ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ポインセチア順調ですよ

今日もいい天気でした。最高気温は28℃、一日半袖で過ごせましたね。

天気に恵まれると植物たちも健全に生育してくれます。

 

さて、10月下旬から出荷予定のポインセチアが順調に仕上がってきました。

でもやっぱり仕上がりが早すぎています。

気温の高い時は、やはり生育がいいのでしょうか。

あと10日後出荷です。

 

それにしてもポインセチアの育種開発競争も激化していますね。

ミラシリーズなどを販売しているシンジェンタ社

赤の一押しチャンピオンレッドやプレミアムシリーズを販売しているデューメン社

そしてデューメン社になりましたが、元祖ポインセチアと言えばポールエッケ社

3社がとても有名でした。

 

しかし今回試験栽培した品種には、この3社のポインセチアでない会社のものがあるんです。

見てください。

この品種はとてもまとまりよくとても株のバランスがいいです。

20161018184243.jpg

 

そしてこのピンク色の品種は、惚れてしまいました。

20161018184318.jpg

20161018184342.jpg

濃いピンクと薄いピンクのグラデーションがなんともかわいいじゃあないですか。

 

他にもこんな品種も

20161018184555.jpg

20161018184624.jpg

この会社のポインセチアの品種力は素晴らしいです。

来年から本格生産したいと思っています。

 

 

 

 

また、別の会社のポインセチアも試作したのですが・・・。

20161018184820.jpg

伸びない品種なので、ホルモン剤を与えなくてもまとまる品種らしいです!?

 

でも・・・・、私の農場には向かないみたいです(泣)

 

 

これから寒くなると根腐れしやすくなってきます。

根をしっかりと張らせて丈夫な商品を作っていきたいと思います。

 

俊、あと少しの間で出荷となります。

お客様に喜んでもらえるよう最後まで丁寧に管理していこうね。

 

ローダンセマムの生育状況

今日は午前中雨が降っていました。

午後からその雨も止んでくれました。

園芸シーズンに水を差す雨になるかと心配でしたが、この程度で済んでひと安心です。

 

ローダンセマムが大きくなってきました。

例年より早く挿し木をして大きく育てています。

2016101717296.jpg

早く挿したのですから、早く出荷となると算段しています。

もくろみ通りいくのでしょうか、乞うごご期待です。

 

そして、このローダンセマムは来年販売予定の新品種があるんです。

数色同時に生産しています。

こちらも合わせて乞うご期待です。

 

オステオスペルマム

いい天気の日曜日になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は生産途中のオステオスペルマムの紹介をさせて頂きます。

今生産している品種は小林花卉オリジナルの品種で、秋にも咲きやすい性質をしています。

20161016194426.jpg

 

早い品種はもう蕾を付けています。

2016101619556.jpg

見えましたかね。

12月下旬から出荷が始まります。

 

毎年生産している奥地君が今年も、担当してくれていますので安心してお待ちくください。

 

展示会

今日はFAJ展示会に出展してきました。

また、俊之は鴻巣花きで行われている埼玉県花と植木大商談会に出展してくれました。

2会場で展示会があっても、弟と分担してお客様を迎えられることありがたいことですね。

 

今回お客様とお話させて頂き商品についてアドバイスをしていただきました。

勝手に「こんな商品あったら喜んでもらえるかな」と試作したものは、

やっぱり自分の独りよがりの商品となってしまっていました。

試作品を見せられたお客さまも、困ってしまっていましたね(汗)

自分のことを気にして言葉を選びながらも、助言をしてくれありがとうございました。

 

展示会でご注文を入れてくれた方々ありがとうございました。

ガーデニングシーズン到来

今日は鴻巣花き市場に視察に行きました。

鴻巣花き市場は鉢花の取扱高では全国有数の市場なんですよ。

小林花卉から車で1時間の距離にあり、地元市場としてもなじみの深い市場なのです。

 

そんな鴻巣花き市場でセリを見ましたが、今日は花壇苗が足りないくらいだったと思います。

いよいよパージー・ビオラが売れ始めてきていました。

秋の長雨でなかなか来なかった園芸シーズンがやってきたようです。

見ていて気持ちのいいセリの流れでした。

お店の方も積極的に購入しようとしてくれていますので、

この週末は出荷を多くして、お客様が満足に買えるようにしてあげたいですね。

 

しかし小林花卉はただいま商品が少なくて、ご要望に沿えるほどの物が無くなってしまっています。

ベルギーマムもチェリーセージも出荷終了間近なんです(泣)

でも安心してください、小林花卉オリジナル品種で揃えている幸せいっぱいの四つ葉のクローバーは、

これからが本番、どんどん出荷をしていきます。

幸せを多くの人に届けていきましょうね。

 

明日は東京の大田市場内のFAJでJFIトレードフェアという展示会があり、私はブースを構えてお客様が来てくれるのをお待ちしております。

また、この鴻巣花き市場でも、埼玉の花植木大商談会という展示会があります。

こっちには俊之がブースを構えてお待ちしている予定ですので、ぜひ皆様ご来場ください。

 

 

クローバー

いよいよ寒くなってきましたね。

温室の側面も今まで開放していたのですが、夜間閉める温室も出てきました。

日中も社員さんたちは温室の温度管理にも、気を配り始めました。

いよいよ秋本番、ここまで寒くなればパンジーやビオラも間延びせず品質良いものがお店に並んできます。

 

四つ葉のクローバーたちも夏の顔から秋の顔に変わってきましたよ。

寒くなるにつれ生育も緩慢になり、パンジー同様締まってきました。

いい状態です。

その出荷している四つ葉のクローバーですが、今日も挿し木をしました。

今挿したものは年明けに出荷となります。すでに作業は来年の商品に移っています。

 

パートさん達の力を借りて生産していきますよ。

 

 

*PCに画像を取り込むためのコードが具合悪く画像が取り込めないため、

文字だけとなって申し訳ありません。

 

タイミング

天候も安定してきて、作業しやすい日となりました。

 

連休中も出勤し協力してくれたおかげで、ベルギーマムも出荷の峠を越えました。

今年は私が興味本位でベルギーマムの苗を購入したため、ベルギーマムの作業分、忙しくなってしまいました。

パートさん・社員さんには時間をとらせ慌ただしい農場とさせてしまいました。

でもご協力いただきましてありがとうございました。

計画を甘く見ていたと反省です。

 

実はいい商品を作るのも、悪い商品を作るのも出荷までは手をかけるのは一緒です。

商品の品質の差は、そのタイミングや丁寧な作業なんです。

剪定をするタイミングと高さ、肥料をやるタイミングと量、スペーシングするタイミングと間隔等々

手をかけるところはあります。

 伸ばしすぎてから剪定をやるのでは、植物には外科手術を行っているようで、痛みが出てきます。

 肥料が切れてからやるのでは、商品が小さくなってしまう恐れがあります。

 スペーシングをするタイミングが遅れては伸ばしすぎてしまいます。

同じことをやっていてもタイミングを間違えると、一気に商品価値が下がってしまいます。

そのうえあまりいい商品でないものに関しては、形を整えたり、出荷時には手入れが必要となってしまいます。

そうすると忙しい農場がもっと忙しくなってしまいます。

 

上手な生産者は植物の生育を良く観て、タイミングを見極め労力をかけずにいい商品を作るんです。

ですから皆さん、タイミングを見ていい商品を作っていきましょうね。

 

 

 

CLインストラクター試験

今日は連休の中日ですが、小林花卉は休んでいません。

ベルギーマムやチェリーセージ、ウィンターコスモス、そして寄せ植えプランツの出荷が目白押しです。

この山場を乗り切るために、社員さんはもちろん都合のつくパートさんも臨時出勤してくれました。

多くの人が助けてくれて農場は回っていますね。本当にありがたいことです。

 

 そんな忙しい中ですが、私は一人山中湖へ行きました。

それはCLインストラクター試験を受けるためです。

最近つくづく思うのは、「会社がよくなるのも悪くなるのもトップ次第」という事です。

会社がよくなるためには、自分が成長するしかないですね。

お休みの日でも、自分が出かけてしまっても、農場でパートさん社員さんたちは働いてくれているのですから、

私もやるべきことをやることですね。

テストの結果はわかりませんが、CLを身に着けていきたいと思います。

そしていい会社を作っていきたいと思います。

 

 

見学に来て頂きました。

さて、今日はというと、農場に学生さんが見学に来てくれました。

就職活動中で、就職先の候補の一つに選んでもらえたのでした。

 

農場をぐるっと一回り、働いてくれているパートさん・社員さん達や、オリジナル品種の四つ葉のクローバーやチェリーセージ、春出荷する宿根バーベナなどを見てもらいました。

働いてくれているパートさんたちの雰囲気がいいと言ってもらえてうれしかったです。

そして社員さんたちが活躍しているのを間近で見られて、イメージが具体的になったと言っていました。

 

その学生さんは社員として働く場合、入社して初めから担当場所を与えられて管理するのではないかと言うところが心配だったそうです。

そこで、どんなステップで社員さんに仕事を任せていくかお話させて頂きました。

せっかくの機会ですので、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

ステップ1、パートさんと一緒に、挿し木や定植、剪定や出荷作業と言った作業をして植物に馴染んでもらいます。

ステップ2、先輩社員さんから潅水指示を受け、潅水方法を見てもらいながら植物が潅水によってどう変化するのか

       体験してもらいます。

       ここで均一に潅水が出来るよう潅水技術を身に付けます。

ステップ3、潅水のタイミングを自分で判断して行い、自分が思っている理想の商品の形に近づけます。

       ホルモン剤・液肥の施用を先輩社員さんの指示を受けてやり、ホルモン剤の施用によって植物がどう

       変化するか体験してもらいます。

       また、栽培スケジュールを先輩社員さんに教えてもらいながら、出荷までの工程を体験します。

ステップ4、ホルモン剤・液肥の施用を自分で判断して行い、自分が思っている理想の商品の形に近づけます。

       栽培スケジュールを自分で立てて、出荷までの工程を体験してもらいます。

      

 

 

 

このようなステップを一つずつ身に付けていってもらえれば商品を生み出せるようになると思います。

一人前の生産技術者になるまでにはそのステップごとに身に付けることをが後々の伸びになると思います。

ステップ1をみっちりと1年かけて体験してもらえると後々の観察眼が養えてくると思います。

 

硬く書いてしまいましたが、植物とふれあい変化を楽しみながら栽培してもらえる人ならば、大歓迎!!

ぜひ一緒に仕事をしてもらいたいと思っています。

 

 

パートさん、社員さんが和気あいあいと協力して仕事をやってくれています。

そして月に一度、いい人生を作ることを教えてくれる杉井さんの社員教育も受けられます。

うちわぼめではありますが、小林花卉いいところですよ、興味のある方見学だけでも来てみてください。

 

連絡お待ちしています(笑)

 

沼津経営塾12周年

今日は午後からお仕事をお休みして、静岡県沼津市へ行ってきました。

夜に開催される沼津経営塾12周年記念イベントに駆け付けるためです。

 沼津経営塾は社員教育でもお世話になっている杉井さんが、月に一度講師として教えている経営者を中心にした会です。

12年も開催されているのですからすごいですね。

沼津経営塾のブログもありますので、そちらもご覧ください。

 

この沼津経営塾の周年イベントは、過去3回行かせて頂いていますが、沼津ラクーン吉本劇場を借り切って、

プロの芸人さんたちと沼津経営塾メンバーのコラボコントもあるとても楽しいイベントなんです。

本当は社員さん全員と行きたいところですが、農場を守ってくれる人も必要で今年は林さんと2人旅でした。

 

楽しませて頂きました。

 

杉井さんの講義も後半ありまして、いい人生について講演をしていただきました。

人生は、今の連続でなっているので、いい人生にするには、今という時間をいいものにすることだと教えて頂きました。

そして自分の人生は自分一人では幸せになれないのですよね。

妻や子供家族が幸せになっていなければ、自分は幸せではないですし、親戚との仲が悪ければいい人生になりませんね。

社員さんとの関係も良くなければ、仕事をやっても大変になるばかりですし、お得意様がよくなってくれなければ会社も良くなりません。

周りの人も幸せになっていかないと自分の人生もいい人生にならないです。

改めて今という時間を大事に使って、周りの人にも幸せになってもらえるよう行動していかなければいけないと思いました。

 

 

 

ページ上部へ