ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

カランコエ講習会

2日間カランコエの技術講習会に行ってきました。

愛知県にある種苗輸入会社の株式会社ハクサンさんが主宰してくれました。

小林花卉から、私と頭の良くなる花の責任者小池君と一緒に行きましたよ。

 

朝一番に埼玉を出て、お昼から講習会スタートです。

やはり愛知はちょっと遠いと思ってしまいます。

でもいいお話聞かせて頂きましたよ。

今回は、ドイツのデューメンオレンジ社から、カランコエ育種の責任者のアイクさんと、

マーケティング担当のフォッコさんが、それぞれの立場の話しをしてくれました。

 

201594181958.jpg

アイクさん

カランコエを育種して38年、カランコエ一筋のブリーダーです。

八重のカランコエを世の中に初めて出したのもアイクさんなんですよ。

 栽培方法を基礎から丁寧に講習してくれました。

栽培方法を生産者に教えられて初めてブリーダーだと仰っていました。

世界中を飛び回り講習をしているんですから、さすがです。

 

 

20159418220.jpg

こちらがフォッコさん

カランコエはデューメンオレンジ社では、重点品目なんですよ。

ですから販売データや販売方法が、蓄積されてとても勉強になります。

 

 

 

 

そして、今回の目玉がこちら

20159418267.jpg

201594182632.jpg

201594182537.jpg

巨大品種のグランディーバシリーズ

ピンボケで申し訳ないです。

 

3品種がいよいよ生産販売に向けて最終調整に入っています。

これからいい品種がどんどん世の中に出てきますよ。

 

消費者の方に喜んでもらえるよう、取り組んでいきます。

今回はハクサンさんの力を借りて、デューメン社さんの品種を届けたいと思います。

関係者の皆様ありがとうございました。

いい商品作っていきましょう。

 

子育てセミナー in 小林花卉

今日も雨のち曇りと、天気に恵まれません。

天気はコントロールできないと言え、晴れてほしいと願ってしまいます。

なにせ涼しくなって過ごしやすいのはいいのですが、く植物は柔らかく伸びてきています。

例年通りの晴れの日差しを想定して植物管理を進めているので、対応が後手ですね。

 

 

昨日は、杉井さんに来ていただき、子育てセミナーを開催しました。

 

杉井さんのこの子育てセミナーを受けたのが、きっかけで、経営塾でも勉強させてもらおうと思ったのです。

子育てのことを題材にしながら、コミュニケーションの仕方を学びます。

 

昨日は全4回の子育てセミナーの第1回目でした。 

 

今までの問題点は、子育て(コミュニケーション)が目先の対応にとらわれて、どう育ってほしいか目標が明確になっていない場合や、

子育て(コミュニケーション)の方法が時代に合わなくなっていることなんです。

第1回目は、自分がやっている対応で、相手がどうなっていくか、考えてもらいました。

私たちのやっている行動が、どう周りの人たちに影響を与えているのか、この講座で気づくことができたと思います。

相手の人が成長できるようにと思って言った言葉が、相手との関係を悪くしていたなんてことがありました。

こういった場合、どのようにしていけばいいか、これから勉強していけるんです。

 

社員さんがセミナーを受けてくれるのはありがたいことです。

この子育てセミナーを受講してくれたことで、同じ目線で話ができるようになると思います。

 

子育てセミナーでコミュニケーション技術を磨いておけば、どこの会社に行っても働いている人たちと協力して仕事を進めることができるようになると思います。

会社として社員さんには、植物を育てる専門職の技術を身に付けてもらうだけでなく、どこの会社に行っても通用するオールマイティーの技術も身に付けてもらいたいと思います。

そのうえで、小林花卉で働いてもらえるよう、魅力ある会社を作っていきたいですね。

 

 

カラミンサ と コレオプシス コリー

すっかり涼しくなりましたね。

ニュースを見ていたら、10月中の気候だと言っていましたよ。

8月は、平年を上まわる気温でしたが、後半は10月の気温、大変な温度差です。

頭の良くなる花などは、出荷が遅れてしまう事も想定して管理を気にしていきたいですね。

寒くなることで、管理が難しくなりましたよ。

社員さん、植物の顔色をうかがいながら、温室の管理に気を付けてくださいね。

 

さて、カラミンサができました。

 

このカラミンサ、種からできる品種なんですよ。

ブルーとホワイト、2種類あります。

ブルーのほうが早生のため咲いています。

2015829202148.jpg

こちらはブルーです。

色はブルーではないですね。ラベンダー色というんですかね。

ブルーのカラミンサは珍しいですね。

 

ホワイトは開花まであと1週間ほどかかりそうです。

楽しみにしていてください。

 

さわやかな香りのするカラミンサ、宿根して毎年春から秋まで楽しめる植物です。

おすすめ品ですよ。

 

 

 

 

こちらは(コレオプシス コリー) シンジェンタ社の商品です。

夏の間中咲いているはずでしたが、咲いてこず、今やっと花が上がってきました。

この商品はまさか、来年まで出荷お預けのパターンじゃあないですよね。

これから、花がどんどん上がってくることを期待しています。

201582920233.jpg

こちらも宿根草で大きくなっていきますよ。

 

愛知、岐阜、そして三重の視察

昨日の夜から尾張一宮に入り、今日は朝から岐阜、愛知の農場視察をしてきました。

お世話になっている佐藤さんが、それぞれ特徴のある農場を探して、案内してくれました。

 

まず一件目の視察先は、グリーンハウス白木さんです。

白木さんの農場には以前にも訪問させていただきましたが、その頃と比べて商品構成が変わっていました。

時代に合わせて販売商品を転換させる柔軟な対応力は、私も学ばなければいけないと思いました。

取引業者の方にお願いされた商品も多くあり、堅実に商売をしているように思いました。

 

 

オーストラリア原産のフランネルフラワー

2015827223632.jpg

岐阜県の試験場が品種改良した品種で、岐阜県の生産者限定生産商品なのですよ。

白木さんのところでも丁寧に栽培されていました。

2015827224255.jpg

種をまき、一度この小さなセルトレーに仮植をして、ポットに定植しているんです。

丁寧ですよね。

 

2015827224612.jpg

こちらはコンパクトタイプのシュウメイギクだそうです。

種苗登録の申請も済ませ、白木さんのオリジナル品種なんですよ。

 

2015827224939.jpg

斑入りの植物キレイですね。

私たちの今日の予定を聞いて視察先のアドバイスもしていただき、いろいろ気を遣わせてしまいました。

丁寧に対応してくれた白木さんを見て、白木さんの人柄というのも一つの商品になっていると思いました。

白木さんありがとうございました。

 

 

 

 

そして三重県にある、なばなの里にも連れて行ってくれました。

佐藤さんに教えて頂きましたが、直売所なんですって。

それにしても広いですよ。

 

びっくりの売り場面積です。

201582723847.jpg

 

そんな中面白いモノ見つけました。

2015827231130.jpg

カボチャです。

ハロウィンが盛んになってきたこの頃、花業界としてもハロウィンは見逃せないのではないでしょうか。

このカボチャもそのうち売れる様になるのではないでしょうか。

小林花卉のランタナらんらんも販売されていました。

三重で出会うと思わなかったのですが、自社商品が並んでいるとうれしいですね。

それにしても大きな売り場、ぜひ皆さん、なばなの里行ってみてください。

掘り出し物も見つかりますよ。

 

 

 

さて次に行ったのは、水谷園芸さんです。

2015827231852.jpg

立派な建物です。

なんと!!

2015827231954.jpg

軽トラも温室内に入れられるんです。

導線を考えて作ってありますね。

他にも温室と露地の設備がありました。

2015827232219.jpg

あの温室は軒高5メートルはあるんじゃないですか?

秋冬に向けての仕込でいそがしそうでした。

忙しいところありがとうございました。

 

 

 

さてもう一軒、角田ナーセリーさんです。

花業界で知らない人はいないのではないでしょうか。

ぐるっと一回り案内して頂きました。

 

2015827233114.jpg

出荷作業

 

2015827233147.jpg

そして、定植作業

 

忙しいところ時間を割いて丁寧に対応してくれた角田専務ありがとうございました。

 

今回視察でいろいろなタイプの生産者、生産企業を見させて頂きました。

それぞれ特徴があり大変勉強になりました。

私の留守中も農場を守ってくれているパートさん、社員さんのためにも、

視察して学んだこと農場に落とし込んでいきたいと思います。

 

 

皆さん、秋の出荷と仕込みの忙しい時期にお邪魔させていただきありがとうございます。

本当にお邪魔だったと思います。

でも丁寧に対応して頂いた方ばかりでした、ありがとうございました。

そして何と言っても佐藤さんに案内をしていただいたおかげで、多くの発見がありました。

佐藤さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

夏祭り

今日はこちらは一日曇り空でした。

台風が九州方面に来ていますが、被害が出ないことをお祈りします。

 

農場では、ウィンターコスモスがすくすく成長しています。

いや、生育旺盛なウィンターコスモス、予想以上の生育に対応が後手に回ってしまっています。

よい商品を届けられるよう、きちんと手を打っていきたいと思います。

 

さて、今日は、保育園の夏祭りが昨日行われたので、そのことを書かせていただきます。

子供が通っている保育園は、私も通っていた保育園なのです。

家から一番近い保育園で、近いからここだったと思っていました。

しかし、さくらんぼ保育園と言って、斉藤公子先生が創設した「自然派保育」、いわゆる泥んこ保育というカテゴリーに入る保育方針なのですね。

私のころは斉藤公子先生が園長で、教わった記憶がちょっとだけあります。

ここの保育園の先生は、親とも勉強会をしたり一生懸命に子供のことを考え接してくれているんです。

親になって、わかったのですが、素晴らしい保育園なんですよ。この保育園に通わせてくれた両親に感謝します。

 

そんな保育園の夏祭りですから、夏祭りも一味変わっています。

2015823173623.jpg

お母さん方による手作りの料理の屋台、

201582318827.jpg

20158231896.jpg

 

 

 

そしてお父さん方が作ったねぶた

2015823181116.jpg

ゼロから作ったんですよ。

2015823181958.jpg

2015823182147.jpg

木材と針金を骨にしているんです。

ではもう一度

2015823182341.jpg

2015823182425.jpg

2015823182453.jpg

この絵は大島園長が描いたのです。

さすが園長!!

 

 

泥んこ保育に似合わない格好の素敵な男性と、カメラマンさん

2015823182618.jpg

みたことありますか?

2015823182745.jpg

そしてインタビューを受けているこの方

201582320238.jpg

この車の持ち主でした。

すごいでしょ!?

車から木が生えてきているんですよ。

この車、はるばる沖縄から来たのだそうです。

2015823182920.jpg

ジャングルカー、ガジュマルカーなんて呼ばれているそうです。

ネットで調べてみてください。

 

 

 

 

さてサプライズ訪問のあった夏祭りですが、

保護者の方の太鼓で、始まりです。

 

2015823195722.jpg

201582320515.jpg

 

 

そして年長さんのリズム。全員裸足です。

2015823195845.jpg

 

 

 

父親たちも張り切ります。

2015823195935.jpg

 

 

子供たちも太鼓をたたくんですよ。

20158232007.jpg

 

 

年中、年少さんは、竹をたたく竹乱打!!

201582320718.jpg

憧れの年長さんを目指しています。

 

 

先生方の出番です。

201582320925.jpg

2015823201014.jpg

元気いっぱいの、荒馬踊り?です。

 

暗くなってきても、地元の盆踊りを踊ったり、沖縄エイサーをやったり、

よさこいソーランをみんなでやったり、子供たちも保護者の方たちも

楽しんだ、さくらんぼ保育園の夏祭りでした。

保育園の先生方は夜遅くまで夏祭りのために残って準備をしてくれていたんです。

先生方のおかげで楽しい夏祭りになりました。

親になってみると、いろいろな人に支えられて大きくなってきたのがよくわかります。

先生方ありがとうございました。

 

今日はプライベートな話に付き合っていただきありがとうございました。

 

 

サポステ

皆さん、地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)って知っていますか。

サポステは、厚生労働省が認定した就労支援機関なんですよ。

専門的な相談やコミュニケーション訓練などのステップアップ、協力企業への職場体験など、

就労に向けた支援を行っています。

 

今日は、その深谷若者サポートステーションさんの方々が農場に見学しに来てくれました。

深谷サポステで小林花卉の職場体験をしてから、そのまま続けて働きに来てくれたタッキーの活躍を見に来てくれたのです。

相談支援員の方1名と、サポステで訓練されている方3名の方が、見学していきましたよ。

 

タッキーが働きに来てくれてから、一か月がたちました。

2015821194913.jpg

入社2年目の荒蒔先輩がキチンとタッキーに教えてくれているので、めきめき上達しています。

荒蒔君も人に教えることで、また成長してくれています。

やはり後輩ができると、違ってきます。

荒蒔君のためにもタッキーのためにもなっているのでよかったです。

 

2015821194612.jpg

荒蒔君は、タッキーに任せてどこか行ってしまいました。

それでもタッキー頑張っていますね。

 

2015821194712.jpg

もう一人前です。

 

タッキーのように、小林花卉で働いて経験を積んで活躍できるよう、小林花卉がお役に立てるならば、うれしいことですね。

農業という自然相手の職業で、植物に触れながら、多くの人と協力し合いながら仕事を覚えて行ってもらえればと思います。

 

 

 

花園直売所

今日は、いつもお世話になっている佐藤さんの来社の日でした。

 

 来てくれた時は、花園直売所の食堂でお昼ご飯を食べるのですが、

今年の夏は直売所が全面改装となり、食堂もお休みしていたのです。

やっているかどうか、心配しながら行ってみると、開店していましたよ。

 

2015819201741.jpg

のれんが新しくなっていました。

 

2015819201939.jpg

基本的な場所は変わっていませんが、内装もやり直しすっきりしていました。

 なんと、食券を買うとそのままオーダーが入るシステムに変わっており、新たなシステムが

組まれておりました。雰囲気は田舎の食堂ですが、中身はすごいんです。

 

 私は、ざるそばセットを頼みましたが、セットについてくるモツ煮がうまいんですよ。

お昼は、地元の人たちでいっぱいですが、おいしいので寄ってみてください。

 

直売所もリニューアルし大きくなりました。

かなり大型店で棚も多いのですが、お昼には商品が少なくなってしまうのです。

午前中にある程度売れてしまうんですよね。

 

お花の温室は、まだリニューアル中でした。

早くオープンしてほしいです。

 

地元の生産者さんが出店している直売所、価格も安めで、生産者の私もびっくりしてしまうときがあります。

 

9月オープンの予定です。

関越自動車道 花園インターを降りて秩父方面に向かい1キロくらい走ると花園直売所があります。

花園直売所、皆さんぜひお立ち寄りください。

 

あれっ 今日は、花園直売所の紹介になってしまいました。

佐藤さん、今日もありがとうございました(汗)

 

 

 

 

 

ウィンターコスモス、ランタナ、ポーチュラカ、ヘリオトロープ等々

今日はお盆が明けて、パートさんも多く来てくれました。

雨でしたが、お盆明けから予定していた商品を出荷していきました。

 

出荷品を紹介しますね。

201581718214.jpg

おっと! ラベルがまがってました。

こんな形に仕上げています。

2015817182535.jpg

寄せ植えの芯になるような大きめの丈にしています。

しかし、大きすぎたり小さくなりすぎたり、微妙な調整に毎回頭を悩ませています。

どのくらいの大きさが使いやすいでしょうかね。

 

続いてはこちら

2015817184246.jpg

2015817185852.jpg

ランタナ 赤もこりん

 

そして

2015817185954.jpg

2015817185919.jpg

ランタナ もも もこりん

 

2015817194253.jpg

香水の原料にもなる、香りの素晴らしいヘリオトロープ

 

201581719527.jpg

2015817195238.jpg

田中農園さんの品種、 ポーチュラカ 華ミステリア

ピンクがよく出て、本当にきれいなポーチュラカですね。

 

ここから寄せ植えプランツです。

2015817192342.jpg

2015817192225.jpg

ブッドレア シルバーアニバーサリー

暑さ寒さに強く、冬になると、シルバーリーフがさらに深まります。

 

2015817192729.jpg

グレコマ バリエガータ

こちらも暑さ寒さに強い植物です。

 

2015817192757.jpg

グレコマ ライムミント

散り斑のグレコマ、茎が赤くなるんです。

 

2015817192820.jpg

リシマキア ヌンムラリア オーレア

ライム色がきれいですよ。

 

お盆明けから、小林花卉は出荷のラッシュです。

 

 

ポインセチアが発根したので、俊と林さんが育苗室から苗を移動をしてくれました。

201581720125.jpg

201581720251.jpg

液肥をやり、穂に力をつけて定植に移ります。

 

まだまだ仕事がありますが、買った人に喜んでもらえるよう、丁寧に商品を作っていきたいと思います。

 

ポインセチア第一弾の状況です

今日でお盆も終わりましたね。

明日からいよいよ後半戦スタートです。

お盆中も、働きに来てくれたパートさん社員さんのおかげで、作業が進みましたよ。

この期間にやった作業はというと、ポインセチアの定植、ウィンターコスモス?回目の摘心、

ウインターコスモス初回の出荷用温室への移動、ウィンターコスモス?回目のスペーシング、

寄せ植えプランツの仕込み、ポインセチア一回目の摘心作業等々。

そして市場再開に向け出荷作業もありました。

本当によく頑張ってやってくれました。

ありがとうございました。

 

働きに来てくれている人たちのおかげで、世の中の人たちに花を届けることができているんですよね。

改めてありがたいと思ったお盆休みでした。

 

 

さて、お盆中に作業をしてくれたポインセチア一回目の様子です。

まずは、三日前の摘心する前の画像です。

201581620213.jpg

 

そして、摘心後の写真です。

20158162039.jpg

 

201581620347.jpg

キチンと摘心されていますね。

 

201581620429.jpg

摘心と一緒に上の方の葉も取り除いてしまいます。

 

この方法は一般的ではないと思いますが、数年前から小林花卉では摘心後に

一緒に上の方の葉を取り除いています。

 ひと手間多くかけますが、その分品質が良くなるんですよ。

でもなんで、葉をとってしまうと思いますか。

それは、光が脇芽に当たり、間延びしないようにするためなのです。

葉をとるという事は、光合成量が少なくなるので植物にとってはいいはずはないのですが、

経験上とってしまった方が、いい品質に仕上がっています。 

 

9月の上旬にシェードできる温室に入れ、日の長さを強制的に短くして、開花を進めます。

そして11月上旬には出荷となります。

短期間で、やることが多いミニポインセチアですが、一つ一つの作業をキチンとして、

品質の良い商品を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

盆踊り

今日は晴れて、朝から蝉の鳴き声が聞こえてきていました。

アブラゼミに交じってミンミンゼミの声がよく聞こえてきました。

 

今日は終戦70周年ですね。

戦争のない世の中になってから70年が経ちました。

戦後に生まれた、団塊の世代の父が鉢花の生産を始めて私で2代目です。

平和な世の中に生まれ、花産業に携わることができていることは、幸せなことです。

平和な世の中だからこそ成立し、多くの人たちが花を楽しむことができているのですよね。

先人たちが望んだ、平和な世の中を生きている私たちですから、

幸せに生きていくことが供養になると思います。

 

また、今晩、地元の自治会の盆踊りがあります。

夏というと、うだるような暑さと蝉の声、そして盆踊りが記憶にあります。

盆踊りはご先祖様への供養するための行事でもありますが、私の夏休みの思い出にもあるように、

子供たちにとって記憶に残るふるさとの思い出になるのではないでしょうか。

そう思うと、ご先祖様と未来の子どもたちをつなぐ役目を果たしているのでしょうね。

 

農業はご先祖様が守ってきた土地を使って生産しているところがほとんどだと思います。

そして地域ぐるみで守ってきた田畑であります。

大事に使い、多くの人たちに幸せを届けられるよう、小林花卉の花たちを育てていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ