ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

スーパーチュニア グレープスター

今日もいい天気でしたね。

今が野菜苗の植え時です。もちろんお花も今が植え時ですよ。

ぜひお店に足を運んでみてください。

 

先日も紹介させて頂きましたが、いい状態のペチュニア スーパーチュニア グレープスターです。

2019420174158.jpg

紫色の花弁に星形に白く色が抜けているきれいな品種です。

 

今が農場で花盛りの状態です。

いまお客様のお手元に届けられればとても喜んでもらえると思います。

 

ぜひ暑さに強いPWのペチュニア スーパーチュニアを植えてみてください。

スーパーチュニア ビスタ ミニピンクスター

今日も過ごしやすい日でしたね。

春がやってきていて気持ちがいいですね。

お花もどんどん咲いてきています。

出荷をしながら手入れをしていきますが、せっかく花を育てているのですから作業に囚われず、

植物の生育を楽しみ、花生産を楽しみたいですね。

 

 

今日もスーパーチュニアの紹介です。

201941618538.jpg

今日はスーパーチュニア ビスタ ミニピンクスターです。

 

先日紹介させて頂いたミニブルースターと同様の草姿でピンク色の品種になります。

この品種も日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2018年最優秀賞を受賞したのです。

 

やっぱり生産していても株張りも良く花も良く付き、いい品種だって感じます。

 

お店で見かけた方、迷ってしまうかもしれませんが、是非ひと鉢手に入れてみてください。

 

スーパーチュニア シルバーベリー

今日は穏やかですごしやすいいい天気になりました。

 

昨日に続きスーパーチュニアの紹介です。

ただ今すごくいい状態です。

色んなメーカーからペチュニアが販売されていますが、最近のペチュニアはとってもいいですね。

連続開花して、花殻も目立たなくて、形も良くて!

ペチュニアが人気なのもよくわかりました。

 

今日はスーパーチュニア シルバーベリーです。

2019413173128.jpg

こちらほんのりとピンクがかった花弁で真ん中のピンクがまたかわいらしい品種です。

 

初めてながら野口君が作り上げてくれました。

もう出荷後期です。

あと少し、最後まで綺麗な状態をキープして出し切りましょう。

スーパーチュニア ラズベリーチーズ

今日はいい天気になりました。

 

天気のいい春の陽気にはこんなお花が似合いますね。

 

スーパーチュニア ラズベリーチーズのご紹介です。

2019412212028.jpg

こちらは花の国際ブランド PWのペチュニアです。

世界中の育種家からエントリーされた品種の中からさらに選抜され、

商品化されたとっても優良品種なんです。

名前の通り、ラズベリーチーズですよね。

パートさん達にも人気の品種でした。

 

性格も良くて、とても作りやすかったです。

 

アップ写真を載せました。

はがきに写真を載せて相手に送ることが多くなったので、

この画像も使いたいと思っています。

 

 

今年初生産ですが、他にもとても素敵なペチュニアたちを育てています。

またご紹介させて頂きます。

雪降った!?

今日は寒かったです。

それもそう、雪が降ってきたのですからね。

しかもふつうは温度のあがってくる10時以降から、14時位までが雪に変わったのですから、とても寒いのが判りますね。

 

みてください、畑が雪で覆われてしまいました。

2019410173613.jpg

温かくなり露地で元気に育ち始めた植物たちがこの寒さでどんな反応を示すのか、

ちょっと心配です。

春は天候によって光線量が全く変わり開花期が大きく変わってきます。

 

 

それでもキチンと計画通りに出荷できるのが、一流の生産農場だと思います。

栽培データをキチンととっておき、来年以降の管理に生かせるようにしたいと思います。

とりあえず暖房機をかけて、生育が鈍くならないように管理してみました。

はたしてどうなるか? 目指せ一流生産者!!ってところですね(笑)

社員研修

昨日は社員さん達とのお勉強の日でした。

 

毎月一度お世話になっている杉井さんに来てもらい、いい会社を作るためにはどうすればいいかを教えてもらっています。

201949213446.jpg

そして新入社員の三ノ輪さんが正社員になって初めての小林花卉での社内研修、

今日は和室でお勉強、ハガキを書いたのですよ。

 

いい会社は私たち自身がお互いに作り上げていく事で、ただ待っていてもいい会社になるというわけではないですよね。

 

 私たち自身が一緒に働いてくれている方たちにどんな関わり方をしていくといいかがポイントでした。

自分自身が一緒にいる仲間を大事にすることで、いい時間となり自分自身のいい思い出になり、自分の人生が良かったと思えるようになりますね。

お互いを大切にするそんな会社はいい会社だと思いませんか。

 

社員さん達とお勉強をしている時間にも、パートさん達が実務をやってくれているから農場が回っているんです。

支えて頂いている人たちにお返しができるように、いい会社を作っていきたいと思います。

 

新入社員の三ノ輪さん、小林花卉で働いている事で少しでも人生が良くなるきっかけになればと思います。

 

 

深谷駅南口、キレイな桜が咲いていました。

201949214133.jpg

 

 

 

201949214241.jpg

平成最後のチャンス、ぜひ見てくださいね。

スーパーチュニア グレープスター

今日は温かかったですね。

花たちも元気に育ってきて、農場では色んな花が咲いてきています。

 

 

今年初生産しているペチュニアの仲間 スーパーチュニア グレープスターです。

201945202546.jpg

紫色に星形の白色が入る品種です。

 

このスーパーチュニアはPWと言う、花の国際ブランドの商品なのです。

とてもきれいですし、株張りも花上がりもとてもいい感じです。

さすがはPW、いい品種を販売していると思いました。

 

これからPW商品が続々できあがってきて出荷となります。

PW商品など、自社育種だけでなくお客様に喜んでもらえる植物を作り届けていきたいと思います。

 

今後の小林花卉 × PW も楽しみにしていてください。

宿根バーベナ ふわりぃ

今日も太陽は出ましたが、風が冷たく寒い日になりました。

温室内は暖かくて施設園芸の良さを思いました。

 

今日はいよいよ出荷が始まる宿根バーベナ ふわりぃの紹介です。

201943181722.jpg

今春おすすめNO.1なんです。

ライムグリーンの花弁の上弁2つににほんのりピンクが乗る品種なんです。

花の寿命も普通のバーベナより長持ちして、株を覆うように花が付きます。

柔らかい花色であることと、株がドーム状にふわっとできる事からふわりぃとつけられました。

 

いよいよ出荷始まります。

まだ花が少なく少量ずつの出荷となりますが、お楽しみにしていてくださいね。

オステオスペルマム パープルサン

今日も晴れましたが、風はまだ冷たいですね。

この時期は晴れると温室の温度が上がり、曇ると温度が上がらずに寒かったりと、温室の温度管理が難しいです。

お日様次第の所もありますが、ハウスの外側を開けたり閉めたり換気をして、温度調節をしていきながら、

植物たちの生育を調整していくことが出来るので生産者の腕の見せ所でもあります。

 

植物も人間と一緒で、環境が大事だと思っています。

 

 

私は人間の成長に例えて植物作りを考えています。

挿し木は、赤ちゃんですから大事に大事に外気に当てず、直射日光もカットし、ぽかぽかの「温室育ち」にすることがポイントになります。

無事に根が出てポットに定植された苗はどんどん生育する小学校時代になります。

赤ちゃん時代のような過保護の環境ではなく、暖め過ぎず寒くなりすぎずすくすく育っていく環境を作ります。

そして最後、出荷間際の植物についての環境です。

社会に旅立つとき、学生時代のような環境ではなく、社会の荒波に耐えられるように、外気になるべく当ててしっかりさせるんです。

 

そんな風に育てた植物の一つ、オステオスペルマム パープルサンです。

201942195926.jpg

蕾もたくさん蓄えながら綺麗に咲いてくれました。

 

ぎらぎらの太陽が良く似合いそうな、パープルサンです。

暑くなる時期のオステオスペルマムとしていかがですか?

 

ビデンス ハニーソレイユ

新元号「令和」決まりましたね。

5月1日から新元号になります。

いいも悪いも自分のとらえ方ひとつですから、令和の時代をいい時代にしていきたいと思います。

 

 

今日は午前中日が出て温かくなりましたが、午後から曇ってきてしまいました。

曇ると途端に寒くなりますね。

今年の春はまだ寒いという感じをうけます。

 

 

そこで温かな印象のお花、ビデンス ハニーソレイユの紹介です。

201941184022.jpg

ソレイユはフランス語で太陽の意味なんです。

黄色にワンポイント赤色が入る品種で太陽みたいじゃないですか。

ハニーはハチミツですよね。ハニーソレイユはハチミツの香りがするんです。

そしてこのハニーソレイユは先日紹介したオレンジマシェリ同様に、暑い時期と寒い時期で花色が変化するんです。

 

魅力たっぷりのハニーソレイユ、見かけたらぜひ手に取って香りも嗅いでみてください。

ページ上部へ