ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

マリーゴールドの丘公園

今日で8月も終わりです。

昼間の暑さもだんだんと和らいできているのでだいぶ体が楽になってきました。

一日一日と秋に向かっていっていますね。

今年は新型コロナウィルスの大きな波の中で過ごしてきた感じがしていますが、

あっという間にここまで来てしまいました。

今年も残り4か月、体制を整えて秋販売に取り組んでいきたいと思います。

 

 

さて、今日紹介するのはマリーゴールドです。

2020831192320.jpg

今年はこんなにも多くのマリーゴールドを生産しました。

しかしたくさん生産しました。

この時期に大量のマリーゴールドがなんであるのでしょうか。

 

実はこの大量のマリーゴールド、深谷市の隣町、本庄市にある上越新幹線の本庄早稲田駅前にあるマリーゴールドの丘公園に植えてもらえます。

 

マリーゴールドは暑さを越えたこれからの季節にさらに色鮮やかに咲き誇ってきます。霜に当たらなければある程度の寒さにも耐えられるので、11月上旬の初霜がるくころまでは楽しめると思います。

自分たちの農場で手間ひま入れて作ったこのマリーゴールドが植えられ、

オレンジいっぱいの公園を見た人たちが喜んでくれているときを思い浮かべると

それだけでわくわくですね。

 

株が大きくなって潅水が一日3回やる事態になってしまっていましたが、あと少しです。

最後まで頑張って管理していきましょう。

ガザニア カナリアスマイル

昨日は安倍首相が退任されましたね。

この小さな農場の中でもいろんなことが起こり、方針や判断を迫られます。

判断に悩むことや決断を迫られることがありますが、安倍さんは一国の長ですからね。

想像できないくらいいろんな重責を担っていたと思います。

長年お疲れさまでした。

政治家安倍さんがいいか悪いかはよくわかりませんが、日本を背負っての任務本当にお疲れ様でした。

 

 

 

さて、今日も晴れの天気でしたね。

日も出て暑かったです。

 

今日はガザニア カナリアスマイルの紹介です。

2020829202559.jpg

こちらカナリアスマイルは 花弁の中心部分がオレンジで、周りが白く抜けていくバイカラー咲きの品種です。

この微妙な花色が人気で、春と秋出荷用に生産しています。

当初の予定は10月出荷でしたが、もう少しで出荷可能となりますね。

期日よりかなり早くなっていますが、早めに納品できればいいなあと思っています。



 

キンギョソウ スナップタティック

本日は晴れのち曇りといった天気でしたが、じめじめとした暑さで体を動かすと

どっと汗が出てくるのがわかる感じでした。

しかし秋は近づいてきています。

 

今日はキンギョソウを見てもらいます。

2020828183723.jpg

こちら、シンジェンタ社が育成した鉢花向けのキンギョソウ

スナップタティックです。

キンギョソウは切り花用の背が高くなる高性品種も多く出ていますが、

こちらのスナップタスティックは草丈50cm位になる中性品種です。

しかし、この時期は草丈15㎝くらいで咲いてしまいます。

 

もともと、多くのキンギョソウの品種は日が長い時に花咲かせる植物だったのです。

日が短い期間に株を作り、日が長くなると花を咲かせる春の花だったのです。

その長日で花を咲かせる性質のキンギョソウを、長い年月をかけて日の長さに関係なく花を咲かせる性質を持たせたのが、今花壇用の苗として販売されている品種たちなのです。

 

このスナップタスティックも9月のお彼岸までは春のような大きな株ができずに花が咲いてきてしまうのです。

2020828183647.jpg

画像ではわかりにくいですが、枝の先端につぼみが見え始めています。

 

9月上旬に出荷予定です。

もともとが草丈15㎝くらいのコンパクトな品種もありますが、

こちらのスナップタスティックは秋深くまで咲いて、

翌春はさらに大きくなって咲いてくるのでとても見ごたえがあります。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

ケイトウ多粒播き

今日もこちらは晴れていい天気になりました。

しかし、日が落ちるのが早くなり夕方になると涼しくなってきて、コオロギの音色も聞こえて秋が近づいているのを実感しています。

 

 

 今日はケイトウ多粒播きの紹介です。

こちらは赤・オレンジ・黄色・ピンクなどいろんな色のケイトウのタネを混ぜ合わせ、

1ポットに40粒くらい蒔いてある商品なんです。

小さなとんがり帽子がたくさん並んでいるようでとってもかわいい商品です。

ケイトウのタネは普通の鉢物生産にも使われているものを使っており、1株を1ポットに植えて栽培した場合は、

20㎝くらいの高さになるのです。

それを多粒播きをすることで土の中の栄養を40本の株がわけあって使うため、

大きくならずに仲良く粒ぞろいなかわいいとんがり帽子がそろった商品となります。

2020826195043.jpg

こちらの商品は10月中旬に出荷予定です。

この暑い時期には一月半で出荷する大きさになります。

種から育てる植物を生産している生産農場にとっては普通のことですが、

挿し木をして定植して剪定をしてとポット苗の中でも手間暇かかる品目を中心に

生産をしてる小林花卉にとっては、種から育てる植物は回転の速い部類です。

 

しかしシクラメンなどは出荷まで1年間かけて生産をしています。

シャコバサボテンは2年間、低木類はそれ以上なんてことも聞きます。

それに対し、野菜苗の生産は定植して15日くらいで出荷をするとのことです。

 

いい商品はいい品質のものというだけではなく、相手の人が欲しい商品がいい商品となりますね。

お店の方、消費者の方、そして農場で働く人たちに喜んでもらえる植物は何かを見つけ、

商品化することが大事になりますね。

 

 

改めて相手の方が欲しいものが何かを確認し、そのうえでいい品質の商品を作っていきたいと思います。

チェリーセージ ピナフォア

朝晩が涼しくなってきましたが、日中はまだまだ35℃以上の暑い日が続きますね。

今年は10月まで熱いとの予報もあり、暑さが長引くのであればどんなふうに植物に影響が出るのか心配になります。

そして台風8号も沖縄近辺にいるようですね。

いよいよ台風予報に敏感になる季節になってきました。

被害が出ないことが一番です。

来てから慌てるのではなく、今から手を入れていきたいと思います。

 

さて、今日紹介するのはチェリーセージ ピナフォアです。

チェリーセージ ピナフォアは小林花卉で15年以上前から生産しているオリジナルのチェリーセージです。

当時は赤色の品種が多く出回っており、ほかの色は小輪系統の品種が少し流通している程度でありました。

そんなチェリーセージの状況でしたので、大輪でいろいろな花色をセットで販売してみたところ、

市場の方、お店の方にとても喜んでもらえたのを覚えています。

早いものであれから10年以上の年月が経っているのですね。

今では新しい品種に切り替えているものも多くなりましたが、当時から変わらず作り続けている性質のいい品種もあります。

 

このチェリーセージですが、春から秋まで温度があれば咲き続けるサルビアの仲間なんです。

冬場はじっとしていますが、春になると新芽が吹いて4月から開花する暑さにも寒さにも強いとてもいい植物なんです。

一株植えておけばお庭が華やかになります。

 

今年は例年以上に管理に力を入れ、ポット苗ながらも剪定を3回以上やってくれました。

わかりにくいですが、剪定したところから枝が吹いてきて、この枝が成長しその先に花が付きます。

2020825192515.jpg

どうですか、たくさん枝数があると思います。

9月下旬から出荷の予定でいます。

 

今年のピナフォアは楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

斑入りアリッサム ハッピーポンポン

全国的には雨の所と晴れの所とに分かれているようですが、ここ深谷市は今日も晴れていい天気となりました。

日差しは相変わらず強いと感じますが、朝晩の涼しさから盛夏は過ぎたことを感じさせてくれます。

 

今年も暑かった夏ですが、その中でも冬に出荷する植物の状況を見てください。

2020824193929.jpg

こちらは小林花卉オリジナル品種 斑入りアリッサム ハッピーポンポンです。

 

アリッサムという植物は通常 種から育てられます。

白い花を咲かせる秋から冬にかけて出荷が多くある秋冬花壇の代表的な植物の一つです。

アリッサムは寒さには強いですが、暑さには弱いんです。

 

そんなアリッサムも近年暑さに強くなった品種が出てくるようになりました。

小林花卉のハッピーポンポンもそんな暑さに強い系統の品種なのです。

しかし、挿し木で増やしていくのですが、暑さに強くなったとはいえ夏が得意というわけではないのです。

じっと耐えられるようになったという方が正しいでしょうね。

 

ただいますでにポットに植えて管理しています。

暑さが和らいだ時には爆発的に生育し、きれいな斑ときれいな紫色の花で楽しませてくれるでしょうね。

そんなハッピーポンポンは9月下旬から出荷スタートの予定です。

楽しみにしていてくださいね。

 

チョコレートコスモス チョカモカ

今日は涼しくなるとのことでしたが、昼間はいい天気になりました。

雨が降らなくて拍子抜けでしたが、小林花卉で生産している植物たちは日航の好きな植物が多いので

助かっています。

朝晩が涼しくなってきているので暑さももう少しの辛抱でしょうね。

 

さて今日はチョコレートコスモス チョカモカの紹介です。

2020822193919.jpg

このチョカモカは世界的な種苗メーカーのPWから販売されている品種になります。

もともとのチョコレートコスモスは秋に咲くだけでしたが、このチョカモカは春と秋開花する優れた品種なんです。

こちらもきちんとスペーシングが取ってあり、追肥もして万全な管理体制になっています。

時々暴れる枝が出てきますが、枝を整えきれいな形にしてくれています。

 

とってもいい品種ですから、生産者としていい状態に仕上げていきたいと思います。

 

ガザニア ビースト

今日は涼しくなるといっていましたが、昨日までと比べればやや暑さは和らぎましたが、

結局暑かったですね。

明日は雨とのことですので、これで涼しくなるのでしょうか。

 

さて今日はガザニアの紹介です。

2020822191221.jpg

こちらはガザニア ビーストシリーズです。

ビーストオレンジとビーストイエローがあります。

シルバーリーフのガザニアは園芸種にありますが、

ビーストシリーズくらいシルバーリーフがきれいな品種はなかなかありませんね。

きれいにそろってきちんと管理されているのを見ているだけでも気持ちがいいものです。

小林花卉はいろんな植物を栽培していますが、ひと品種ごとに栽培スケジュールが違い、

追肥のタイミングや肥料の量なども違います。

社員さんが出荷時の形をイメージでき、そして栽培スケジュールを把握し、そのうえで植物をよく観察し、

今すべきことがあるかどうかを判断できるようになってきてくれているからこそいろんな植物を生産できるのです。

自分だけではとても見切れないところですが、社員さんたちが成長し、植物も良くみてくれていてありがたいです。

 

お客様が笑顔になる品質のよい植物を生み出せる農場に一歩一歩なっていきたいと思います。

 

ガザニア ビーストは10月10日頃出荷予定です。

どんな商品に仕上がるか楽しみです。

フレンチラベンダーティアラシリーズ

 今日もいつものとおりの暑い一日となりました。

しかし今年は夕方には気温も下がり熱帯夜にならないためにとても過ごしやすくなっています。

明日から気温が下がってくるとのことですが、どうなるのでしょうかね。

施設園芸とはいえ自然相手の仕事となっているので心配です。

 

さて暑い最中でありますが、来春出荷の商品を早々と定植しました。

2020818194745.jpg

こちらは小林花卉オリジナル品種のフレンチラベンダー ティアラシリーズです。

 

このティアラシリーズは小輪多花性で、葉も通常のフレンチラベンダーに比べると小葉なのです。

しかも節間が短くコンパクトな性質なのです。

そのため、通常のフレンチラベンダーは晩秋に定植して春出荷可能なのですが、

このティアラシリーズは栽培開始時期を早くしていかないと株が小さくなってしまいます。

今年はさらに品質向上を目指し、充実した株に作り上げようと7月に挿し木をして8月定植をしてみました。

手間と時間がかかりますが、お花屋さんに来たお客様が喜んで買っていく姿を想像して楽しみにしています。

 

皆様、来春のフレンチラベンダーティアラシリーズ楽しみにしていてください。

 

 

 

秋出荷のオステオスペルマム

今日も暑かったですね。

私たちの農場のある深谷市の隣町の熊谷市が誇る日本最高気温41.1℃と並ぶ気温が浜松市で出ましたね。

体温越えの気温の地域が多くの地域であったと思います。

コロナウィルス感染予防もしつつ、この目の前の暑さには注意していきましょうね。

 

さて今日はオステオスペルマムの紹介です。

園芸に携わる人にとってオステオスペルマムは早春のイメージがあると思います。

小林花卉ではそのオステオスペルマムを今秋に出荷しようとチャレンジしています。

 

オステオスペルマムの現状です。

2020817192854.jpg

暑い最中ですが、活き活きと生育してくれています。

 

なぜ早春のイメージのあるオステオスペルマムを秋に出荷しようとしているのでしょうか。

オステオスペルマムはマムという通り、キク科の植物なのです。

菊は一年に一度咲かせるものが多く、秋に咲いたものは翌年の秋にまた咲いてくる宿根草なのです。

秋になるといろんな菊が売り場に並びます。

オステオスペルマムが秋に販売できればお客様にとって秋に楽しみ翌春から初夏まで楽しめる、

長期間楽しめる商品になると思い生産しています。

しかし昔のオステオスペルマムは低温に当たって花芽ができると言われており、

花が咲く品種であってもそろって咲かなかったりと、生産者としては挑戦できないものでした。

 

小林花卉ではオステオスペルマムの育種選抜を20年間やってきました。

その間にこの低温に当たらないと開花しない性格を取り除くことができました。

そのため暑い夏でも花をつける品種のシリーズが出来上がりました。

 

八重のプリンセスシリーズ、一重のサンシャインシリーズともに秋出荷を目指し

ただいま栽培中です。

9月下旬の出荷を予定しています。

楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

ページ上部へ