ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

展示会行ってきました。

 昨日は太田市場(FAJ)で展示会がありました。

日ごろからお世話になっている方や、商品を買っていただいていても顔を知らない方などにお会いできました。

足を止めてブースに立ち寄っていただいた方たち、ありがとうございました。

 

 お世話になっている販売店の方たちとお会いできる場として、展示会は大切だと感じています。

こういう場を提供していただいたFAJ、社員の方たちには、心よりお礼申し上げます。

また、展示会は出展生産者の方とも情報交換でき、またきれいに展示されているブースを見たりと、

勉強になることも多いです。

 

 生産者の自慢の商品が並んであり、私が見てもほしくなる商品がありました。

小林花卉も、社員さんたちが育ててくれた自慢の商品を展示させてもらいましたよ。

まずは、定番商品の頭の良くなる花

11月から出荷となるポインセチア、八重パンジー  ファビュラス、

出荷可能なウィンターコスモス、ハッピークローバーを展示しました。

画像採り忘れました。すいません。

 

でも注文していただいた方の期待に応えられるよう、作り込んで出荷したいと思います。

 

 

寄せ植えプランツ

小林花卉では、寄せ植えプランツという名前で、寄せ植え用カラーリーフを生産しています。

2.5寸ポットや、3寸ポットで生産しているんです。

理由は・・・、

寄せ植えしやすいから!

単純な理由でした。

 

でも作るのは気を使います。

ちょうど良い長さに調節して、出荷予定日に合わせたり、

ただ伸ばすだけではなく、寄せ植えした時にスカスカしないよう枝数を考えたりと、

ちょっとしたところを気にしているんですよ。

 

そんな寄せ植えプランツ達です。

20151015184940.jpg

ラミウム

 

20151015185241.jpg

リシマキア オーレア

20151015185321.jpg

フイリポリゴナム

 

20151015185351.jpg

ヘリクリサム ペティオラレ

 

20151015185421.jpg

グレコマ ライムミント

 

20151015185458.jpg

グレコマ バリエガータ

 

2015101518509.jpg

サントリーナ

 

まだ若めですが、来週出荷予定です。

もう少し大きくしたいです。

 

 

 

 

番外編

20151015185053.jpg

2.5寸で生産したアリッサムです。

試験生産したところ、好評につきあっという間に終了してしまいました。

 

これから寒くなり、動きが遅くなりますので、寄せ植えに適した季節になってきます。

寄せ植えプランツで、寄せ植え楽しんでください。

 

幻のパンジー ファビラス

秋晴れのいい天気が続いて気持ちがいいですね。

何年も生産をしていませんでしたが、久しぶりにパンジーを作っています。

何せ幻のパンジーが手に入ったのですから。

良くしてくれる種苗メーカーさんが、話を持ってきてくれたんです。

ありがたいことです。

 

名前は「幻のパンジー ファビラス」っていうんですよ。

お話を聞いてみたら、去年も販売していたらしいです。

そして今年は10万粒の幻の種が、全国に出回っているようです。

そのくらいの数量でしたら、お花屋さんで見かけることは少ないでしょうね。

でも、10万鉢は幻かな~?

 

そこを疑問に思ったらいけませんでした。

ゴメンナサイ。

 

きれいな品種ですよ。見てください。

2015101417369.jpg

 

2015101417384.jpg

 

20151014173728.jpg

 

20151014173857.jpg

 

20151014173659.jpg

 

20151014173937.jpg

 

20151014174014.jpg

 

20151014174038.jpg

 

20151014174057.jpg

 

20151014174133.jpg

 

2015101418127.jpg

 

20151014173635.jpg

 

どうですか。

花色もかわいい色が多くて、純粋にいいなぁと思います。

幻でなくてもいい品種ですね。

もう少し株を大きくして出荷となります。

この調子でいけば来週から出荷になると思います。

 

 

またまたウィンターコスモス

最近の話題は、ウィンターコスモスかポインセチアが多いと感じている方いらっしゃるでしょうね。

そうなんです、多いのです。

なぜかって、主力で販売している商品ですからね。

 

そのウィンターコスモスも残すところあと2作、自然開花のものもちらほら咲いてきました。

市場にもちらほら出荷されはじめたとの声も聞こえてきましたよ。

20151010185149.jpg

 

2015101018558.jpg

あとちょっとでビデンスの出荷も終わりになります。

 

今年のウィンターコスモスの栽培は、肥料濃度、ホルモン剤タイミング、潅水濃度等々

私も勉強になりましたよ。

来年は今年の経験を活かして、より良い商品を作ることができるはずです。

 

林さん、今日もご苦労様でした。今年経験したことは忘れずに来年の商品づくりに役立たせましょう。

最後の一鉢まで良い品質を保てるよう頑張ってください。

 

チェリーセージ ピナフォア

小林花卉オリジナル品種のチェリーセージが出荷になってます。

気が付けば出荷終盤、紹介しないまま終わってしまうところでした。

 以前も紹介しましたが、ピナフォアっていう名前なのです。

エプロンドレスのようなかわいい花が咲くんですよ。

2015108203714.jpg

 

 

おすすめポイントは、

1、花期が長い。

  4月中旬から11月まで、ずーっと咲いています。

2、丈夫

  小林花卉のある埼玉県深谷市(熊谷市の隣町)では、冬はマイナス6度、夏は38度以上になります。

  その環境でも元気で丈夫な植物なんですよ。

3、選べる花色

  ダークレッド、レモン、ホワイト、ピンクアイ、サンライズ、ストロベリー、ローズ、

  パステルバイオレット、パープルストリーム、他にも新品種を試験栽培しています。

  もう少しで登場してきますよ。

4、香りも楽しめる

  葉に甘い香りがあり、ハーブティにしてもいいそうです。

5、蜜がある

  赤いサルビアの蜜を吸った覚えがあるでしょうか。

  チェリーセージもサルビアの仲間で、花には蜜がたくさん入っています。

  花をとって吸うと甘い蜜も味わえます。甘い思い出がよみがえるのではないでしょうか(笑)

2015108203822.jpg

 

 

 

 

チェリーセージは、植えれば何年も楽しめる植物なんですよ。

2015108203514.JPG

ピナフォア見かけた方、今季の出荷は終盤です。

見かけた方は迷わずお買い求めしてくださいね(笑)

 

このロットは、俊が管理してくれました。

きれいに咲かせてくれましたよ。

 


2015108202652.jpg

2015108202714.jpg

ポインセチアの現状

最近さらに日が短くなってきましたね。

まだ朝は快適に起きられますが、これから布団から出にくくなってきますね。

そんな季節、ポインセチアが色づいてきましたよ。

 

 

11月10日ころから出荷予定の早出しのポインセチア、順調に色づいてきています。

 

201510617203.jpg

チャンピオンレッド

こちらもデューメン社、ヒイラギ葉で茎も赤くなり、キレイな品種です。

 

2015106171843.jpg

レッドエルフ

シンジェンタ社の赤、シンジェンタ社には代表品種のミラレッドもありますが、早いロットはレッドエルフで行きますよ。

 

2015106171910.jpg

プレミアムピンク

デューメン社のピンク品種、プレミアム系は強健な品種ですね。

 

2015106172034.jpg

シトラス

レモン色の品種、やや小ぶりな品種なので、3寸には向いている品種です。

 

この他の種類も順調に生育しています。

大きくなりやすいものや、小さくまとまってしまうものなど、品種ごとに特性が違っています。

それを理想的な形を想像しながら、同じような姿にして行きます。

 

小林花卉は、社員さんが温室ごとに担当をもって管理しています。

面白いもので、担当者それぞれの特徴が商品に表れてきます。

どう作り上げるか、その人の取り組みが商品の個性になっていきます。

 

お互いのいい取り組みを学びあい商品に反映させていければと思っています。

 

11月10日ころからのこの商品は、ただいま小池君が管理しています。

経験豊富で、繊細な管理をしていますので、皆さん出来上がりを楽しみにしていてくださいね。

小池君よろしくお願い致します。

 

 

八ヶ岳いってきました。

フラワートライアルジャパン2015に行ってきました。

今年は出展ではなく視察のみです。

出展者から見たフラワートライアルと見学者から見たフラワートライアルは、印象が違いましたね。

 

出展の良い点、代わりに視察の良い点というものがわかりました。

 

出展の良い点を言うのは、広く多くの方と知り合えることです。

そして自社のおすすめ商品をキチンと伝えていくことができます。

広く浅く、お客様と知り合うきっかけになる展示会というものは大事です。

自社商品の評価を聞く場所という事でも有効ですね。

小林花卉は、オリジナル商品を持っていますが、紹介する場がないと、ないも同然になってしまいます。

認知活動のための展示会出展に出展することはやはり大事ですね。

 

そして今回視察せていただきましたが、自分で出展すると、わからなかった消費者目線でものを見ることができました。

自社の商品が一番いいと思って販売することをにしていますが、やはりいい商品はたくさんありますね。

私が出展してしまうと、どうしても出展していると販売しなければならなと思って、自社商品の紹介に力が入ってしまいます。

出展していると周りが見えなくなりますし、視察をしていると商品の提案ができなくなります。

バランスですね。

 

2つの視点が持てたことはよかったです。

子らから別視点から見ることがますます大切になってきますよね。

お客様からの視点も多く取り入れて商品づくりをしていきたいと思いました。

 

視察に出させてくれた社員さん、パートさんありがとうございました。

また、販売店の方にも、お話させていただきありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

ポインセチアと寄せ植えプランツ、華ミステリア

今日は、秋分の日ですね。

昼の長さと夜の長さがほぼ同じになる日です。

これから昼間がどんどん短くなっていくんです。

例年はもっと暑い日ですが、今年はだいぶ寒くなりましたね。

久しぶりの秋を感じている今日この頃です。

 そんなわけで、夏の間楽しませてくれた、ゴーヤもいよいよ、今週末には終わりにします。

ゴーヤの水やりを忘れずやってくれた荒蒔君のおかげで、今年は堪能できました。

荒蒔君、ありがとう。

 

短日になると、いよいよ自然日長のポインセチアも色づいてくるはずです。

自然日長のポインセチアの色づき変化をこれから見ていきましょう。

2015923194749.jpg

バイキングレッド

 

201592319428.jpg

チャンピオンレッド

 

201592319496.jpg

イタリアンレッド

 

2015923195059.jpg

ミラレッド 

こちらは一週間遅く苗が入庫したんです。

一週間違いでも、小さいことがわかりますね。

 

今紹介した画像の品種は、すべて赤色品種なんですよ。

緑色していては全く違いが判りませんね(笑)

 

赤色はポインセチアのメインの色です。

赤でも10品種以上あるんですよ。

必ずラベルやシールが貼ってありますので、ポインセチアが出まわってきたら、品種を良く見てみてください。

新たな発見がありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

これからポインセチアの色づいていく様を見てください。

順調に進めば、11月20頃から出荷となります。

 

寄せ植えプランツも順調に出荷しています。

2015923195714.jpg

銀葉がきれいなプラティーナ

 

 

そして青空の中咲いているのが、斑入りポーチュラカ‘華ミステリア’

201592320313.jpg

ローズ色の花もきれいです。

田中農園さんの育成品種、来季また出荷しますので、待っていてくださいね。

 

 

ポインセチアとウィンターコスモス

久しぶりの更新となってしまいました。

見てくれている方、これからもよろしくお願いします。

今日は、ポインセチアの状況を見てください。

20159171790.jpg

レッドエルフ

 

2015917171056.jpg

ミラホワイト

 

2015917171140.jpg

チャンピオンレッド

 

葉っぱの色がまだ緑で、どの品種がどの品種か、わからないですね。

大鉢をそのまま小さくしたような雰囲気のポインセチアを作ろうと思っています。

ですから小さくても枝数が多く、伸びすぎないよう管理しているんです。

でも、品種によって大きくなる品種、小さいままの品種、伸びやすい品種など様々あるんです。

品種ごとの特性を見ながら水やりや矮化剤で調整しながら、同じような顔にしているのです。

このミニポインセチアは、ベテランの小池君が管理してくれています。

素晴らしいですね。

 小池君の頭の中には、明確に目標とする形が描いてあるから、「今どのくらいの大きさにしておくのがいいか」というのがわかるのです。

 

まず良品生産できるかどうかは、「理想とする形を描けるかどうか」に限ると思います。

 若い社員さんたちも一生懸命、栽培技術を磨いてくれています。

同じような形でも、キレイな商品とまあまあの商品になりますから、「この形が一番好き」という事を強く持って、栽培してほしいですね。

いい商品は訴えてくるものがあるのですよ。

これから、社員さんたちがこだわった商品が、どんどん出てきます。

楽しみにしていてください。

 

 

 

 

そんな社員さんのひとり、林さんが管理しているのが、ウィンターコスモスです。

 

見てください。

2015917192030.jpg

来週から開花してくると思います。

葉は大きすぎず、背丈は高めにしていますが伸びすぎておらず、枝数が多い、

やや可憐な感じに仕上げようと対応してくれています。

そのために。潅水、肥料、矮化剤の量やタイミングを悩みながらやってくれているんですよ。

理想の形と現実とのギャップを具体的に、植物を観察しながら、対応していってくださいね。

ウィンターコスモスの出荷は、半分いったところです。

最後まで、悩みながらも決断し対応していってくださいね。

今年の経験が来年につながっていきますよ。

応援しています、頑張ってね!!

 

自転車耐久レース

最近出かけている事が多くなっています。

それでも農場が回っているのは、現場で働いてくれているパートさん、社員さんがいてくれているからです。

感謝です。

働いてくれている人たちが楽になり、会社が良くなるよう行動していきたいと思います。

 

そんなわけで、今回も研修です。

昨日今日は静岡経営塾でした。

昨日は6時間自転車耐久レースをやりました。

時間内に山中湖を2人乗り自転車で、何週出来るか競います。

 なぜに自転車耐久レース?と思われた方もいると思います。

「会社作りとはこういう事」らしいです。

どういう事かは、後で報告させていただきますね。

 

 小林花卉チームは、私と山田君、俊と林さんペアで参戦してきました。

最初は楽しく、ほかの会社の人たちに勝とうと頑張っていました。

しかし、思ったような順位で俊と林さんにつなぐことが出来ませんでした。

それでも、俊と林さんは一生懸命に自転車をこいで帰ってきました。

俊の腕にはすり傷が・・・・。

俊と林さんは転倒してしまったとのことです。

負傷しながらも自転車をこいで帰ってきてくれました。

9周で終了となりましたが、最後まで全力を尽くしましたよ。

社員さんと一緒に苦しいながら自転車をこぎ、やり終えた達成感は何とも言えないものでした。

 

会社では上下の関係になりやすいですが、上司も部下も関係なく、一個人としてお互いを認め合い、相手の検討を喜ぶことが出来るのが大事なのでした。

「会社作りとはこういう事」、体験して初めてわかるものですね。

自転車レースのように、お互いを認め合い、支え合っていく会社を作っていきたいと思います。

 

自転車をこいでいれば、品質のよい花が育てられるわけではありませんが、花を育てる社員さんが育ってくれたと思っています。

 

農場に残って管理をしてくれたパートさん・社員さん達が居てくれたので、自転車耐久レースに参加することが出来ました。

農場で管理をしてくれたパートさん・社員さん、自転車耐久レースで、頑張ってくれた社員さん、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

ページ上部へ