ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

第32回花卉懇セミナー

今日は東京農業大学で行われた第32回花卉懇セミナーに行きました。

毎年2月と7月に行われる花卉懇談会、業界関係者が集う一大行事だと思います。

 

今回3名の講演者のお話を聞かせていただけました。

まず一人目は、高冷地花きコンサルツの大平さんの講演でした。

大平さんは生産技術のコンサルタントをしている方でした。

日本では、農協さんや普及員さんが、無料でいろいろと調べて教えてくれていますが、

オランダの生産者は、プライベートコンサルタントと言って独自にコンサルタントを頼んでいることを分析し、有料化に踏み切ったそうです。

オランダのプライベートコンサルタントは相手の農業に入って行って技術を浸透させるのですが、

個人とコンサルタントの間で時間と日数を細かく決めているそうです。

労働1時間当たりの賃金、収量がどれくらい上がるか、ここをシビアに見て実績が伴わなければ契約時間を減らされたりするのです。

時間削減を契約した時は、市場単価が高かったとしても、時間の削減ができたかどうかで評価されるそうです。

また、現在8品種の花木の品種登録を出している育種家でもあったのです。

日本の自生植物をもっと園芸に取り入れることを推奨し、その植物を品種改良することの優位さに気づかせてくれました。

育種に時間はかかるけど自生植物の品種改良はいい育種方法だと参考になりました。

 

 

 

2人目は、香川県の生産法人香花園代表の代表の真鍋さんが講演してくれました。

カーネーションの生産農家3代目の真壁さん、海外からの輸入カーネーションが入ってくる中で、工夫を凝らしお客様に喜ばれる品種・品質を守り作っていました。

香川県農業試験場で品種開発したミニティアラシリーズは、カーネーションとは思えないかわいらしい品種でしたよ。

そのミニティアラシリーズの品種改良を真壁さんもして、色幅を増やしてさらに魅力アップさせて、香川県外の生産者にも生産許可しているそうです。

また、ミナミシリーズは香花園のオリジナル品種であり、花持ち抜群な品種なんだそうです。

しかし茎が柔らかくお店で嫌われるだろうと思って販売していなかったそうです。

お客様の要望を聞き、茎が柔らかいことより日持ちがいい方が魅力的であると知り、商品化に踏み切ったそうです。

ちょっとくらい欠点があっても、それ以上に魅力があれば、お客さんとしてはうれしいですよね。

完璧な人はいないのと一緒で、完璧なものはないですよね。

どこにスポットライトを当てるのか、とても重要なことでした。

そして、人の話を素直に聞いて行動する真鍋さんは素晴らしいと思いました。

 

また、真鍋さんが仰っていた「農業は地域の人の助けがないと一人では何もできない」という言葉が印象に残っています。

本当にその通りですね。地域の人と連携を取り農地の保全もしないといけないのですよね。

 

 

 

3人目は、農大の教授小池先生の講演でした。

「生産現場の活性化に向けた担い手育成の取り組み」と題して講演してくれました。

東京農業大学では、初代学長 横井時敬の言葉「人物を畑に還す」この言葉の通り、座学だけではなく、実習や実験も重視した教育をしていました。

講義で学んだ基礎知識を体験型事業を通し検証するスタイルなのでした。

知っていることとできることは違いますよね。

知っていなければ、何も始まりませんが、知っていても行動しなければ、知らないのと同じですね。

知識を学びそれを実践し身に着けること大事だと、実生活から思います。

体験が大事でそういうことをやっている東京農大ってすごい大学だと改めて思いました。

 

また、小林花卉では杉井さんが来てくれて、いい人生を作る方法を教えてくれています。

社員さんは自分の人生をいいものにするためにも、今という時間をいいものにするため周りの人と協力をして仕事に取り組んでくれています。

いい人たちが支えてくれて小林花卉ができているのだと改めて思いました。

そんな社員さんたちがいる小林花卉に学生さんたちも実習などに来てもらい、体験してもらう機会を作っていきたいと思いました。

 

 

 

今回設営側を少し見させていただきましたが、花卉懇談会役員さんたちが、準備に時間をかけていることが改めてわかりました。

業界のため活動をしてくれている役員さんたちには頭が下がりっぱなしです。

 

気づきや学びの多いセミナーとなりました。

ありがとうございました。

 

 

お中元

 今日も過ごしやすい気温で、小雨が時々降ったりやんだりした天気でした。

 今年も大学を出てから2年間研修させていただいた社長へ、お中元を届けに行きました。

研修生仲間6人と、社長そしてお世話になった先輩と夕食をご一緒させて頂きました。

 

 研修先の社長に時間を割いていただき、食事をごちそうしていただくのですが、

実家に帰り花生産をしている私たち研修生に今でも本音で話しをしてくれることありがたいことです。

何せ私たちは実家に帰れば、やりたいことがやりやすい環境です。

そんな私たちに苦言を呈してくれる数少ない人です。

 

 「あなたたちは2世だよね。2世は親が築いた土台の上からスタートだ。その土台を伸ばせば、よくなるのは当たり前だよ。

でも、あなたは人生をかけでどんなものを残したいの。親の仕事を引き継いでいるだけではいい後継者だねと言われるだけだよ。」

 

「2世は周りがちやほやして寄ってきてくれるよ。でもそういう時は疑うんだよ。褒めていても顔を背けてあっかんべぇしているよ。」

 

「私は創業者だ、マイナスからのスタートだったけど、その分いろんなことを経験できたので、今がある。なにがなんでも売るということができるという自信はあるよ。」

 

「いろんな部品をくつけて、こうやればいい商品になるというのがわかる、これはいつでもどこでも考えているからだよ。

あなたたちは作ることをやっているけれど、親から受け継いでいるだけでそういうことをやってきていないだろう。

お父さんたち創業者も、こういうことを考えながら一から作ってきたから、今があるんだよ。

創業者がどうしてこの選択をしたのか、考えてみるのが大事だよ。」

 

研修先は、私の原点を思い出し、初心に帰ることができる大切な場所だと、今回も改めて思いました。

毎年お中元とお歳暮の時、元気な姿を見せてくれることありがたいです。

 

今の自分があるのも貴重な時間を過ごさせていただいた研修時代、そして今でも本音で苦言を言ってくれる社長のおかげです。

今でも応援してくれて、支えていただいているのです。

研修先の社長、先輩、研修生仲間、ご縁を頂けたことありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

掃除の時間

今日はすごしやすい日になりました。

関東の梅雨はいつ明けるのでしょうかね。

 

小林花卉は、毎日午後1時から掃除をしています。

短い時間ではありますが、作業場所の掃き掃除や拭き掃除、農場内の草取りなど、

パートさん社員さん全員で当日の作業場所の掃除をしているんです。

始めてから2年になりますが、キレイな農場づくりに一役買っているのは間違いないです。

 

 

201672116200.jpg

ほうきで掃き掃除をやっている久保さんです。

 

2016721162023.jpg

林さん、除草剤も小さなうちにかけているので、簡単に終わらせることができています。

 

ゴミや汚れなども小さなときにきれいにしてしまえば、大したことはないですが、たまり始めると片づけるのに時間がかかりますね。

何事も初期動作を行っていくことが大事だと、最近つくづく思います。

掃除だけでなく植物の管理、さらには経営や人間関係まで、初めに対処しておけば問題にもならないことってありますよね。

ちょっとした変化に気が付いて、早めに手を入れて対応していくことを心がけたいですね。

 

 

 

ポインセチア

 今日も晴れて、のどの渇く日になりました。

生産している植物たちにも、一日何回も潅水しないといけなくなりました。

農場には自動灌水設備もありますが、ひと鉢ひと鉢、目で見て確認し潅水することで、

植物の動きや反応を見ることができるようになります。

私も就農当初、手潅水で管理して、その経験から植物の動きを見られるようになったと思っています。

いい商品が出来るようになれば、どうやって省力化ができるかに焦点を当てることができますね。

だから省力化が先ではなく、まずはいい商品を作ることが先になりますよね。

何とか潅水がんばってくださいね(笑)

 

 

 今日はポインセチアの苗がやってきました。

スリランカから空輸で穂が飛んでくるんですよ。

国内はヤマト運輸さんが運んでくれるのですが、最寄りの営業所止めで送ってもらいます。

ふつうドライバーさんが農場まで届けてくれるのですから取りにいかなくてもいいのですが、

少しでも早くいい環境においてあげることが大事だという事で、取りに行き挿し木をしているのです。

ちょっとした手間、こういうところを惜しまずに、いい商品を作っていきたいと思います。

そうしたことが社員さんはわかってくれて、対応してくれているのですからありがたいです。

 

 

小林花卉で生産しているポインセチアは、3寸のミニポインセチアになります。

小さいからと言って手間がかからないわけではないんです。

大きな鉢のポインセチアと同様の手間をかけるんですよ。

 ・人工培地への挿し木作業 

 ・ポットへの定植作業

 ・枝数を増やすピンチ作業

 ・光を入れるために葉を摘む作業

 ・虫の発生予防のための粒剤置き

 ・植物の栄養の肥料置き

 ・11月から出荷するための短日処理

 ・しっかりした株にするためのスペーシング

 ・形よくするための矮化剤管理

 ・日々の潅水作業

等々書きだずと多くありますね。

さらに出荷時には、品種ごとのシールを張ったり、ラメを降ったりしていきます。

 

ギュギュっと短期間で、手入れをする作業が多い商品です。

ポイントを押さえ作業のタイミングを逃さず、いい商品づくりやっていきましょう。

 

四つ葉のクローバー

 今日は海の日、暑かったです。

海で遊んだ人たちにとってはとてもいい日になりましたね。

 

突然暑くなったので、植物たちもびっくりだったのです。

ラミウムなどの暑さに弱い植物たちは、一部葉やけを起こしたものがありました。

涼しい環境づくりをして、秋には元気な姿でお店に並ぶよう管理したいと思います。

 

 

 

 今日は四葉のクローバーの紹介を再度したいと思います。

四つ葉のクローバーを世に出してから、早いもので5年が経ちます。

第一園芸さんとの共同育種として必ず四つ葉が入っているクローバーというコンセプトで世に出しました。

それから2年前、ご縁を頂き本格的にサントリーさんとの取引が始まりました。

育種品種を通して、いち生産者が大企業さんとご取引させてもらえたことは、小林花卉にとっても一つの誇りになりました。

 

 

 

そんなクローバーを見てください。

201671819826.jpg

 

2016718191057.jpg

 

2016718191153.jpg

 

2016718191317.jpg

ただいま生育途中です。

何回か剪定し株を作っていきます。

 

 

 クローバーは夏の暑さも問題ないですが、混みすぎると蒸れてしまいます。

ですので、こまめな刈り込みが必要となります。

たくさん四つ葉のクローバー狩り体験が出来ますね(笑)

 

9月下旬から出荷をするように、ご期待ください。

バーベキュー

明日もお休み、連休ですね。

パートさん達がお休みなので、その分社員さんは管理と出荷で忙しくなっていました。

月曜日も出荷は多いので、月曜日お休みの時は大変なんです。

 

そんなことで、連休も頑張ってくれている社員さん達ですから、少しでも連休も出勤してよかったと思ってもらえればと思い、急きょバーベキューをします。

 

焼肉屋さんからお肉を調達して、飲み物野菜の買い出しは荒蒔君と久保さんです。

さて、どんなバーベキューになるでしょうか。

でも急にやろうと言って、一緒に楽しんでくれるのですから、ありがたいことです。

みんなで楽しみ、いい思い出を作りたいと思います。

 

それでは、これでおしまいにさせてくださいね。

 

 

太陽

連休の初日、いかがお過ごしですか?

曇り空の天気で過ごしやすかったですね。

でも、猛暑も困りますが、日照不足というのも植物にとっては、問題が起こってきますね。

 

 皆さん植物を家の中に入れておいて軟らかくなってしまった経験はないでしょうか。

小林花卉で栽培している植物たちは、基本的に日なたを好む商品が多いです。

その為日が差さないと植物は光合成が出来なくなり、柔らかく伸びやすくなってしまいます。

そして柔らかく弱くなった植物は、病気にもかかりやすくなってしまうんです。

 太陽の光は、殺菌作用があり、光合成も活発になり植物体が強くなるのですから、

お天道様には出てほしいです。

 

しかし、そうはいってもお天気はコントロールできませんよね。

日が出ていないだからしょうがないではなく、出ないなりにコントロールできる自分の管理方法を変えて良品生産をしたいと思います。

 

 

 

ウィンターコスモスの現状

 今日は雨が降ったりやんだりと天気が変わりやすい日になりました。

温室内と言っても晴れの日と雨の日では管理が違うんです。

施設園芸と言ってもやはり農業、お天道様商売なんですね。

天気に合わせて社員さんたちは管理をしてくれました。

 社員さんは1年1年着実に成長しています。

品質の良い商品を生み出す確率が高まっています。

 

そして8月下旬から出荷となるウィンターコスモスも、いい状態で成長しています。

新入社員の久保さんが初担当となった植物です。

201671519836.jpg

 

このウィンターコスモスは、草丈の調整、株づくりに非常に気を遣うんです。

天気を見て水をやるのかどうか、また液肥の種類を選択し濃度を考え、

さらにホルモン剤の量、タイミングにも気を使っています。

 

2016715191858.jpg

ただ今このような姿です。

ここからどんな形になるか楽しみですね。

 

久保さん、俊が見守ってくれていますから、思う存分腕を振るってくださいね。

社員研修

昨日はもブログでも触れましたが、研修に行ってきました。

いつもお世話になっている杉井さんの社員研修です。

場所は、同じ埼玉県の羽生市にあるハイフラワーさんです。

 

 ハイフラワーさんは社員さんも20人くらいいる、小林花卉とは比較にならないほどの大農場なんです。

組織づくりや生産技術、営業や業界情報、個人的な家族旅行の手配まで、深くお世話になっているんです。

 今回社員さん全員で農場を見にいったことが無かったので、一緒に行くことが出来たのはよかったです。

 

 またハイフラワーさんには、静岡経営塾で一緒に学ばせて頂いているまるたか農園の鈴木社長も来ていました。

まるたか農園さんはミニトマトの生産者ですが、トマトに絵をかく技術で特許を取得したんです。

そのミニトマトをハイフラワーさんでも生産できるかどうか視察に来たんです。

ハイフラワーさんとまるたか農園さんが協力し合い、連携していくことで新たな時代の扉が開く貴重な瞬間を見たようでした。

 

 

 でも今回の研修の目的はここではないんです。

片道1時間、宿泊してまで受けようと社員さん全員で意気込んできた研修です。

その研修とは・・・・!?

 

 

なんと飲み会!!

 

 

ハイフラワー社員さんたちと一緒に暑気払いです。

一緒に仕事をしている仲間と楽しく飲んで食べて親睦を深めていきました。

 

働くにしても飲むにしても、一緒にいる時間、楽しく過ごしていたいですよね。

楽しい時間を過ごすためには、相手を尊重し笑いあい、一緒に楽しもうと思う事が大事ですね。

飲み会を通じて、対人関係コミュニケーション能力を高める方法を学ぶ研修なのですよ。

これっていい訳ですか?

 

 

 

ではそろそろ画像を見てください。

画像が悪く良くわからないところがあると思いますが、雰囲気だけでも見てください。

2016714201434.jpg

 

2016714201651.jpg

 

2016714201615.jpg

 

201671420463.jpg

 

2016714203758.jpg

 

2016714204130.jpg

 

2016714203847.jpg

楽しく暑気払いが出来ました。

 

 

 

 

でも、これで終わりではなかったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2次会がありました。

だいぶお酒回っています。

201671420412.jpg

 

201671420488.jpg

 

2016714204838.jpg

楽しかったイメージだけ残っています(笑)

 

 

 

 

 

 

そして、3次会、カラオケになだれ込みましたよ。

201671420403.jpg

 

2016714204243.jpg

 

2016714205111.jpg

 

2016714205142.jpg

 

 

 暑気払い楽しかったですよ。

社員さんたちと、こうやって一緒に飲んで笑って行けることありがたいです。

いい会社はいい仲間づくりですね。

また一つ思い出になりました。

 

 

 

 

 

 そんな楽しかった時間を過ごした昨日でしたが、今日は通常営業です。

寝不足でしたが、社員さんたちはいつも以上にハツラツと仕事に取り組んでくれました。

本当にありがとう、一緒にいい人生を作っていこうね。

 

 

 また、ハイフラワーの皆様、まるたか農園の鈴木社長、そして杉井さん、西村さん

お世話になりました。

山田君、あと少しだけどいい思い出作っていこう。

 

 皆様、これからも小林花卉社員さんを温かく見守ってください。

ありがとうございました。

 

 

 

研修とウィンターコスモス

今日はこれから社員さんたちと研修に向かいます。

農場の管理があるため日中からなかなか全員で出かけることができないですが、

今回は木村さんに温室管理は任せて、出かけさせてもらいました。

木村さんは毎週水曜日休みなんですが、無理をしてきてくれたんです。

協力してくれてありがたいです。

 

 全員で出かけられない理由として、小林花卉ならではの理由があるんです。

小林花卉では、カランコエを栽培しています。そのカランコエ、短日植物と言って日の長さが短くなる秋に咲いてくる植物なのです。

その為、日の長さを短くするため遮光カーテンをして強制的にして、日の長さを短くしてしまい花芽をつけさせるのです。

この栽培方法をシェード栽培と言っており、温室に遮光カーテンをしてを夕方5時から朝8時まで真っ暗にしてしまいます。

毎日この作業を誰かが見回り行わなければいけないんです。

その為夕方は5時過ぎないと動けないんですね。

 

そのシェード栽培を今回紹介するウィンターコスモスでやっているのです。

毎日遮光カーテンを開け閉めして8月下旬から出荷を始めるウィンターコスモスは、咲いてきます。

毎日、おはよう・おやすみと、母親のように顔を覗き込みながらカーテン開け閉めしているウィンターコスモスの温室は、

ただ今、新人久保さんが担当してくれています。

今年はかなり気を使うと思いますが、社員さんやパートさんに生産方法を聞きながら、久保さんには商品を仕立てていってほしいと思います。

 

8月下旬から出荷しますので、楽しみにしていてください。

 

201671314712.jpg

去年の画像です。

ページ上部へ