ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

露地の宿根草たち と フレンチラベンダー'マグナム'

今日もいい天気でしたね。

こんな日が続けばお花を植えたくなってきますね。

 

さて昨日に引き続き、露地育成中の苗の様子を紹介します。

201622717100.jpg

宿根リナリア ネオンライツ 

小輪の花を春から長期間咲かせるかわいらしい品種です。

 

 

2016227171036.jpg

バーバスカム サザンチャーム

地表に張っている株ですが、花穂は60㎝位の高さになるんですよ。

アプリコット系のバラエティに富んだ色幅があります。

 

 

2016227171759.jpg

2016227172033.jpg

クナウティア マースミゼット

ワインローズ色のスカビオサのような花を咲かせるかわいい品種です。

40㎝位の高さになります。

 

これらは露地で育成しています。

 

 

 

そして温室内も見てみましょう。

 

2016227172144.jpg

2016227172511.jpg

2016227172437.jpg

おなじみの シレネ ユニフローラ

蕾がここまで来ましたよ。

出荷直前です。

 

 

 

201622717263.jpg

おススメの ゲラニューム、まだ咲かないですね

そろそろ咲いてほしいですね。

 

2016227172746.jpg

そして試験品種 《フレンチラベンダー マグナム》 

今年はテスト生産、来年から出荷始まります。

普通のフレンチラベンダーと思っているでしょう?

これからがマグナムの本領発揮となりますよ。

また紹介しますので、見てください。

 

この品種は山田君が管理してくれています。

他にも品種があり、品種ごとに潅水や肥料の調整をやってくれているんです。

管理場所は広いですが、植物は細かく見ていき、いい品質の商品に仕上げているんです。

 社員さん一人一人が植物を見る目を養ってくれているので、いろいろな商品を作っていくことが

できるんです。

社員さんの力を借りて小林花卉は運営されているんです。

 

これからも社員さんが活躍できる農場を作っていきたいと思います。

 

 

梅の花

近所の家の梅の花がだいぶ進みました。

見てください。

2016226184724.jpg

 

 

2016226184814.jpg

勝手に決めた標準木、3分咲きですね。

 

2016226184852.jpg

一番早生の木は、7分咲きです。

 

この梅たちが咲いてきた時には、露地の宿根草たちはどうなっているでしょうか。

 

ローダンセマム アフリカンアイズ

201622618545.jpg

頂点の花芽が少しずつ大きくなってきています。

 

 

こちら、地上部は枯れてしまいましたが、冬至芽が下から出てきています。

シンジェンタ社から販売されている宿根サルビア ボルドーです。

2016226185656.jpg

この品種は春だけ咲くわけでなく、春と秋咲いてきます。

 

2016226185618.jpg

 

枯れ枝を掃除すると、花芽の見えた株が出てきました。

2016226185822.jpg

もう一度ピンチし直して出荷になります。

 

 

 

お次はドロニカム レオナルドコンパクト

201622619153.jpg

こちらもシンジェンタ社の種苗になります。

 

201622619329.jpg

花芽が見えてきましたね。

 

 

イングリッシュラベンダー ブルーセントアーリー

2016226192921.jpg

やや大きくなってきたようです。

 

イングリッシュラベンダー センティビア

201622619318.jpg

この品種は小さいですね。

 

 

リシマキア ボジョレー

2016226193039.jpg

この植物はまだジーっとしていますね。

 

 

スカビオサ 黒です。

2016226193516.jpg

潅水量の差で不揃いになってしまいました(泣)

 

 

オダマキ各種あります。

2016226193816.jpg

2016226194548.jpg

バッサリ丸坊主にされたオダマキ君ですが、いい葉っぱが出てきています。

 

 

最後に、イベリス スノーサーファーです。

2016226194631.jpg

2016226194720.jpg

いや~、やっぱりちんちくりんですよ。

初めて作りましたが、プラグ苗が入荷した時から花芽が見えていたんです。

ちょっと心配だなぁと思っていたのですが、予感的中!

これからどうするか身の振り方を考えているところです。

 もう一度花をつまんで再トライですかね。

 

もうすぐ3月、露地の植物たちは劇的に変化してくる時期です。

春を待っている植物たちの様子をまた伝えていきますね。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉県花と植木の大商談会

朝起きると雪景色でした。

201622520432.jpg

 

201622520458.jpg

 

201622520535.jpg

 

 今日は、埼玉県花と植木の大商談会がありました。

関東の市場の担当者さんだけでなく関西や東北の市場の担当者さん、買参人の方も来場していただきました。

遠方より来て頂き本当にありがとうございます。

 

 今回は俊之と一緒に展示会で立たせていただきましたが、

多くの方にブースに寄っていただきお話させていただきました。

それでも対応の時間を割かずに帰る時間になってしまった方もいらっしゃいまして

申し訳ないと思いました。

 

 埼玉グランドホテル深谷で開催したので、社員さんも時間を作り見に来ていただきました。

そこで小林花卉のブースの率直な感想を言ってもらいました。

 そこでは、ポップやラベル、ちょっとした説明が書いてあるものがあるといいとのことでした。

本人は気づかずにいましたが、こうしたちょっとした丁寧さ、サービスというものが大事なのだと、気づかされました。

 キチンと観て、意見をしていただける社員さんがいてくれることはありがたいことです。

小林花卉オリジナル品種が多くなってきました。

丁寧に情報発信して、より良い商品として販売していきたいと思います。

 

 

 

 

砧展示会

今日は砧花きの春の展示会に出展しました。

砧花きの展示会は、多くの販売店の方とお話をさせて頂けるので、とてもありがたい展示会なのです。

今回は、参考出品商品や来年発売予定の商品も、展示させていただきお話を聞かせて頂きました。

確かな手ごたえを感じることができましたので、今秋以降の商品づくりに期待していてください。

まずは、展示会を設営してくれた砧花きの社員の皆様、そして砧花きお話しさせていただいた方々、ブースをご覧いただいた方々、

本日は大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 実は明日も展示会があるんです。

明日は、埼玉県の生産者が出展する、埼玉花と植木の大商談会が、埼玉グランドホテル深谷で開催されます。

これからどんな商品が出るか気になる市場担当者の方、買参人の方、ぜひお越ください。

ご来場、お待ちしております。

 

 

セルクルさん来社

 セルクルって知っていますか。

ネットで調べてみると、箱に詰めて会社に送ると、オークションにかけてくれるそうです。

でも、このセルクルさんではないんです。

 ケーキやクッキーなど洋菓子を作るときに使用する底のない型のことを言うそうです。

このセルクルでもないんです。

 

 今回のセルクルさんは、小林花卉のホームページを制作・サポートしてくれている、

デザイングループの株式会社セルクルさんのことなのです。

 私はセルクルさんに制作していただいた、この小林花卉のホームページを気に入っています。

栽培方法や品種の特性、パートさんや社員さんの活躍を知ってもらいたいと思って、

それに特化したホームページを作りたいと思っていたんです。

 3年前に作り替えて頂き、はじめデザインが出来上がった時には、とてもきれいに仕上げてくれて

うれしかった記憶があります。

それから、わからないことは電話させていただき、使い方を教えて頂いたり、アドバイスを頂いたり、

丁寧に対応してくれていました。

 

 そして今日、そのホームページ制作会社「株式会社セルクル」の営業「馴松さん」が、来社してくれました。

わざわざ東京より電車を乗り継いで来てくれたんです。

何せ、弊社の最寄駅は、昼間は1時間に1本しか走っていない情緒あふれるローカル線、秩父線の永田駅にあるんです。(永田駅は昼間無人駅だったと思います。)

その永田駅から3キロ離れたところに農場はあるんです。

その3キロの道のりを歩いてきてくれたというのですから、びっくり有りがたいことです。

 

 そして、ホームページの使い方や、どんなお客様に対して発信したいのか、

またどんな発信がしたいのか、それでは、このようにメニューを変えてみてはどうか、

など色々提案していただきました。

いろいろとヒヤリングして頂き、提案を頂いたことで、これからより良いホームページの活用が

出来そうです。

本当に馴松さんにはお世話になりました。

 結局のところ、立派なホームページを作ってもきちんと使わなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

私がお返しできることは、今あるホームページを最大限に生かしていくことだと思っています。

これからもお気に入りのホームページを活用し、農場のことを発信していきたいと思います。

ありがとうございました。

ホームページ制作を検討している方、料金との兼ね合いもありますが、

デザイングループの株式会社セルクルさんも検討してみてください。

きれいなデザインに仕上げて頂けますよ。

 

 

 

 *そうそう、フェイスブックって、このブログも載せられるそうですね。

ユーチューブも載せられるのですって!!

知りませんでした。このブログが書き終わったら、早速眠りっぱなしのフェイスブックを、

深い眠りから目覚めさせようと思います。

皆様、フェイスブックでもお友達になってください(笑)

オステオ出荷

今日は、いい天気でした。

換気をして涼しい風を取り入れました。

いい風が入ってきましたよ。

 

オステオスペルマム今季最後のロットが咲いてきました。

この前までのロットは、そのまま飾れるように鉢で生産していましたが、これからは寄せ植えにしたり

花壇に植えたりできるようポット苗で生産しました。

 

温室内の写真です。

201622221329.jpg

 

少しだけ品種紹介させてください。

201622221445.jpg

デコラ ホワイト

飾り弁がある面白い品種です。

 

201622221623.jpg

 

201622221646.jpg

 

201622221732.jpg

イエローフラッシュと、サトルフラッシュを一緒に植えた、フラッシュミックスです。

 

きれいに咲いてきてくれました。

実は写真は、南側から撮った写真なんです。

 

 

 

そして反対側北側から撮った写真はというと・・・。

 

こちらっ

201622221137.jpg

同じフラッシュミックスなんですよ。

 

太陽がある方向に向かって咲いていくんです。

面白いですね。

 

 

 

 

そして最後に品種紹介です。

201622221859.jpg

こちらはブルーアイビューティです。

青い目をした美しい黄色ですよ。

 

株のボリュームはただいまこんな感じです。

201622221102.jpg

きれいに花を咲かせたら、いよいよ出荷です。

今年も品質良く作れそうです。

どんな出来上がりになるか、期待していてくださいね。

 

 

 

 

オダマキ と ゲラニューム

 今日はいい天気になりました。

温室内はさらに暖かく、植物によって換気を調節して、適温にすることが大事になってきました。

日も伸びて光線も強くなり、晴れると温室内は一気に温度が上がります。

ここからは、経験と腕の見せ所、若い社員さんには予想できないこともあると思いますので、

いい商品を作れるよう、後方支援をしていきたいと思います。

 

 

ゲラニユーム、早く紹介したくてウズウズしてまた紹介です。

201622119478.jpg

咲きそうで咲かないですね。

 

きれいなんですよ。

早く今年も会いたいです。

 

 

 

そしてオダマキです。

201622119758.jpg

露地にあるオダマキですが、順調に生育しています。

元気モリモリ、葉っぱが出てきました。

 

花芽が見えていないか、ワクワクしてみています。

 

本当に植物の動きが早くなってきて、成長を見る楽しみが増えました。

 

シレネ ユニフローラ

今日は午後から雨が降り、気温も急に下がりましたね。

あったかい日があると余計寒く感じます。

露地の植物たちも実はそうなんですよ。

 

 真冬の時は縮こまって寒さに耐えるのみで痛まないのですが、

ちょっとあったかくなった時、動き出してそこに寒さが当たると傷んでしまう事があるんです。

露地に出しておいたとき、幹が割れて傷んだ経験が過去何度かあります。

この時期の露地は要注意なんです。

 

 

今日の植物はシレネ ユニフローラです。

201622017274.jpg

斑入りの葉は、この時期の寄せ植えの商材にピッタリですね。

このシレネは寒さに当たっても傷みにくく、生育は全然問題ありませんでした。

 

いよいよ花芽が出てきました。

2016220173316.jpg

真ん中の枝の中心が丸くなってきているんです。

これでは見えませんね。

 

2016220173445.jpg

ピントが合っていないのですね。

 

2016220182029.jpg

これならどうですか、大きなつぼみが見えていますね。

 

ここからどれくらいで開花するでしょうか。

3月初めからどんどん出荷していきたいのですね。

 

 

 

そういえば、真っ白になってしまった枝も時々出てしまいます。

201622017361.jpg

 植物は太陽の光を葉緑素でエネルギーに変えているんですよね。

葉緑素がないと植物は死んでしまいます。

この白い枝部分は、緑の枝で作った養分を頂いて生育しているんです。

ですから、こんな白い株が出来たらこれはこれですごくいいですが、切り離したら死んでしまいます。

この白い部分の入ったシレネは、貴重なところなんです。

お店で見かけたらあたりですから、すぐに手に入れてくださいね(笑)

グリーンドリームさん視察

新年会兼視察研修2日目です。

 

今日は、栃木県鹿沼市で用土屋さんと園芸店さんの視察をしました。

でも、今日は何といってもグリーンドリームさんの記事で決まりです!!

 

グリーンドリームさんのある鹿沼市は、鹿沼土と呼ばれている軽石が取れる場所で、80軒以上の用土屋さんのが集まって用土屋さんの聖地でした。

その中でも、生産者向けの用土を生産している、グリーンドリームさんの視察をしました。
 
2016219232514.jpg
グリーンドリームの小林社長は、自分で起業をして用土販売を始めた方です。

 

 

 

とても大きな生産工場でしたよ。

 

 

 

緑の屋根が製造工場です。

2016219232724.jpg

 

2016219232938.jpg

 

201621923329.jpg

 

2016219233050.jpg

 

2016219233928.jpg

 

 

 

 

ネット販売用倉庫です。

201621923338.jpg

 

 

 

 

 

そしてこちらは堆肥置き場です。

2016219233420.jpg

ずっと向こうまですべてたい肥置き場でしたよ。

すっごい量ですね。

切り返しをしながら使用できるまでに2年間かかるそうです。

 

 

 

 

しかし、2年前の大雪の際には、製造工場を残して、残りはすべてつぶされてしまったそうです。

工場の8割近くを一晩で失ってしまったのです。

その時は、真剣に廃業しようと思い、お得意様に迷惑かけないよう、知り合いの用土屋さんにお得意様リストをもって

引継ぎのお願いをしに行こうかと考えたそうです。

しかし、知り合いの用土屋さんでは、供給能力が足りないのは明白で、「お得意様のためにもやるっきゃない」と再建を決意したそうです。

私はそれを聞いて、漢だと痺れました。

 

そしてその大雪の時には他にも大問題が発生したのです。

材料の高沸・欠品、鹿沼土の購入ができず、お得意様に供給できない危機にも遭遇したそうです。

そのため、自社での採掘を決意し、行動に移していました。

 

 

そしてこちらが、新しく建てた鹿沼土置き場です。

201621923373.jpg

実際見てみるとすごい面積ですよ。

 

 

そして、こちらの場所が、用土採掘現場です。

2016219234459.jpg

 

2016219234826.jpg

広大な敷地を採掘していますね。

そしてなんと採掘後には工場を増設するとのことです。

 

 

やると決めてからの展開のスピードが速い!!

やるか、やめるか。

やるならとことん追求する。

これから数年で製造能力を完備して、私たち生産者の要望にすぐ対応できる体制を作り上げるでしょう。

この意思決定力は見習いたいです。

 

 

 

今回、視察させていただき、社長の考え方・ビジョンは大事だと改めて思いました。

また、小林社長は社員さんに決して威張らず、謙虚に接していました。

社員さんたちの表情も柔らかく、生き生きしており、いい会社なんだなぁと感じました。

実際、社員教育もきちんとされており、工場内の社員さん・事務員さんの対応も素晴らしかったです。

社員さんの対応は、取引するうえで安心感を与えてもらえますね。

 

 会社の建物の立派さ、そして社員さんの対応は、大きな魅力になりますね。

会社の在り方として、とても勉強になりました。

今回の視察でグリーンドリームさん、個人的にすっかりファンになってしまいました。

 

私の農場は、お付き合いさせていただいている用土屋さんがいるので、

今の用土屋さんとの取引を大事にさせて頂きたいと思っていますが、

用土の購入を考えている方、グリーンドリームさんも素晴らしい会社でお勧めです。

 

小林社長、そして営業の宇賀神さん、事務員さん、工場長と従業員さん、ありがとうございました。

おススメのグリーンドリームさんのホームページはこちらです。
 
 
 
               ≪株式会社グリーンドリーム≫

 

新年会兼視察研修旅行です

今日は栃木県に来ています。

学校を卒業してから、2年間研修でお世話になった研修先の大先輩と研修生仲間の新年会兼視察研修旅行でした。

改めて振り返ってみると、研修を終えてから16年が経とうとしています。

研修生第一号と私はなりましたが、それから多くの研修生を受け入れてくれ、今回8名の研修生と一緒に新年会に来ることができました。

私と一緒に研修を受けたのは同期の1名だけですが、ほかの研修生仲間とのご縁が今あるのも、研修先の社長、そして研修先の大先輩が繋いでくれたお陰です。

こうして仲間が出来、一緒に新年会に来ることができた事に、あらためて感謝です。

 研修先、初めての社会人としての経験が、今後の人生に大きな影響を与えると聞いたことがありますが、本当にそうだと実感しています。

研修生の仲間は、家に戻ってから、それぞれが自分たちで考えて経営に携わっています。

 2代目が多い業界で親が健全なうちは、親が実権を握っているところも多いですが、

数年すると、研修生たちは、親から権限を渡してもらっているのでした。

これは研修時に教育してもらったおかげだと思っています。

 

 そして今回、栃木の有名なシクラメン生産者の、イッセイ花園さんを視察させていただきました。

シクラメンも終わり、春の商品を生産しているところでしたが、シクラメンという手間暇かけて作る商品を生産しているので、

春の花鉢も素晴らしい品質でした。

園主の一成さんは、「生産者として、これで食べているのだから、少なくとも手を抜かずにやっていくこと」とおっしゃっていました。

当たり前のことを話してくれたのですが、一流品を生産している大先輩の言葉は重かったです。

毎日植物と向き合い、変化を感じて手を入れる。シクラメンの生産に欠かせない葉組み一つ、病気や害虫の巣になる雑草のない温室環境づくり、

整理整頓、どれも手を抜かずやっているところを農場で見させていただきました。

人柄も柔らかく尊敬する生産者の一人となりました。

時間を割いていただきありがとうございました。

 

 そしてそのイッセイ花園さんも入っているMFGというグループの展示会も見させていただきました。

10数名の生産者のグループですが、各地の市場から展示会に参加されていて、すごい熱気でした。

少数精鋭のグループ、市場から注目されるのも納得の品質と生産者さんたちでした。

ありがとうございました。

 

社員さんたちには時間をいただき視察に着させていただいたのですから、これから農場でも視察を生かしていきたいと思います。

ページ上部へ