ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

花卉懇談会セミナー

今日は、私の母校の東京農業大学に行ってきました。

毎年7月に開催されている花卉懇談会セミナーに参加です。

「花産業が必要とする商品開発の仕掛け人」というテーマで3名の講演者のお話を聞かせて頂きました。

 

 1人目は、公的機関の考える商品開発という題で、茨城県生物工学研究所の本図先生がお話ししてくれました。

35年の研究発表を聞かせて頂きましたが、生産者ではやりきれない、専門的な育種や栽培技術などのお話を聞かせて頂きました。

緻密なデータの蓄積や、生産者との連携やメディアの利用など、素晴らしい取り組みを聞かせていただきました。

その中で本図先生は、品種は育てるもの、単なる道具にしてはいけないという事をおっしゃっていました。

オリジナル品種を持っているものとして、品種開発だけでなく育てていくことにも力をいれていきたいと思いました。

 

2人目はオリジナル品種のバラを「和ばら」というオンリーワン商品に仕上げて展開している國枝さんです。

自分の世界観を大切に持ち、共感してもらえるよう相手に丁寧に伝えていく、これをコツコツと続けていっている方だと思いました。

情熱が一番の武器ですね。自社の商品「和ばら」の良さを伝えるために、農園遠足、出張和ばらを束ねる会、デモンストレーション

努力を怠りません。

写真を観させてもらうと、さすがキレイなんですよ。ほんといい品種だと思いました。

この魅力を多くの人に伝えていくことの大事さを学ばせてもらいました。

小林花卉のオリジナル品種、もっともっと魅力を発信していきたいと思いました。

 

3人目は大田花き花の生活研究所の内藤さんです。

7というマジックワードから流行を紐解いていく手法は、聞いていて面白かったです。

アナログ期とデジタル期が28年ごとに交互に繰り返されるサイクルになっているとのことです。

1999年を境に1999年以前がデジタル期、1999年以後がアナログ期だそうです。

今は2015年、アナログ期のピークを越えデジタル期の影響を受け始めたとのことです。

アナログは曲線的、女性的、自然派、 デジタルは直線的、男性的、都会的といったイメージです。

車も曲線的なものが多かったようですが、最近やや直線的で男性的なデザインが見受けられるようになりました。

こういったことを意識しつつ、商品開発を私もしていきたいと思いました。

 

 今回久しぶりの花卉懇でしたが、業界の大先輩たちが役員として運営してくれていました。

業界のため、時間を割いて花卉懇の運営に骨を折ってくれる、すばらしい方々が居てくれていて会が成立しているのでした。

貴重な時間を頂くことが出来ました、ありがとうございました。

 

 

 

埼玉だっていいところですよ

昨日は、蒸し暑い日になりました。

静岡にあるするが花卉市場の曲淵さんが山回りに来てくれました。

市場の人は、生産者の農場を訪問して、どんな商品を作っているのか、その商品のできなどを見に来ます。

それを、山回りっていうのです。

 

 その曲淵さん、「埼玉のこの蒸し暑さは耐えられないですよ」なんていう事を言っているんです。

小林花卉のパートさん・社員さんは、その埼玉の温室の中で働いてくれているんですよ。

改めてそんな環境の中でも働いてくれていることに、感謝です。

 曲淵さんはウインターコスモスを見ていきました。

去年は大雪で温室がつぶれて、ウインターコスモスが作れずにいたのですが、

今年は生産可能となりましたので期待をしてくれていました。

品質のいい商品を届けられるように管理をしっかりしていきたいと思います。

 

また、鉢に植えてあるランタナ 赤もこりんも見て、高評価を頂きましたよ。

これからは、「曲淵さんおすすめの」という枕詞を付けたいと思います(笑)

暑い埼玉だって、品質のいい商品はできるのですよ。

 

夏こそ深谷を味わえる時だと思います。

皆さんぜひ、日本有数のホットな地域を味わいに来てください(笑)

曲淵さん、山回りに来てくれてありがとうございます。

 

今日は、全国育成者の会が、サンシャイン60であります。

一緒にアメリカ視察に行った方たちの報告発表があります。

キチンと聞いてきたいと思います。

 

 

実野里さんにお中元に行きました。

今日は、私が学校を卒業してから2年間研修させていただいた、㈱実野里さんにお中元に行ってきました。

実野里の社長さんは15年前、何も分からなかった私の人生に大きな影響を与えてくれた私の恩師です。

毎年、研修生仲間と一緒に、社長さんに顔を見せに行っているのです。

 

今回は6名の研修生仲間と一緒に顔を出すことが出来ました。

温かく迎え入れてくれる大黒社長、高橋部長、桝本さん、加藤さんとお会いできました。

生まれた場所で暮らしているので、普段ふるさとというものは感じませんが、

実野里さんは、私にとってのふるさとなんだと思っています。

原点に戻れる場所、私にとって大切な場所です。

 

実野里さんは、HPを見てもらうと分かりますが、園芸店をやっています。

私のころは、売店はやっておらず、ホームセンターへ花を卸す卸専門の会社でした。

今でも卸業務は継続してありますが、売店部門、外構部門ともっと消費者に近づいています。

時代の変化に合わせ、そして目的をぶれずに進むことで、こんなにも変わるのかというのを今でも学ばせて頂いています。

 

 農場でのあいさつを済ませた後、社長は私たちをご飯に連れて行ってくれました。

その中で、社長がお話をしてくれました。

・すぐできるものは、ほかもすぐやれるよ。

 他がやりたくないというものを、一生懸命やると強いんだよ。

・利益が少ないものは、きちんと少なくてできないという。

 それで販売できなくても、そんな商売は長続きしない、バイヤーもいずれ私の言っている事がわかる時が来て、

 わかればいいと思う。

・花にこだわらなくても、整合性があればやってみていいんだよ。

 自分のいっていることが、ぶれていないことが振り返ってそうだったと思う。

 今の人は、その線までも踏み出そうとしていないよ。

・私はよっぽど運が付いているけど、それでも悪い時もあるんだよ。

 人は困っても助けてくれないよ。助けてもらおうと思っているのがそもそも間違いだけどね。

・研修生を叱れたのも、自分の息子だと思って叱っていたからだよ。

 そういう気がないのなら、研修生を受け入れたりしてはいけないよ。

 

いろいろな経験をしている大黒社長の言葉には、毎回重みがあります。

 社長から、「皆はこれからどんな目標があるんだい」と聞かれました。

そして、「答えがあいまいなのなら、ただ毎日を過ごしているだけになっているんだよ。」とおっしゃいました。

それぞれの研修生がそれぞれの目標を話していました。

 

私は、農場を大きくして、お花をたくさん販売していこうと思っていました。

しかし、会社は社会の公器だという事を、考えるようになってからは、目的が変わってきました。

お客様の喜んでもらえる商品を作ることがまず第一ですが、その商品を作る従業員さんにも、

喜んでもらえるやりがいのある農場を作ることも大事だと思います。

 

その目的に向かい、やっていきたいと思います。

大黒社長、研修生の皆さんありがとうございました。

社員研修

今日は昨日の社員研修の報告です。

同じ深谷市内のきんとう旅館さんで、開催させていただきました。

このきんとう旅館さんは、江戸時代に中仙道深谷宿の旅籠として180年続いている旅館なのです。

なんと明治天皇も休まれていった由緒ある旅館なのです。

2015719195135.jpg

明治天皇がご高覧された、ひばの木も中庭にありました。

 

 

さて、この研修の目的ですが、いつも頑張ってくれている社員さんたちに

楽しんでもらおうと思って開きました。

慰安旅行みたいですか?

いえいえ、決して違いますよ。

研修です。

この研修は周りの人を大事にするという研修です。

 

そのため、研修の趣旨として、初めのあいさつで、こんな話をさせてもらいました。

自分の人生がいい人生を送れるかどうかは、今が人生ですから、今の時間をいい時間にすることです。

それには、自分の周りの人が、楽しんでいるかどうかという事が大事な要因ですよね。

 ですから、今日は、いい人生を送ろうとするためにも、自分が楽しいだけでなく、周りの人たちを楽しませるという、

相手が喜んでくれているかどうかという基準で行動してみましょう。

自分の行動によって、相手が楽しんでくれればOK、自分がお酒を飲むことで相手が喜んでくれればOK、と思ってください。

そして、みんなで「今日のきんとう旅館さんでの研修がよかった」と、思い出に残るようにしていきましょう。

 

あれっ、やっぱり慰安旅行みたいですか?

 

そんなわけで始まりました。

201572110336.jpg

 

2015719195926.jpg

まだ場が、温まっていないようです。

 

201571920356.JPG

注いで

 

201571920435.JPG

注がれて

お酒の席では神のような存在、小池先輩、

しっかりと宴会時のマナーを、社員さんに教えてあげていました。

 

あっという間の1次会、楽しい思い出でしたが、写真が撮っていなかったです。

思い出も画像に残しておきたいですね。

 

 

続いての研修は、場所を変えてカラオケへ

まだまだ研修は続いているのでした。

201571920951.JPG

山田君、いい歌でしたよ。

ところでなんて歌でしたっけ?

 

2015719201036.JPG

奥地君、顔出し厳禁?

手で見えませんね。

 

201571920110.JPG

マッキー熱唱!

ノッテいましたね。

 

2015719201130.JPG

周りもノッテますよ。

2015719201622.jpg

こっちでも!!

2015719201159.JPG

こちらでも!!

 

あくまで研修です。

相手に楽しんでもらうため、体を使って盛り上げる。

社員さんは、体験しましたよ。

 

 

 

 

やり遂げた感のある社員さんたち、

研修終了後の懇親会へ?

また居酒屋さんに行きました。

201571920246.jpg

 

ここでも、

201571920189.JPG

まだまだ元気です。

 

 

 

最後は、しめのラーメンでした。

2015719202044.jpg

 

 

 

社員さん研修お疲れ様でした。

一人も欠けることなく、みんな最後まで付き合ってくれてありがとう。

楽しかったね、本当にいい思い出になりました。

楽しい時間ばかりではないと思いますが、今いる仲間を大切に、これからもいい人生を作っていきましょう。

 

また、昨日遅くまで、参加してくれた社員さんですが、寝不足の中でも朝からしっかりと働いていました。

こんな社員さんたちがいてくれて、ありがたい限りです。

 

 

 

 


201572110152.jpg

お客様と社員研修

今日も雨が降ったりやんだりでした。

明日は晴れるとのこと、もう少しで梅雨が明けますかね。

 

今朝は早くから、お世話になっている神奈川県にある木村植物園の吉田店長と、

これまたお世話になっている小田原園芸、藤沢常務が来てくれました。

5時に出てきたそうで、朝6時半に農場に来ていただきましたよ。

埼玉県の生産者の視察をするため、朝早くから夜までびっしりのスケジュールだそうです。

視察先を減らせば、その分ゆっくり出てこれるところでありますが、私の農場に寄るため、

早く出てきてくれてありがたいことです。

 農場をぐるっと視察して、視察終了予定時間までお話させていただきました。

お店の方の持っている情報は、お客様と直接触れ合っているからこそ分かるものでした。

色ひとつ、草丈ひとつ、出荷時期ひとつで、使い方や楽しみ方が、全く違う商品に変わりそうです。

自分の作りたい商品を作っているだけでは、趣味ですよね。

お客様が満足する商品を提供してこそのプロです。                                             

「こういうものが欲しかったんだ」そんな期待にお答えできる農場になりたいと思います。

木村店長、期待して待っていてください。

 

 

 お客様が満足する商品を、提供できる農場になるためには、

管理をしてくれる社員さんたちの力を貸して頂けなければ、なければいけません。

そういった会社を作るためにも、本日はこれから、泊まり込みの社員研修です。

夜遅くまで、チームワークを深めるために、小林花卉の社員さん全員で、初めてとなる研修に取り組んできます。

どんな研修をするのかは、ここではお伝えできませんが、お客様に喜んでもらえる商品を作るためにも、

社員さんが協力し合える体制を作れるように、今日は頑張りますよ。

 

社員さん、今晩よろしくお願いします。

 

 

 

 

職人の眼 と 男気

皆さん、台風の被害は大丈夫でしたか。

農場は直接的な被害はありませんでしたが、大雨でした。

湿度があって、日照が少ないため、日向が好きな植物たちは、柔らかく育ってしまいます。

前回紹介したように、この状態に強光が当たると葉やけを起こしてしまうでしょうね。

 

そんな日向が好きな植物の一つにウィンターコスモスがあります。

この天気でウィンターコスモスが柔らかく生育してきてしまっています。

天候はコントロールできませんので、ここは、自分たちの対応が商品の良し悪しを決めることになります。

そんなウィンターコスモスを心配して林さんが、わい化剤をやってくれました。

タイミングを見ていて、「ここ」というところでやってくれました。

職人の眼が着実に養われてきています。

 

林さんも観察するという事が身についてきているので、商品を仕上げる力が格段についてきたと思います。

今年のウィンターコスモスは、このままいけば、いい商品に仕上げられるはずです。

頑張ってね。

 しかし、いい商品をお客様に届けるためには、市場の方、お店の方の力をお借りしなければできません。

社員さんの頑張りを届けられるよう、私もキチンと行動していきたいと思います。

 

 そして、なんと昨日の土砂降りの雨の時、水道管の水漏れが発生しました。

以前工事した時に傷ついた、直径50ミリメートルのパイプに傷がついており、破裂したのです。

1.2m地中深くに埋められていた水道管を掘り起してくれたのは、俊です。

天気が良くなった時に水やりできない事態にならないようにと、ぐちゃぐちゃの畑に入り穴ほじりをしてくれました。

男気あふれていますね。

大変なことを引き受けてくれた俊、ありがとう。

 

また、明日は、社員研修をします。

いい会社、いい人生を歩むためには、自分を含め、教育というものの大事さを痛感しています。

明日の社員研修を大事にして、お互い認め合い、思いやれるような会社にしたいと思っています。

そしてみんながいい人生を送れるよう応援していきたいと思います。

 

 

 

 

ご縁

今日も暑かったですね。

昨日の記録を塗り替えて、温度計は40℃。

温度計の写真を撮るのをやめました。

そんな中、まだまだ作業はたっぷりあるのです。

パートさん、社員さんは今日も頑張って作業をしてくれました。

感謝です。

 

昨日はお客様がお中元に来てくれました。

会長とご縁があって、私の物心がついていないころからのご縁です。

今は、私がお世話になっている大先輩の生産者の方たちです。

2015714214550.jpg

 そのご縁は、会長が若いころに大学校の研修を受け入れていた、生徒さんたちでした。

大学校は、生産者のところに3か月泊まり込みで、実習をすることが必修でした。

 今でも「会長のところに研修に行った」と言って、お中元、お歳暮に来てくれるのです。

研修生と言っても学校の授業の一環で3か月来てくれた人たちです。

学校を卒業して、修行のために研修をしたら、研修生というと思うのですが、

学校の授業で行っただけで、研修生といってきてくれているのです。

ご縁を大事にしてくれている大先輩方、そして父である会長を尊敬します。

 

 

そして今回もう一人、今年の3月まで小林花卉で研修をしていた小島君も初参加しました。

小島君は3か月ではなく、3年間一緒に仕事をしてくれました。

2015714214430.jpg

家に戻って初めての年、お中元に来てくれました。

研修中は、教えてあげられることは少なかったと思いますが、

卒業してからも来て頂けることありがたいことです。

 

会長と大先輩方のように、小島君とのご縁を大切にしていきたいと思います。

 

皆さん、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

庭の様子です。

いつの間にやら暑い日が続くようになりましたね。

温度計は38.5℃、何とも暑い地域ですよね。

2015713165933.jpg

 

今、会長の庭はどんな花が咲いているか、紹介していきたいと思います。

まずは、オリーブの木

201571317149.jpg

 

少しですが、実もついていますよ。

20157131738.jpg

 

 

 

 

それでは元気に咲いているお花を紹介させていただきます。

201571317446.jpg

宿根サルビア ブルー

 

201571317634.jpg

宿根サルビア ホワイト 

再度咲いてきました。

 

201571317946.jpg

宿根サルビア パープル

こちらは刈り込んで、蕾が上がってきた状態です。

 

2015713171120.jpg

倒れてしまった花茎もありますが、ヒューケラの花も長いですね。

 

2015713171241.jpg

エキナセア最近きれいなものが、多く販売されるようになりました。

夏中咲いているのでしょうか。

エキナセアは楽しみですね。

 

2015713171614.jpg

ダリアも素晴らしいですね。きれいに咲いています。

 

201571317171.jpg

斑入りカンナもいい雰囲気を出していますね。

 

 

2015713171853.jpg

ヤマボウシは実が大きくなりましたね。

 

201571317231.jpg

 アガパンサス

 

 

そしてびっくりなのが、デルフィニュームです。

2015713172918.jpg

 

2015713173023.jpg

 

2015713173110.jpg

地中から脇枝が出てきて咲いてくるのですね。

この暑さの中でもきれいに咲いているのでした。

デルフィニュームが人気な訳が分かりました。いい植物ですね。

 

 

 

 

暑い中、カエルさんが四つ葉のクローバーを運んでいました。

201571317320.jpg

ハッピークローバー

 

 

サントリーフラワーズさんとの共同育種商品、

名前は「ハッピークローバー」っていうんですよ。

秋出荷に向けて農場では生産が進んでいますよ。

 

 

ランタナ シャンデリーナ vs コバノランタナ ミニらんらん、宿根バーベナの経過

今日も暑い日になりました。

外に置いてある温度計を見たら最高気温37℃!!

いよいよ暑くなってきました。

 

今日は日曜日でしたが、社員さんたちは頑張ってくれましたよ。

来週からポインセチアの生産が始まるます。

挿し木の温室を空にして、苗が入ってくるのに備えようと育苗室にある苗を移動してくれました。

夏がやってきたと思ったら、もうクリスマスの話です。季節を先取りどころの話ではないですね。

 

 

でも季節はこれからが夏本番

夏に強いランタナの紹介を待たします。

まずは先月植えたときのブログから見てください。

今日はシャンデリーナの1か月後の生育状況です。

 

シャンデリーナ イエロー VS ミニらんらん イエロー

2015712194510.jpg

このミニらんらんイエローもいい品種です。

 今はやや花が少なそうに見えますが、実物は蕾もあってきれいに咲いてきます。

ただ、枝がしなやかなため、立体的にならず地面に張っていくように生育すると思います。

 

 シャンデリーナ イエローは枝が硬く花も大きいので、見栄えがいいですね。

こちらも問題があることがわかりました。

種が付きやすいんです。

特にわい化剤をやった後のものは、とても着いてしまいます。

(お店に並んでいる間ということになります。)

 

 

そしてもう一方の対決です。

 

シャンデリーナ ローズ VS ミニらんらん ピンク

201571220422.jpg

 シャンデリーナ ローズは、枝数、分枝数、花数、すべてにおいて いい品種です。

見た通り、このままでもきれいに咲くことができそうです。

楽しみですね。

 ミニらんらんピンクは、鉢上げ時のポットの大きさが小さいことが災いするのか、

強い枝が出てきています。ここで剪定をすれば、いい状態になるのですが、

シャンデリーナを基準に考えさせてください。

 

性格が少しずつ違うランタナでも、選定の高さや、潅水量、剪定の時期、わい化剤などで、

同じような顔つきにして、市場に出荷するのが、技術となります。

 

お店でいい顔でいてもらうのが、生産者の腕でありますが、

もともとの性格は、植えてからでないとわかりません。

この性格をよくするためには、品種改良していきたいと思います。

 

 

 

そのほか、今日は紹介してしまいますよ。

 

宿根バーベナ ペティーナミックス植え

今日はいよいよ剪定しました。

剪定前

2015712205058.jpg

 

 

剪定後

2015712205125.jpg

ここでひとつ、ポイントがあります。

宿根バーベナの剪定は葉を残してください。

葉がなくなると、その枝は枯れていくことが多いのです。

次はいつごろ咲いてくるでしょうか。

 

 

 

暖竹(ダンチク)

2015712205317.jpg

 

きれいですが・・・・・。

 

どうしましょう(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しが戻ってきました

今日は久しぶりの太陽でした。

パートさんも暑そうに、汗を拭き拭き作業をしてくれました。

太陽が出てくれるのはありがたいですが、急激な晴れは、人間だけではなく、植物にもダメージがあります。

 

植物は長雨の影響で柔らかく伸びてしまっています。

日影の植物がヒョロヒョロに伸びるのは、太陽の光が足りないからなのです。

葉の色も薄く、葉が大きく厚みは薄くなってきます。

そんなときに強い日差しが当たると、突然の強すぎる光のためにはやけを起こすのです。

大切に育てていた植物に、この症状が顕著に出てしまいました。

 

心配はしていたですが、日影にしてあげたり、葉やけを防ぐ対策をすればよかったのですが、、

しませんでした。

そのために葉やけしてしまいました。

でもここまでひどく葉やけをするとは予想以上です。

こんな症状です。

2015710175858.jpg

半分ぐらいが葉やけになってしまったのです。

この植物は何だかわかりますか?

 

こんな形の葉っぱですよ。

201571019034.jpg

この葉をおひたしにしたり、てんぷらにして食べます。

 

 

緑のカーテンに使用しています。

201571018242.jpg

正解は、≪おかわかめ≫でした。

 

見てもらった通り日差しが強いと葉が焼けてしまいます。

このくらいの日差しで傷むのでは、おかわかめは夏を乗り切ることができるのでしょうか。

どうなるか観察していきます。

 

 

 

 コンピューターでは膨大な情報量になっているはずですが、、日差しの強弱、水分量、肥料の量、風に当てるか当てないかなど、

植物を見ながら人間の勘ピューターは一瞬で判断して対応しているのですよね。

おかげで農場にある植物たちは、長雨の後の強い日差しの中でも順調に生育していました。

経験を重ねるごとに社員さんの勘ピューターは、最適値を探せるようになってきています。

きちんと経験を積んでくれている、社員さんがいてくれることはありがたいです。

いいデータになるよう、私もサポートしていきたいと思います。

 

栽培データに基づき、勘ピューターを鍛えて、いい商品を作っていきましょうね。

暑い中、今日も管理ありがとう。

 

 

ページ上部へ