ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

空調服とウィンターコスモス

 今日も暑かったですね。

暑いと言えば空調服、パートさんたちがそろってきていたのでパシャリととりましたよ。

201688201535.jpg

 

20168820160.jpg

パートさん達は青色です。

小林花卉のパートさんたちにもユニフォームが出来ました(笑)

今年は涼しい日が続いたので、購入しなくてもよかったなんて思っていましたが、

やっぱり買ってよかったですよ。

着てもらえるとうれしいものですね。

 

 

 

さて、今年は夜温が下がるので、ビデンスも順調に花芽を付けられたようです。

なんともう開花してきましたよ。

20168820255.jpg

 

 

一株見てください。

20168820954.jpg

がっちりとした株で仕上がりました。

お盆明けから出荷と言っていましたが、ちょっと出し始めますよ。

お店の皆様、今年は鈴虫も鳴き始めているので秋の気配は早そうですよ。

ウィンターコスモスいかがでしょうか(笑)

 

経営塾2日目

今日は経営塾2日目、毎回経営塾で一緒に学んでいる経営者の方たちと研修所に泊まり込んでいます。

 

 経営塾で一緒に学んでいる皆さんと共に過ごしてみると、日々の生活の姿も垣間見ることができます。

朝一番からゴミ出しを進んでやっている大先輩、朝からCLの勉強をしている20歳の社員さん、

お世話になっている人にはがきを書く人や、手帳を毎日記帳している人、昨日の晩遅くまで懇親を深めているにもかかわらず、

やることをやる姿勢には、基準の高さに毎回頭が下がります。

 研修で学ぶことも多くありますが、継続してコツコツやることが苦手な私には、月に一度このような環境に身を置き刺激をいただいて帰っています。

 

 

 そして今日の研修はというと、今年のテーマである営業についてでした。

今回経営塾でも毎年行っているMGに、どうやって自分なら誘うかということをロールプレイで練習してみました。

ここで学んだことは、どうしても自社で生産した商品を売ろうとしすぎてしまっているということでした。

売ろうと思えば思うほど(プッシュすればするほど)、相手の方は警戒して(引いて)しまいますね。

 

営業は商品紹介して買ってもらう事と思っていましたが、相手の人がほしがっていないのに売るのは難しいことでした。

自分の好みの押し付けではなく、相手の方が望んでいることを形にして提供できれば、喜んで買ってくれるのですよね。

 

私は、いい商品を作ることが生産者として大事なことで、買い手にとっても嬉しいことと思っていました。

でも、現実は自分好みを押し付けている生産者だったようです。

 

どんなことを叶えてあげると相手の方は喜ぶのか、夫婦関係、社員さん、お得意様、

場面は違えど、すべて営業につながることだったのです。

こう思うと営業はお互いWin-Winの関係になれる素敵なものだったのですね。

 農家だから営業苦手なんて言っていないで、いい人間関係を作るためにも、お客さんに喜んでもらうためにも営業学びたいと思います。

6時間耐久自転車レース

昨日・今日と、月に一度の静岡経営塾で山中湖にきています。

ほとんど俊と一緒に参加させてもらっているのですが、俊はお休みし変わって社員さん3名と一緒に参加しました。

というのも、今回の経営塾の初日は、4人一チームの2人乗り自転車レースなんです。

 

4人で農場を空けるとなると、農場を守ってくれる人たちも大変なんです。

俊、奥地君、林さんに残ってもらい農場を守ってもらいました。

 

そしてレース出場メンバーは、中年の星小池隊長、奇跡のハタチ荒蒔君、期待の新人久保さん、そして私です。

 

 

*画像が横になってしまっていますが、後程訂正させていただきます。

 

前にある赤い自転車が、私たちの乗る自転車でした。

10チーム対抗のこの自転車レース、決め手は何といってもマシン性能です。

ここを間違うと社員さんに大変な思いをさせてしまいます。

今回この赤い自転車を選ぶことができました。

この自転車ならば、十分優勝を狙える性能です。

 

いよいよスタートとなります。

まずは、私と久保さんで第一走者として出発しました。

出だしは3位につけ、順調な滑り出しです。

しかしなんと、パンクしてしまいました。

 

パンクの旨を伝えると、自転車屋さんが台車を用意してくれました。

 

しかし、その自転車だけは選んではいけない、こいでもこいでも進まない重たい自転車だったのです。

 

颯爽と私たちを抜いていくほかのチームの方たちを横目に見ながら、私たちは漕ぎましたよ。

そして小池・荒蒔ペアにやっとバトンタッチしました。

小池・荒蒔ペアも頑張っていましたが、なかなか戻ってきませんでした。

途中、ペアを交換し小池・久保ペア、荒蒔君と私、となりましたが、変わらず追い抜かれていくばかりでした。

最終的な結果は、ほかのチームに何周回遅れたかわからないという結果になりました。

 

漕ぎながら私思いました。

人生もこの自転車と一緒で、一人ひとり条件が違っているのです。

いい自転車に乗っている人もいれば、悪い自転車に乗っている人もいます。

突然の災害で条件が変わってしまうこともあります。

 

今回悪い自転車にあたってしまいましたが、その条件の中でもやることはやらなければいけません。

だらだらやっても、一生懸命やっても時間は一緒なのですから、自分の人生をいい人生にするためにも一生懸命にやるほうが

いい人生になっていきますね。

今回さらにペアで自転車をこいでいます。

2人で大変ながら一生懸命やることで、ゴールした時の達成感はとても大きくなりました。

そして応援し、迎えてくれる社員さんもいてくれて、本当に幸せだと思いました。

201689104458.jpg

レース終了後

 

 

優勝目指していましたが、勝ち負けでない一緒になって頑張ってくれていること、応援してくれていることを振り返り観ることができた

今回の自転車レースでした。

 

 

でもこの経験ができたのも、農場を守ってくれている社員さん、家庭を守ってくれている妻、そして多くの人の協力があってのことです。

 

 

これから人生で順風な時、逆風の時もあるかと思いますが、持てる力を出して、力を貸してくれる人たちの支えを認めてお返ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

自転車レースが終わった後は、バーベキューです。

20168910463.jpg

 

 

 

 

 

 

そしてバーベキューと言えばもちろんこれ!!

20168910475.jpg

 

流しソーメンです。

201689104352.jpg

 

 

親睦を深めながら、限られた時間の中、仕事のことや社員さんのことなどを話しながら、ワイワイと楽しみましたよ。

 

また来年こそ優勝狙っていきたいと思います。

 

 

ウィンターコスモス開花直前!!

今日も夏らしい天気になりました。

しかし、熱帯夜にならないので植物たちも夜間に体を休めることが出来、順調に生育しています。

 

ウィンターコスモスがいよいよ開花しそうです。

201685172519.jpg

例年以上に開花が早まっています。

天候のせいなのか、それとも技術が向上したのか、今年一年では開花の早まりは何とも言えませんが、

品質が向上していることは間違いありません。

 

これから花市場は、お盆休みになるところが多いです。

その頃に開花してきて、お盆後の市場再開じには、ばっちり開花株を納品できると思います。

 

どんな商品で出荷になるか、皆さんお楽しみにしていてください。

 

 

花職人

今日もいい天気、暑くなりました。

これから雨が降るのか、携帯の天気予報とにらめっこをしていた小池君でした。

 

久保さんが潅水しているのは、ビデンスです。

201684181727.JPG

9月下旬から出荷予定になっています。

 

 今日は潅水についてお話させて頂きます。

 小林花卉は手潅水と頭上潅水・底面潅水と、温室によってさまざまな潅水方法があります。

それぞれに特徴があり、栽培作物によっても潅水方法を変えています。

 

 

色々な温室がありますが、まず、新人さんが管理を任されるところは、手潅水をする温室になります。

頭上潅水や底面潅水は、スイッチ一つ押すだけで、潅水をしてくれるとても簡単な潅水方法ですが、なぜ手潅水の場所を管理してもらうのでしょうか。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*実は手潅水をさせて、底面潅水や頭上潅水がなかった時の、昔の人たちの苦労をわかってもらう事なんですよ。

また、手潅水は時間もかかるので、忙しく作業をしなければいけない中でも、長時間潅水に時間をかけて管理する人の精神力を鍛えます。

そうやっていれば、頭上潅水や底面潅水をやる時、設備を入れてくれた社長のありがたさがわかるはずです。

そうやって上下関係をしっかりと叩き込んでいるんです!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

と、言う上記はウソですよ(笑)

 

 本当は、手潅水をしながら植物と会話する時間を持ってもらいたいのです。

潅水時間がかかりますが、生育は順調か、病気や害虫がいないか、昨日と今日ではどう変化したかなど、

一つ一つ植物をキチンと観ることを身に付けてもらいたいからなんです。

 

スイッチポンでは、植物観察の時間が少なく、見落とすことが多くなってしまいます。

いい商品を作る為には、植物と会話する時間をどれだけ持ったかという事が大事なんです。

入った当初、手潅水しながら植物の変化を体験し、楽しさやむずかしさを経験してもらいたいと思います。

植物と会話していた時間、その時間が、ちょっとした変化に気がつく事の出来る職人を育てています。

 

 

久保さん、頑張って!!

秋色リーフたち

8月に入り、出荷が少なくなってきています。

頭の良くなる花はいつでも準備OKですが、花苗たちは秋まで温存ですね。

 

そうはいっても挿し木をして母株維持をしている植物たちは、生産し続けることが大事になります。

その為、寄せ植えプランツ達も出荷されていきます。

 

まずこちら、イレシネ パープルレディ

201683195931.JPG

赤紫色の葉を持つ這性の植物です。

秋色リーフですね。

 

 

そしてこちらもイレシネです。

まだら模様に斑が入るマーブルクィーンです。

201683201027.JPG

寒くなってくると黄斑の部分が赤く色づいてくるこちらも秋色リーフですね。

 

 

そしてこちらはリシマキア ヌンムラリア オーレア

黄金葉の這性植物です。

201683201536.JPG

水分が多い所を好みます。

黄金葉も秋色カラーですね。

暑すぎると黄色い葉の部分が薄くなってしまいます。

今年の暑さならば、へっちゃらですね。

この発色は素晴らしいです。

 

この3種類、露地にて養生しています。

お店についてから痛みが出ないよう、しっかりとした株で出荷たいと思います。

 

秋に向け生産している商品はまだまだありますが、出し惜しみさせてください。

また今度、紹介しますね。

 

 

 

 

斑入りマジョラム

 今日は夜になって集中豪雨になりました。

雷が鳴って一時どしゃぶりでしたが、あっという間に過ぎ去ったのでよかったです。

ゲリラ豪雨に見舞われ道路が冠水するニュースを見ると、農作物は大丈夫だったかなと他人事でなくなります。

 雨になると社員さんたちは気を使い、温室の見回りもしてくれています。

ありがとうございます。

 

 

 今年から寄せ植えプランツに加えようと試作している商品に、斑入りマジョラムがあります。

夏の暑さに弱いと言われていますが、予想に反して丈夫でした。

 

201682174622.jpg

日陰がいいとのことですが、今の所直射日光に当てても斑が焼けていません。

夏は暑いため、遮光ネットの下で生産してしまう事で、植物体が弱くなってしまい葉やけを起こしてしまうのでしょうかね。

焼けるものとして思っていた商品でしたが、作り方で焼けないとなると、夏場の寄せ植え用の商品としての可能性が広がってきますね。

 

今年は例年より暑さが気温がこのまま露地に出して様子を見ていきたいと思います。

 

ローダンセマム

今日から8月です。

お盆を過ぎれば、園芸業界の後半戦が始まります。

しばし仕込みに専念し、秋出荷に当てていきたいと思います。

今日はローダンセマムの挿し木をしました。

去年までアフリカンアイズだけ生産していましたが、いよいよ温めていた新品種を生産開始しました。

消費者の皆様には喜んでもらえる商品になっていると思います。

この品種群は、品種が完成していながら、かれこれ5年以上は寝かせてしまいました。

実は、海外販売も視野に進めており、海外へ紹介し試作をしてもらったりしていたため、

完成してから時間だけが過ぎてしまいました。

しかし小林花卉は生産者であって、消費者の方々に向けて鉢花や花苗を生産する農場として、

まずは農場で生産することを優先しようと思い今年から生産に舵を切りました。

 

 ローダンセマムは寒さに強い反面、暑さには弱いという印象がありますが、農場のある深谷市の酷暑にも耐えられる強い品種を残しているため

暑さにも強くなっています。

暑いという事は生産には向いていませんが、育種開発にはこの環境を生かして行くことが強みになります。

弱点も強みになると言い聞かせ、暑い夏に耐えていたんです(笑)

 

出荷開始の時には、画像を載せたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

山田君ありがとうございました。

2016年(平成28年)7月31日、今日をもって山田君が、小林花卉から卒業です。

本当に5年間ありがとうございました。

 最終日の今日も、山田君は朝6時半に出勤してくれていました。

そして今日は、出荷のフォローやハウス周りの防草シート張り、隣の木についている毛虫の防除と、一日フル稼働してくれました。

辞めると決まってからも、残された人の為に農場整備をしてくれたり、引継ぎをキチンとやってくれたりと最後の最後まで丁寧に取り組んでくれました。

辞めるからもういいやと有給を消化する人も居ると聞きますが、山田君は逆に残る人の為に何とか貢献しようと、

気になっていた場所を整備してくれていました。

辞める時も人間性が出ますね。

 

 山田君は小林花卉の社員さん第2号でした。

入社した当時は、個の力に頼る農家の延長上で、俊、小池君と共に早出をしてパンジー出荷をしたり、

夜になってから納品に行ったりと、一緒になって仕事をしていたのを思い出します。

そうした中で山田君は、どんどん自分から仕事を覚え、できる仕事を増やしていきました。

順調に規模拡大や品種の増加、社員さんの増加ができたのも、山田君とそして社員さん1号の小池君がいてくれたからなんです。

それから社員さんも順調に入ってきてくれ、社員さんの模範となってくれたのも山田君でした。

 

その山田君、卒業です。

昨日も書きましたが、人生には出会いと別れがあります。

どんな人でも最後には必ず別れがあります。

だからこそ、今いる人たちを大事にして、いい思い出を作っていかなければもったいないですね。

 

201673119122.jpg

*昨日の送別会、いい思い出ができました。(主役はひと休みしています)

 

 

小林花卉はこれからもいい会社を目指していきたいと思います。

そして山田君が、「小林花卉で働いていたんだよ」と、誇れるような会社にしていきたいですね。

201673119757.jpg

 

山田君ありがとう!!

誰もが自分の人生の経営者、ともにいい人生を歩んでいきましょう。

また逢いに来てくださいね。

20167311975.jpg

 

 

 

ビデンスと山田君

 今日は、土用の丑の日、暑い日になりました。

社員さんたちは、水やりの追われていました。

何とか水やりの時間を短くする方法を考えないと、この事態はいつまでたってもおきますね。

でも植物のことをわかる為にはシャワーで手潅水をして、反応を勉強することは大事だと思っています。

 

そんな手潅水をしている植物の一つ、ビデンス ウィンターコスモスがあります。

2016730164347.jpg

今年も順調です。

新人の久保さん管理でやっていますが、管理の経験者が増えフォローできる体制になり、

そして液肥の知識が増えて、しまってできるよう液肥の選択もできたからだと思います。

 

そのウィンターコスモス、肉眼で見えるほどの花芽が付きました。

2016730163028.jpg

一回目のロットはお盆明けから出荷です。

 

 

2016730164947.jpg

数量に限りがありますので、お早めにご注文下さい。

 

 

 

 

 

 今日はこれから山田君の送別会があります。

なんと5年間小林花卉で働いてくれた山田君が、明日で退社となります。

毎朝一番に出勤してくれていた頑張り屋さん、中間管理職で上からも下からも頼るところが大きかった存在です。

山田君がぬける穴は大きいですが、山田君の決めた選択を、応援してあげたいと思います。

 

そして、親も社員さんもいる事が当たり前と考えてしまいますが、いてくれるありがたさを改めて感じた山田君の退社です。

共に小林花卉を成長させてきてくれた同志の旅立ちを応援し、残ってくれている仲間と一緒にいい会社を作りたいと思います。

 

 今夜は祝い酒!!

門出に乾杯してきます。

 

 

 

 

 

ページ上部へ