。

こうやって、一度自分で計画を考えておくと、うっかりミスがなくなると思いませんか?

 

果たして計画通り、植物たちは成長しているでしょうか?

乞うご期待です。

 

FMC新年会

今日はまた生産者の新年会に来ています。

父たちが作った会で今年で48年の歴史がある由緒正しいFMCという会なんです。

埼玉県内の生産者が入っており会員数55名もいるのです。

父のおかげで、いろいろな方とご縁をいただけているのです。

今の自分があるのも父が築き上げた土台があるからなんですよね。

 

 新年会の前に講演会がありまして、とても素晴らしい講演内容でした。

講師の方は私より若いですが、素晴らしい人格者であり、自分の信念をしっかりと持ち経営をしている方でした。

なんといっても年間60冊の本を読み、朝4時に起きて家事もやり、毎日ブログ・フェイスブックも書いているのです。

私のブログは時々止まりますが、毎日書き続けていることは本当に素晴らしいと思います。

その方は、群馬県の松原園芸さんです。

 

新年早々、またまた刺激をいただきました。

 

これから新年会に移ります。

 

今日は会社の代表で俊と一緒に来ています。

パートさん・社員さんたちは農場を守り仕事をしてくれているのですから、

単なる飲み会にならないようにしないとです。

いろいろな方とご縁を深め、花業界を盛り上げていけるようにしていきたいと思います。

 

 

ローダンセマム アフリカンアイズ

 いよいよローダンセマム アフリカンアイズの出荷が始まってきます。

2017122191317.jpg

 

ローダンセマムはキク科の植物で、マーガレットに似た花を咲かせます。

しかし、マーガレットは凍ると枯死してしまいますが、ローダンセマム類は耐寒性が強く、真冬の露地でも全く問題なく越冬します。

その為、早春のお花として重宝されています。

 

ただいま出荷している荷物です。

2017122191510.jpg

 

一株ではこんな感じです。

2017122191746.jpg

見てもらうとわかりますが、必ず一輪咲かせて出荷しています。

 実はローダンセマムは、耐寒性は強くて丈夫でありますが、寒い時期に次々と花を咲かせるというわけではないんです。

そのままの形で、暖かくなるのをじっと待っているんです。

私の農場で自然開花するのは、3月の下旬になってからなんです。

加温をして生育を進めていますが、蕾があがっていても、寒くなると動きが止まり蕾のままなんです。

その為、この一輪必ず咲いているというのが、小林花卉のこだわりにしています。

 

 

 以前本で読んだ、下町ロケットで、主人公の会社 佃製作所には

「佃品質」、「佃プライド」というのがありました。

この相手の会社が望む品質以上の品質を自社で決め、高品質の商品を供給するという「佃プライド」というのがかっこいいですよね。

 アフリカンアイズも「物が無いから、蕾があがっていればいいよ」と声をかけてくれるありがたい市場の担当者さんもいらっしゃり、心が大揺れになりますが、そこは「ありがたい話ですが、咲いてからにしてください」とお願いしていくことが大事ですね。

 まだまだお客様が喜んでくれる商品ばかりを作れるわけではありませんが、

品質のいい商品を作ろうというプライドを持って、小林花卉一同が一丸となって植物作りをしたいと思います。

 

応援よろしくお願いします。

 

 

ページ上部へ