ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

伝える事

今日は佐藤さんが来てくれました。

一日かけて育種のことを教えてくれました。

そして、毎回新しい発見をさせてもらっています。

知っている人から見れば何ともないことなのでしょうが、知らない人にとってはとても貴重な話なんですね。

 

そう思うと、花農家として当たり前と思っている管理方法や作業風景も、お伝えすること大事だと思いました。

改めて、このブログを大事にしていこうと思います。

 

 

すみません、今日はここで終わりにします。

オステオスペルマムの現状

沖縄は梅雨入りしましたね。

今日はこちらでもシトシトと雨が降りましたが、夕方には雨もあがりよかったです。

 

 

今日は2月下旬から植えこんであるオステオスペルマムがどうなったか見てみましょう。

 

3月3日の様子はこちらから

3月27日の様子はこちらから

4月18日の様子はこちらから

 

 

 

 

では、オステオスペルマムの現状です。

201651674325.jpg

ちょっと花付きが悪くなりましたが、株は乱れずいい品種ですね。

 

 

花殻も付きっぱなしで、肥料だけあげているだけでここまで大きくなりました。

2016517193018.jpg

 

 

いつまで鑑賞期間があるか継続して見ていきたいと思います。

 

 

 

四つ葉のクローバー

今日は雨が降りそうで降らなかったため、仕事がはかどりました。

 

 小林花卉では四つ葉のクローバーをサントリーフラワーズさんと開発しています。

とはいっても、実はもともと第一園芸さんとの共同育種だったのですが、第一園芸さんの事業撤退を機に、

サントリーフラワーズさんが事業を引き継ぎ、小林花卉との共同育種という形になったのです。

 

そんなクローバーですが、場所によって生育状況がかなり変わるのです。

 

201651745439.jpg

こちらは花壇に植えたクローバーです。

暖かくなり伸びすぎたので、剪定をして芽が吹いてきたところです。

柔らかそうな葉をしています。

 

 

201651744733.jpg

そしてこちらが通路に伸びたクローバーです。

葉は小さく密集しています。

こちらは剪定していません。

 

 

 

201651745758.jpg

左が花壇、右が通路です。

葉の色も違いますね。

 

 

環境が変わると同じ植物でも全く違う品種に見えます。

 

生産者の栽培方法によって、植物の姿が大きく変わるのも納得です。

品種力もさることながら、栽培技術も大事だと改めて思いました。

 

栽培技術と品種開発、両輪でお客様に喜んでもらえる商品を作っていきたいと思います。

 

ゲラニューム

今日も天気に恵まれて、オープンガーデンは多くの方に来場していただくことが出来ました。

 

今日はゲラニュームの特集です。

ゲラニュームの中でもこれから紹介する品種は、暑くて寒いここ深谷市で宿根することが判りました。

暑い地域で乗り越えられるというのが、一番の発見ではないでしょうか。

名前はよくわからないので画像のみとなりますが、ご了承ください。

 

では早速見てみましょう。
 

2016515203237.jpg

青色、草丈40㎝位になります。

 

 

 

201651520390.jpg

ローズ色 草丈30㎝位です。 

 

 

2016515212527.jpg

ローズ色 こちらは草丈の低い品種です。

 

 

2016515204041.jpg

薄いピンク色  花弁の重なりが少ない品種です。

 

2016515204159.jpg

こちらもうすピンク色をしていますが、花弁の重なりがいいですね。

 

 

2016515204430.jpg

純白の白色品種 草丈30㎝位になります。

2016515204629.jpg

小輪の品種、真冬は地上部の葉はなくなりますが、地表面に残った葉が赤くなります。

草丈30㎝位になりました。

2016515205341.jpg

 

 

2016515205456.jpg

この品種は背が高くなりますね。

60㎝位になっていました。

 

2016515205420.jpg

こちらは知っています。

ゲラニューム シルバーカーペットです。

 

 

 

 

いい天気、花も良く咲いていいオープンガーデンとなりました。

201651521277.jpg

 

2016515205632.jpg

 

 

 

 

生産しているジキタリスも咲いてきました。

大慌てで出荷をしていきたいと思います。

 

バラのオープンガーデン開催です。

今日はオープンガーデンをしました。

4月29,30日で行われた花フェスタの時よりも大勢の人に来ていただきました。

改めてバラの魅力はすごいと思いました。

では、オープンガーデンの様子を見てください。

201651420419.jpg

 

2016514203932.jpg

 

2016514203959.jpg

 

2016514204352.jpg

 

すみません、ちょっと写真が少なかったですね。

バラの写真が無かったですね。一昨日のブログの写真で今日は勘弁してください。

 

明日もオープンガーデン開催しますので、明日は色々な植物を紹介したいと思います。

でも、実物はすっごくキレイですよ、ぜひ見に来てください。

コンボルブルス ブルーコンパクター

今日はいい天気でした。

潅水に追われてアタフタした一日となりました。

 

乾くことを予想して前もって行動していかないと、いつまでたってもあたふたしてしまいますね。

潅水だけでなく、作業や、パートさんの対応なども同じですね。

人生だって、ゴールからの逆算ですから、行き当たりばったりの行動はとっていてはいけないですね。

潅水ひとつからそんなことを思った一日でした。

 

しかし予想していなかったトラブルは人生につきものです。

毎年作っているコンボルブルスも、今年はトラブルに見舞われたんですよ。

 

4月3日のブログに載せましたが、新芽が薬害で止まってしまったんです。

 

実は、その時は商品になるかかなり心配でしたが、元気に芽吹いてきてくれたのでほっと一安心です。

 

 

そのトラブルにもめげず、仕上がった商品がこちらです。

201651316442.jpg

 例年以上に芽吹きが多く、いい株になりました。

コンボルブルスは株一面に花を咲かせて見事ですよ。

 

残念ながら一日で一花は終わってしまいますが、毎日次から次に花を咲かせてくれます。

201651317326.jpg

 

ヒルガオ科らしい花をしていますね。

これから6月頃まで出荷を予定しています。

 

広がるように生育し、宿根して毎年咲いてくるコンボルブルス

これからの季節にお勧めです。

 

 

バラバラバラ

今日は天気が良くなりましたね。

日差しが強く、暑くなり潅水に追われてしまいました。

特に広範囲の山田君は、潅水が忙しかったと思います。

ありがとうございました。

 

 

そんないい天気、庭では順調にバラの開花が進んでいます。

今日はバラの画像で楽しんでください。

201651222946.jpg

201651222110.jpg

2016512221545.jpg

2016512221627.jpg

201651222171.jpg

201651222181.jpg

2016512221821.jpg

2016512221841.jpg

201651222191.jpg

2016512221940.jpg

2016512222014.jpg

 

他にもバラは咲いていたのですが、とりあえずここで終了させてもらいます。

 

 

 

201651222218.jpg

 

見て頂いた通り庭のバラも咲いてきました。

5月14日、15日は、「深谷オープンガーデン花仲間」の会員の皆様のお宅でバラのオープンガーデンが開催されます。

ぜひお近くの方も、遠くからの方も身に来てください。

クナウティア マーズミゼット

今日は朝起きると雨が降った跡がましたが、雨は上がっており、すごしやすい天気でした。

ちょっと、午後から小雨が降ったりやんだりしましたが、大して降らずに良かったです。

 

 露地でクナウティア マーズミゼットが咲いてきました。

2016511201537.jpg

 

 

マーズミゼットはワインレッドの花が咲いてくる宿根草なんです。

2016511201636.jpg

 

 

 

でも微妙に花色が違っています。

めしべの違いでもイメージが変わりますね。

201651120170.jpg

 

 

本当に今年咲くのか不安になる方もいるかと思います。

花を付けて出荷をしているので、そんな不安はありませんし。好みの花色を見て買うことができます。

 

クナウティア マーズミゼットは一株で大きく育つとてもいい植物だと思います。

 

山田君が管理してくれていますので、ぜひ買ってみてください。

 

サクランボ、マーガレット ビューティイエロー

 今日は雨が降る予定でしたが、なんとかもってくれて作業がはかどりました。

庭のサクランボが赤くなり採り頃です。

2016510175738.jpg

 

201651017583.jpg

保育園の息子は「保育園にサクランボを持っていくんだ」と言いながら、

楽しそうに収穫していますが、小学校に通っている上の兄弟たちは、

だんだんと収穫を楽しむことをしなくなってきました。

子供たちの成長を感じつつ、今しかない時間を少しでも関わりを持っていきたいと思いました。

 

 

 

 

今年は久しぶりにマーガレットを作りました、しかも黄色だけ!

母の日に合わせての出荷をしましたが、とても良い商品だと思いました。

2016510192112.jpg

出荷時の株です。

 

 

 

 

 

 

 

そして今の状態ですが、こんな感じになりました。

2016510175943.jpg

あっという間に開花してきましたよ。

 

20165101800.jpg

 

201651018025.jpg

すっきりとした黄色い花がとてもキレイです。

お母さんにあげてからさらに良くなっていくのですから、

あげたほうももらった方もうれしい植物ですよね。

 

生産していて、このマーガレット ビューティイエローはすごく丈夫なマーガレットだと思いました。

買ってから良くなっていくよう栽培技術を上げ丈夫な植物を選び、

お客様に感動を与えられるような農場になっていきたいと思います。

 

ビューティイエローは来年も作りたいと思いますので、

ぜひ母の日には手に入れてくださいね。

 

ラベンダーセンティビアとリシマキアボジョレー、そしてバラたち

今日は曇りのち小雨でした。

これから天気は下り坂、外作業を進めたかったですよ。

 

今日の紹介する植物は、イングリッシュラベンダー センティビアです。

開花直前、いよいよ出荷になりますよ。

201659203729.jpg

 

201659203633.jpg

俊が管理してくれて、今年もいい状態で出荷を迎えることが出来そうです。

 

 

 

 

そして、こちらは、リシマキアボジョレー。

いい状態です。

201659204120.jpg

 

 

20165920408.jpg

 

センティビアとリシマキアボジョレー、そしてコンボルブルスは、同じころに開花するのですね。

一つ経験になりました。

 

 その他に農場ではバーバスカムが開花していますが、次はジキタリス ダルメシアンシリーズが咲いてきます。

そして更にペンステモン アラベスクと続く予定です。

こちらの様子は、また後日紹介させていただきたいと思います。

 

 

ではセンティビアが咲く今頃の時期の庭のバラはどうなっているでしょうか。

201659204533.jpg

グラハム トーマスのアーチです。

 

2016592121.jpg

 

 

201659205925.jpg

ピエール ドゥ ロンサール

少しだけ開花が遅いようですね。

 

20165921954.jpg

オダマキ タワーシリーズのローズですかね?

品種名までわかりませんが、かわいらしく咲いてくれていますね。

ちょっと背が高くなりますが、ガーデンではこのくらいの丈がないと、存在感がなくなってしまいますね。

 

 

20165921717.jpg

小林花卉オリジナルのチェリーセージ ピナフォアも咲いてきました。

20165921817.jpg

満開のパンジー、そしてバラとのコラボですね。

 

 

今週末には、バラのオープンガーデンもありますので、ぜひ見に来てください。

ちょうど満開になっている頃だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ