ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ウィンターコスモス

今日はお客様が朝から何件も足を運んでくれました。

わざわざ時間をかけて小林花卉に来てくれているのですからありがたいことです。

 

さて,自然開花してきたウィンターコスモスの出荷が始まりました。

このロットで今年のウィンターコスモスは終わりになります。

パートさん・社員さんたちが連携して持ち場の管理をしてくれたおかげで、8月下旬からこの最終ロットのビデンスまで

長期間出荷をすることが出来ました。

アンカーは俊が勤めています。最後はポットと鉢植えの商品で有終の美を飾りますよ。

 

4寸鉢植えです。

2016102118843.jpg

20161021183618.jpg

ピンクのポットと黄色い花の相性ばっちりですよね。

 

ウィンターコスモスはとても生育旺盛で、注意して管理しないと伸びすぎて背が高くなってしまう植物なんです。

でも市場評価は伸びたら良くないので、生産者は背を低くするように生産していきます。

そうすると背が低くなりすぎたりと、なかなか難しいんですね。

 

草丈はほどほどに、株元はがっちりと、それでいて花首は細く可憐な感じにと、イメージしていました。

そんなイメージを汲んで挿し穂やピンチの高さ、ホルモン剤や液肥の調整をしてくれて、理想の状態に近づけてくれました。

 

秋風にそよぐ黄色の花が素敵だと思いませんか。

 

 

霜が降るまできれいな黄色い花を咲かせ続けてくれるウィンターコスモスです。

あと少しで出荷が終了となりますので、お求めになりたい方は早めに予約を入れてくださいね。

 

 

 

アリッサム ストリーム

今日はいい天気でした。

外ではシバザクラのピンチをして、来年販売に向けて順調に作業を進めていました。

シバザクラは栽培日数もかかり、でも手入れをしていかなければ良品はできません。

ポットの中に草も生えてきてしまうので、その草取りも同時にやってしまいます。

ですから、手入れをしてくれる人があっての商品です。

今日も助けられて商品を生み出すことが出来ていると思いました。

 

そしていよいよアリッサム ストリームが出荷直前となりましたよ。

*一部出荷していますが11月1日を目標に仕込んでいます。

 

20161020191637.jpg

 

20161020191717.jpg

 

20161020191751.jpg

 

 

 

ひとポット植えればこんな風に大きくなりますよ。

20161020191830.jpg

栄養系ストリーム、迷ったら「「買い」です!!

育ててみると嬉しい反応が返ってきますよ(笑)

 

オステオ新色はどうでしょうか

今日も暖かくなりましたね。

半袖で過ごすことが出来ています。

雨続きの天候を経験したことで余計に日差しがあるって幸せなことだと感じます。

 

オステオスペルマムの生育状況の紹介を数日前にさせて頂きましたが、実は生産と同時に育種品種の生産試験も進んでいます。

20161019185748.jpg

青いラベルが2列に並んでいるのが見えますね。

これがただいま試験生産している品種です。

この中からさらに絞り込み、来年度本格的な生産に移す品種が出てきます。

種まきから早いもので3年以上たって今があります。

 

 

2016101919913.jpg

そしてこちらも試験生産中のオステオスペルマムです。

 

今までよりも、いい品種・お客様に喜んでもらえる品種を夢見て育成中です。

 この育種はこの時間がじれったいですが、楽しい時間なんですよね。

 

オステオスペルマムは奥地君が管理をしてくれているので、まかせて安心です。

来春の報告を楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ポインセチア順調ですよ

今日もいい天気でした。最高気温は28℃、一日半袖で過ごせましたね。

天気に恵まれると植物たちも健全に生育してくれます。

 

さて、10月下旬から出荷予定のポインセチアが順調に仕上がってきました。

でもやっぱり仕上がりが早すぎています。

気温の高い時は、やはり生育がいいのでしょうか。

あと10日後出荷です。

 

それにしてもポインセチアの育種開発競争も激化していますね。

ミラシリーズなどを販売しているシンジェンタ社

赤の一押しチャンピオンレッドやプレミアムシリーズを販売しているデューメン社

そしてデューメン社になりましたが、元祖ポインセチアと言えばポールエッケ社

3社がとても有名でした。

 

しかし今回試験栽培した品種には、この3社のポインセチアでない会社のものがあるんです。

見てください。

この品種はとてもまとまりよくとても株のバランスがいいです。

20161018184243.jpg

 

そしてこのピンク色の品種は、惚れてしまいました。

20161018184318.jpg

20161018184342.jpg

濃いピンクと薄いピンクのグラデーションがなんともかわいいじゃあないですか。

 

他にもこんな品種も

20161018184555.jpg

20161018184624.jpg

この会社のポインセチアの品種力は素晴らしいです。

来年から本格生産したいと思っています。

 

 

 

 

また、別の会社のポインセチアも試作したのですが・・・。

20161018184820.jpg

伸びない品種なので、ホルモン剤を与えなくてもまとまる品種らしいです!?

 

でも・・・・、私の農場には向かないみたいです(泣)

 

 

これから寒くなると根腐れしやすくなってきます。

根をしっかりと張らせて丈夫な商品を作っていきたいと思います。

 

俊、あと少しの間で出荷となります。

お客様に喜んでもらえるよう最後まで丁寧に管理していこうね。

 

ローダンセマムの生育状況

今日は午前中雨が降っていました。

午後からその雨も止んでくれました。

園芸シーズンに水を差す雨になるかと心配でしたが、この程度で済んでひと安心です。

 

ローダンセマムが大きくなってきました。

例年より早く挿し木をして大きく育てています。

2016101717296.jpg

早く挿したのですから、早く出荷となると算段しています。

もくろみ通りいくのでしょうか、乞うごご期待です。

 

そして、このローダンセマムは来年販売予定の新品種があるんです。

数色同時に生産しています。

こちらも合わせて乞うご期待です。

 

オステオスペルマム

いい天気の日曜日になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は生産途中のオステオスペルマムの紹介をさせて頂きます。

今生産している品種は小林花卉オリジナルの品種で、秋にも咲きやすい性質をしています。

20161016194426.jpg

 

早い品種はもう蕾を付けています。

2016101619556.jpg

見えましたかね。

12月下旬から出荷が始まります。

 

毎年生産している奥地君が今年も、担当してくれていますので安心してお待ちくください。

 

展示会

今日はFAJ展示会に出展してきました。

また、俊之は鴻巣花きで行われている埼玉県花と植木大商談会に出展してくれました。

2会場で展示会があっても、弟と分担してお客様を迎えられることありがたいことですね。

 

今回お客様とお話させて頂き商品についてアドバイスをしていただきました。

勝手に「こんな商品あったら喜んでもらえるかな」と試作したものは、

やっぱり自分の独りよがりの商品となってしまっていました。

試作品を見せられたお客さまも、困ってしまっていましたね(汗)

自分のことを気にして言葉を選びながらも、助言をしてくれありがとうございました。

 

展示会でご注文を入れてくれた方々ありがとうございました。

ガーデニングシーズン到来

今日は鴻巣花き市場に視察に行きました。

鴻巣花き市場は鉢花の取扱高では全国有数の市場なんですよ。

小林花卉から車で1時間の距離にあり、地元市場としてもなじみの深い市場なのです。

 

そんな鴻巣花き市場でセリを見ましたが、今日は花壇苗が足りないくらいだったと思います。

いよいよパージー・ビオラが売れ始めてきていました。

秋の長雨でなかなか来なかった園芸シーズンがやってきたようです。

見ていて気持ちのいいセリの流れでした。

お店の方も積極的に購入しようとしてくれていますので、

この週末は出荷を多くして、お客様が満足に買えるようにしてあげたいですね。

 

しかし小林花卉はただいま商品が少なくて、ご要望に沿えるほどの物が無くなってしまっています。

ベルギーマムもチェリーセージも出荷終了間近なんです(泣)

でも安心してください、小林花卉オリジナル品種で揃えている幸せいっぱいの四つ葉のクローバーは、

これからが本番、どんどん出荷をしていきます。

幸せを多くの人に届けていきましょうね。

 

明日は東京の大田市場内のFAJでJFIトレードフェアという展示会があり、私はブースを構えてお客様が来てくれるのをお待ちしております。

また、この鴻巣花き市場でも、埼玉の花植木大商談会という展示会があります。

こっちには俊之がブースを構えてお待ちしている予定ですので、ぜひ皆様ご来場ください。

 

 

クローバー

いよいよ寒くなってきましたね。

温室の側面も今まで開放していたのですが、夜間閉める温室も出てきました。

日中も社員さんたちは温室の温度管理にも、気を配り始めました。

いよいよ秋本番、ここまで寒くなればパンジーやビオラも間延びせず品質良いものがお店に並んできます。

 

四つ葉のクローバーたちも夏の顔から秋の顔に変わってきましたよ。

寒くなるにつれ生育も緩慢になり、パンジー同様締まってきました。

いい状態です。

その出荷している四つ葉のクローバーですが、今日も挿し木をしました。

今挿したものは年明けに出荷となります。すでに作業は来年の商品に移っています。

 

パートさん達の力を借りて生産していきますよ。

 

 

*PCに画像を取り込むためのコードが具合悪く画像が取り込めないため、

文字だけとなって申し訳ありません。

 

タイミング

天候も安定してきて、作業しやすい日となりました。

 

連休中も出勤し協力してくれたおかげで、ベルギーマムも出荷の峠を越えました。

今年は私が興味本位でベルギーマムの苗を購入したため、ベルギーマムの作業分、忙しくなってしまいました。

パートさん・社員さんには時間をとらせ慌ただしい農場とさせてしまいました。

でもご協力いただきましてありがとうございました。

計画を甘く見ていたと反省です。

 

実はいい商品を作るのも、悪い商品を作るのも出荷までは手をかけるのは一緒です。

商品の品質の差は、そのタイミングや丁寧な作業なんです。

剪定をするタイミングと高さ、肥料をやるタイミングと量、スペーシングするタイミングと間隔等々

手をかけるところはあります。

 伸ばしすぎてから剪定をやるのでは、植物には外科手術を行っているようで、痛みが出てきます。

 肥料が切れてからやるのでは、商品が小さくなってしまう恐れがあります。

 スペーシングをするタイミングが遅れては伸ばしすぎてしまいます。

同じことをやっていてもタイミングを間違えると、一気に商品価値が下がってしまいます。

そのうえあまりいい商品でないものに関しては、形を整えたり、出荷時には手入れが必要となってしまいます。

そうすると忙しい農場がもっと忙しくなってしまいます。

 

上手な生産者は植物の生育を良く観て、タイミングを見極め労力をかけずにいい商品を作るんです。

ですから皆さん、タイミングを見ていい商品を作っていきましょうね。

 

 

 

ページ上部へ