ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

よろしくお願いします。

いよいよ2月に入りました。

2月は逃げると言われていますので、春の園芸シーズンに向けてやることをやって、今年の2月は逃がさないようにしたいと思います。

 

今月から4名の方が働きに来てくれることとなりました。

アイデムさんに求人広告の掲載をお願いしたところ、写真付きで上手に会社紹介をしてくれたおかげだと思います。

いい会社と思って来てくれたのですから、想像通り、いや想像以上にいい会社と感じてもらえるような

会社にしたいですね。

 

今日は3名の方が、初日をむかえました。

初日はとても緊張したことと思います。

お疲れさまでした。

そして、新しく来てくれた人に教えてくれたパートさんたちもありがとうございました。

これから末永いお付き合いよろしくお願いいたします。

 

本日で「ワッハッハ体操」を初めて一週間がたちました。

一週間たって進化した「ワッハッハ体操」見てください。

ワッハッハ体操 第2回」 

応援よろしくお願いします。

フレンチラベンダー 新品種

今日で1月も終わりですね。

今日は暖かく、温度計は17℃を示していました。

楽しみにしていた、試作のフレンチラベンダーがいよいよ咲いてきそうです。

201613119568.jpg

46番

 

2016131195540.jpg

59番

 

まだ番号での紹介です。

2品種は花色が違うだけで、同じような草姿をしています。

大輪系統が多い中、小輪ですっきりとかわいらしい姿のラベンダーになってます。

もうすぐ花が咲きます。

いよいよです、どうでしょうか。

喜んでもらえる品種でしょうか?不安半分・楽しみ半分です。

 

 

 

 

 

201613120925.jpg

こちらは、小林花卉オリジナル品種のローダンセマムです。

プリマベーラっていう品種です。

プリマベーラは、「春」という意味で、春に咲いてくるイメージがぴったりだと名前を付けました。

 

2016131202543.jpg

 

201613120342.jpg

大輪のピンク色の花を咲かせます。

鉢物として2月中旬より出荷する予定です。

一番花が咲くころに側枝のつぼみも色づいてくる予定です。

 

フレンチラベンダー、ローダンセマムともに、俊&林さんが管理してくれています。

いい状態です、期待していてくださいね。

 

冬の庭を見てください

今日は寒かったですね。

雪はちらほら降ったくらいで予報通りやみましたが、最高気温7℃・最低気温1℃でした。

 

今日は久しぶりに会長のお庭を見てみましょう。

どんな植物がいるでしょうね。

 

 

2016130171152.jpg

見ての通りさみしいお庭となってしまいました。

 

ヒューケラも縮んで寒さから身を守っているようですね。

2016130171933.jpg

2016130181052.jpg

2016130181143.jpg

 

ゲラニュームたちです。ご覧ください。

2016130172124.jpg

 

2016130172226.jpg

2016130172318.jpg

古い葉は枯れてしまっていますね。

新芽は古い葉の陰でしっかりと動いていましたよ。

 

この品種は小輪でピンク色のゲラニユームだったと思います。

2016130181731.jpg

これは寒さでも枯れずに、紅葉し赤い葉色になりますね。

きれいでしたよ。

 

他も宿根しているものがありましたよ。

201613019553.jpg

メカルドニア、根が残って春から秋まで黄色の小花を咲かせてくれます。

 

201613019837.jpg

イベリス  春に純白の花を咲かせます。

昔からの品種なので、昨日ご紹介したスノーサーファーほど花は大きくありません。

 

201613019129.jpg

ユーフォルビアですね。

冬でも緑を保つ貴重な植物ですね。

 

 

 

それにしても花がないですね。

探してみましたよ。

あったのはもちろん、この花!!

2016130182117.jpg

パンジーです。

 

他に何があるかと思ってふらふら探しましたよ。

ありました。

2016130183848.jpg

イオノプシスです。

群れに弱いものですが、ここにいて2,3年目になります。

こぼれ種でしょうか、根が残って復活してきたのでしょうか。

ちょっとわかりませんが、元気に花を咲かせているのは事実です。

 

 

また、こんな植物も花を付けていました。

2016130185922.jpg

冬に白い花を咲かせる貴重な植物ですが、名前がわかりません。

どなたか教えてくれませんか。

 

 

こう見ると、冬花壇はやっぱりパンジーになってしまいますね。

冬に咲くお花をはどんなものがあるか、楽しめる植物はなんなのか

考えて見たいと思います。

そして早く春が来ないかと、待ち遠しくなりました。

 

 

イベリス スノーサーファー

雪は大丈夫ですかね。

最近はこんな話ばかりになっていますね。

予報ではあまり降らなそうなのですが、安心せずに様子を見たいと思います。

 

今日は、イベリスの紹介です。

イベリスはアブラナ科の多年草です。

同じアブラナ科にアリッサムがありますが、イベリスの純白の花は、アリッサムと比較にならないきれいな白さがあります。

 

 今年試験生産しているものの中で、シンジェンタ社から販売されているイベリス スノーサーファーという品種があります。

この品種は通常のイベリスに比べて花が大きいのが特徴です。

株一面が純白の花で覆われた姿は、つい買いたくなるでしょうね。

 

 

なんて思い、生産してみたのですが、見てください。

2016129204910.jpg

こんな小ささで咲いてしまいました。

プラグ苗の状態でも花が来てしまっていたので、これはちょっとおかしいなと思っていたのですが、やっぱり小さいまま咲いちゃいました。

シンジェンタの社員さんに聞いたところ、「小さくても咲いてくるとちょうどいい大きさになる」とのことです。

 

本当になりますかね。

信じることしかできませんけど・・・。ホントかなぁ?

 

 

また、3月から出荷をしたいのですが、2月中には咲いてしまいますかね。

これ以上グレ無いようにキチンと観て行ってあげようと思います。

 

でも、花の大きさは、お話通りの大輪ですよ。

2016129205418.jpg

いい株になることを夢見て、管理をしていきたいと思います。

皆さん、担当の山田君への応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

休耕地

今日は、人農地プラン座談会が地元の公民館でありました。

座談会といっても、椅子に座って市役所の方たちの話を聞いて、それから休耕地の場所や借りてほしい人の土地、規模拡大志望している人などの書いてある地元の地図を見ながら立ち話をしました。

事実、この深谷市でも確実に休耕地が増えていますね。

そして、深谷市にも数件の株式会社が農業参入していることが改めてわかりました。

使いやすい土地はすぐに借り手が見つかるとのことでした。

こういったところは、企業の農業参入のお陰ですね。

 逆に人気のない土地は休耕田になってしまうのですね。

水源がない土地は結局使いにくいとのことでした。

また、排水ができない土地は、大雨が降ると植物が水に使ってしまい、だめになってしまうことがあります。

そういう土地は、使わせてもらっても何年かで返却となってしまうそうです。

また、相続で土地を持っている人たちは、農業の現状を知らないため、土地を借りようとしても高い賃貸料を出すと言っていました。

逆に農業をやっていた人は、農地の保全に労力を割かなければならないため、安くても借りてもらえるだけ喜んでくれるらしいです。

いい土地と良くない土地があるのがよくわかりました。

 

 農地の問題は、いい土地ならば借りては多く、環境悪いところはどんどん荒れていくという現状です。

農業に携わっている私も、地元への貢献も含めて考えていかなければならない課題です。

そんなことを思いながら、座談会に参加してきました。

 

 

さてこれから、鴻巣花き市場の新年会に行ってきます。

日ごろお世話になっている担当者さんや職員さん、買参人の方、生産者の方とあって、親睦を深めたいと思います。

それでは、行ってきます。

 

 

 

 

 

バーベナ挿し木 と オステオスペルマム

今日もやりましたよ、ワッハッハ体操

皆さんもやってくださいね。

 

一昨日1月25日に始めた、宿根バーベナの挿し木も順調に進んでいます。

2016127164827.jpg

 

 

 

2016127165131.jpg

地道にここまで挿し木を進めて頂きました。

ありがとうございます。

 

あと一日で挿し木は終わりになるでしょうかね。

宿根バーベナの挿し木が終わると、次はなんの作業が待っているのでしょうか。

 

 社員さんたちが、生産計画がにに沿って生産できるよう、パートさんたちの作業の調節をしてくれます。

そして、パートさんが作業にすぐ取り掛かれるよう、段取りをしてくれます。

社員さんの影の活躍が、ここまで早く作業が進む要因になっているんです。

 実は、この用土詰めの作業は、トラクターで土を入れる作業があるのですが、

トラクター故障につき、土を自力で入れなければならなかったんです。

 大変な作業なので、「トラクターが壊れているから、やれない」と言われたら、

「壊れたんじゃあしょうがないよね、土入れはトラクターが治ってからしようか」となっていたと思います。

しかし、この土を自力で運ぶ作業を買って出てくれた人がいました。

俊、林さんが率先してやってくれ、それに続けと荒蒔君もやってくれました。

ありがたい社員さんたちです。

 

 

3月出荷予定だったオステオスペルマムのポット苗です。

2016127172721.jpg

 

2016127181759.jpg

 

2016127173147.jpg

咲いているこの花は取ってしまいます。

 

品種によって生育の仕方がやや違うところもありますが、

潅水や矮化剤で大きさを調整して草丈をなるべく同じにしていきます。

そして丈夫に育てるために、外気に当てる作業もします。

こうやって品質の良い植物を育てているんです。

同じような形に仕上がってきますが、そこに実は生産技術があるんですよ。

奥地君が理想の形に近づけられるよう取り組んでくれています。

 

 

花芽もばっちり見えてていて、予定より早く2月下旬から咲いてくると思います。

楽しみにしていてください。

 

 

 

ワッハッハ

今日から朝一番の打ち合わせに、新たな取り組みが始まりました。

たった数分間でできるこの取り組みは、いいことだらけで、害は一つもないんです。

 

取り組みをした結果、すぐに得られる変化です。

  ・笑顔になる

  ・元気になる

  ・明るくなる

  ・嫌なことを忘れられる

  ・気持ちが切り替わる

 

続けていると効果が出てくることです

  ・血圧が下がる

  ・団結力が高まる

  ・仲間意識ができる

  ・免疫が高まる

  ・人相が良くなる

 

ここまで行けばいいですね。

  ・自分の可能性を信じられる

  ・人にいい影響を与えられる

  ・人にやさしくなれる

 

番外編

  ・恥がなくなる

  ・バカになれる

 

 

ねっ、いいことずくめですよね。

その取り組みが、何かというと・・・、

「ワッハッハ体操」なんです。

 

 

やり方は簡単! 

数分間、ただ笑うんです。

笑っているうちに、なんだか楽しくなってきて元気になりますよ。

 

ここだけの話、言い出したはいいけど、ワッハッハ体操一番抵抗を感じていたのは、一番上の私でした。

こういう時は、恥を捨てることが大事ですよね。

ですから、「私が捨てずに誰が捨てる」という思いでやらせてもらいました。

 

そんなわけで、お待ちかね

ワッハッハ体操です。一分間やりましたよ。

ワッハッハ体操初日

 

社員さんも、突然のワッハッハ体操に付き合ってくれました。

ホントありがたい社員さんたちです。

 

いい人生は、いい時間の積み重ねですよね。

自分の周りの人が、楽しそうにしている空間は、自分も楽しくなりますよね。

 パートさんが来たとき、社員さん皆がニコニコ元気にしていたら、パートさんだって嬉しいですよね。

笑顔ひとつで人を元気にさせられるのですから、やった方がいいですよ。

笑顔の素敵な社員さんのいる農場、一日楽しく働ける農場、そんな農場になったらいいなと思ってます。

 

小さな農場ですから、経営者だから、社員だからというのでなく、みんなで一緒になって、いい人生を作っていきたいと思います。

 

バーベナの挿し木

今日も風が冷たかったです。

 温室で柔らかく育てられた植物では、この冷たい風に当たると、しおれてしまう事があります。

温めて開花を早めたいのと、寒さに当ててしっかりさせたいのとの間で、ちょうどいいころあいを見計らい、

温度管理します。

社員さん、微妙な温度管理お願いします。

そして、深谷市に吹いてくる赤城おろしに負けない商品を作ってくださいね。

 

 

 

 宿根バーベナの挿し木が始まりました。

2016125202626.jpg

挿し木と言えば、暖かい場所で挿すのです。

宿根バーベナも、暖房の入った暖かい場所で挿していますよ。

 

2016125202159.jpg

温度をかけて柔らかく伸ばした挿し穂をポットに挿していきます。

小林花卉では見慣れた光景になったと思います。

一鉢に2本から3本挿していくんです。

 

今回の挿し穂もいい状態で作ることができました。

その挿し穂を使ったポット苗、いい商品になると思います。

ご期待ください。

 

 

 

 

視察しました。

心配していた雪は幸いにも深谷市では降りませんでした。

ほかの地域では降ったところもあったようですので、被害がなかったことを祈っています。

 雪害を経験すると、前よりさらにほかの人も大丈夫だったか心配になります。

 

また、今日は琴奨菊が優勝しましたね。

角番も2回経験したそうです。

怪我にも悩まされた場所が多かったようですが、自分を信じてやってきたこと本当に素晴らしいと思います。

おめでとうございます。

 

実は今日は育種家の大先輩、矢祭園芸の金澤さんの所に、視察に行きました。

栃木県真岡市の菱沼さん、同じく仙波さんのお宅も駆け足で視察させていただきました。

視察させて頂いた皆様ありがとうございました。

 

オリジナル品種を作り、自社の強みにしている生産者さんたちです。

育種の考え方、そして経営の仕方、とても勉強になりました。

小林花卉でもいろいろな商品がありますが、消費者の方が喜んでくれることを願いオリジナル品種を開発していきたいと思います。

 

露地の雪は溶けていません。

今日は寒かったですね。

今晩からの雪との予報が出ていますが、深谷市周辺は前回ほど降らなそうです。

天気予報通りに大して降らないことを願うばかりです。

 

 

農場周辺は、まだ18日に積もった雪が解けていない状態なんですよ。

201612319151.jpg

 

そして、露地に出してある植物もまだ雪をかぶっているものもあります。

2016123195944.jpg

リシマキア ボジョレーです。

 

雪の下の物はどうなってしまったでしょうか。

凍って死んでしまったなんてことになってなければいいですが…。

 

 

 

 

雪をほじくってみてみると・・・。

 

 

 

 

201612320437.jpg

見ての通りまったく問題なく生きています。

 

 

 

そしてローダンセマム アフリカンアイズです。

201612320237.jpg

こちらも元気なんですよ。

 

2016123201326.jpg

春に向けて蕾も見えてきています。

 

 

植物たちは寒かろうが雪だろうが一歩一歩成長しています。

今晩雪が降らないことを願いつつ、一歩一歩近づいている春に向けて

花を咲かせる準備をしている植物を見習い、私も農場の体制を整えていきたいと思います。

 

 

ページ上部へ