ホーム>スタッフブログ>新品種

新品種

ランタナ'もこりん'、`シャンデリーナ' 7月の生育状況 

今日はランタナ‘もこりん’と‘シャンデリーナ’を鉢に植え替えてからちょうど2か月経ちました。

どうなっているのか現在の生育状況を見てください。

 

まずは、今までどんな管理をしてきたかおさらいです。

5月9日  ・鉢上げ                              

6月13日 ・追肥   ・もこりん24㎝鉢の剪定

*そのほかの管理は乾いたら水をくれているだけでした。           

 

 鉢上げ時の様子はこちら→http://www.kobayashikaki.com/blog/2013/05/post-40.php

 一か月後の様子はこちら→http://www.kobayashikaki.com/blog/2013/06/post-54.php

 追肥、選定の様子はこちら→http://www.kobayashikaki.com/blog/2013/06/post-57.php

   

 

 

 

では2か月経ったもこりん、シャンデリーナの現在の様子を見てみましょう。

 

もこりん 24㎝鉢

20130709もこりん

 

20130709もこりん

きれいなピンク色の花が次々と咲いてきています。 今日の気温は36℃ まったく問題ありません。

ひと月前に、ちょこっと形を整える剪定を行ったため、形よくこんもりとしています。

 

 

 

 

もこりん 36㎝鉢 3株植え

20130709もこりん

 

20130709もこりん

 

20130709もこりん

だいぶ大きくなり、見ごたえがありますね。

こちらは植えてからまったく手入れをしていません。

 

ここで、もこりんの手入れいらずのヒミツを紹介します。

20130709もこりん

各節ごとに花が咲いて(ピンク丸)、そのあと脇枝が出て(白丸)きます。

さらに一番下の枝はもう花が咲いています。

そして節間も短いため、こんもりと咲き続けていきます。

これがもこりんの手入れいらずのヒミツでした。

 

 

 

では続いてシャンデリーナ

 

シャンデリーナ 28㎝鉢

20130709シャンデリーナ

 

20130709シャンデリーナ

シャンデリーナはかなり伸びてきてしまいました。

横張性が強く大きく伸びすぎたので、この鉢で楽しむためにここらでバッサリと剪定してしまいましょう。

そうすれば、約3週間後には再び花を見ることができると思います。

 

今回の剪定のポイントは 『バッサリ!』

20130709シャンデリーナ

20130709シャンデリーナハイ、バッサリです。サッパリしました。

 

下の方の枝はもう固くなっているのでそう簡単には枯死するようなことはありませんが、なるべく早く次の花を楽しめるよう、小さな枝は剪定せずにおきました。

 

 

もこりん、シャンデリーナ共に前回の追肥から約一か月がたち肥料が切れてきているはずです。

そこで前回同様の数量で追肥をしました。

これでまた一か月間花が楽しめるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタナ'もこりん'、`シャンデリーナ'の生育状況

今日もいい天気で暑くなりましたね。

植物たちも生育が良くあっという間に花が咲いてきます。

 

 

 

さて、5月9日に紹介し、大鉢に植えたランタナの‘もこりん’と‘シャンデリーナ’の現状を見てみましょう。

今日がちょうど1か月後の状況です。

 

5月9日のブログと比べてみてください。    こちらから→http://www.kobayashikaki.com/blog/2013/05/09/

 

 

 

 

 

もこりん3株植え 36㎝鉢

もこりん36㎝鉢

3株植えたのでバランスよく生育していますね。

一回り大きくなってきて鉢からはみ出してきました。

いい感じで生育しています。

 

 

 

もこりん1株 24㎝鉢

もこりん24㎝鉢

真上から見た写真です。

もこりん24㎝鉢

もともとの株の形が悪かったせいか、ちょっと形が崩れていますね。

また、新しい葉がやや黄緑色で葉の厚さも薄くなってきて花付きも少なくなってきました。

これは肥料が切れてきた証拠です。

 

ちょっと手直しして、追肥をしていきましょう。

 

 

 

 

 

そして・・・・

 

 

シャンデリーナ1株 28㎝鉢

シャンデリーナ 28㎝鉢

広がる性質のシャンデリーナ、

一鉢で見事に鉢いっぱいに広がりました。驚きました。

これからどこまで大きくなるのか、またどんな風に成長していくのか楽しみです。

 

 

 

 

近日中に追肥をやって、またもこりんの24㎝鉢は手直しもしてみます。

どんな感じでやるのかまた報告いたしますので、お楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジキタリス ダルメシアン

今日はジキタリスの紹介です。

このジキタリス最近発売された品種で、ダルメシアンシリーズです。

ジキタリス

色はローズ、クリーム、ピーチの3色です。

 

 

 

 

ローズ

ジキタリス ローズ

 

 

クリーム

ジキタリス クリーム

 

 

ピーチ

ジキタリス アプリコット

 

 

 

ジキタリスは宿根草で、冬の寒さにあたると花芽ができてきます。

ですがこのダルメシアン、寒さに当たらなくても日が長くなってくると花が咲く品種なんです。

生産者にとって栽培期間が短くなるメリットがあり、消費者にとっても開花期が長くなるメリットが出てきます。

種苗会社の育種力ってすごいですね。こういう育種はどんどんやっていってもらいたいですね。

 

またこの品種は、結構背が低い品種ではないかと思います。

2年目以降はもう少し大きくなるでしょうが、これなら庭に植えても使いやすいのではないでしょうか。

 

 

 

こちらの担当は、入社2年目の小島君です。初めての植物ですが一生懸命状態を見ながら育てていました。

やっと咲いてきて出荷になります。

出荷が出し終わるまであと少し、水くれ頑張ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタナ'もこりん'、`シャンデリーナ'

今日は暑かったですね。

農場は予報通り29℃まで気温が上がりました。

これだけ暑くなると、植物たちの生育はとても早く、どんどん咲いてきます。

 

 

小林花卉のオリジナル新品種が今年、販売になりました。

ランタナの‘もこりん’`シャンデリーナ’です。

 

ランタナってどんな性質の花か知っていますか。

ランタナはクマツヅラ科で、初夏から晩秋まで花を咲かせる、いわゆる夏の花で、

夏でも休まずキレイな花を咲かせる暑さに強い数少ない植物のひとつです。

そんなランタナですが、今年は新品種が出荷できるようになりました。

この、新品種はどんなところが以前のランタナと違うのでしょうか。

 

まず‘もこりん’ですが、「暴れない」所が今までのランタナと大きく違います。

園芸業界では株が大きくなり形が崩れることを暴れるといいますが、

このもこりんは、節と節の間が短くなる様に改良をしたので、少しずつ大きくなっていき暴れません。

そして自然に半球状にまとまります。

こんな性質から、もこりんと名前が付けられました。

もこりんポット苗

              もこりん10.5㎝ポット

 

 

もう一つの新品種`シャンデリーナ’は横張り性が強く、ローズ色の花色と葉が小さいのが特徴です。

葉も小さいので吊り鉢で飾っても花が良く見え、シャンデリアのように輝くイメージからシャンデリーナと名前が付けられました。

シャンデリーナポット苗

                シャンデリーナ10.5㎝ポット

 

 

このもこりんシャンデリーナを大きな鉢に植えてみました。

 

 

もこりん3株植え 36㎝鉢

もこりん36㎝鉢

まだまだ小さいですが3株植えるとなんとか様になりますね

 

 

 

 

もこりん24cm

  もこりん1株 24㎝鉢  

やっぱり一株はさみしいですね。

 

シャンデリーナ28㎝

   シャンデリーナ1株 28㎝鉢

一株ではやはりさみしいですね。大丈夫かなぁ?

 

 

 

 

これからどんな風に大きくなっていくか試してみようと思います。

楽しみにしていてください。

 

ページ上部へ