ホーム>スタッフブログ>植物>寒さにあったオステオスペルマム
植物

寒さにあったオステオスペルマム

今日もいい天気でした。

今年は穏やかなお正月ですね。

穏やかな一年になることを願います。

 でも朝は-1℃でした。

 

外にあるお花たちを見てみましょう。

201612184916.jpg

パンジー凍って葉は濃い緑色、花は下を向いてしまっています。

こうなってもパンジーは、昼間何事もなかったようにきれいな花を咲かせてくれるのですよ。

凍っても復活できる植物なんですよ。

 

それに対しオステオスペルマムは凍ると枯れてしまうのですが、ごらんのとおり元気で咲いてきていますね。

201612185133.jpg

パンジーが凍っているのに凍らないなんて面白いものです。

きれいに咲いています。

凍らない場所ならば、真冬でも咲き続けてくれるのでしょうね。

改めていい植物だと思いました。

201612185211.jpg

栄養系アリッサムは暖かい場所で管理していたので、この寒さでは花が傷んでしまいました。

外で植えられるよう環境をきちんと整えて生産することの大事さを改めて思いました。

お客様を裏切らない商品を作っていかなければいけません。

 

ジュリアンです。

201612185946.jpg

終わった花が汚くなっていますね。

手入れをしたいと思います。

 

現在オステオスペルマムは、鉢で出荷していますが、3月頃にはポット苗の規格の物も出荷する予定です。

痛みが出ないよう、丁寧に管理していきたいと思います。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/313

コメントする

ページ上部へ