ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

幸せの四つ葉クローバー

今日は曇りの天気、過ごしやすい日になりました。

さて、先日最終剪定したクローバーたち、だんだんと出荷できる株になってきました。

201691418253.jpg

キゥイ

 

 

201691418749.jpg

ライチ

 

 

201691418826.jpg

キューカンバー

 

20169141895.jpg

チョコ

 

 

201691418938.jpg

ウォーターメロン

 

2016914181252.jpg

フィグー

 

品種や時期により四葉の確率は変わりますが、必ず四つ葉が入っているというクローバーですよ。

各写真にある四葉を見つけてくださいね。

見つけた方は幸せになるかも(笑)

 

 

 

今年の出荷始めは、連休開けた9月20頃を予定しています。

もう少しお待ちくださいね。

 

寄せ植え

今日は雨のち晴れ、天気は回復してきました。

今年は台風やら何やら、雨が多くて困ります。

それでも商品を社員さんパートさんたちが協力して仕上げてくれています。

 

その商品たちを寄せ植えにしましたよ。

201691319814.jpg

それでは一つ一つ中に入っているものを紹介しますね。

 

1・後方右側  :「ビデンス ウィンターコスモス」です。自然開花では10月から咲いてきます。

2・後方真ん中 :「チェリーセージ ピナフォア ディープローズ」です。小林花卉オリジナル品種です。

3・後方左側  :「アルテミシア エチオピア」、シルバーリーフがきれいな品種で、暑さ寒さに強いです。

4・真ん中        :「アルテルナンテラ レッドフラッシュ」、白いポンポンの花がかわいい銅葉の植物です。

5・左手右側  :アルテルナンテラ マーブルクィーン」、肥料や温度の関係で葉色の赤みが増してきます。

6・手前真ん中 :「ペラルゴニューム ラベンダーラス」、ピンク色の小花を咲かせる四季咲き性の植物です。

7・手前左側  :「ケイトウの多粒播き」したものです。寄せ植えに入れると華やかさが増しますね。

 

これらの植物はすべて小林花卉で生産したんです。

品目の数だけ作型があり、それぞれの品目で管理が変わります。

一品目を大量に生産することは、集中して管理できるので気を遣うところが少なくなります。

逆に細かく品目を栽培することは、少ロットであっても一品目ですから気を遣うところが品目数だけでてきます。

 

小林花卉では社員さんたちが分担し、そして責任もって管理してくれているので、多品目の商品が出来上がってきます。

社員さんパートさんが活躍してくれているのですから、キチンとお店で売ってもらえるよう販売もしていきたいと思います。

 

 

 

鴻巣視察

今日は鴻巣花き市場にセリの視察に行ってきました。

秋になってきてどのくらい商品が出てきたのか、また販売店の方がどんな商品を好んで買っているかを見るためです。

 

まだ商品は少ない印象でしたが、菊類が多いという印象を受けました。

ベルギーマムを生産しているので、特にそう思ったのでしょうね。

 

同じ花でも生産者によって作り方が違い、それぞれ良さがあります。

その中でも高値で選んでくれる商品と安くなってしまう商品があるのですよね。

 

パッと見ではわかりませんが、買ってみてお店で調子が悪くなってしまったり、逆にすぐに完売した経験をして、

お店の方は生産者の名前を見て買っている事を教えて頂きました。

 

自分たちの商品は、お客様への名刺でありますね。

お客様に喜んでもらえることをまず考えていきたいと思います。

 

幸せの四つ葉クローバー

今日も気持ちのいい日でした。

日曜日はパートさんお休みです。

しかし社員さんは、潅水や管理、明日の段取りなどがあるので出勤してくれています。

日曜日と月曜日に出荷が多いため、結構日曜日も忙しいんです。

 

日曜日にもかかわらず社員さんが来てくれているのです。

出勤が当たり前とならず、来てくれていることに感謝ですね。

 

 

 

さて今朝は、社員さん達みんなで、四つ葉のクローバーの最終剪定をしました。

この剪定が終われば出荷のみとなります。

作業が重なり忙しいさなかでありますが、一緒に剪定作業をしてくれ助かりました。

 これで四つ葉のクローバーの剪定は合計3回行いました。

社員さんが忙しい間を縫って剪定の時間を作ってくれたのですから、キチンと販売していきたいと思います。

 

早いものは来週から少しずつ販売できると思います。

幸せの四つ葉クローバー 丁寧に作りましたので、品質も観てみてください。

画像採りわすれました(汗)

フラワートライアル大賞2016コンテスト

最近農場は慌ただしくなってきています。

出荷に挿し木、剪定に、定植、施肥と、作業が多く、優先順位を決めて、そしてパートさんたちに協力してもらい、

作業を進めています。

ここで秋、そして来春の体制を作っていきたいと思います。

 

そして9月と言えば、毎年八ヶ岳で行われているフラワートライアルジャパンがあります。

今年は9月27~29日の3日間です。

 

その中の一つのイベントに、「フラワートライアル大賞2016」という販売5年未満の植物のコンテストがあります。

今年はこのコンテストに出品しようと思います。

 

植物はこちら

201699192821.jpg

ペラルゴニューム ブラウニーです。

今年から試験販売を開始した新商品ですから、多くの人に知っていただきたいと思っています。

 

 

暑さにも寒さにも強い四季咲き性のペラルゴニュームです。

201699193234.jpg

ラベンダーラスからの枝変わり、花の色はラベンダーラスより濃いピンク色をしています。

 

 

ここからあと15日、花もちょうど満開になる予定です。

 

ぜひフラワートライアルジャパン・コンテスト会場に足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラティーナ

今日は降ったりやんだり、一日ぐずついた天気になりました。

露地の植物たちにとって長雨はとてもストレスがかかってしまいます。

でも、晴れた日の露地の環境は、風があり太陽があり、日当たり良い環境が好きな植物にとっては最適な環境なんです。

すべてがいいという事って無いと、つくづく思います。

 

 

20169819838.jpg

そんな露地の環境の中で、育っている植物の一つにプラティーナがあります。

 

 

このプラティーナ、暑さで生育が止まってしまうので、涼しくなるこの時期からまた生育がよくなってきます。

20169819122.jpg

今はまだこんな状態ですが、実は去年の12月に挿し木したんですよ。

 

12月始めに挿し木をして、剪定をして、定植して、また剪定をして・・・今9か月目になりました。

その間にも、潅水し、肥料をやり、消毒をし、温室内から露地に移動をしたり、手をかけています。

小さいポットだからと言って簡単というわけではないんです。

 

出荷まで残り1か月となりました。

最後まで丁寧に管理をしていきたいと思います。

 

サントリーナ

 今日は、朝大雨が降っていましたが、すぐに上がり気持ちのいい天気になりました。

 

 

201697185825.jpg

寒さに強いが暑さは苦手、サントリーナもここにきて調子が良くなってきましたよ。

 

 

201697185952.jpg

クリスマスシーズンにシルバーリーフは重宝しますよね。

順調に生育しているので、もう少し経ったら出荷となります。

でもクリスマスまではまだ早い、もっと寒くなってきたら出荷したいですね。

 

これから暑さが苦手な植物たちの生育も、旺盛になってくる季節です。

まだまだ気を抜かず管理していきたいと思います。

 

 

ローダンセマム

日中は日差しも出て暑いですが、すっかりと秋の雰囲気です。

菊をやっている農家さんは、電照をして日の長さが短くならないようにしているところも出てきました。

 

小林花卉で生産している頭の良くなる花も、日が短くなると花芽を付ける性格があるので、

親株や生育させたい小さな苗の場所は電照を付ける準備を社員さんがしてくれていました。

 

電照を付けるようになると秋の始め、そしてあっという間に冬になります。

この過ごしやすい気温の秋を存分に楽しんで、冬に備えていきたいですね。

 

 

さて、定植して素直に伸び始めた植物を紹介します。

201696182322.jpg

ローダンセマム アフリカンアイズです。

ローダンセマム類は寒さに強く、耐寒性のある植物ですから、真冬の寄せ植えに人気があるのですよね。

マーガレットのような一重の花が咲き、しかもマーガレットより寒さに強く凍っても問題ないのですから、重宝するわけです。

新品種も世の中に出回ってきて、プラグ苗を種苗会社さんから購入し作る生産者も多くなってきました。

このローダンセマムを小林花卉で生産を始めたのはもう15年以上前のことです。

生産しているものはよりお客様に喜んでもらえるように、性格を良くしたり花色を増やしたりと、育種をしていくようにしています。

ローダンセマムもご多分に漏れず育種をしているんです。

育種の師匠、佐藤さんと原種を集め、小林花卉でも育種を進めておりました。

出来上がった品種をアメリカで販売できるかどうか数年間試作に出していたんですが、

アメリカではローダンセマムの市場は小さいようで、なかなか試験から先に進まないので、

今回は見切りをつけて日本で販売をしようと決めました。

 

原種の血を入れたローダンセマム、来春から出荷となりますので、皆様お楽しみにしていてください。

 

 

サバイバル

昨日の経営塾では、今年2度目のサバイバルをやったのです。

このサバイバルは、自分の体を使って1000円を稼いでくるという、いたって簡単なものなのです。

持ち物は連絡用の携帯一つだけ。

 

前回私は、個人宅の草むしりをさせて頂き1000円とおいしいお饅頭とコーヒーをごちそうになって帰ってきました。

今回は、前回と対象を変え、ペンションなどの宿泊施設やお店を重点的に当たり、働かせていただこうと思って行動しました。

 

ペンションやショップの方たちに時間をいただき、働いて1000円いただいてくる研修を受けていると研修の課題の話しをさせていただきました。

キチンと聞いてくれる人や、すぐ断る人、話だけでも聞いてくれる人、多くの人に出会いました。

でもやっぱり突然の訪問に対してもキチンと聞いてくれる人が魅力的だと思いました。

 

そして仕事を頂けたのは、サークルの合宿なども受け入れしている旅館「井戸前」さんでした。

おかみさんがとても素敵な方で、突然訪問したのにも関わらず丁寧に笑顔で対応してくれま

した。

この笑顔が大事ですね。。

 

農業はお客様と触れ合うきかいがと少なすぎるのですよね。

 

基準を高く、働きに来てくれた方たちとのご縁を大事にいい会社、いい人生にしていきたいと思います。

 

 

 

 

トイレ掃除に学ぶ会

昨日、今日と月一回の静岡経営塾でした。

昨日はトイレ掃除をしてきました。

でもトイレをただきれいにしてきた訳ではないですよ。

トイレ掃除を通じて学んできたのです。

 

ところで、トイレ掃除は皆さん好きですか?

私はできれば避けて通りたいと思ってしまいます。

でも私がやらない分、ほかの誰かが掃除してくれているんですよね。

家では妻や母が掃除してくれているからきれいでいるんですよね。

 

そんなできれば避けたいトイレ掃除を素手でやるのですから大変です。

何回かやらせてもらっているのですが、いまだにやるときは抵抗があります。

でもやり始めると「もっときれいにしたい」、「この汚れを取るときれいになる」と便器をきれいにすることに向き合えるようになってきたのです。

そしてきれいになったときの達成感がとてもあります。

 

トイレ掃除をすることに抵抗があると「やりたくない」という自分の感情に支配されてしまいます。

でもトイレ掃除が苦にならなくなったら「やることもできるし、やらないこともできる」とどちらもできるので、自由度が高くなるんですよね。

いやなことに取り組むと、自由度があがるとうのもべんきょうになりました。

 

これは実生活でも当てはまるんですよね。

やりたくない仕事をやらないでいると、どんどんやらなきゃという感情に支配され不自由になっていきます。

研修で学んできたのですからあとは実践ですね。

そしてこのやりたくない仕事でも苦にならずに取り組める自分になりたいと思います。

 

 

ページ上部へ