ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

部署異動

 今日は蒸し暑かったですね。

日が出なくても汗がタラタラと出てきました。

 

 実は今日、部署異動がありました。

今まで以上に、社員さんの能力を発揮してもらえる体制を作るために、

仕事が落ち着いてきたこの時期に行いました。

 

 新人の久保さん、先輩の作業補助をやってくれていた荒蒔君も、担当管理場所をもちます。

これから品質面の評価も受ける商品づくりをやっていくことになります。

 今とてもプレッシャーがかかっている事でしょう。

でも初めはだれもが初心者です。

そして、必ず失敗してしまいます。

しかし、そこからどんなことを学び、自分の糧にしていくかが大事になります。

がんばってくださいね。

 

林さん、事務所前でペンタス出荷始めまで自分の力でいい品質に育ててくれました。

出荷が始まってきたところでバトンタッチとなり、最後まで管理できないでいることは申し訳ないです。

いい商品に仕上げてくれたので余計にそう思います。

そしてウィンターコスモスの管理も「去年を踏まえ、今年こそ!!」と意気込んでいたのが伝わっていました。

その熱意に報いずに部署異動ですから、申し訳ないの一言です。

 今度の場所は、寄せ植え用商品が多くあります。

一つ一つのロットは小さいですか、気を配ることは品目数の数だけでてきます。

ぜひ気を配りながら、仕事を進める事練習してください。

 

そして奥地君、ここで管理面積が2倍になります。

単純に今までの2倍の管理時間がかかります。

どの作業を優先し、どう仕事をまとめるか時間の使い方も大事になってきます。

またパートさんや社員さん達に協力してもらえるコミュニケーション能力も、

とても大事になってきます。

今までの経験をもとにぜひ、パートさん社員さんの力も借りながら頑張ってください。

 

俊、小池君、山田君後輩の面倒をよろしくお願いします。

 

皆さん、お客さんに喜んでもらえるよう、協力してがんばりましょう。

 

そして読んでくれている方々、これからも小林花卉の応援よろしくお願いします。

ハゲイトウ出荷になります!!

今日は暑くなりました。

皆さん、暑い中での作業お疲れ様でした。

元気にやってくれてありがとうございます。

 


何度も紹介しているハゲイトウ、いよいよ出荷になりました。

ちらちら見えていただけだった赤い葉でしたが、一気に色づきましたよ。

201671182010.jpg

3割くらいは出荷できそうですね。

 

 

201671185159.jpg

 

201671185420.jpg

目の覚めるような赤色と黒みがかった葉色とのコントラストがとてもきれいですよ。

 

 

 

201671185121.jpg

草丈は30㎝から40㎝位です。

ポットサイズも3.5寸ロングポットと、通常の花苗で使われているポットより土の量が多いものを使っています。

土が多い方が植物のためにもいいですし、お店での水切れによる痛みが格段に少なくなるためです。

それに、もともと大きくなる植物ですから、あまり小さくさせないようにしたいと思っていました。

 

この狙い通りがっちりとした株で、葉が小さくならないように、俊が作り込んでくれました。

これならば、お客様に喜んでもらえること間違いないと思っています。

 

 

 

具体的な商品イメージが共有出来ていると、やはりいい商品が出来ますね。

社員さんと、「こんな使い方をしたいから、このくらいに作ってみよう」など雑談しながら、商品のイメージを共有し、お客さんに喜んでもらえる商品を作っていきたいと思います。

 

 

 

ではハゲイトウ出荷しますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

アリッサム ストリーム

今日は愛知の方から見学に見えました。

とてもおいしいお土産を持ってきてくれ、社員さんも大喜びでした。

えびせんべいです。

201663019432.jpg

何しろ味がいい、似たようなものは多くあるけど本物は違いますね。

 

また食べたいと思いました。

またいつでもいいので買ってきてくださいね、じゃなかった見学に来てくださいね(笑)

 

 

やっぱりどんな業種でも消費者を裏切らない商品を作ることでお客様に支持されるようになっていきますね。

大事なことだなぁと改めて思いました。

 

 

では、小林花卉でこの蒸し暑くなってきた梅雨時期に生産したこの商品はどうでしょうか?

 

201663019129.jpg

栄養系アリッサム ストリームです。

寒い時期の植物と思っている人がほとんどだと思います。

でもこのストリームは、通常出回っているアリッサムとは一線を画する、品種改良によって生み出された品種なんです。

この時期でも生育が衰えず、暑さに強い性質をもった品種です。

見ての通り、横張り性があってどんどん大きくなっていきます。

季節外れだと思われるかもしれませんが、「お客様に植えてよかった」と言って頂ける品質の商品を作っていき、信頼される生産者になりたいと思います。

社員さん、頑張ろうね。

 

登録

 今日は、晴れたり曇ったり、雨が降ったりと、目まぐるしい一日でした。

そんな中、今日は午後から時間を割いてやったことがあります。

この写真を見てください。

2016629214827.jpg

日本園芸植物標準色票、なんだかわかりますか。

 

これは箱になっていて、中身はこんなものが入っています。

2016629215121.jpg

何に使うかわかりますか?

 

 

実はこれカラーチャートといって、植物の品種登録をする時に使います。

花色や葉色をこの色に照らし合わせて同じ色を記載するんです。

 

オリジナル品種の種苗登録を行うために先日使ったのです。

今日はその書類作成という事です。

 

どんな植物の手続きをしたかはこれからのお楽しみにしていてください。

 

 

FMC

 今日かこれからFMCと言う、埼玉県の鉢花生産者の団体の定例会に行ってきます。

もともと埼玉県農業大学校卒業生の集まる団体で、私の父たちが立ち上げました。

歴史的にはもうすぐ50年になる由緒正しい団体なんです。

私が就農してから、FMCの会員も父と替わって私が入会させてもらう事になりました。

 今では2代目も多く所属し、埼玉県下の生産者60人以上が入会している大きな会に発展しています。

父たち先人たちが築いてきてくれた地盤があるおかげで、私も多くの生産者と知り合いになれ、

技術や経営を学ばせてもらえました。

そして同じ業界で学びあう人と出会うきっかけを作ってもらいました。

 あっという間に私も就農してから15年以上が経ちました。

これからも社員さんたちのためにも、いろいろなところで学ぶことを忘れずやりたいと思います。

そしてまた、先輩たちに教えて頂いたように、この業界に入ってくる若い人たちに、自分の経験や考えを話したりと、先輩たちの恩を少しでも返していけるような生産者になりたいと思います。

 

では、視察に行ってきます。

四つ葉のクローバー

小林花卉では、秋から春までクローバーの生産をしています。

このクローバーはサントリーフラワーズさんと共同開発した商品なんです。

なんとどの品種も手に入れた人には幸運が訪れると言われている四つ葉のクローバーなんです。

 

 

秋から出荷予定のクローバー、もう挿し木が始まっています。

2016626195218.jpg

 

2016626195246.jpg

 

201662619535.jpg

 

2016626195328.jpg

 

2016626195351.jpg

小さくても四つ葉があるんです。

 

これから定植して、剪定を繰り返し、丁寧に仕立てていきます。

 

 

世の中に幸せが訪れるよう、今年は増産していきますよ。

販売店の方々、幸せを届けるお手伝いよろしくお願いします。

 

ベルギーマム

今日は幸いにも雨が降らず外での作業がはかどるところでしたが、土曜日パートさんも半日で終わりになります。

それでも、社員さんたちが雨の降っていないこのタイミングを逃さず、作業をしてくれました。

自分たちで考え、病気の出ないように防除をしたり、露地栽培の商品を出荷してくれました。

ありがたいことです。

 さて、今年の秋の新商品にベルギーマムがあります。

2016625155915.jpg

 

2016625155934.jpg

 

2016625155953.jpg

 

201662516014.jpg

 

201662516034.jpg

 

ラベルを見た通り花がボール状に密につき9月中旬から開花する品種なんです。

このベルギーマムは、鉢の製造販売しているカネヤさんが紹介してくれた品種です。

日本にもボサ菊がありますが、ヨーロッパで育種された最先端の商品はとても魅力的だったのです。

カネヤさんの鉢は、根にやさしいスリット鉢なので、そのスリット鉢を使って生産していきます。

 

 

2016625155844.jpg

これから仮植・鉢上げと丁寧に作業をしていきたいと思います。

9月中旬からのベルギーマム楽しみにしていてください。

ピンクセージ

今日は雨が上がる予定でしたが、一日雨になってしまいました。

露地も多く活用しているので、作業が雨の中でできず困ってしまいます。

そんな雨の中、青木さんは鉢上げをやってくれたんです。

2016624195526.jpg

特設テントを張ってその中での作業です。

植えたものは外に並べるので、雨に当たってしまいますが、

率先して作業を引き受けてくれました。

損を引き受けることをやれること頭が下がります。

青木さん、ありがとうございます。

 露地はいい商品も作れますが、作業をやりたいときにできないことは困ると改めて思いました。

露地の作業方法も今後の課題です。

 

 

温室では、ピンクセージが咲いてきました。

20166242065.jpg

本当はオルトシォン ラビアツスと言います。

セージと言っても、実はネコノヒゲの仲間なんです。

春から秋までずっと咲き続け、耐暑性は強い植物です。

これからの季節重宝する植物の一つですね。

 

こちらは今年から生産し始めたものですが、俊が顔色を見ながら

仕あげてくれました。

 

植物作りの経験値が上がると、初めての植物でもある程度生産できるようになります。

俊のように初めての植物でも品質良く作れるようになると、自分の管理場所以外でも

商品を観れるようになります。

経験の浅い社員さんのフォローにも回って、農場全体の技術の底上げに貢献してもらっています。

チームワークで、これからもいい商品を作っていきましょう。

 

 

 

 

 

ガイラルディア

今日は午前中は雨でしたが、午後から暑くなりましたね。

今年はガイラルディアの生産を始めました。

 

2016623192339.jpg

実はこのガイラルディア、丈夫な植物なんですよ。

 

 

2016623192413.jpg

 

 

 

201662319253.jpg

 

このガイラルディアは凍らない程度の地域ならば宿根しますし、真夏も休まず咲き続け晩秋まで咲いているんです。

「このお花探していたのよ」なんて言ってくれたお客様もいました。

こらから人気のでてくる植物だと思います。

 

 

 

 

ハゲイトウ

今日は雨模様

シトシト雨が降っていました。

 

雨の降る中、露地ではハゲイトウが順調に成長しています。

2016622182817.jpg

 

もう色づいてきましたよ。

2016622182925.jpg

 

2016622183349.jpg

 

2016622183413.jpg

 

 

こうやって見ると少しずつ発色の仕方が違っています。

どんな形質を選んでいくか、ちょっとした違いの中、得たい形質をもった株を

種採り用の親に残していきます。

 

どんな商品を目指すかを明確にしておくことで、難しい技術を使わなくても、

オリジナル商品を作り上げることができます。

いい品種から種採りをしていくのでしたら、生産者が無理なくできる育種として

最適ですね。

 

 

もう種採り用の候補株は栽培担当の俊がとっておいてくれていました。

201662218350.jpg

これならば10年後、いや5年後には今と違った形質をもったオリジナル品種が出来ている事でしょう。

楽しみです。

ページ上部へ