ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

セロシア コンフォート・ディープパープル

日に日に寒くなってきましたね。

クリスマスのイルミネーションもあちこちで見ることが出来るようになりました。

 

クリスマスと言えばポインセチアですね。

赤いポインセチアはイタリアンレッドと言う濃い赤色の品種です。

2018111618457.jpg

画像の赤より実際は濃い赤色です。

上手く取れませんでした。

 

 今日紹介したいのは、ポインセチアだけでなく後ろに植えてあるセロシアなんです。

セロシアは系統の仲間で暑さに強い品種でが、凍らせてしまったら枯死してしまいます。

では、これからの時期、どんどん寒くなるのになぜ栽培したでしょうか?

 

それはポインセチアと寄せ植えするのに適しているからなんです。

クリスマスを彩るポインセチアも、実は寒さに弱く凍らせると枯死してしまいます。

ポインセチアを飾る環境と言ったら部屋の中の窓辺になると思います。

その環境でしたら、セロシアも快適です。

 

このセロシアは、コンフォート ディープパープルと言って今年の新品種です。

クリスマスのキャンドルのように、素敵だと思いませんか。

 

今年は一味違ったクリスマスの装飾をしてみませんか?

 

ポインセチア ピカソ

朝方冷え込んできましたね。

今日は最低気温7℃でした。

暖房機も良く回り始めています。温室内をなるべくいっぱいにしていくことが

経費節減には大事なことですね。

 

 

ポインセチアの紹介です。

2018111519733.jpg

ちょっと見てください。

この品種はデューメン社の開発したプレミアム ピカソと言う品種なのです。

2018111519759.jpg

こちらも!

2018111519822.jpg

これも!

201811151979.jpg

かなり色幅がある品種なんです。

 

挿し木はクローンなので同じDNAを持っているので同じ草姿になるはずです。

それなのにこのピカソは色幅が出てくるのですからどうなっているんでしょうかね。

肥料成分でもないですし、温度による影響でもないし、まったくわかりません。

不思議ちゃんです。

 

 

 

 

2018111519636.jpg

こうやって見るととってもきれいですね。

 

ピカソですから、これでいいんですよね。

ゲンチアナ 

今日は埼玉県民の日でした。

子供たちがお休みでした。

でもパートさん達は子供たちの事がありながらも、出てこられる人たちが協力して出勤してくれて助かりました。

いつも協力してくれてありがとうございます。

 

 

さて、今年試験栽培した新品種があります。

20181114191616.jpg

ゲンチアナ=リンドウです。

 

この品種取ってもすごいんです。

一株でこれだけ花がびっちり咲くんです。

20181114192946.jpg

そして花持ちが驚くほどいいんです。

最初に咲いてきた花がまだ咲いているんです。

一カ月以上花がどんどん咲くばかり、花が終わっていないんです。

 

この品種来年からデビューします。

とってもいいすぐに手に取ってくださいね。

 

 

熊谷農業高校 校外学習実習

昨日今日と熊谷農業高校の生徒さんたちが校外学習実習に来てくれました。

朝9時から15時まで、パートさん達と一緒に作業をしてくれました。

 

とっても礼儀正しく素直な子たちで、私が高校生の時はこんなに礼儀正しかったのか考えると恥ずかしくなりました。

私の時には、こういった体験実習が無かったので今の子たちはいい経験させてもらえていると思います。

先生たちも受け入れ企業を探したり、実際の実習を見て回ったりと負担も大きいとは思いますが、

子供たちの為にはぜひとも続けて頂きたいカリキュラムだと思いました。

 

パートさん達とカランコエの出荷やポインセチアの出荷などを経験していきましたよ。

 

私たちにとっても生徒さんたちが体験学習等で農場に来てくれることは、とっても良い刺激になりますし、

楽しい思い出になるのでありがたい事なんです。

 

2日間と短い時間でしたが、とても楽しかったですよ。

 

生徒さんたち、いつでもいいですよ、また来てくださいね。

祝 23歳

今日は荒蒔君の誕生日でした。

小林花卉に来て早や5年目、そして今年は担当場所が変わりポインセチアの管理担当になっています。

 

前からやる子だと思っていましたが、すでに魅せる技まで身に着けているんです。

2018111121360.jpg

「セクシーすぎるラメ振り男」誕生の瞬間です。

 

観ての通り、小林花卉のムードメーカーであり、いるだけで社内が穏やかな雰囲気になります。

 

社員さんが会社を良くしていこうと頑張ってくれているんですよね。

社員さん達が永くいてくれる会社にしていきたいと思います。

 

トレニア カタリーナブルーリバー

11月ももう中旬になって来ます。

今年もあと53日となりました。

あっという間に年末です。

 

来年に向けた体制作りをする11月ですから、キチンと会社の体制を作っていきたいと思います。

 

ハロウィンも終わり、日々寒くなってきていますね。

夏の花が傷んで植え替え需要が10月頃にあるんです。

そして11月に入って寒くなる頃にはパンジーの植え替え需要もひと段落を迎えるんです。

市場の方の話を聞いてみるとパンジーの植え替え需要もひと段落したようです。

 

そんな時期ですが、夏を越してまだまだきれいな状態を保っている植物があったんです。

そう、このトレニア カタリーナブルーリバーがすごいんです。

2018119202213.jpg

みての通り花盛りですよ!

株が1メータ以上に広がってまさに青いじゅうたんです。

 

このトレニアは初夏からいままで本当にずっと咲いています。

ここまで綺麗に咲いてくれていると処分しようがないですよね。。

 

また来年の生産となりますが、トレニア カタリーナブルーリバー

おススメです。

ビデンス オレンジマシェリ

今日は雨もやみ曇り空でした。

だいぶ寒くなってきましたね。

暖房機が回り始めていますので、重油の値段がとても気になってしまいます。

それでも少し値段が下がってきたようで、ちょっと安心しています。

 

色々なお花を栽培しているのですが、それぞれ違う性質をしているので自分の都合で植物を育てようとしても無理が出てしまいます。

その子に合わせた環境を作ってあげると無理なくすくすく成長していくんです。

人も一緒ですね。

その子のことを思っての事なのかそれとも結局自分の都合なのかをよく考えて、その子が成長するために環境を整えてあげたいと思っています。

 

 

小林花卉オリジナル品種のビデンス オレンジマシェリです。

2018117214232.jpg

この子は暑くても寒くても花付きよく頑張ってくれているこなんですよ。

オレンジ色がキレイですよね。

 

このオレンジマシェリ、班が萎れてから咲いてきて花殻も全く目立たないんですよ。

2018117215531.jpg

花弁が見えているのが蕾で、黄色いめしべだけになっているのが花殻です。

 

どんどん咲いてセルフクリーニングもばっちり。

オレンジマシェリステキですよ。

 

 

 

 

 

 

社員研修

 今日は月に一度の社員研修の日でした。

今日もお世話になっている杉井先生に来て頂き、人との関わり方、よい人間関係の作り方について学ばせて頂きました。

 

お昼を食べながらの2時間ですが、杉井さんが話してくれたことの中で改めて意識したことがありました。

それは、「社長と社員どっちが偉いという事はないんだよ。社長だから責任が大きい事と偉いことは違うよ。」

と言う言葉でした。

そして、どこかで人間はえらくいたいというのがあるから、いろんな団体ので役職に就きたがる人がいるんだよ。

みんなから会長と呼ばれてうれしくなっちゃう人や、会長の補佐をして喜んでいる人もいる。

また、役職についている人の批判で満足したり、その団体の役員になることでステータスを持てたりする人も居るよ。

 

 

 杉井先生の言うとおり、いい商品を作りお客様に喜んでもらって対価を頂くという活動を一緒にやっている仲間であって、

単に私が社長と言う役目をやっているだけでした。

 

 多くの人がそれぞれの役目をもって小林花卉で働いてくれています。

お互いを尊重しあえる仲間づくりをしていきたいと思います。

 

 

カランコエ パーフェクタ

今日は日曜日、園芸日和でしたね。
今のうちにぜひお花を植えてくださいね。
 
 
さて、今日は昨日のブログの中で紹介していたカランコエ パーフェクタについてお話ししたいと思います。
 
 
パーフェクタには色んな優れた所がありますが、まず何がいいかと言うと、花の一番の魅力「花色の発色」がいいことです。
 
そしてひと花房の「花の輪数」が多く、そして花が葉の上で咲き、「ブーケのように咲く」個体を品種選抜している所です。
 
これだけでも今までの品種より見た目が良く、優れているのですが、ここからが育成者のこだわり部分であり、とても大事な所だと思っています。
 
 それは、株が暴れず「まとまる」事、そして花が次々咲いてくる「連続開花性」がある事です。
 
この基本性能は見た目では解らないので、消費者の方に良さが伝わるまでに時間がかかってしまいます。
でも観賞した人たちには喜んでもらえる事、間違いありません。
 
 
 
 小林花卉の商品も自社で育種したオリジナル品種を持っています。
見た目だけでなく、こうしたお客様に喜んでもらえる性質の部分にも着目し大事にしていきたいと思います。
 
 
 
 

ポットプランツ コンテスト

今日は朝方に雨が降りましたが、日中晴れて気持ちの良い日になりました。

こういう温かい日を大事にして、植物の生育を進めていかなくてはいけませんね。

天気と植物を観ながら、大事に大事に管理していきましょう。

 

 

 

 

 さて、先日鴻巣花き市場で、2019年秋ポットプランツコンテストがありました。

社員さん達と仕事が終わった後、鴻巣市場に見学に行きました。

 

小林花卉の社員さんの力作、全部で4点出品させてもらいました。

果たしてどうなったでしょうか。

 

 

 

行ってみると、2点の入賞していました。

20181027181044.jpg

一点目、金賞です!

 

 

商品はなんとカランコエです。

2018102718230.jpg

このカランコエはパーフェクタと言って、オランダの種苗会社が開発した最新品種です。

種苗を販売してもらい、今年から本格生産できるようになりました。

この品種本当にいいんですよ。

このパーフェクタの良さを語ると話がそれてしまいますので、紹介は明日のブログでしたいと思います。

 

 

もう一点がこちら

2018102719141.jpg

宿根ネメシア レモンスカッシュです。

こちらは寒さに強いネメシア、これからの季節に適していますね。

 

 

 

光が弱いので画像がうまく取れずにイメージだけの紹介となってしまいました。すみません。

 

 

 

社員さん達が育ててくれたお花たちがこうして賞に入ったことはうれしいことです。

社員さん達は潅水ひとつ、肥料ひとつ、やるべきかどうしようかと考えながら管理してくれているんです。

こうやって賞を頂けると、日々の管理をしていた甲斐があったと思います。

 

社員さん達は、仕事が終わってから一緒に品評会を観に付き合ってくれたんですよね。

仕事が終わって自分の時間ですから、自由にしたいと思います。

でも一緒に勉強の為いってくれて本当にありがたいと思います。

 

帰りに夕食で食べたラーメンも社員さん達と過ごした大事な時間、いい思い出として頂きました。

 

 

 また、こうやって賞を頂けたのもきれいな品種を紹介し提供してくれている種苗メーカーさんのおかげでもありますし、日常の作業をやってくれているパートさん達のおかげでもあります。

多くの人たちのおかげで商品が作られているんですよね。

多くの人の助けを借していただきながら、これからもお客様に喜んでもらえる商品を作れるよう、いい会社を作るよう努めていきたいと思います。

 

 

では、この場を借りて、日ごろのお礼申し上げさせて頂きます。

 

「皆様、いつも応援ありがとうございます。」

 

 

ページ上部へ