ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

バーベナの挿し木

今日も風が冷たかったです。

 温室で柔らかく育てられた植物では、この冷たい風に当たると、しおれてしまう事があります。

温めて開花を早めたいのと、寒さに当ててしっかりさせたいのとの間で、ちょうどいいころあいを見計らい、

温度管理します。

社員さん、微妙な温度管理お願いします。

そして、深谷市に吹いてくる赤城おろしに負けない商品を作ってくださいね。

 

 

 

 宿根バーベナの挿し木が始まりました。

2016125202626.jpg

挿し木と言えば、暖かい場所で挿すのです。

宿根バーベナも、暖房の入った暖かい場所で挿していますよ。

 

2016125202159.jpg

温度をかけて柔らかく伸ばした挿し穂をポットに挿していきます。

小林花卉では見慣れた光景になったと思います。

一鉢に2本から3本挿していくんです。

 

今回の挿し穂もいい状態で作ることができました。

その挿し穂を使ったポット苗、いい商品になると思います。

ご期待ください。

 

 

 

 

視察しました。

心配していた雪は幸いにも深谷市では降りませんでした。

ほかの地域では降ったところもあったようですので、被害がなかったことを祈っています。

 雪害を経験すると、前よりさらにほかの人も大丈夫だったか心配になります。

 

また、今日は琴奨菊が優勝しましたね。

角番も2回経験したそうです。

怪我にも悩まされた場所が多かったようですが、自分を信じてやってきたこと本当に素晴らしいと思います。

おめでとうございます。

 

実は今日は育種家の大先輩、矢祭園芸の金澤さんの所に、視察に行きました。

栃木県真岡市の菱沼さん、同じく仙波さんのお宅も駆け足で視察させていただきました。

視察させて頂いた皆様ありがとうございました。

 

オリジナル品種を作り、自社の強みにしている生産者さんたちです。

育種の考え方、そして経営の仕方、とても勉強になりました。

小林花卉でもいろいろな商品がありますが、消費者の方が喜んでくれることを願いオリジナル品種を開発していきたいと思います。

 

露地の雪は溶けていません。

今日は寒かったですね。

今晩からの雪との予報が出ていますが、深谷市周辺は前回ほど降らなそうです。

天気予報通りに大して降らないことを願うばかりです。

 

 

農場周辺は、まだ18日に積もった雪が解けていない状態なんですよ。

201612319151.jpg

 

そして、露地に出してある植物もまだ雪をかぶっているものもあります。

2016123195944.jpg

リシマキア ボジョレーです。

 

雪の下の物はどうなってしまったでしょうか。

凍って死んでしまったなんてことになってなければいいですが…。

 

 

 

 

雪をほじくってみてみると・・・。

 

 

 

 

201612320437.jpg

見ての通りまったく問題なく生きています。

 

 

 

そしてローダンセマム アフリカンアイズです。

201612320237.jpg

こちらも元気なんですよ。

 

2016123201326.jpg

春に向けて蕾も見えてきています。

 

 

植物たちは寒かろうが雪だろうが一歩一歩成長しています。

今晩雪が降らないことを願いつつ、一歩一歩近づいている春に向けて

花を咲かせる準備をしている植物を見習い、私も農場の体制を整えていきたいと思います。

 

 

フォクスリータイム と ヘリクリサム シルバースノー

2016122192818.jpg

 

 今日は写真からの始まりです。

定植しているのは、フォクスリータイムなんですよ。

 

飯島さんと門倉さん、2人で定植をやってくれました。

2016122193135.jpg

ここのハウスは、暖房器を使わず、外張りと内貼りをビニールで貼って、保温をしているんです。

保温したからって、もちろん寒いんです。

そんな中でも2人は丁寧に作業をしてくれました。

植えてもらったフォクスリータイムは春の終わりころ、出荷することができると思います。

 

そしてこれが、その前のロットです。

201612219439.jpg

 

 

その前

2016122194220.jpg

 

 

 

出荷間近

2016122194155.jpg

2016122194533.jpg

 

順を追って見てもらいましたが、やっぱり植物って面白いなあと思ってしまいます。

順調に生育していくと、こんなに大きくなるんですからね。

 

 

 

2016122203629.jpg

こちらはヘリクリサム シルバースノー

寒さに強いヘリクリサムの品種です。

露地でも越冬してしまいます。

さすがタキイ種苗さんが紹介してくれた品種です。

暑さにも強く、とても丈夫な植物です。

庭に植えても素晴らしいパフォーマンスになるのではないでしょうか。

書きながら、私も大株に仕立ててみようと思いました。

 

 

 

そして最後、こちらはラベンダーの最終試験をやっています。

2016122204247.jpg

4年の年月をかけて選抜してきました。

どんな品種かは、ヒミツです。

発売まで楽しみにしていてくださいね。

育種過程をちょこっと紹介です

今日は晴れて雪も順調に溶けています。

でも日陰のところは氷の塊になって残ってしまっています。

土曜日も雪の予報、心配です。

対策をしっかりととっていきたいと思います。

 

 

さて、今日は小林花卉の生産圃場ではなく、育種ハウスの様子をちょこっと見てもらいます。

まずは、宿根バーベナです。

2016121191827.jpg

約1500株以上鉢上げできました。

この中から1、2品種くらいは新品種として採用したいですね。

狙って交配しているのですが、なかなか狙い通りの個体が見当たりません。

また来年になってしまうのですかね(汗) 

運に任せるのみです。

 

オステオスペルマムの経過も見てみましょうか。

2016121195645.jpg

こちらも1500株以上植えてあります。

3品種くらい新品種としてでて欲しいですね。

あくまで願望です!!

でもオステオは順調に育種が進んでいると思います。

 

2016121195842.jpg

こんな系統や

 

2016121195954.jpg

こんな系統

同じ環境でも、親によって全く違う生育の仕方です。

 

消費者に喜んでもらえるよう、使い方を考えて選抜していきたいです。

3月には第一次選抜が始まります。

楽しみです。

頭の良くなる花です。

今週末の雪が心配だなぁなんて思っていたら、朝8時ころから雪が降り出してしまいました。

風花だろうなんて思っていたら、本降りになり、あっという間に銀世界でした。

でも短時間で終わり、日も差してきたため、昨日よりも溶けてくれました。

 

 頭の良くなる花は、雪が降っても大雨でも作業があるんですよ。

暖かい温室ですので、洋服は厚着をしていません。

これではいつの時期だかわかりませんね。

 

 その頭の良くなる花の温室です。

2016120193257.jpg

何をやっているのでしょうかね。

 

近くに寄ってみてみましょう

201612019323.jpg

下を向いて何か触っていますね。

何かを見つけているのでしょうか。

まだよくわかりませんね。

 

 

では、小鮒さんもやっているので見てみましょう。

2016120193321.jpg

頭の良くなる花に向かって手を差し伸べています。

 

苗の上の方を触っていますね。

2016120194133.jpg

 

実はピンチと呼んでいる選定作業をしているんです。

一番上の新芽をわざと取り除くんです。

上の芽がなくなってしまうと、脇の枝が生育しだすのです。

ピンチをすることにより、わきの枝が吹いてきてボリュームのある株になるんです。

こうやって、頭の良くなる花は丁寧に作り出されているんです。

 

 

 

こちらでは、挿し木をしていました。

2016120193345.jpg

 

201612019503.jpg

 

 

 

そしてこちらでは用土詰めです。

2016120195431.jpg

201612019560.jpg
ポットに土を入れているんです。

 

頭の良くなる花は多くの皆さんの協力で出来上がってるのでした。

雪の中働きに来て頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

シレネ ユニフローラ と ゲラニューム

昨日は大雪でしたが、実は新年会の為、伊香保温泉に行ったのでした。

伊香保は山を登っていくんです。

路面は雪だらけ、難題も車が立ち往生しているのを見かけました。

そして案の定、今朝も路面に雪が残っていました。

ゆっくり出てきたので凍っていることはありませんでしたが、山から下りる下り坂、雪の山道を走るなんて経験が少ないので怖かったですよ。

 

家についてみると、なんとまだ雪は残っていたんです。

 

2016119171542.jpg

午後2時半の光景です。

露地の植物も雪の下。

枝がおられなければいいのですが、溶けてみないとわかりませんね。

折れやすい植物は露地で栽培は向かないでしょうね。

 

さて、春出荷植物の現在の様子を紹介します。

2016119172615.jpg

リクニス ホワイトロビン

春に花首を伸ばすナデシコ科の植物です。

繊細な花で山野草のような雰囲気もあります。

4月下旬開花予定です。

 

シレネ ユニフローラです。

201611917311.jpg

このロットはまだ花芽は見えていません。

いつみられるのでしょうか。3月開花してほしいです。

 

そして本邦初公開のゲラニューム

2016119173338.jpg

このゲラニュームは、かわいいです。

ピンクの花が咲くんですよ。

深谷でも育てられるいい品種です。

名前がわかりませんが…。

 

週末は雪の予報が出ていますので、心配ですが、被害が出ないようできることをやっていきたいと思います。

 

 

荒蒔君ありがとう

今日の雪は予報以上に降り、都内は大混乱でしたね。

農場では20cmくらい積もりましたが、温室の被害はゼロでした。

というのも、夜中に振り出した雪ですが、荒蒔君がなんと朝4時に農場の見回りに来てくれ、暖房機をかけたり、

屋根に積もった雪を溶かすため温室の保温カーテンを開けて回ってくれたおかげなんです。

こんな社員さんがいてくれる農場は、無いんじゃないですか?

ありがたいことです。

ほかの社員さんも早く来て、農場を点検して回ってくれたんですよ。

おかげで被害ゼロなんです。

でも荒蒔君の頑張りは、みんなも認めていました。

そして昼間も雪かきや、通常作業をやってくれたのです。

本当に助かりました。

 

社員さんの頑張りに、こたえられる会社にしたいとつくづく思いました。

お客様に喜んでもらえる商品を生み出し、それを社員さんに還元することができるよう努めていきたいと思います。

 

 

 

 

雪が心配です

今日は曇り空でした。

今晩3時ころから雪が降る予報が出ていますね。

 

群馬の山沿いは50センチの積雪らしいです。深谷市のある関東北部平野部は30㎝の予報のサイトもありました。

2年前の大雪の記憶があり、私を含め社員さんたちも過敏になっています。

 取り越し苦労だったねと、笑っていられるように、警戒します。

 

 

 

宿根リナリアは寒くても全く問題ないですね。

みてください。

元気に育っていますね。

2016117195812.jpg

 

 

花芽も見えているんです。

2016117195852.jpg

この子たちはいつごろ咲くのでしょうかね。

3月 中に咲いてくる確率はかなり大きいと思います。

 

 

 

そして、春はこの宿根バーベナが、主力商品になります。

201611720117.jpg

 

2016117201027.jpg

青々としていて、おいしそうではないですか。

順調に育っているので、見ていても気持ちがいいですね。

 

林さんが温度管理しながら、苗の調整をしてくれているんですよ。

初めてのバーベナ管理で、少しの変化にも過剰反応しています(笑)

でも、反応できるのは、よく観察しているからなんです。

よく見てくれていてありがたいですよ。

小さな変化も見逃さないようにして適時に対応していけば、必ず良くなります。

観えるってことは素晴らしいです。

私も社員さんの努力を観えるよう、観察していきたいと思います。

 

雪は勘弁してほしいですよ。 お願い!!

枯れちゃった!?

最近朝晩は、冬らしい気候になってきましたね。

放射冷却で温度も下がります。

先日農場の温度計は、最低温度-5℃をさしていました。

 来週は雪も降るかもしれないとの予報もあり心配です。

 

寒さで、植物が枯れてしまいました(泣)

201611619256.jpg

201611619421.jpg

201611619346.jpg

このまま枯れて全滅してしまうのでしょうか?

 

  

 

 

 

安心してください。

201611619640.jpg

生きてますよ。

 

枯葉を掃除すると・・・

201611619729.jpg

可愛いお目芽見えました。

いい子ですよ。

 

 この植物の正体はオダマキです。

オダマキは宿根草なのです。

宿根草は、寒さに当たると地上部(葉)は枯れてしまいますが、

根が残り翌春に芽が出てくるんです。

字のとおり、根が宿る草なのですね。

 

3月下旬になると、オダマキはニョキニョキ軸が伸びてきて、中から花芽を伸ばしてきます。

そして4月に開花をします。

冬の枯れてしまったような状態から、春になるときれいな花が咲いてくるんです。

成長を間近で見られるんですから、この職業はたまりませんね。

 ボサボサ頭のような枯葉は取り除き、きれいに掃除して、出荷をしていきたいと思います。

 

 ただ単に外に放っておいているようですが、担当の山田君は、潅水に気を使い、肥料に気を使い、

株の状態もよく見てくれています。

 さて、春にどんな花のオダマキに出会えるのでしょうか。

かわいいオダマキに出会える春が待ち遠しいです。

 

 

 

ページ上部へ