ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ベルギーマム

今日は幸いにも雨が降らず外での作業がはかどるところでしたが、土曜日パートさんも半日で終わりになります。

それでも、社員さんたちが雨の降っていないこのタイミングを逃さず、作業をしてくれました。

自分たちで考え、病気の出ないように防除をしたり、露地栽培の商品を出荷してくれました。

ありがたいことです。

 さて、今年の秋の新商品にベルギーマムがあります。

2016625155915.jpg

 

2016625155934.jpg

 

2016625155953.jpg

 

201662516014.jpg

 

201662516034.jpg

 

ラベルを見た通り花がボール状に密につき9月中旬から開花する品種なんです。

このベルギーマムは、鉢の製造販売しているカネヤさんが紹介してくれた品種です。

日本にもボサ菊がありますが、ヨーロッパで育種された最先端の商品はとても魅力的だったのです。

カネヤさんの鉢は、根にやさしいスリット鉢なので、そのスリット鉢を使って生産していきます。

 

 

2016625155844.jpg

これから仮植・鉢上げと丁寧に作業をしていきたいと思います。

9月中旬からのベルギーマム楽しみにしていてください。

ピンクセージ

今日は雨が上がる予定でしたが、一日雨になってしまいました。

露地も多く活用しているので、作業が雨の中でできず困ってしまいます。

そんな雨の中、青木さんは鉢上げをやってくれたんです。

2016624195526.jpg

特設テントを張ってその中での作業です。

植えたものは外に並べるので、雨に当たってしまいますが、

率先して作業を引き受けてくれました。

損を引き受けることをやれること頭が下がります。

青木さん、ありがとうございます。

 露地はいい商品も作れますが、作業をやりたいときにできないことは困ると改めて思いました。

露地の作業方法も今後の課題です。

 

 

温室では、ピンクセージが咲いてきました。

20166242065.jpg

本当はオルトシォン ラビアツスと言います。

セージと言っても、実はネコノヒゲの仲間なんです。

春から秋までずっと咲き続け、耐暑性は強い植物です。

これからの季節重宝する植物の一つですね。

 

こちらは今年から生産し始めたものですが、俊が顔色を見ながら

仕あげてくれました。

 

植物作りの経験値が上がると、初めての植物でもある程度生産できるようになります。

俊のように初めての植物でも品質良く作れるようになると、自分の管理場所以外でも

商品を観れるようになります。

経験の浅い社員さんのフォローにも回って、農場全体の技術の底上げに貢献してもらっています。

チームワークで、これからもいい商品を作っていきましょう。

 

 

 

 

 

ガイラルディア

今日は午前中は雨でしたが、午後から暑くなりましたね。

今年はガイラルディアの生産を始めました。

 

2016623192339.jpg

実はこのガイラルディア、丈夫な植物なんですよ。

 

 

2016623192413.jpg

 

 

 

201662319253.jpg

 

このガイラルディアは凍らない程度の地域ならば宿根しますし、真夏も休まず咲き続け晩秋まで咲いているんです。

「このお花探していたのよ」なんて言ってくれたお客様もいました。

こらから人気のでてくる植物だと思います。

 

 

 

 

ハゲイトウ

今日は雨模様

シトシト雨が降っていました。

 

雨の降る中、露地ではハゲイトウが順調に成長しています。

2016622182817.jpg

 

もう色づいてきましたよ。

2016622182925.jpg

 

2016622183349.jpg

 

2016622183413.jpg

 

 

こうやって見ると少しずつ発色の仕方が違っています。

どんな形質を選んでいくか、ちょっとした違いの中、得たい形質をもった株を

種採り用の親に残していきます。

 

どんな商品を目指すかを明確にしておくことで、難しい技術を使わなくても、

オリジナル商品を作り上げることができます。

いい品種から種採りをしていくのでしたら、生産者が無理なくできる育種として

最適ですね。

 

 

もう種採り用の候補株は栽培担当の俊がとっておいてくれていました。

201662218350.jpg

これならば10年後、いや5年後には今と違った形質をもったオリジナル品種が出来ている事でしょう。

楽しみです。

カリオプテリス

今日ヨーロッパから戻って農場を見回ってみると、いい状態で植物が育っていましたよ。

社員さんたちが責任をもってキチンと管理してくれていたのです。

今日から順次紹介させてもらいますね。

 

まずは第一弾!!

山田君担当のカリオプテリスに決定です。

 

みてください。

2016621165010.jpg

 

 

2016621165232.jpg

スターリングシルバーです。

 

 

2016621205745.jpg

ウォーチェスターゴールド

 

 

 

2016621205838.jpg

サマーソルベット

一番開花が遅い品種ですが、斑入りがきれいですね。

このカリオプテリス達は夏の間中咲いている耐寒性多年低木なんですよ。

 

暑い時期もへっちゃらです。

涼しげな葉色も魅力ですよね。

3品種のミックス出荷です。

 

寄せ植えの芯に使ってもらえると商品の良さが出ると思っています。

 

品種もよし、管理状態もよし、開花状態も良し、いかがですか?

 

 

 

 

 

無事に帰ってきました。

 長いようで短かったフラワートライアル視察でしたが、無事に家まで帰ってくることができました。

当たり前と思ってしまい日常生活では見えてこないものってありますね。

やっぱりこうやって出られるのは、農場を守ってくれる社員さんたちがいるからですし、妻が家庭を守ってくれているからなんですよね。

そして小林花卉の商品を買ってくれる人がいるから、海外までいく資金ができましたし、市場の人が商品を販売してくれるからお店に商品が並べられるんです。

それに行きたくても同行してくれる人がいなければ、行っても勉強になりにくいでしょう。

自分一人ではほんのちっぽけなことしかできませんが、多くの人の支えによって出られているんですね。

ヨーロッパ視察の経験を活かし、明日からまた、いい会社作りを目指していきたいと思います。

皆様ありがとうございました。

ベルギー、ルクセンブルグ観光

昨日はフラワートライアルを終え、一日観光を入れてくれました。

ベルギー、ルクセンブルグを駆け足で観光しました。

 

ベルギーでは、サン・ミッシェル大聖堂を見て

2016619161455.jpg

2016619161646.jpg

 

2016619161554.jpg

 

本場のベルギーワッフルを食べ、ベルギーチョコをお土産に買ってルクセンブルグに行きました。

 

 

 

ルクセンブルグはGDP世界一位だそうです。

国連本部もあるところなんです。

フランスとドイツの文化の影響があり、今までの国より白い壁が目立ちました。

かなり小さな国ですが、すごくいい場所でした。

ルクセンブルグは町並みが世界遺産なんです。

201661916948.jpg

 

城壁に守られた町、すごいですね。

201661916839.jpg

 

 

2016619161041.jpg

 

 

仕事ではないのに、わざわざ調べて、長距離車を運転して案内してくれたメーカーさん、た今回の研修始めから終わりまで、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

さあ今日は飛行機に乗って日本に戻ります。

で入ってきます。

トライアル

昨日もたくさんの会社に行ってきました。

2016618152123.jpg

 

2016618153955.jpg

 

2016618152232.jpg

 

2016618152549.jpg

 

 

 

 

2016618155040.jpg

 

表示

 

 

それでは今日もここで終わりにさせていただきます。

行ってきます。

デルフト

昨日はデルフト焼きで有名なデルフトに宿泊しました。

朝たまたまホテル前で出会った日本の方と話をしていたら、泊まったホテルは画家のヨハネス・フェルメールの親の生家だったらしいです。

 

2016617115451.jpg

だからどうだということでもありませんが、それを聞いていいホテルだったんだと改めて思いました(笑)

 

知らないってもったいないですね。

今回の旅も今まで知らなかったことが分かった旅でした。

私はフラワートライアルを見て回っているだけですが、種苗会社さんを訪れ、取引や苗の交渉などの仕事をしている人たちを見させてもらえたのは勉強になりました。

 

それにしても、展示品種だけでもたくさんの品種があり、展示用の苗だけでも相当量を作っていました。

種苗メーカーの方は、すごくたくさんの品種の中から光るものを選びだし、どう展開するか考えていました。

これは自社で品種開発するか、海外にきて品種開発するかの違いなのかと思いました。

自社育種にするのか、開発時間の短縮をするため商品を導入するのかを考えて会社作りをしていきたいと思います。

 
 
カランコエの品種を買っているデューメンオレンジの新品種です。
 
2016617122714.jpg
一見同じようでも、実物はすごくよかったです。
 
 
 
201661712304.jpg
黄色からピンクへの変わり咲き品種
 
 
 
201661712337.jpg
日本での販売もしていますが、やっぱりいいですね
 
 
今日っもまた視察行ってきます。

 

さて今日は多くの種苗会社さんを見てきましたよ。

 

まずは、フローリスト社

ガーベラ専門の会社です。

201661612147.jpg

 

2016616123527.jpg

 

目を引いたのはこのガーベラ達

2016616121652.jpg

日本でもハイフラワーさんで生産が始まっているパティオシリーズ、とても大きな花が魅力の品種です。

こんな花たちなんですよ。

2016616121854.jpg

 

2016616122110.jpg

 

201661612271.jpg

 

2016616122912.jpg

 

2016616123150.jpg

このパティオシリーズは種で増えるのではなく、メリクロン苗なんです。

メリクロンは、新しく伸びかけた芽の中から1ミリくらいの生長点を取り出し、無菌の培養基の中で増やす方法なんです。

最初はランを大量に増やすために使われ、その技術が草花にも応用されてこんな素敵な花を一般消費者に届けることができるようになったんです。

 

 

 

続いていったのは、タキイ種苗さん

日本を代表する種苗会社さんの一つですね。

2016616123851.jpg

 

2016616124046.jpg

 

201661612443.jpg

 

2016616124154.jpg

2016616124625.jpg

 

2016616124753.jpg

 

 

ビデンスも何色か展示されていました。

 

サントリーフラワーズさんが初めに開発したビデンスですが、各社開発参入してきたため、今年は各社ビデンスだらけです!!

種苗会社さんも競争激化です。

 

 

サンフロール社です

2016616124953.jpg

 

2016616125146.jpg

 

2016616125326.jpg

 

カーネーションの会社です。

基本的に切り花用ですが、ポットカーネーションもきれいな品種をそろえていました。

 

 

単品生産農場で品種を開発しているのが面白いですね。

資源を集中しこんな会社目指してもいいですね。

 

 

 

まだまだ午前中のみの紹介でしたが、画像アップに時間がかかるため載せきれません。

ここまでです。

で入ってきます。

 

ページ上部へ