ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ドロニカムとオダマキ

今日もいい天気でしたね。

露地で生産しているドロニカムがいよいよ咲いてきました。

201632017325.jpg

蕾がどんどん上がってきましたよ。

 

 

一番ちゃんと咲いている株をのせてみますね。

2016320175927.jpg

大輪のきれいな黄色、蕾もかなり出てきていました。

試験的に少量作ったのですが、かなりのボリュームです。

欲しい方は是非ご連絡ください。

 

 

 

 

 

もう一つ、オダマキも生育が進んできました。

201632018149.jpg

 

花芽が見えてきてもいいのですが・・・・。

201632018111.jpg

見えないんです(汗)

 

4月下旬に咲くと思えば問題ないですが、もっと早く咲いてほしいなぁと思っているんです。

今、花芽が見えないとなると、いつ頃咲くのでしょうかね。

 

社員さんの成長も、子育ても、そして花栽培も「焦らずゆっくり」が大事なんですよね。

良く観察して、焦らずゆっくりと見守っていきたい思っています。

でも、早く蕾を確認させてく欲しいのですよ。

 

さくらんぼの木

今日は雨の予報が、晴れましたね。

晴れてよかったですよね。

でも予定外の晴れは、社員さんたちを慌てさせていました。

何せ温室内の温度管理、潅水が待っているのですからね。

 

お休みの社員さんが多い中、残った社員さんが管理をきちんとしてくれました。

 

 

 

庭を見るとさくらんぼの木に大きな変化があったんですよ。

2016319211734.jpg

なんと!!いつの間にか開花していました。

自分自身に観察力が無いのが判りがっかりですよ。

 

 

 

でも見てください。

さくらんぼの木に何かがいるのを発見しました。

2016319211849.jpg

 

 

良くわかりませんか。

では、もう一度見てみましょう。2016319212441.jpg

青丸を付けてみたところに何かありましたからね。

 

 

これはなんでしょうか。

 

正解はウグイスだと思います。

 

もっとよって写真を撮りたかったのですが、警戒して逃げてしまいました。

 

 

 

ブルーベリーにも蕾がついてきました。

2016319211631.jpg

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、その通りですね。

花が咲きほこる春本番までもう少しです。

 

小林花卉も春本番に向け、着実に作業を進めていきます。

 

 

 

 

小林花卉新年会兼歓迎会

今日は小林花卉の新年会でした。

遅いのですが、毎年3月に新年会をやっているのです。

なぜかというと、例年2月から新しくパートさんが来てくれるのです。

その為、この時期になって新年会兼歓迎会をやるんです。

 

毎年のことながら、パートさんたちも楽しみにしている行事なんです。

 

いつもの場所、一休茶屋さんです。

 

 

 

では、なにはともあれ様子を見てください。

201631817737.jpg

 

2016318163232.jpg

荒蒔君が、体調崩し急きょ仕切り役をやってくれた奥地君。

飲み物の注文、指さし確認素晴らしいですね。パチッパチッパチッ

 

 

2016318163047.jpg

あれっと思ったかたいらっしゃいますか?

そうなんです。

建物は温室なんですよ。

なんか、ここは小林花卉の為に建ててくれたようですよね。

でも立派なお店なんです。

花生産農場の歓迎会にふさわしい、温室を改造したお店なんですよ。

 

 

 

雰囲気も大事だと思いますが、やっぱり料理は味ですね。

海のない埼玉県ですが、お刺身がとてもおいしいんですよ。

店長が魚市場で働いていたので、目利きは抜群なんです。

そのほかの料理も味は抜群、ボリューム満点なんですよ。

 

201631818356.jpg

201631818102.jpg

201631817938.jpg

201631817351.jpg

2016318163152.jpg

おいしい食事を頂き皆さん満足してもらえたようです。

でもそれ以上に、一緒に楽しく食事をしているパートさん、社員さんたちがいてくれることが何よりいい時間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

201631817857.jpg

 

 

2016318174826.jpg

2016年3月18日、今日という日を一緒に過ごして、楽しい思い出を作ってくれたパートさん社員さん達、

ありがとうございました。

 

大変な作業もあるかと思いますが、小林花卉で一緒にいい思い出を刻んでいきたいと思います。

 

みなさんありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

梅と桜と水仙と・・・。

今日は暑いくらいのいい天気になりましたね。

温室の開け閉めが忙しくなりました。

潅水と温室管理に社員さんたちは走り回っていました。

責任もって管理してくれてありがたいです。

 

梅の標準木を見てください。

梅の花の写真は、今年最後になりそうですよ。

201631718279.jpg

 

 

 

梅の代わりに、畑の水仙が咲いてきました。

2016317173513.jpg

 

 

 

そして桜はというと、蕾膨らんできましたね。

2016317182742.jpg

 

 

やはり桜が動き出す頃には、他の花も動き出しますね。

2016317182840.jpg

2016317182916.jpg

ローダンセマムアフリカンアイズも露地で栽培しているものの花芽が動き出しました。

桜が咲くころに咲いてきますが、桜とどっちが早いですかね?

今年は良く見てみようと思います。

 

 

そして、こちらはコンボルブルス ブルーコンパクターです。

2016317182949.jpg

コンボルブルスも、脇芽という脇芽から芽が出てきましたね。

寒い時期は芽は動きませんでしたが、わきの芽には力が蓄えられ、暖かくなると一斉に動いてきます。

5月に入ったら、青いきれいな花を咲かせてくれます。

 

 

宿根バーベナも管理が進んでいます。

ロットごとに分かれているのですが、このロットは4月中旬から出荷となる予定です。

山口さんと森田さん、腰が痛いと言いながらも的確にピンチしてくれました。

2016317212242.jpg

ピンチもベテランの域に入ってきました。

長く勤めてくれていることは本当に財産です。

ありがとうございます。

 

 

 

さて、シバザクラも桜の咲くころに一斉に咲いてくるのですが、

今年はあてにしてくれたお客様の注文で、販売終了となってしまいました。

長期間かかる商品なので、やるべきかやめるべきか悩みつつ・・・。

でも、毎年使ってくれる方たちの声に答えて栽培しています。

 是非作ってくれと言われ、生産者冥利に尽きます。うれしいものですね。

喜んでもらえる商品を、今後も作っていきたいと思います。

 

 

 

 

ディアスシア ダーラ

 今日はシンジェンタ社で育成された「ディアスシア ダーラ」を紹介します。

ディアスシアの中でも庭植えでのパフォーマンスが抜群に良い品種なんですよ。

2年前にシンジェンタ社のパックトライアルの展示圃場で見かけたのが初めての出会いでした。

6月下旬辺りの展示会だったのですが、圃場でこのダーラを見てすごい品種が出てきたとびっくりしたのを覚えています。

特にアップルブロッサムの花付きが良かった記憶があります。

そこで、いつか機会があれば作りたいと思っていた品種だったんです。

 

 そしてその生産の機会は今年訪れたというわけです。

 今年は、4月上旬までの出荷予定です。

 

 

2016316194337.jpg

ライトピンク

2016316194214.jpg

アップルブロッサム

2016316194242.jpg

ローズ

 

一つの花は落ちやすいのですが、連続開花性があり、次々咲いてきます。

3品種で出荷開始です。

優れた性能を持つディアスシア ダーラシリーズ おすすめ品種ですよ。

 

 

アリッサム ストリームの出荷

今日は日が出てくれました。

太陽の光は大事ですね。

でも、風は冷たくて、換気の為に開けると温度が一気に下がってしまいます。

植物の様子を見てちょうどいい塩梅にしないとなんですね。

「このちょうどいい塩梅は、長年の経験が大事なんです!」と言い張りたいです。

 

 ゲームの世界では、コンピューターと人間の対決で「最後のとりで」と言われた囲碁で、コンピューターが勝利しました。

世界最強の棋士に買ったのですから、すごいことですよね。

 

 でも、植物は生きているんです!

 温度や日射量を図り、自動で換気をしてくれるのですが、それだけではいい商品は作れないのです。

 雨の日が続いた翌日で植物が柔らかく育っている状況を踏まえたり、

生育を少しだけ促すためにちょっとだけ暖かい環境を作ったり、

出荷前の慣らしの為今日から風に当ててみたほうがいいなど、

コンピューターでは、判断できないところがあるはずです。

 

 

毎年、この時期は温室に入って、風が当たって植物が弱っていないか、

温度が高くて柔らかく育っていないか、勘ピューターため込まれたデータを使い、商品づくりをしているんです。

 

この栽培のビックデータをお金を出して買うとなると、びっくりする値段になると思います。

栽培している植物も、ひと鉢何万円の商品になってしまいます。

本来はその位高い商品ですが、勘ピューターを駆使した今なら、リーズナブルな値段で販売できます。

ぜひ、小林花卉の商品を見かけた方、ご購入してくださいね(笑)

 

 

 

勘ピューターで作った商品、栄養系アリッサム ストリームです。

2016315205013.jpg

耐候性があり、これからはモリモリ大きくなります。

夏も乗り越えられるらしいです!!

 

2016315205056.jpg

2016315205230.jpg

2016315205259.jpg

 

この勘ピューター、社員さんも共有し始めていますので、

春の商品が楽しみです。

 

でもコンピューターすごすぎますね。

 

 

 

 

 

オステオ ブルーアイビューティ

 今日も朝から雨模様、植物たちも太陽を待ちわびているようです。

そんな中でも、太陽のように農場を明るくしてくれる植物がいました。

 

 

20163141992.jpg

その植物はオステオスペルマム ブルーアイビューティです。

 

 

 

2016314191038.jpg

「黄色の中に青い目のある品種です」と言いたいところですが、中心部分はワインレッド色ですね。

このオステオスペルマムは、去年から作り始めましたが、とても素直な青年です。

 

 

 

今年は張り切って寄せ植えもしてみましたよ。

2016314183456.jpg

とはいっても、とてもシンプルな寄せ植えです。

 

 

植えてあるのは、

栄養系アリッサム ストリーム

2016314184322.jpg

実生のアリッサムとは比べ物にならない生育力と生命力です。

暑くなっても元気に生育する優れたアリッサムなんですよ。

アリッサムが冬の商品なんて、昔の話になるでしょうね。

 

 

 

そしてもう一品種

グレコマ ライムミントです。

2016314184350.jpg

アリッサムの後ろにちょろっと出ている、散り斑の植物です。

栄養系アリッサムに負けないくらい生育力旺盛ですので、ここからの成長が楽しみですよ。

 

 

そしてもう一種類

ブッドレア シルバーアニバーサリーです。

2016314184429.jpg

もう少し伸びているものがあればよかったのですが、花に囲まれてしまい

見えにくくなってしまっています。

2週間もすれば、ちょうどいい位に伸びてくるはずです。

 

 

どの植物もすぐだめになるようなものではないので、購入したお客様は

喜んでくれると思います。

 

奥地君がブルーアイビューティーを育て、山田君がアリッサムを育て、俊がブッドレアを育て、

林さんがグレコマを育ててくれました。

社員さんが、成長をしてくれたおかげで、寄せ植えなどやれることが増えてきました。

それも、パートさん・社員さんが協力し合い、挿し木や剪定、肥料くれなどの作業をやってくれているからできるんですよね。

ありがたいことです。

 

 

 

お客様が「小林花卉の商品は、長持ちするわ」と喜んでもらえるよう、

栽培技術の向上だけでなく、品種改良やいい品種を導入して行きたいと思います。

 

 

 

ドロニカム レオナルドコンパクト

昨日ほどではありませんが、今日も寒かったですよ。

 

 

 

ドロニカムにやっと一株だけ蕾の色がついてきました。

2016313173041.jpg
花は直径5㎝以上の黄色い花です。

 

いい日が続けば、あと2週間あれば出荷できそうです。

 

 

他の株を見てみましょうか。

 

2016313173435.jpg

 

2016313173648.jpg

 

 

 

蕾が見え隠れするようになってきました。

 

実は全体を見るとこんな感じです。

2016313173910.jpg

 

やっぱり2週間では出荷まで行かないかな?

でもそろそろ出荷したいです。

 

露地で養生したため、いい株になっていますよ。

 

真冬は植物が動かないので、水やりを見落として痛めやすいのですが、今年は俊が良く見てくれたおかげで

ロスなく出せそうです。

 

社員さんは着実に管理の腕が上がっています。

春本番に向け、農場には控えているものが多数あります。

生育状況をまた報告させていただきます。

 

 

 

就任祝い

 今日は寒い一日でしたね。

進んでいた開花も急ブレーキです。

しかし、あったかくなると咲いてくる花たちですから、週が明けて暖かい日になると、今度は開花が一気に進むでしょうね。

そんな植物の動きもみて楽しみながら、生産しています。

 

 今晩、いつもお世話になっている鴻巣花き株式会社の社長に就任した、島田社長の就任祝いがありました。

鴻巣花きは車で1時間の距離にあり、深谷市の生産者の人たちからは、地元市場として大事にされているのです。

鴻巣という、埼玉県の市の名前の市場でありますが、日本でも有数の鉢花の大市場であり、日本全国から荷物が入ってきます。

その地元市場として思い入れのある鴻巣花きの社長に、深谷市出身の島田さんが社長に就任したのですから、

深谷市の人たちは喜ばないわけありませんね。

 島田社長就任のお祝いの席では、出席した生産者の先輩から、入社当時の思い出なども聞かせていただきました。

小林花卉も父の代からのお付き合いで、というより小林家といった方がいいかもしれません。

私が小林花卉に就職したときも、鴻巣花きに見学に行くと気さくに声をかけてきてくれました。

話が面白く、部下の面倒見や生産者の面倒をよく見てくれた方でした。

 

 今でも、鴻巣花きには出荷させてもらい、面倒を見てもらっているんです。

深谷の生産者が大規模で出荷できるのも、近くに大きな市場があるからなんですよね。

日常になってしまい、当たり前になっていましたが、実はあたりまえでなく、面倒をみてらっているんですよね。

支えていただいているのですから、少しでもお返ししていきたいと改めて思った就任祝いでした。

 

島田社長おめでとうございます。

お体には気を付けて、ご活躍を期待しています。

クレマチス展開催

 

今日、明日と池袋にあるサンシャイン60では、クレマチス展が開催されています。

 

私は今日だけ店頭に立たせていただきました。

このクレマチス展、今年11年目だったと思います(違っていたらごめんなさい)

 

都会の真ん中で、よくこんなにも花を買う人がいるなぁと感心するくらい、お客様が訪れてくれ、

買っていってくれました。

 クレマチス目当てに朝から待っている人たちがおり、花は並んででも買いたいという事を知りうれしく思いました。

 

 さてどんな商品がよく売れていたかというと、圧倒的にクレマチスでした。

クレマチスの第一人者、金子明人さんも来てくれてクレマチスの説明をしてくれるのですから、こんなにうれしいことはないですね。

 その次は、多肉植物でしょうね。

かわいい多肉たち、毎年人気商品です。近年は多肉ブームと言われていますが、衰えることを知りませんね。

ホームセンターで売っているものではなく、あまり見かけないレア商品もよくうれますね。

逆に、一般的な花壇苗は、あまりが、販売数量が伸びないようでした。

 

その中で、今年初登場のビデンス ビーダンスは、お客様の目に留まり、よく売れましたよ。

 

 

 

こうやってクレマチス展に出させてもらっていますが、このクレマチス展に多大なご尽力を割いてくれているのが、

矢祭園芸の方たちです。

特に金澤由美子さんは、サンシャインとの会議や調整、生産者への連絡など一手に引き受けてくれていました。

クレマチス展でも、販売はほかの生産者さんの方が多いですし、クレマチス展に来てくれるお客様のために、市場から商品を仕入れてきてくれています。

 花業界のためとはいえ、ここまでやる生産者はいるでしょうか。

こういう普及活動を、一生懸命にやっていることは本当に素晴らしと思います。

 

私も、少しでも多くの人が花に興味を持ってもらえる活動をしていかなければと思いました。

金澤さん、出店者の皆さん、本日はありがとうございました。

 

 

それではすいませんが、もうここで寝かせていただきたいと思います。

ページ上部へ