ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

カリブラコアとアリッサム!?

 今日もいい天気でしたね。

実は、来年に向けて試験栽培していたものがあるんです。

数量自体は最小限にしていますが、これが来年以降、何十倍の生産数量になることを夢見て生産しましたよ。

 

その商品は、こちらなんです。

2016524201335.jpg

カリブラコアとアリッサム!?

 

園芸に携わっている人、ガーデニングを長年やっている人にとってありえない組み合わせではないでしょうか。

何せ、カリブラコアは初夏の商品のイメージですよね。

合わせているアリッサムは、秋から春に出荷されているイメージがありますね。

 

 その交わることのない2品種が組み合わさっているのですから、園芸界の常識から言ったらありえないですよね。

でも私だって、生産に携わって15年以上ですよ。

自分の生産している植物の性質は理解し、生産しているつもりです。

 

 それでもこの組み合わせをしたのには、このアリッサムの力がすごいからなんです。

このアリッサムは、暑さ寒さに対して抜群に強くなっているんです。

そのため、初夏商品としても十分に通用する商品になったんです。

 

一鉢で2色、カリブラコアの間からチラチラ見えるアリッサムが素敵だと思いませんか。

2016524203145.jpg

 

 

2016524203225.jpg

 

 

レア商品ですから、見かけた方是非お試しください。

 

 

夏花壇プロジェクト

 今日は、日本一を争う暑さの熊谷で《夏を乗り切れる、花壇材料は何だ!!》という事を、

試験する夏花壇プロジェクトのために、熊谷スポーツ公園に来ました。

埼玉県でこういった花の消費拡大活動をしてくれるのはとてもありがたいことです。

 

 

今日は現地確認と打ち合わせです。

 夏花壇プロジェクトは、夏に開催される東京オリンピックやラグビーワールドカップを契機に、夏花壇を鮮やかにしようという試みなんです。

埼玉県内の生産者が生産しているものを、スポーツ公園内の花壇で植えこみ経過を観察していきます。

 

 

ではどんなところに植えるのか、見てみましょう。

2016523182650.jpg

日当たりの良い場所

 

 

2016523184538.jpg

午後から木陰になるところ

201652318466.jpg

 

 

 

このパンジーが植えてある場所を衣替えし、生産者各々が自信を持って提案する夏商品を植えてみるんです。

 

 小林花卉からは、「ランタナもこりん」や、「ランタナらんらん」、「四葉のクローバー」などを植えたいなぁと思っています。

また、寄せ植えプランツの中からも、花壇材料にしても良いものがたくさんありますので、ピックアップして植えこんでみたいと思います。

6月8日から順次植込みが始まります。

 

暑い時期、どんな植物ならきれいに維持できるのか、私も楽しみなプロジェクトです。

これからの熊谷スポーツ公園にご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンステモン アラベスク

今日もいい天気でした。

日曜日ですが、まだまだ出荷が多くみんな頑張って出荷をしてくれました。

そして遅くまで出荷調整のための手直しもしてくれていたんです。

今年は出荷が多く、社員さんがいてくれて本当に助かっています。

 

 

 

では、今日は今が旬の商品、ペンステモンを紹介します。

このペンステモンは低温に当てなくても咲いてくれる四季咲き性のある品種なんですよ。

3.5寸ロングポットで大株に仕立てて作っています。

今年もいい状態に仕上がりました。

 

201652218399.jpg

 

 

2016522183943.jpg

どうですか?

いい株に仕上がっていますよね。

 

これから本格出荷します。

四季咲き性のあるコンパクトなペンステモン アラベスクぜひ植えてみてください。

ふれあいの会

昨日はご近所の方や、パートさん社員さんとその家族、親せきなどなどご縁のある方たちに

日頃からのお礼を兼ねて、宮ふれあいの会という名の、お祭り騒ぎのイベントをしました。

会長が中心になって(というか一人で)、段取りを組んで人を呼んで、多くの人が来てくれました。

なんだかわからないイベントですが、会長の人望で多くの人が来てくれるのですから

すごいなぁと改めて思いました。

 

では見てみましょうか。

 

オープニングは

201652120137.jpg

 

 

2016521195458.jpg

 

 

 

 

続いて

2016521195619.jpg

櫛引ソーラン会の皆さんです。

 

 

 

 

2016521195653.jpg

地球防衛軍もやってきてくれたんです。

会長がアジトに潜入し、ご縁を頂いたようです。

アジトの場所は秘密ですが、深谷にあると思われます。

 

 

 

 

そして

2016521195817.jpg

東京から来てくれた荒馬座の皆さんです。

201652120056.jpg

201652120457.jpg

201652120545.jpg

201652120457.jpg

激しい動きにシャッタースピードが追いつきません。

 

 

 

 

2016521201417.jpg

 

201652120637.jpg

こうやって見ると、本当に多くの方に来てもらえていますね。

小林花卉はこの地区で、多くの人に支えられそして見守られて、活動させてもらっているのです。

 

これからも多くの人に応援してもらえる農場を目指して、パートさん社員さん達と《いい会社》を作っていきたいと思います。

足を運んでくれました、皆様ありがとうございました。

ジキタリス ダルメシアン 

今日はジキタリス ダルメシアンの紹介です。

このジキタリスは数年前から生産しているのですが、ややコンパクトなはずですが、

今年のはこんなに大きく育ちました。

2016520171821.jpg

いいのか悪いのか?

 

 

大株仕立てのはずの4寸の、宿根バーベナ ペティーナミックス植えがこんなに小さいのですよ。

2016520171940.jpg

しっかりと丈夫な株に育ち、品質的にはとても良くできたのですが、輸送費がかかりすぎるのです・・・。

 

そんなこと言っていてはしょうがないですね。

お客様が喜んでくれる商品を作って何ぼですからね。

 

自信を持って出荷していきますよ。

 

山田君の管理してくれたジキタリス ダルメシアン、いい状態です。

 

残りわずか、どうですか!!

斑入りポーチュラカ '華ミステリア'

いよいよ斑入りのポーチュラカ 華ミステリアが出荷となりました。

この品種は、鹿児島の田中農園さんが品種改良した品種なんです。

縁あって去年から作らせてもらえるようになったんです。

今年は2年目、さらによく仕立てていきたいと思います。

 

出は写真を見てください。

斑がとてもきれいな品種なんです。

 

2016519213351.jpg

白い斑の入った華ミステリア

 

 

 

2016519213319.jpg

それがちょっとしたことで、こんなピンク色になっていくんです。

 

どちらの華ミステリアが好きですか?

 

 

これから7月いっぱい出荷をしていきたいと思います。

田中農園さんの華ミステリア、これからの季節にすっごくいいですよ。

 

 

 

伝える事

今日は佐藤さんが来てくれました。

一日かけて育種のことを教えてくれました。

そして、毎回新しい発見をさせてもらっています。

知っている人から見れば何ともないことなのでしょうが、知らない人にとってはとても貴重な話なんですね。

 

そう思うと、花農家として当たり前と思っている管理方法や作業風景も、お伝えすること大事だと思いました。

改めて、このブログを大事にしていこうと思います。

 

 

すみません、今日はここで終わりにします。

オステオスペルマムの現状

沖縄は梅雨入りしましたね。

今日はこちらでもシトシトと雨が降りましたが、夕方には雨もあがりよかったです。

 

 

今日は2月下旬から植えこんであるオステオスペルマムがどうなったか見てみましょう。

 

3月3日の様子はこちらから

3月27日の様子はこちらから

4月18日の様子はこちらから

 

 

 

 

では、オステオスペルマムの現状です。

201651674325.jpg

ちょっと花付きが悪くなりましたが、株は乱れずいい品種ですね。

 

 

花殻も付きっぱなしで、肥料だけあげているだけでここまで大きくなりました。

2016517193018.jpg

 

 

いつまで鑑賞期間があるか継続して見ていきたいと思います。

 

 

 

四つ葉のクローバー

今日は雨が降りそうで降らなかったため、仕事がはかどりました。

 

 小林花卉では四つ葉のクローバーをサントリーフラワーズさんと開発しています。

とはいっても、実はもともと第一園芸さんとの共同育種だったのですが、第一園芸さんの事業撤退を機に、

サントリーフラワーズさんが事業を引き継ぎ、小林花卉との共同育種という形になったのです。

 

そんなクローバーですが、場所によって生育状況がかなり変わるのです。

 

201651745439.jpg

こちらは花壇に植えたクローバーです。

暖かくなり伸びすぎたので、剪定をして芽が吹いてきたところです。

柔らかそうな葉をしています。

 

 

201651744733.jpg

そしてこちらが通路に伸びたクローバーです。

葉は小さく密集しています。

こちらは剪定していません。

 

 

 

201651745758.jpg

左が花壇、右が通路です。

葉の色も違いますね。

 

 

環境が変わると同じ植物でも全く違う品種に見えます。

 

生産者の栽培方法によって、植物の姿が大きく変わるのも納得です。

品種力もさることながら、栽培技術も大事だと改めて思いました。

 

栽培技術と品種開発、両輪でお客様に喜んでもらえる商品を作っていきたいと思います。

 

ゲラニューム

今日も天気に恵まれて、オープンガーデンは多くの方に来場していただくことが出来ました。

 

今日はゲラニュームの特集です。

ゲラニュームの中でもこれから紹介する品種は、暑くて寒いここ深谷市で宿根することが判りました。

暑い地域で乗り越えられるというのが、一番の発見ではないでしょうか。

名前はよくわからないので画像のみとなりますが、ご了承ください。

 

では早速見てみましょう。
 

2016515203237.jpg

青色、草丈40㎝位になります。

 

 

 

201651520390.jpg

ローズ色 草丈30㎝位です。 

 

 

2016515212527.jpg

ローズ色 こちらは草丈の低い品種です。

 

 

2016515204041.jpg

薄いピンク色  花弁の重なりが少ない品種です。

 

2016515204159.jpg

こちらもうすピンク色をしていますが、花弁の重なりがいいですね。

 

 

2016515204430.jpg

純白の白色品種 草丈30㎝位になります。

2016515204629.jpg

小輪の品種、真冬は地上部の葉はなくなりますが、地表面に残った葉が赤くなります。

草丈30㎝位になりました。

2016515205341.jpg

 

 

2016515205456.jpg

この品種は背が高くなりますね。

60㎝位になっていました。

 

2016515205420.jpg

こちらは知っています。

ゲラニューム シルバーカーペットです。

 

 

 

 

いい天気、花も良く咲いていいオープンガーデンとなりました。

201651521277.jpg

 

2016515205632.jpg

 

 

 

 

生産しているジキタリスも咲いてきました。

大慌てで出荷をしていきたいと思います。

 

ページ上部へ