ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

一緒に働いてくれるパートさん募集中です

 バタバタと今週も金曜日になってしまいましたが、今週パートさん募集の求人広告をアイデムさんに載せたのでした。

応募してきてくれた方々、ありがとうございました。

新しく働きに来てくれる人たちと一緒に、仕事ができるのでこれからまた楽しみが増えました。

 まだまだ寒くて園芸業界は閑散期ではありますが、これから春の繁忙期に向けて今から仕事に慣れてもらい、春を迎えられればと思っております。

そして、縁あって仕事に来てくれるのですから、仕事以外でも食事会など一緒に楽しむ時間を大切にしていきたいですね。

「小林花卉に来てよかった」と思ってもらえるように、そして自分自身がいい思い出、いい人生を作れるように、働きに来てくれる人たちといい関係を築きたいと思います。

 

 

 

 

 果たして今日はパートさんにとって、いい日になったでしょうか。

 

宿根バーベナの挿し木です。

2016115191050.jpg

 

挿し木は、切り花と一緒で水をしっかりとやっておかないとすぐに萎れて枯れてしまうんですね。

水がたっぷりと入るように、丁寧に博子さんが潅水してくれていたのですが・・・。

 

ごめんなさい、潅水作業は写真撮り忘れてしまいました。

代わりに博子さんの挿し木の様子です。左利きなんですよね。

2016115191454.jpg

博子さんは私が就農する前から働きに来てくれています。

私より小林花卉での思い出が多いのです。

技術もあるわけです。

潅水など用を頼めば、間違いなくできるのですから、助かります。

 

 

そして、このバーベナの挿し木は村知さんに仕切ってもらっています。

一生懸命みんなが働きやすいように声をかけ、トランシーバーを使いながら、進めてくれていました。

2016115192427.jpg

他のパートさんもみんなで、協力して作業を進めてくれました。

チームワーク良くやってくれてありがとうございました。

 

 

 

 

こちらは一人で、寄せ植えづくりを頑張ってくれた人がいます。

2016115195256.jpg

森田さんです。

 

 昨年、温室を改造して、寄せ植えなどの作業もできるスペースを作りました。

そして、今日が初めての本格的な作業です。

新しく寄せ植えを作業として立ち上げるために、一人で作業をやってもらい流れを見てもらいました。

 これから、この場所でたくさん仕事を生み出したいと思います。

大事な大事な第一歩、森田さんご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

今日も多くの人の協力を得て、農場は回っていました。

 

一緒に思い出を作りたい方は、気軽にご連絡してくださいね。

待ってます。

山まわり

昨日のブログでも報告しましたが、昨日は深谷鉢物研究会の新年会がありました。

 いつも電話で話をしても、この新年会でしか顔を合わせない市場担当者さんもいるんです。

顔を合わせる機会を作ってくれる新年会は、大事だと改めて思いました。

2016114181710.jpg

この新年会が開けるのも、深谷には多くの生産者さんがいて、それぞれが魅力ある商品を市場さんに出荷して、

そしてまた、市場さんの要求に対応できる物量を抱えている生産者さんも多くいるからだと思います。

来て頂いた人の数だけ、期待されているのですよね。

 

深谷市の小島市長も駆けつけて祝辞を述べてくれました。

2016114182028.jpg

 

農協の島田組合長です。

2016114182440.jpg

 

 

その他にも多くの人の祝辞を頂きました。

ありがとうございました。

 

去年は鉢物研究会青年部(花のプリンス倶楽部)が、埼玉県農林業賞を頂くことができました。

10年間の花育活動を認められての受賞です。

横川部長より、受賞のお礼のあいさつです。

20161141950.jpg

 

 

暖かく見守ってくれている市場担当者の方々です。

2016114181814.jpg

 

 

 

今日も、昨日に引き続き、新年会で深谷に来ている市場担当者さんが、山まわりに来てくれました。

(生産者の農場をみてまわりることを山まわりと言っているんですよ。)

市場担当者さんが時間をかけて来てくれたのは、期待をしてくれているんですよね。

 

その期待に応えられるよう、今年も取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

深谷鉢物研究会 新年会

今日は深谷鉢物研究会の新年会がありました。

そのため、たくさんの方が昼間 小林花卉に立ち寄って行ってくれました。

気にかけてくれて、立ち寄っていただけるのですから、ありがたいことです。

多くの人に支えられて小林花卉は経営できて来たのですね。

この支えを認めて、いい商品を作りお返ししていくことが、生産者の務めですね。

 

改めてみんなに応援してもらえるように頑張りたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

 

栄養系アリッサム

今日は寒かったです。

曇り空で最高気温も6℃にしか上がりませんでした。

例年の1月は、これが普通でしょうが、暖かい冬に慣れているため寒さがこたえました。

 それにしても月日が経つのは早いですね。

1月もあっという間に12日です。

 今年成人を迎えた荒蒔君も、成人式に行ってきました。

どうだったか聞いたところ、「同窓会で潰れた友達を介抱して、介抱が終わって帰りました」

と話をしてくれました。

潰れた友達の介抱をしていた荒蒔君の行動は素晴らしいですね。

そういう青年が小林花卉に努めてくれていることはうれしい限りです。

 

 

栄養系アリッサムです。

2016112194854.jpg

2016112194930.jpg

普通のアリッサムと、生育力が違います。

横張りが強く、花も葉っぱも大きくて力強いです。

 

鉢植えしたものを見てみましょう。

201611220135.jpg

201611220158.jpg

201611220230.jpg

 

横張りが非常に強いのがわかりますね。

寒さで動きは遅くなっていますが、元気に咲き始めています。

根が強く、種から作る普通のアリッサムでは気温が上がると弱ってしまうのですが、

この栄養系のアリッサムは元気に夏を越してしまうという、驚きの品種らしいです。

 

春になって出荷しますので、楽しみにしていてください。

 

 

 

 

1/11生育状況報告

今日もいい天気でしたね。

では、生育中の植物を見てみましょう。

2016111195454.jpg

2016111195656.jpg

ローダンセマム アフリカンアイズ

寒さに強いキク科の植物です。

 

 

フッチンシア アイスキューブ

耐寒性抜群の植物です。

2016111195817.jpg

きれいな花も上がってきてそろそろ出荷となりますか?

 

2016111195926.jpg

花は来たけどまだ、小さな株ですね。

 

201611120035.jpg

株ばっかりで、花が咲いてきません!?

 

 

 

こちらの植物は、ドロニカムです。

201611120929.jpg

2016111201326.jpg

みにくいですが、蕾が見えてきましたよ。

咲いてくるのが楽しみです。

 

 

 

賀詞交歓会

今日は、静岡経営塾賀詞交歓会の本番でした。

100名を超える方々の前で、今年の方針を発表させていただきました。

昨日は杉井さんより、約束は守ることだよとお話しを頂きました。

信用を得るためには守らなければいけませんね。

今まで私はルーズにしていたところが多かったと思います。

これでは自分の言っていることを信じてほしいと、いくらいっても信用できないですよね。

 

 

今回、私の誘いで、賀詞交歓会に来てくれる人がいました。

私の誘いに対し、時間を割いて賀詞交歓会にきて頂いたのです。

また、私が留守の中でも社員さんは農場で働いていくれているのです。

妻は子供の面倒を見てくれ、頑張ってねと送り出してくれたのです。

3連休中、子供たちと遊びに行くこともできるのに、賀詞交歓会で発表しているのです。

経営計画を立てるため、多くの時間を使って作ったのです。

人が見て信用できるよう、そして自分自身が信用できるような自分になるよう、宣言したことを行動していきます。

 

2016年経営塾

今日は、静岡経営塾のため、山中湖に来ています。

今日一日は山中湖にいますが、明日はグランシップ静岡で第8回静岡経営塾 賀詞交歓会があります。

私は去年に続き2回目の経営計画発表です。

この賀詞交歓会は、経営塾で学んでいる経営者の皆さんが、一年の方針をご縁のある方々を呼んで、その前で宣言する場になります。

 

私は昨年中から経営計画を立てる時間をいただきました。

社員さんに働いてもらっている時に時間をもらっているのです。

社員さんに共感してもらえるような夢を描き一緒に進んでいければ嬉しいです。

どんな会社を目指すのか、そして今年やるべきことは何なのか考えたつもりです。

 

明日はその経営計画を発表します。

俊之やご縁のある方にも来てもらっての発表です。

共感して協力したいと思ってもらえるような発表ができるように、この後もう少し作りこんでいきたいと思います。

 

自然におんぶにだっこ

今日も真冬と思えない、いい天気でしたね。

植物たちも、生育が良過ぎています。

毎年いつ挿し木して、いつ植えて、いつ剪定をして、いつ出荷になるかという事のデータをとっているのですが、

これが通用しなそうです。

オステオスペルマムなんか、去年のデータは全く無視して開花してきているのですよ。

 毎年、去年より今年のほうがよくできるよう、反省を生かして改善しているのですが、今年は順調なので、

改善されているのかどうかよくわからないんです。

去年の反省を改善しようと試験をしているのですが、今年は全く問題なし、なんてこともあります。

 

順調に行っていいのですが、逆に来年につながる試験結果はあてにしていいのでしょうか・・・。

 

では、今の植物たちの様子を見てみましょう。

 

宿根リナリア ネオンライツ

20161818714.jpg

 

もう花芽が見えてきています。

20161818914.jpg

このまま咲かせていいものかどうか、悩みます。

多分伸びすぎたものは、剪定してしまうと思いますが・・・。

 

 

ディアスシア ダーラ

20161818101.jpg

シンジェンタ社の品種です。

このディアスシア ダーラ、非常に暑さにも強く、植えると素晴らしいパフォーマンスでしたよ。

私はとても好きな植物です。

初めて作りますが、楽しみです。

 

オステオスペルマム ブルーアイビューティ

 

M&Bフローラ社から販売されている品種です。

黄色で芯が青い目をしているきれいな品種ですよ。

 

奥地君と小池君が配管修理をしていました。

201618183919.jpg

温室外から室内に引き込んでいる、パコンクリートに埋められたパイプが割れてしまったのです。

 

201618183745.jpg

コンクリートの端を少し斫って、

 

 

20161818379.jpg

折れないように今度は鉄筋に縛っています。

自分たちで考えて丁寧にやってくれてありがとうございます。

 

快適に作業ができる環境をみんなで作り上げていきましょう。

 

 

ランタナ挿し木

いよいよランタナの挿し木が始まりました。

毎年、年が明けて初めの作業は、ランタナの挿し木です。

真夏の植物ランタナですが、真冬にも挿し木をしていくのですよ。

暖房を炊き、昼間もなるべく暖かい(暑い)環境を作っていきます。

どうやって真夏の植物が喜ぶ環境を作れるか、ここが生産管理者の腕の見せ所(観察力)になるんです。

 

早いもので、新人さんと思っていた社員さんでも入社2年目になります。

植物を見る目、温度を感じる肌、管理の知識は格段に成長したので、

ちょっとアドバイスをすれば、自分で考えて環境を作り出すことができます。

自分で見て、感じて、勉強をして、成長してくれていたのでありがたいです。

 

環境って大事だとつくづく思います。

植物も人間も素直に成長できるよう、環境を整えていきたいと思います。

そのためにも、会社づくりをする私の成長が大事です。

 

 

そんなことを思いながら、ランタナ挿し木です。

20161719112.jpg

年明けまで、オステオスペルマムや、寄せ植えプランツの入っていた育苗温室だったのですが、

あっという間にランタナの挿し木小屋になりました。

 作付通りにできるように、社員さんが場所をあけてくれたのです。

そして用土を搬入してくれ、パートさんを迎え入れる準備をしてくれました。

そして、今度はパートさんが挿し木をやってくれています。

20161719131.jpg

パートさんは真夏の環境にしているので、暑い暑いと言いながら作業をしてくれています。

ありがとうございます。

 

 

皆で協力し合い、作られていくお花たち、大切に世の中に出していきたいと思います。

 

ランタナは4月下旬ごろから出始めますが、秋までず~っと咲いているいい花なんですよ。

お楽しみに!!

頭の良くなる花

今日は新年のごあいさつに、多くの業者さんが農場によってくれました。

業者さんには、資材を仕入をさせていただいているんですよね。

資材も売ってもらえなければ商売になりません。

業者さんにも支えられて、仕事が出来ているんですね。

今年も小林花卉を気にかけて頂いてありがたいことです。

期待に沿えるよう、新しいことにもチャレンジしながら進んでいきたいと思います。

 

今日はカランコエ担当のパートさんが大勢出勤してきてくれました。

おかげで作業がはかどりました。

 

20161619414.jpg

 

20161619451.jpg

袋入れは、2人一組で作業をしていきます。

去年から来てくれた滝沢君に齋藤さん、すっかりなじんで2人で作業しています。

 

 周年栽培しているので、一年間に繰り返し同じ作業をすることができます。

何度も同じ作業をするので、慣れるまでに時間はかかりません。

一年たたずに、どの方も熟練されたパートさんのように作業に入っていけるようになります。

熟練された技術がすぐ身につくのが周年栽培のメリットの一つですね。

不思議なことに、カランコエで身に付けた技術や動きは、ほかの作業をやっても上手にできてしまうんですよ。

カランコエに携わっていることで、どんどん頭がよくなっていくんです。

やはり、「頭の良くなる花」です!!

 

頭の良くなりたい方もそうでない方も、一緒に働きたい方がいましたら、

ぜひともご連絡くださいね(笑)

ただいま募集中です。

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ