ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

コンボルブルス ブルーコンパクター、ラベンダーセンティビア、リシマキア ボジョレー

今日も出荷が多かったです。

何せ、秋から冬にかけて仕込んだ植物たちが、この時期次々に咲いてくるのですから忙しくなるわけです。

いや、夏から仕込んでいる植物たちも多いんです。

 

 

コンボルブルスは夏に仕込んでしまうんです。

そのコンボルブルスの花がいよいよ咲いてきましたよ。

2016427193916.jpg

毎年連休明けから出荷を予定しているのですが、もう咲いてくるのですから今年は早いですね。

 

 

 

花は一日しか咲いていませんが、毎日咲いてくるので見ごたえありますよ。

暖かくなると一気に枝を伸ばしてきます。

2016427193840.jpg

これからさらに枝を伸ばして株いっぱいに青い花を咲かせます。

来週から出荷となるでしょうね。

 

 

他にも順調に生育している植物があります。

2016427194956.jpg

ラベンダー センティビアです。

 

 

花芽が順調に上がってきました。

201642720427.jpg

やはり開花が例年より早く、5月10日ころには咲いてしまいそうです。

 

 

 

そしてもう一品種紹介です。

201642720721.jpg

リシマキア ボジョレーです。

 

201642720819.jpg

葉色もややシルバーがかっており、ワインレッドの花穂がすっと上がってくるとてもきれいな品種です。

草丈20㎝位になり寄せ植えの芯にもなります。

 

コンボルブルス、ラベンダー、リシマキア ボジョレー

どれも宿根草です。

 

担当してくれているのは俊です。

もう少しで出荷となりますので、いい状態でお店まで届けられるように最後まで丁寧に管理したいと思います。

ヘリクリサム シルバースノー

今日も出荷が多い日でした。

山田君が生産管理しているパイプ温室で、多くの商品が出荷となった、山田祭りでした。

ありがたいことに、社員さんは早出をしてくれて山田祭りを盛り上げてくれました。

 

 

お蔭で無事出荷をすることが出来ました。

ありがとうございました。

 

 

その中でまたまた花が咲いてきた植物があります。

今回の植物はびっくりしますよ。

 

耐寒性多年草です。

4月下旬になると黄色い花を持ち始めます。

カラーリーフとして楽しんでもらえるようにと作っているのですが、

面白いです。

 

 

 

では見てください。

 

 

 

 

 

ジャン!!

2016423192351.jpg

どうですか?

面白いですね。

この株は一年間持越しの株ですので、枝数も多く花付き抜群です。

 

 

そしてこちらが、秋に挿した株です。

2016423192429.jpg

 

 

 

 

実はこのヘリクリサム シルバースノーは、日本で数件の生産者しか生産していない

貴重な植物なんです。

種苗メーカーさんが小林花卉に合う商品と思ってお話を持ってきてくれたんです。

 

 

そんな貴重な植物たちですが・・・。

 

たくさん作っていますよ。

201642319257.jpg

暑くなると生育が鈍りますが、暑くても寒くても丈夫な植物なんです。

一年を通して銀色の葉を保つ、シルバースノーは庭に植えても映えますよ。

ぜひお試しください。

バーバスカム サザンチャーム、クナウティア マーズミゼット

今日も出荷がたくさんありました。

そしてまた、新たに咲いてくる花があります。

2016425195244.jpg

バーバスカム サザンチャームです。

アプリコットやベージュピンク、クリーム色などのアンティークな色が咲いてくる品種です。

ナチュラルなイメージでどんな花にも合わせることができると思います。

バラの庭には合うと思います。

 

そしてこちらはクナウティア マーズミゼットです。

2016425195635.jpg

スカビオサのような赤い花を何本も咲かせるんです。

40センチメーター位の大きさに花穂が上がって咲いてきます。

 

 

バーバスカムもクナウティアどちらの花も宿根草です。

お店で売られている宿根草というと、花が見えていない商品も多いですが、

小林花卉では花付き株で販売しています。

自分自身が、咲いた花を見て買いたいと思っているからなんです。

 

その為、見ての通り大きな株になって花が咲くんですよ。

花を咲かせるまで持っていることは、管理する手間もかかり、

配送費もかかって高くなってしまうんですが、この方がお客様には喜んで

もらえると思っています。

 

また咲いてきた時紹介していきたいと思います。

お楽しみに!!

 

 

 

寄せ植えセット

今日は日曜日、朝雨が降っていましたが日中は晴れ、園芸日和になりましたね。

 

深谷市ではふるさと納税の募集をしています。

お礼の品もあって、深谷市の名産品を選ぶことができるんですよ。

 

 実は小林花卉もふるさと納税のお礼の品にエントリーしています。

お礼の品でお花の寄せ植えや鉢花を送らせていただいています。

 

 4月のお礼の品では、プランターと苗、用土の寄せ植えセットを

お礼の品として送らせていただきました。

 

2016424203630.jpg

これらを寄せ植えしてもらえるように送らせていただきましたよ。

 

 

 

では、どうやってこれらを寄せ植えするか簡単に説明します。

まず、ポットから苗を抜いてください。

201642420510.jpg

 

 

 

2016424204442.jpg

ポットを抜いてみるとよくわかりますが、ポットの土の量が違うので、高さが違っていますね。

 

2016424204617.jpg

このように株もとの高さを揃えて植えることが大事なんです。

実際に植えるときには土を底に入れて調整します。

 

土をプランターの底に入れます。

完成した時、水やりをする時に水がたまるスペース(ウォータースペース)を作ります。

2016424205414.jpg

鉢の縁から1㎝位下の所に土の高さを合わせるため、下に約2㎝位土を入れます。

 

2016424205653.jpg

一番土の量が多いヘリクリサム シルバースノー の高さがに合わせて土を置きます。
  

そして次に株元の土の高さを一緒にするため、約1.5㎝位土を足して、他の植物もおいていきます。

2016424205742.jpg

株元の土が同じ高さになっていますね。

 

 

2016424205921.jpg

 

2016424205953.jpg

高さを揃えながら植えますよ。

 

201642421030.jpg

すべて置き終わりました。

 

次に、株と株の間の隙間に土を入れていきます。

201642421340.jpg

 

 

201642421211.jpg

 

201642421237.jpg  

根土にはスペースが空いていますので、竹串等で隙間の土を丁寧に土中のスペースに入れてください。

 

 

20164242153.jpg

完成です。

 


 寄せ植えしたら、下から水が滴り落ちるまで水をたっぷりとあげてください。
   

 

 

この植物はすべて小林花卉で生産したものを使っています。

社員さんたちが成長して担当の植物をキチンと管理をしてくれているので、

いろいろな商品を生産できるようになりました。

こういったことができるのも、パートさん社員さんのおかげです。

 

多くの人の手を借りて農場は運営されているのですね。

皆様ありがとうございます。

園芸シーズン突入で、忙しいですがよろしくお願い致します。

オダマキ出荷

今日も仕事日和でした。

どんどん仕込んでいた花たちが咲いてきています。

 

 

 

露地のベンチではオダマキがまた咲いてきました。

2016423192026.jpg

今度の色は、一重の黄色で背丈の大きくなるガーデン用のオダマキです。

草丈50㎝くらいになります。

 

 

 

そしてこちらももうすぐ開花する背の高くなるオダマキです。

201642319203.jpg

 

こんな花です。

2016423192048.jpg

なんだかわかりますか?

 

正解はブラックバローです。

八重の品種でガッチリした茎をしています。

 

 

来週末から出荷となりそうです。

 

 

 

ピンクランタンが満開になっています。

2016423192127.jpg

 

もう出荷は終了してしまいましたが、やっぱりきれいですね。

残念ながらほしい方は来年までお待ちください。

 

 

 

 

明日も出荷が多いと思いますが、社員さんと一緒に頑張りますよ。

 

 

 

アリッサムストリームいい品種です。

今日も出荷や管理が盛りだくさんで、パートさん社員さんたちが協力して作業を進めてくれました。。

アリッサム ストリームもいい感じに仕上がっています。

 

アリッサムというと冬の商品というイメージが強いですが、

暑くなってくるこれからの時期でもこの強健なアリッサムは、力を入れて販売してもいい商品だと思います。

 

 

2016422202017.jpg

ホワイトストリームのじゅうたんですね。

 

 

201642220286.jpg

ホワイトストリーム、パープルストリーム

      ラズベリーストリーム

今春は3色生産しています。

 

 

露地に元気に育っています。

2016422203239.jpg

ホワイトストリーム

 

 

2016422203611.jpg

パープルストリーム

 

 

2016422203649.jpg

ラズベリーストリーム

実生系にないモリモリに育つ生育力は魅力です。

 

 

 

 

庭のオダマキ

今日は予報通り夕方から雨が降り出しました。

ウィンターコスモスを畑に定植しておきたかったのですが、そこまで間に合わず降り出してしまいました。

今晩だけで止む予定なので明日植えたいです。

 

 

庭のオダマキがまたまた違う種類が咲いてきました。

2016421204815.jpg

白とピンクの2種類が咲いています。

 

2016421204257.jpg

このピンクのオダマキは、八重品種のピンクバローでしょうかね。

 

2016421204214.jpg

こちらのオダマキは何でしょうか。

可愛い花ですね。

 

2016421205313.jpg

黄色品種です。

 

 

201642120544.jpg

ウィンキーブルー系です。

2回目の春です。

大株になりました。

 

大きくなっていくオダマキたち

可愛い品種が多く、生産するよう見直していきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

ラベンダーセンティビア

今日も天気は良かったですね。

風が気持ちが良かったです。

 ラベンダーセンティビアのつぼみも順調に出てきました。

2016420201519.jpg

 

201642020160.jpg

 

このラベンダーセンティビアは、四季咲き性のイングリッシュラベンダーなんです。

春だけでなく秋も開花する優れものです。

 シンジェンタ社が品種を持っており、人気の商品です。

 

 

 

一気に成長してきたラベンダーセンティビア

2016420201639.jpg

 

最後の最後で大きくしないようにと、管理担当の俊が気を付けてくれています。

いい状態で出せると思います。

 

 

これからどれくらいで開花するでしょうね。

予定としては5月中旬から出荷です。

 

 

佐藤さん同行

 今日は佐藤さんが、農場に来てくれる日でした。

4月の下旬、農場は忙しいさなかでしたが、社員さんは私をフリーにしてくれているので、

佐藤さんと一日一緒に同行することが出来ました。

おかげで、いろいろと将来への種まきが出来ました。

今日という時間を、数年後花咲かせることが大事な私の仕事です。

今日という時間がどんな花になるか楽しみにしていてください。

佐藤さん、今日もありがとうございました。

 

オステオ

オステオスペルマムの現状です。

やや肥料が切れてきたため、葉色が悪く花付きも若干悪くなってきたようですが、

まだまだきれいに咲いてきます。

2016418202137.jpg

 

そのオステオスペルマムに、今日は肥料を10グラムくらいあげてしまいました。

肥料はやや多いかなと思いましたが、連続開花するってことは、

それだけエネルギーを使うんです。

しっかり栄養を取ってきれいな花を咲かせ続けてもらいたいと思います。

 毎回オステオの経過を報告しながら言っていますが、2月上旬から花殻摘みや剪定をせずに、

形をキープして咲かせ続けているのですから、いい品種です。

 

いつまで咲いているか報告していきますので、これからもご覧ください。

ページ上部へ