ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

丸坊主

 やっぱり冬ですね、今日は寒い日になりました。

そんな中露地での作業をパートさんたちがやってくれました。

 

 

20161222172634.jpg

 様子を見に行ったところ、「カイロ2個を使っての作業をしているんですよ」とのこと、

暖かい時に仕事ができるように、段取りを組めればよかったと反省です。

それでも明るく作業をしてくれているのですから、本当にありがとうございます。

 

そのやってもらった作業とは、オダマキの葉の除去作業です。

20161222172722.jpg

バッサリ丸坊主です。

オダマキも寒風の中、突然の丸坊主は寒いでしょうね。

 

 去年も葉の除去作業をやったところポット苗で出荷するものも、いい状態で出荷できました。

他のオダマキ生産者の方たちがやっているかわかりませんが、

小林花卉では露地で寒さに当てているとき、葉をすべて取り除いておきます。

 

去年を踏まえて今年の仕事をしています。

より良い方法、より良い品質を目指していきたいと思います。

 

 

 

栄養系アリッサム ストリーム

今日もポカポカ暖かい日でしたね。

ただいま出荷しているオステオスペルマムが順調に開花してくれるので助かります。

太陽の力は本当にすごい、自然の力には逆らえないと感じさせられます。

今の環境とうまく付き合っていくことが大事なんですよね。

 

さてそんないい天気、栄養系アリッサムのストリームが抜群のパフォーマンスを出していました。

2016122117537.jpg

 

201612211762.jpg

 

2016122117622.jpg

 

2016122117644.jpg

 

どうですか。

 

素晴らしいパフォーマンスですよね。

なんと一株なんですよ。

そろそろ肥料が切れてくるころなので、肥料をあげたいと思います。

 

栄養系アリッサム ぜひ試してみてください。

 

 

 

母校

今日は母校の藤沢中学校に行ってきました。

2016122017020.jpg

 

地元で働いている人を講師に呼んで生徒さんたちに聞いてもらうという趣旨の

「ふれあい講演会」という行事に、パネラーの一人として呼んでもらったのです。

 

 

 私たちの地元、藤沢地区は農業の盛んな地区であり、農業の素晴らしさや農家の仕事について話をしてくださいと依頼されました。

野菜農家2名、切り花農家1名、畜産1名、そして鉢花1名というパネラーで、

農業をやろうと思ったきっかけや、仕事へのこだわり、農業の面白さなど、

5名の方と一緒に話をさせてもらいました。

 

農業にすんなり抵抗なく入った方、農家にはなりたくないと思っていた方、

社会人になってから農業がいいと農家に進んだ方、人それぞれの人生を歩んで

今に至っていました。

それぞれの分野でこだわりを持ち仕事に取り組んでおり、話を聞いていて面白く

改めて私も勉強になりました。

生徒さんたちも農業は大変そう、休みがない、儲からなそう等というイメージを持っていましたが、

農家は個人経営者であり、やり方しだいで可能性は広がるという事に気が付いてくれたようです。

 

今日の話をきっかけに、この地域で農業を目指してくれる人がいたならうれしいですね。

 

 

 

ご縁

あと2週間で今年も終わりになりますね。

一日一日、カウントダウンです。

 

社員さんたちも今年中にやることをやり切ろうと、今日も取り組んでくれていました。

自主的に取り組んでくれてありがたいことです。

28日仕事納めまで頑張っていきましょう。

 

そして今日は、大切なお客様がこれからやってくるのです。

昔は農業大学校の農業実習は3か月間、農家に住み込みでの実地研修があったのです。

その農業大学校の農業実習で来た方たちが、お歳暮に来てくれるのですよ。

農業大学校の単位を取得するための実習の受け入れをしただけですが、それからもう何十年ものお付き合いをしてくれています。

 私の小さい頃から遊んでくれ、毎年家族ぐるみで一緒に旅行にも行ってくれていました。

ご縁を続けてくれているは本当にありがたいし、私の父親ながら長くご縁をつないでいる会長を尊敬します。

立派な経営をしている方達ですから、今日は食事の席に同席させて頂き、またたくさん学ばせてもらおうと思います。

 

そんなわけで、今日はここで終わりにさせて頂きます。

 

 

 

ズバリ 花生産 求人募集!!

今日は日曜日でしたね。

しかし社員さんは出勤して、植物の様子を観察し温室を開けたり閉めたり、

潅水をしたり、手直しをしたりとパートさんがいない時でも、自分たちの仕事を責任もって

やってくれていました。

 

 私はというと、来年度の経営計画、そして作付計画を詰めていました。

社員さんたちがきちんと管理してくれているので、こうやって時間をもらえるのですよね。

本当にありがたいことです。

 

 時間を作ってくれている社員さんたちに報いるためにも、働きやすい会社、いい会社を作っていかなければならないと経営計画を立てながら思いました。

まず、もっといい会社にする為には、社員さんを増員していく必要があると思いました。

社員さんが病気になることも時にはあるでしょう、その時に他の社員さんが少しずつ負担を追うと思いますが、軽減できる為にも社員さんの増員が大事になりますね。

また、より品質の良いものを作るためにも、社員さんをフォローする片腕の社員さんも必要になってきますよね。

そんなことを考えていましたので、改めて、花生産をやりたい人を、求人募集します!!

 

こういっちゃなんですが、小林花卉結構いいと思いますよ。

先日の忘年会の様子も見てください。

今年一年のうちには、自転車レースに参加したり、サッカー観戦に行ったり、そしてなんといっても

毎月社員研修の時間を確保し社員さん全員で勉強をしているんです。

 この研修は、花栽培という小林花卉の中でしか活用できないスキルを学ぶのでなく、どこの会社に行っても必要となる能力である、コミュニケーション力の向上を目的としたリーダー研修です。

学校では授業がありませんでしたが、コミュニケーション能力を向上させる勉強があったんですよ。

社員さんには、コミュニケーションの基礎を学んぶ為、子育て・社員教育セミナーの講座にも行ってもらっています。

(この子育て・社員教育セミナーを私が初めて受講した時には、目からうろこ、鼻から牛乳、頭をハンマーで殴られたような、自分の常識が引っくり返るような衝撃を受けました。)

これホント!!

 

 

他にも魅力満載です。

なにせ小林花卉に来ると頭が良くなります!?

それに必ず幸せになります!?

理由は簡単!!

頭の良くなる花を生産している農場ですし、見つけると幸せが訪れると言われる四葉のクローバーを開発・生産しているんですからね。

 

社員さんたちは20代前半から30代、そして私は40歳、若い人が集まっている農場です。

 

もう一度、花生産したい方、求人募集していますのでぜひご応募ください。

ぜひ、メールをくださいね。

 

よろしくお願い致します(笑)

 

 

先輩農場 ハイフラワーに行ってきました。

今日は土曜日、パートさんは半日出勤です。

小林花卉は日曜日、月曜日の出荷が多いので出て来て頂けることありがたいです。

 

 午後から、羽生市にあるハイフラワーさんに行ってきました。

恥ずかしい話しですが、明日出荷するための鉢が足りなくなりまして、鉢を借りに行きました。

まさかの展開、100鉢程度でしたが、足りなくなってしまったのです。

お願いしたところすぐに用意をして対応してくれたハイフラワーの社員さん達は素晴らしいと思いました。

困った時にも助けて頂ける人がいることはありがたいことです。

 ハイフラワーさんは小林花卉とは比べ物にならない多くの社員さんに働きに来てもらっている企業なのです。

生産量も桁違い、そしてメーカーさんとも協力して商品づくり・販売をしていて本当にすごい農場なんです。

そんなすごい農場とご縁を頂き、社員さん達とも交流させて頂いているんです。

自分だけでなく社員さんにとってもとてもいい刺激・学びがあります。

 

こうやって他の生産農場の人にも支えられて小林花卉は運営されているのでした。

今日改めて感じさせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

いい環境 オステオスペルマム

今日は天気予報でいっていましたが、この冬一番の寒さでした。

庭もすっかり冬景色でした。

20161216164858.jpg

20161216164632.jpg

霜が降りていますね。

 

 

 

 

 

そして日陰はこんな霜柱が出来ていました。

20161216164942.jpg

これからますます寒くなってきます。

 

 

 

 

 昨日のブログで環境づくりについて書きましたが、今日も環境づくりについて書かせてください。

今日の植物はオステオスペルマムです。

温室を見てください。

2016121616533.jpg

温室の横を開けています。

 

生産者は寒くなると、温室を閉めて暖かくして生育を促しているのです。

その為に温室があるんですからね。

 

でも、小林花卉では寒くても朝早くから日中は温室の横を開け、外気を入れています。

これには訳があるんです。

 お客様に丈夫な商品を提供するために、このようにしっかりと外気に当て、丈夫に育てているんです。

人間も暖かい環境で過ごしていた人が、突然真冬の環境に出されたら体調を崩してしまいます。植物も一緒で、突然寒い環境に合うとシナシナになってしまう事があります。

 

花が遅れてしまいますが、お客様の下で元気に育ってくれることを一番に考えて生産しています。

同じようなつくりでも管理の仕方で環境に強くも弱くもなり、その差がA品、B品の差になります。

どんな環境にするのか、どんな商品にしたいか、目標をしっかり持ち、生産していきたいと思います。

 

 早く咲かせたいと思いながらも、品質の良い商品を作ろうと、奥地君がんばってくれています。

今日もありがとう!!

 

 

 

 

 

 

いい環境

いよいよ年末になってきたなと感じる今日この頃です。

来年に向けての準備はできているでしょうか。

 

 農場には鉄骨の温室やパイプハウス、露地施設など、いろいろな形状の温室があります。

温室によって栽培品目が違っているんです。

お客様が求める時期に出荷できるよう、出荷時期から決めてどの温室で栽培するか決めるのです。

 

 昨日紹介させて頂いた宿根バーベナは、寒くても問題ないのですが、一斉に発根を揃えることが大事なので、しっかりと暖房機を入れて暖かい環境を整えているのです。

キチンと暖房を入れて暖かく暖かく!! 赤ちゃんを扱う様な気持ちで管理します。

20161215194215.jpg

お花の看護婦さんたちが活躍していますね。

 

 

何せかわいそうなのが このラベンダー センティビアです。

20161215192935.jpg

まだガリガリの小学生なのに、関東平野のからっ風‘赤城おろし’が吹き付ける露地施設に出されてしまっているのですからね。

 

 でもとても丈夫な子たちなんです。

寒さに耐えて春には、一回りも二回りもたくましく育ち、たくさんの花をさかせてくれます。

20161215194020.jpg

*今年の春の画像です。

 

その植物にとって必要な環境に置いてあげることが大事ですね、人間でもそうですね。

その子が元気になるように、良く観て環境を作っていきたいと思います。

 

またいろいろな植物の栽培状況を紹介させて頂きます。

宿根バーベナ

今日は、冷たい風が吹いていました。

宿根バーベナの挿し木がいよいよ始まりました。

20161214192853.jpg

 

来年3月下旬から出荷予定のバーベナです。

 

この宿根バーベナは、小林花卉で育種を進めており、ペティーナシリーズと、スイートパフェシリーズが出来上がっています。

ウドンコ病に強く、日本の暑さにも強い品種を選抜していますので、買って頂いたお客さまにも喜んでもらえるのではないかと思っています。

 

パートさんの手を借りて挿し木が進んでいます。

今日もありがとうございました。

 

 

斑入りポーチュラカ'華ミステリア'

今年生産していて好評だった商品にポーチュラカがあります。

ポーチュラカと言っても斑入りポーチュラカ‘華ミステリア’です。

 

暑さに強いポーチュラカですが、それに斑が入った途端さらに魅力がアップしますね。

 

来年出荷の斑入りポーチュラカ‘華ミステリア’ですが、もう一回目の挿し木は終了しています。

20161213175810.jpg

温室の中にさらにトンネルをかけて真夏の環境を作り出しています。

春商品もまだ挿し木していないのに、今からもう初夏に向けての仕込みをしています。

 

時間がかかりますが、お客様に喜んでもらえるよう丁寧な商品づくりをしていきたいと思います。

ページ上部へ