ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

経営塾行ってきました。

昨日今日と、農場は社員さんに任せて、毎月行っている静岡経営塾に研修に行ってきました。

今回は、5月下旬にもやったマネージメントゲーム(MG)をやりました。

 MGはゲームを通じて会社づくりを学ぶことができる経営のゲームなのです。

同じ状態の会社から初めて、自己資金を増やす人、減らす人が出てきます。

それは、リスクカードというものがあり、災害や事故、逆に開発成功など通常業務ではない、イレギュラーなことが起こるからなんです。

しかし、上手な人はいつも上位に入っています。

悪いことは回避できるよう保険をして、いいことは最大限に伸ばせるように体制を整えておくことが大事なのです。

経営とは、どこがリスクなのか判断して回避する方法も考えておかないといけません。

 

 今回、杉井さんから、「いつでも優勝を狙うんだよ、MGで負けたのに笑ってられるのはおかしいよ」

と話をしていただきました。

そして、「こういうところでも、勝ちに行くという事をしていかないと、勝つことへのこだわりがなくなっていくよ」、

「練習は実践のように、実践はゲームのようにだよ。ゲームでやれなくて実践でできるわけがないよ」

とも話をしていただきました。

その通りですね。

普段の自分の基準がその人の人生の基準になっていきますよね。

一つ一つを丁寧にきちんとやっていく癖をつけていきたいと思いました。

 

そして結果はというと、私の優勝は残念ながら、次回に持ち越しとなってしまいました。

 

今回は、自分で考えていた展開に持っていくことができ、成績が良くなりました。

しかしこれでは、優勝することはできないという結果が出ました。

これも真剣に優勝を狙った結果、わかったことです。

狙わなかったら、できると勘違いしたままでした。

次回優勝に向けて、新たに考えていきたいと思います。

 

 

 

 また、朝起きて、庭の芝を刈っている杉井さんのお手伝いをしました。

今回の研修はMGであり、庭の手入れではないのですが、研修に来た方みんなお手伝いしました。

「大変なことを引き受けられる人は、信頼されるよ、相手のために動ける人は、かわいがられるよ」

という、お話を聞かせて頂いていた私たちは、ここぞ出番だと張り切って行ったのでした。

 

 庭の手入れを終えた私たちに、杉井さんが話をしてくれました。

「僕は大変な作業も社員さんにさせるよ。でも社員さんに、その作業をやってよかったと思ってもらえるようにしているんだよ」

「せっかくやってあげたのに、やって損したなんて思われちゃしょうがないよ」

 私たちがやった庭の手入れをみて、杉井さんは「きれいになったね、せっかくだからここで写真を撮ろう」

と喜んでくれました。

≪私たちがやった作業を喜んでくれ、私たちに花を持たせてくれる≫

こういう事なんですよね。

私も社員さんがしてくれている、努力や意図を認めて、社員さんが活き活き働ける農場を作っていきたいと思います。

 

2日間農場の作業と管理をしてくれていたパートさん、社員さんありがとうございました。

また、一緒に勉強に行ってくれた俊ありがとう。

 

ランタナもこりん経過報告

ランタナがどうなってきたか報告します。

ではその前に、鉢上げ時からの経過を見てみましょう。

6月4日の鉢上げ時の様子はこちらから

7月9日の様子はこちらから

 

それでは鉢上げしてから3か月たった状態を紹介します。

201587193855.jpg

赤もこりん   と  らんらん レッド

 

201587193957.jpg

赤もこりん、コンパクトな草姿は変わりませんね。

 

201587194039.jpg

らんらんレッドは元気になりましたが、伸びてしまっています。

分枝力も弱いので枝数も少ないです。

剪定してあげると枝も多くなり、見た目もきれいになると思います。

でも今回の試験は、赤もこりんとの比較試験です。

ピンチなしで成長を比べていきたいと思います。

 

 

続いてはピンク品種を比べてみましょう。

201587194247.jpg

 もも もこりん  と   らんらん ピンク

 

なんと、もも もこりんがらんらんピンクより大きくなっています。

分枝力もあり、伸びずに株ができやすい もも もこりんですが、らんらんピンクも思ったほど伸びずまとまっていますね。

201587194649.jpg

もも もこりん

201587194720.jpg

らんらんピンク

 

私はもも もこりん押しでしたが、やはり、らんらんピンクもいい品種ですね。

 

 

そういえば、もも もこりんは、夜になると寝るんです。

今回夜になってしまったので、写真に収めることができました。

静か~に見てくださいね。

201587195547.jpg

 
201587195614.jpg
 
201587195634.jpg
 
どうですか。
つぼみが下を向いていますね。
 
昼間は蕾も上を向いているんですよ。
花は上を向いたままなのですが、つぼみ夜が来ると寝ちゃうんです。
子供みたいでかわいいですね。
 
成長盛りの子供たち、いっぱい寝てきれいな花を咲かせてね。
 

ミニポインセチア

ポインセチアって知っていますか。

 

クリスマスの時に飾る、赤い葉をした植物です。

201585194143.JPG*この画像は去年のものです。

 

本当は葉のように見える赤い部分は苞という部分で、花の周りについています。

では花はどこ?と思う方もいるかと思いますが、花は真ん中の黄色い部分になります。

201585194329.JPG

 

そのポインセチア、今日から定植が始まりました。

20158519546.jpg

 

小林花卉では、毎年9㎝ポットで小さいポインセチアを生産しているんです。

その小さなポインセチアの定植は意外と大変なんです。

201585201757.jpg

 

給水スポンジに挿し木をしたものを定植するのですが、給水スポンジが大きく、

鉢は小さいため、植えるのにコツが入ります。

201585201848.jpg

 

穴をあけて根を傷めないように植える、簡単そうで意外と難しい。

201585201935.jpg

出来上がりです。

パートさんと社員さん、力を合わせてやってくれました。

 

今日もありがとうございました。

チェリーセージ ピナフォア

今日も深谷市はいい天気になりました。

チェーセージ ピナフォアの挿し木第2弾が始まりました。

20158417652.jpg

20158417811.jpg

今年は挿し木の時期がやや遅くなっています。

この作は10月から出荷予定しています。

タイトなスケジュールですが、きちんと作り込み、出し切りたいですね。

 

暑い中、パートさんたちは挿し木をしてくれています。

弊社のチェリーセージは、すべて自社オリジナル品種です。

カラフルな色をそろえています。

 

ピナフォアって、どんな意味か知っていますか。

ちょっと、この花を見て考えてみてください。

20158417164.jpg

チェリーセージの花の形が何かに似ていませんか。

 

201584171653.jpg

 

201584171754.jpg

どうですか、

ドレスみたいじゃないですか。

 

ピナフォアはエプロンドレスという意味なんです。

こんな風に見えてきませんか。

201584163523.jpg こちらのサイトから画像をお借りしました。

 

「お帰りなさい、ご主人様」

お庭で、あなたのことをお出迎えしてくれる、かわいいピナフォアいかがですか。

9月下旬から出荷となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、メイドカフェにもピナフォアという名前がありますが、

メイドカフェ ぴなふぉあができる前からピナフォアは栽培されているのです。

 

初めにつけた名前ですから、これからは、「元祖ピナフォア」と呼びますか。

それとも「総本家ピナフォア」なんかいかがでしょうか。

 

かわいくないですね。

今のままの「ピナフォア」がいいですね。

201584172151.jpg

小さなエプロン「ピナフォア」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

クーラー使っていますか

昨日は夕立がやってきました。

雨と風で、荒れ模様でしたが、皆さんのところは大丈夫だったでしょうか。

私のハウスは停電になりました。

幸いにも電気はすぐついたのですが、こういう時には、温室に足を運ばなければなりません。

なぜって、温室にクーラーが入っているんです。そのクーラーは、停電になると止まってしまうんですね。

ですので、停電になった日はクーラーのスイッチを入れに回ります。

 

 クーラーを入れてまで生産している植物ってなんだと思います。

正解は、頭の良くなる花なんです。

丈夫なはずのカランコエも、花を咲かせる時に暑すぎると、花が遅れたり、花を着けなかったりしてしまうんです。

そのため夜だけですが、カランコエの温室では、クーラーをつけているんです。

私が使っていないのにカランコエにはクーラーを使っているんですよ。過保護ですかね?

 

でも頭の良くなる花の為、お客様の為、です。

一年中お客様に頭の良くなる花を供給し品質を保持するために、こうした設備や技術を使っています。

また紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

頭の良くなる花

今日は頭の良くなる花の八重品種がきれいに咲いているので紹介します。

その前に、おさらいです。

1.なんで頭の良くなる花っていうのでしょうか。

  ヒントはこちら

2.カランコエの管理方法

 わかりましたか。ではこちらを見てみてください。

 

それでは、いよいよ品種の紹介です。

まずは3寸から

201581173238.jpg

ロザリナ ジュアン (オランダ KPホーランド社)

 

201581173517.jpg

カランディーバ ディオン (オランダ フィデス社)

 

201581175551.jpg

カランディーバ ロス (オランダ フィデス社)

 

201581175833.jpg

ハッピーピンク  (★小林花卉オリジナル品種★)

 

201581175914.jpg

ハッピーイエロー  (★小林花卉オリジナル品種★)

なんだか画像が曇ってしまっていました。

 

20158118037.jpg

3寸を並べてみました。

出荷用ケースではこんな感じです。

20158118146.jpg

 

 

 

そして4寸です

20158118225.jpg

 

 

5寸です。

20158118342.jpg

5寸になると、一鉢に3株ずつ植えてあるのです。

 

 

3寸・4寸・5寸を並べてみましたよ。

20158118754.jpg

ロザリナ ジュアン

 

20158118952.jpg

ハッピーイエロー

鉢サイズが大きくなるにつれボリュームがでてきます。

草丈、枝数、株と花のバランス、鉢サイズに合わせて調節していきます。

 

いつも蕾が多い状態で出しているので、品質がわかりにくいかもしれませんが、

頭の良くなる花は、開花した時、こんなにきれいに咲くんですよ。

 

 同じようなカランコエでも生産者によって株のしまり、ボリューム感、花穂数が違っているのです。

こだわりの職人小池君が頭の良くなる花の担当として、きっちりいい製品にしてくれており、

年々品質が上がってきています。

細部までこだわって、生産をしているこのこだわり、伝わりますかね?

 

実は、今日紹介した品種以外も試作してくれています。

発表できるようになりましたら、また紹介させて頂きますので、

これからも楽しみに待っていてください。

 

201581182459.jpg

贈り物にも頭の良くなる花 いかがですか。

 

ウィンターコスモス順調ですよ

今日も夏らしい天気になりました。

毎日同じような出だしとなってしまいますが、夏を味わっています。

でも明日から8月、夕方もやや涼しくなっているような気がします。

日が暮れるのは、確実に早くなったのがわかります。

 

今日はウィンターコスモスのご紹介です。

ウィンターコスモスは日が短くなると花を咲かせる植物なのです。

通常は10月15日ころに咲いてきます。

小林花卉では、光を通さないビニールをカーテンにして

温室内を真っ暗にして人工的に日の長さを短くしているんです。

そうして秋になったとウィンターコスモスに思わせて、花を早く咲かせているんです。

強制的に日の長さを短くするこのやり方をシェードって言っています。

 

シェードの様子です。

201573118176.jpg

真横の光が入るところも閉めて真っ暗にしてしまいます。

結構大がかりでしょう。

 

温室は閉めっきりになり、暑さがこもってしまいます。

時には、花芽の形成が遅れたり、蒸れてしまったりと、リスクはあるのですが、

お客様に、真冬になるまでの期間、少しでも多くの時間を楽しんでもらえるよう、

シェード栽培に取り組んでいるのです。

 

 

8月のお盆明けから出荷予定のウィンターコスモスです。

201573118328.jpg

 

まだ花芽は見えていませんが、順調に花芽になってきているのが見えてきました。

201573118526.jpg

わかりますか?

新芽のところを見てください。

新芽の葉の形が変わってきているんです。

こうなると、花芽が形成されている証拠なんですよ。

社員さんたちが気付いて教えてくれました。

よく観察してくれています。

 

 

9月初旬出荷予定の次のロット

201573118928.jpg

写真ではよく取れませんでしたが、大きさは違うんですよ。

花芽が形成されているかは、まだわかりませんが、今のところは順調に成長してくれています。

 

このウィンターコスモスは、林さんが担当で頑張ってくれています。

忙しい中、社員さんたちも作業のフォローをしてくれていました。

第一弾の出荷まで、あと20日、皆さん頑張っていきましょう。

 

ホワイトレディ

 今日も天気は晴れでした。

 最近、農場を訪れてくれる業界の方が多くなっております。

365日あるのに、なぜこの時期に、くるのでしょうかね。

暑さを体験したいのでしょうか、それとも自分に鞭を打つのが好きな方なのでしょうかね。

それとも小林花卉のパートさんの魅力にひかれてくるのでしょうか?

 

小林花卉のパートさんの魅力はありますが、さすがにそれだけでは来ないですよね。

私たちのために、時間を割いて商品や情報を紹介しに来てくれているんですよね。

ありがたいことです。

(深谷の暑さにびっくりして帰りますけどね(笑))

 

 

 今日は寄せ植えプランツの挿し木が本格的に始まりました。

20157301821.jpg

寄せ植えしやすい、小さなポットで生産している脇役葉(カラーリーフ)達を、寄せ植えプランツと言って販売しているんです。

小さくても手間をかけ作り込んでいる商品なのです。

2015730181154.jpg

カラーリーフだからと言って侮るなかれ、種から育てるペチュニアやパンジーなどよりも、手間も時間もかかるんですよ。

 

20157301836.jpg

ただいまイレシネ パープルレディを挿しています。

 

 パートさんたちですが、暑い中でも日に焼けないように肌を隠しながらも、作業をしてくれています。

日に焼ける仕事でも、協力してきて頂けるパートさんがいてくれてありがたいことです。

小林花卉のパートさんたちの素顔は、身も心もホワイトレディの美人ぞろいですよ。

 

美白美人さんを見たい方は、暑いさなかではありますが、ぜひ来社してください。

男性陣は黒光りしだしました。

 

 

子供神輿とゴーヤ

今日も気温が上がりましたね。

最高最低温度計を見てみました。

2015726201014.jpg

読めません、いや読みません、いやいや読みたくありません。

「同情するなら買ってくれ!」

すいません、暑すぎて何を言っているのやら・・・。

 

日なただと、このくらい上がるのです。

 農場は、暑くても寒くても、お花の出荷は途切れることがありません。

本日も頭の良くなる花や、ランタナ等々の出荷をしました。

暑い日でも、元気に管理+作業をしてくれている社員さん、ありがとう。

 

 

 暑い中、自治会ではおみこしが出ました。

小学生・中学生が参加している子供みこしです。

201572620184.jpg

 私の小さな頃は、男のお祭りで、男子だけがお神輿に参加できたんです。

そのため、中学生の先輩を核とした男社会が出来上がっていたものです。

お神輿も毎年、前年の塗料をはがし、その年の中学3年生が考えた色を塗っていたんです。

 

時代が変わって、今では、男女参加のお祭りになっています。

子供たちがお神輿を塗ることもなくなりましたし、男社会が出来上がることもなくなりました。

 

すいません ・・・古き良き時代を懐かしんでしまいました。

 

なんと・・・!

男女参加型とか男社会がどうとか、それどころではない、大変な変化が起こっていました。

見てください!!

2015726202655.jpg

 

 

 

わかりましたか? 

良く見てください。

お神輿が、お神輿ではなくなっていますよ。

 

2015726202737.jpg

なんと、山車になっていたのです。

台車にお神輿が乗せられ、すっかり山車となっているんですね(笑)

 

 子供のころは、自分たちだけでやっていると思っていたお神輿ですが、

多くの大人の人たちの協力があってできていたんですね。

親になってみて、改めて地元の人たちに支えられて育ててもらっていたというのがわかりました。

 

 

 

さて、もう一つ報告です。

ゴーヤのつるが目標の2階までとどきました。 パチパチッ

201572620334.jpg

ゴーヤの実も手では届かないところにできています。

 

ゴーヤ担当?の荒蒔君、はしごに上ってゴーヤをとりました。

2015726203352.jpg

 

小池隊長の的確な指示がここでも光っていますね。

2015726203428.jpg

 

いよいよ、ゴーヤ食べ放題になってきました。

明日、パートさん、社員さんとゴーヤを山分けしたいと思います。

 

ゴーヤを食べて、暑い夏を乗り切りましょうね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

花卉懇談会セミナー

今日は、私の母校の東京農業大学に行ってきました。

毎年7月に開催されている花卉懇談会セミナーに参加です。

「花産業が必要とする商品開発の仕掛け人」というテーマで3名の講演者のお話を聞かせて頂きました。

 

 1人目は、公的機関の考える商品開発という題で、茨城県生物工学研究所の本図先生がお話ししてくれました。

35年の研究発表を聞かせて頂きましたが、生産者ではやりきれない、専門的な育種や栽培技術などのお話を聞かせて頂きました。

緻密なデータの蓄積や、生産者との連携やメディアの利用など、素晴らしい取り組みを聞かせていただきました。

その中で本図先生は、品種は育てるもの、単なる道具にしてはいけないという事をおっしゃっていました。

オリジナル品種を持っているものとして、品種開発だけでなく育てていくことにも力をいれていきたいと思いました。

 

2人目はオリジナル品種のバラを「和ばら」というオンリーワン商品に仕上げて展開している國枝さんです。

自分の世界観を大切に持ち、共感してもらえるよう相手に丁寧に伝えていく、これをコツコツと続けていっている方だと思いました。

情熱が一番の武器ですね。自社の商品「和ばら」の良さを伝えるために、農園遠足、出張和ばらを束ねる会、デモンストレーション

努力を怠りません。

写真を観させてもらうと、さすがキレイなんですよ。ほんといい品種だと思いました。

この魅力を多くの人に伝えていくことの大事さを学ばせてもらいました。

小林花卉のオリジナル品種、もっともっと魅力を発信していきたいと思いました。

 

3人目は大田花き花の生活研究所の内藤さんです。

7というマジックワードから流行を紐解いていく手法は、聞いていて面白かったです。

アナログ期とデジタル期が28年ごとに交互に繰り返されるサイクルになっているとのことです。

1999年を境に1999年以前がデジタル期、1999年以後がアナログ期だそうです。

今は2015年、アナログ期のピークを越えデジタル期の影響を受け始めたとのことです。

アナログは曲線的、女性的、自然派、 デジタルは直線的、男性的、都会的といったイメージです。

車も曲線的なものが多かったようですが、最近やや直線的で男性的なデザインが見受けられるようになりました。

こういったことを意識しつつ、商品開発を私もしていきたいと思いました。

 

 今回久しぶりの花卉懇でしたが、業界の大先輩たちが役員として運営してくれていました。

業界のため、時間を割いて花卉懇の運営に骨を折ってくれる、すばらしい方々が居てくれていて会が成立しているのでした。

貴重な時間を頂くことが出来ました、ありがとうございました。

 

 

 

ページ上部へ