ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

年度更新と募金活動

いよいよ今日・明日の2日間で仕事も終わりです。

そんなわけで、パートさんの年度更新を今日から始めました。

毎年一度ですが、パートさん一人一人とキチンと話をする場となっています。

 

 31年のキャリアを持つ最年長の内田さんもまた年度更新していただきました。

現場に入り20代の若いパートさんに交じって土入れ作業や移動作業もしてくれています。

「重たい作業も皆に悪いから一緒になって仕事をやろうとしているのだけど、

みんなが内田さんこっちはやるからいいよ、と言ってやってくれ、親切にしてくれるんですよ」

と話をしてくれました。

最年長・最長勤務年数の内田さんですが、決して威張らず仕事もキチンとやってくれているので、

一緒に仕事をしているパートさんからも絶対的な信頼を得ており、

協力し合う小林花卉の文化を作ってくれています。

内田さんのような人が会社に居てくれることは財産だと思っています。

また来年もよろしくお願い致します。

(明日もよろしくお願いします。)

 

 

昨日行った募金活動をちょっと紹介させてください。

今年で2回目となる「公益財団法人がんの子供を守る会」さんを通じて

小児がんの子供たちの支援をするための募金活動です。

20161227181150.jpg

 

2016122718921.jpg

 

20161227181238.jpg

 

20161227181316.jpg

社員さんの家族や子供も一緒に募金活動に参加してくれました。

足を止めて募金をしてくれる方、階段を降りるときから財布をだし用意し始めてくれた方

ベンチに座り財布を捜して募金をしに来てくれた方、多くの人たちに募金をしていただきました。

私が逆の立場だったらどうだったろうと自分の行動を顧みる機会となりました。

 

仕事外ではあるにもかかわらず、募金活動に一緒に来てくれる社員さんがいてくれる事

嬉しく思います。

20161227181035.jpg

 

社員さん達といい関係を築き、いい会社を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

募金活動行ってきます。

今日は寒い日でした。

でも年末になり出荷が多くありました。

頭の良くなる花、そしてオステオスペルマムです。

 

大忙しで出荷となりましたが、社員さん、パートさんたちが頑張ってくれました。

注文していただいたお客様もありりがたいですし、仕事をやってくれているパートさんも有りがたいですね。

お客様に支えられ、スタッフさんに支えられて企業は成り立っているのです。

 

 

今日はこれから、小児がんの子供を支援するための募金活動に行ってきます。

深谷駅18:00~19:00です。

ぜひご協力ください。

 

太陽のありがたさ

 メリークリスマス!!

今日もポカポカいい天気でした。

毎回になりますが、冬になると太陽の日差しの大切さがよくわかりますね。

日が当たると植物の開花も進んでくれますし、ハウスの温度も上昇します。

殺菌作用もあるのですからすごいんですよ。

温室があるとはいえ、自然の中で商売させて頂いているのだと思います。

 

 でも、実は農家だけが自然相手ではないですよね。

ファッション業界も、温かい冬になれば冬物の売れ行きは下がりますし、

雪が降ればお客さまも来店しなくなってしまいますね。

もちろん他の小売店さんも天候が悪ければお客様は来店してくれませんし、

運送業者さんだって、交通の便が悪くなりコストがかさみますね。

経済活動もお天気次第、人間の生活はやっぱり現代でも自然が相手なのですよね。

そんなことを考えながらポカポカ陽気を味わっていました。

 

 でも今日はポカポカ陽気を楽しんでばかりいられません。

本日出荷予定ののカランコエの出荷が終わらなかったのです。

その為、別の場所を受け持っている社員さん達も一緒にカランコエの出荷に来てくれました。

お蔭さまで無事に出荷は終わり、運送屋さんのトラックに乗せることが出来ました。

助け合える会社であること、社員さんが協力してくれることありがたいです。

 

 明日は、深谷駅で小児がんの子供の為の募金活動をします。

社員さんとその家族も応援に来てくれます。

深谷駅に来られる方、ぜひとも募金活動にご協力ください。

クリスマスプレゼント

今日はクリスマスイブですね。

いかがお過ごしですか。

 

小林花卉では毎週土曜日は、社員さん全員そろって昼食を食べています。

 

週一度のお昼の時間、たいしたことではないかもしれませんが、この時間は小林花卉で働いてくれていないと持てないことですし、

お互いが一緒にご飯を食べようと思っていないと実現できないことです。

一緒にご飯を食べるだけですが、同じ時間を共有できることありがたい時間だと思っています。

 

そして今日は2016年最後の土曜日、今年最後の社員さんそろっての昼食でした。

そこで今日は、経営塾仲間の総本家辻の辻社長にお願いして、讃岐手延うどんを取り寄せみんなで食べました。

辻さんの会社はお歳暮などのギフト商品を扱っている会社なんです。

この讃岐うどんもお歳暮に使われているとてもおいしいうどんなのです。

20161224213147.jpg

去年も辻さんの讃岐うどんで最終土曜日の昼食はしめました。

ひそかに毎年恒例にしたいともくろんでいます。

こしがあって本当においしいうどんなんですよ。

事実、社員さん6名と子供3名ですが、16人前作った讃岐うどんをあっという間に平らげてしまいました。

 

 

2016年クリスマスイブ、私にとってはこの時間が社員さんからのプレゼントでした。

みんなありがとう。

 

 

 

*26日(月)夕方6時から7時までの一時間、深谷駅前で社員さんたちと小児がんの子供たちのための募金活動をする予定です。

一年に一度でありますが、自分のためでなく人のために体を使いたいと思います。

深谷駅に来られる方、ぜひとも募金活動にご協力ください。

一年を振り返り

 今日も暖かな日になりました。

開花も進んで助かりますが、生育が進みすぎているものも見受けられます。

涼しくしておかないと大きくなりすぎてしまう恐れがありますが、社員さんはよく観察して対応してくれていました。

ここ一年で、社員さんの植物を見る目は格段に成長したと思います。

 

「社員さんが良くなれば、会社は勝手に成長していくよ」と杉井さんはおっしゃっています。

それではこれから勝手に会社も成長していくのでしょうかね?

楽しみであります。

でもあとは社長次第ですよね。

 

皆で成長できるいい会社作っていきたいと思います。

 

 

丸坊主

 やっぱり冬ですね、今日は寒い日になりました。

そんな中露地での作業をパートさんたちがやってくれました。

 

 

20161222172634.jpg

 様子を見に行ったところ、「カイロ2個を使っての作業をしているんですよ」とのこと、

暖かい時に仕事ができるように、段取りを組めればよかったと反省です。

それでも明るく作業をしてくれているのですから、本当にありがとうございます。

 

そのやってもらった作業とは、オダマキの葉の除去作業です。

20161222172722.jpg

バッサリ丸坊主です。

オダマキも寒風の中、突然の丸坊主は寒いでしょうね。

 

 去年も葉の除去作業をやったところポット苗で出荷するものも、いい状態で出荷できました。

他のオダマキ生産者の方たちがやっているかわかりませんが、

小林花卉では露地で寒さに当てているとき、葉をすべて取り除いておきます。

 

去年を踏まえて今年の仕事をしています。

より良い方法、より良い品質を目指していきたいと思います。

 

 

 

栄養系アリッサム ストリーム

今日もポカポカ暖かい日でしたね。

ただいま出荷しているオステオスペルマムが順調に開花してくれるので助かります。

太陽の力は本当にすごい、自然の力には逆らえないと感じさせられます。

今の環境とうまく付き合っていくことが大事なんですよね。

 

さてそんないい天気、栄養系アリッサムのストリームが抜群のパフォーマンスを出していました。

2016122117537.jpg

 

201612211762.jpg

 

2016122117622.jpg

 

2016122117644.jpg

 

どうですか。

 

素晴らしいパフォーマンスですよね。

なんと一株なんですよ。

そろそろ肥料が切れてくるころなので、肥料をあげたいと思います。

 

栄養系アリッサム ぜひ試してみてください。

 

 

 

母校

今日は母校の藤沢中学校に行ってきました。

2016122017020.jpg

 

地元で働いている人を講師に呼んで生徒さんたちに聞いてもらうという趣旨の

「ふれあい講演会」という行事に、パネラーの一人として呼んでもらったのです。

 

 

 私たちの地元、藤沢地区は農業の盛んな地区であり、農業の素晴らしさや農家の仕事について話をしてくださいと依頼されました。

野菜農家2名、切り花農家1名、畜産1名、そして鉢花1名というパネラーで、

農業をやろうと思ったきっかけや、仕事へのこだわり、農業の面白さなど、

5名の方と一緒に話をさせてもらいました。

 

農業にすんなり抵抗なく入った方、農家にはなりたくないと思っていた方、

社会人になってから農業がいいと農家に進んだ方、人それぞれの人生を歩んで

今に至っていました。

それぞれの分野でこだわりを持ち仕事に取り組んでおり、話を聞いていて面白く

改めて私も勉強になりました。

生徒さんたちも農業は大変そう、休みがない、儲からなそう等というイメージを持っていましたが、

農家は個人経営者であり、やり方しだいで可能性は広がるという事に気が付いてくれたようです。

 

今日の話をきっかけに、この地域で農業を目指してくれる人がいたならうれしいですね。

 

 

 

ご縁

あと2週間で今年も終わりになりますね。

一日一日、カウントダウンです。

 

社員さんたちも今年中にやることをやり切ろうと、今日も取り組んでくれていました。

自主的に取り組んでくれてありがたいことです。

28日仕事納めまで頑張っていきましょう。

 

そして今日は、大切なお客様がこれからやってくるのです。

昔は農業大学校の農業実習は3か月間、農家に住み込みでの実地研修があったのです。

その農業大学校の農業実習で来た方たちが、お歳暮に来てくれるのですよ。

農業大学校の単位を取得するための実習の受け入れをしただけですが、それからもう何十年ものお付き合いをしてくれています。

 私の小さい頃から遊んでくれ、毎年家族ぐるみで一緒に旅行にも行ってくれていました。

ご縁を続けてくれているは本当にありがたいし、私の父親ながら長くご縁をつないでいる会長を尊敬します。

立派な経営をしている方達ですから、今日は食事の席に同席させて頂き、またたくさん学ばせてもらおうと思います。

 

そんなわけで、今日はここで終わりにさせて頂きます。

 

 

 

ズバリ 花生産 求人募集!!

今日は日曜日でしたね。

しかし社員さんは出勤して、植物の様子を観察し温室を開けたり閉めたり、

潅水をしたり、手直しをしたりとパートさんがいない時でも、自分たちの仕事を責任もって

やってくれていました。

 

 私はというと、来年度の経営計画、そして作付計画を詰めていました。

社員さんたちがきちんと管理してくれているので、こうやって時間をもらえるのですよね。

本当にありがたいことです。

 

 時間を作ってくれている社員さんたちに報いるためにも、働きやすい会社、いい会社を作っていかなければならないと経営計画を立てながら思いました。

まず、もっといい会社にする為には、社員さんを増員していく必要があると思いました。

社員さんが病気になることも時にはあるでしょう、その時に他の社員さんが少しずつ負担を追うと思いますが、軽減できる為にも社員さんの増員が大事になりますね。

また、より品質の良いものを作るためにも、社員さんをフォローする片腕の社員さんも必要になってきますよね。

そんなことを考えていましたので、改めて、花生産をやりたい人を、求人募集します!!

 

こういっちゃなんですが、小林花卉結構いいと思いますよ。

先日の忘年会の様子も見てください。

今年一年のうちには、自転車レースに参加したり、サッカー観戦に行ったり、そしてなんといっても

毎月社員研修の時間を確保し社員さん全員で勉強をしているんです。

 この研修は、花栽培という小林花卉の中でしか活用できないスキルを学ぶのでなく、どこの会社に行っても必要となる能力である、コミュニケーション力の向上を目的としたリーダー研修です。

学校では授業がありませんでしたが、コミュニケーション能力を向上させる勉強があったんですよ。

社員さんには、コミュニケーションの基礎を学んぶ為、子育て・社員教育セミナーの講座にも行ってもらっています。

(この子育て・社員教育セミナーを私が初めて受講した時には、目からうろこ、鼻から牛乳、頭をハンマーで殴られたような、自分の常識が引っくり返るような衝撃を受けました。)

これホント!!

 

 

他にも魅力満載です。

なにせ小林花卉に来ると頭が良くなります!?

それに必ず幸せになります!?

理由は簡単!!

頭の良くなる花を生産している農場ですし、見つけると幸せが訪れると言われる四葉のクローバーを開発・生産しているんですからね。

 

社員さんたちは20代前半から30代、そして私は40歳、若い人が集まっている農場です。

 

もう一度、花生産したい方、求人募集していますのでぜひご応募ください。

ぜひ、メールをくださいね。

 

よろしくお願い致します(笑)

 

 

ページ上部へ