ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ビデンス ウィンターコスモス

今日は雨のち曇り、海の日なのに過ごしやすい日となりました。

日照不足怖いですね。

 

さて先日の話の続きですが、日が短くならないと咲かないビデンスウィンターコスモスですが、

なぜ8月下旬から開花させられるでしょうか。

皆さん考えてみましたか?

 

 それはシェード栽培と言って、夕方5時から朝8時まで温室内をカーテンを張って真っ暗にしてしまいます。

そして強制的に光をさえぎって日長を短くしてしまいます。

手間はかかりますが、この状態で40日くらいすると花が咲くのです。

 

8月下旬開花のビデンス ウィンターコスモスは施設園芸をフル活用して生み出されている商品です。

そして8月下旬に開花したビデンスは、そのまま冬まで咲き続けるので、鑑賞期間が長くなるメリットもあります。

 

8月下旬に出荷されるビデンス 楽しみにしていてくださいね。

ウィンターコスモス

今日も過ごしやすい気温となっています。

梅雨明けももうすぐとは思いますが、晴れ間はいつになるのでしょうね。

太陽大好きな植物たちは柔らかく育ってしまいます。

 

そんな太陽大好きな植物の一つ、ビデンス ウィンターコスモスがあります。

ウィンターコスモスという名前がついていますが、小林花卉では8月下旬のお盆明けから出荷となります。

なぜウィンターコスモスという名前が付いたのかは推測ですが、霜が降るころまで咲いているからだと思います。

寒くなっても咲いているコスモスということでウィンターコスモスという名前が付いたのではない野でしょうか。

 

このウィンターコスモスは日が短くなると咲いてくる性質のため、通常10月中旬からしか咲いてきません。

そのウインターコスモスを8月下旬から出荷するのです。

どうやって花を咲かせるでしょうか。

 

時間となってしまいましたので、今日はここまでで終わりにします。

 

正解は明日以降へ持ち越しです!

 

どうやるか、みなさん考えてみてください。

中学生 社会体験チャレンジ

今日は曇りのち雨となりました。

過ごしやすい天候ですが、例年と違い過ぎて植物がどうなる事か心配になってきています。

 

7月9日から今日までの3日間、地元の中学校から社会体験チャレンジと言う名前の校外学習で生徒さん3名がきてくれました。

 

3名の生徒さん、一人に1人パートさんが付いて作業を見てくれています。

201971117313.jpg

3名の生徒さんたちは3日間パートさんと一緒に作業だけでなく、パートさん達から

仕事を楽しみながらやる事を教わっていたようです。

笑い声が聞こえていましたらからね。

 

このパートさん達の「作業をキチンとやりながらも楽しい時間にする」よう努めている事は

生徒さんにとって、いい体験になったのではないでしょうか。

 

楽な作業だから楽しいわけではありませんし、大変な作業だから苦しいわけでありませんね。

大変な作業でもその時間を楽しくすることは自分次第で出来ることですね。

楽しいものにしようとしていくれているパートさん達がいる環境を味わえたこと、いつか自分たちが働いた時思い出してくれたらうれしいですね。

 

それにしても生徒さんたちは、キチンとあいさつをして、最後のあいさつでもパートさん達の前で素晴らしいスピーチもしてくれました。

パートさん達も嬉しそうでした。

 

生徒さんたち、3日間ありがとうございました。

 

フレンチラベンダーティアラ

昨日から3日間、地元の中学校から、2学年の生徒さんたちが職業体験チャレンジ研修に来ています。

 

 

これはフレンチラベンダー ティアラの挿し木です。

生徒さんたちがんばっていますね。

2019711183014.jpg

このフレンチラベンダーティアラシリーズは、小林花卉オリジナル品種です。

また、通常フレンチラベンダーは秋挿しでも間に合うのですが、ティアラシリーズは生育が緩慢な品種の為、7月に挿し木をして栽培期間を長くとっています。

今年は涼しくて関係ありませんが、暑さ寒さに強くて丈夫な品種を選抜していますので、暑くても挿し木は問題ありません。

 

ティアラシリーズ2色で販売しています。

春までしばしお待ち管愛。

 

 

50キロウォーク

月に一度の経営のお勉強で山中湖に来ています。

今回のお勉強は体育の時間です。

 

 

山中湖は1週13キロ、4周で52キロを12時間以内に歩くだけ!

4人1チームのチーム対抗50キロウォークでした。

 

去年までは小林花卉で4人そろえて1チーム作っていましたが、今回は俊との2人で参加です。

静岡浜松市のかしまハーベストの宮本さん、独立して農業を始めた岡田さんの4人農業混成チームで臨みました。

2019711104247.jpg

なぜ経営のお勉強で歩いているのでしょう?

 

仕事では上司と部下、社長と社員など役職や立場があり、その立場から話しをしていますね。

そうすると、いつでも社長は上の立場、社員は下の立場です。

こういったレクリエーションは、同じ立場で物事に取り組むことによって、

上下関係にならず、社内では作りにくい横の関係が作れます。

 

50キロを歩くのは、予想以上に大変なんです。

1周ごとに筋肉や関節部分への負担が蓄積し、痛みだしてきます。

「4周目に魔物が出る」と言われていますが、蓄積された痛みで足を引きづりながら歩くことになります。

 

お互いに声掛け会ってゴールまでの道を進んでいきます。

1人だったらリタイアしてしまう所ですが、一緒に歩んでいく事で無事にゴールできました。

 

普段の仕事もこの50キロウォークと一緒ですね。

忙しい時でも、明るい雰囲気を出して人と変わることで、チームに活気が出ます。

忙しい、大変だからと態度に出してしまっては、一緒に働いている人にまで悪い影響を与えてしまいます。

せっかく時間を使い働きに来ているのですから、いい時間にしたいい思い出を作っていく事の方がいいですよね。

 

50キロウォーク同様、繁忙期で大変な時こそ明るくみんなが元気になる声掛けをしたいと思いました。

九州地方の雨は本当に大変ですね。

降水量が1000ミリを超えたとのことですから、1メートル以上降ったという事です。

被害が少ないことを祈るばかりです。

 

九州で大雨を降らせた雨雲が関東にも動いてくるとのことです。

 

雨上がりに、殺菌剤をやっておくことで活発になっている菌の繁殖を抑えることが

出来るので、まだまだ雨は降ること多いこの季節、社員さん達宜しくお願いしますね。

 

 

 

 

ルドベキア アーバンサファリ キャニオンレッド

今日はジメッとした曇り空でしたね。

湿度が高くて蒸しているので、植物も柔らかく伸びてしまいます。

管理に注意し、出荷時の水管理にも注意して行かなくては、お店に着くまでの輸送中に蒸れて傷んでしまう商品も

出てきます。

 

 

昨日紹介したルドベキア アーバンサファリのもう一品種を紹介します。

 

2019721711.jpg

アーバンサファリ キャニオンレッドです。

 

20197494215.jpg

ルドベキアの中では赤みの強い品種になりますね。

 

肥料をモリモリ食べて大きくなっています。

 

 

これから秋まで咲き続けるいい品種です。

 

 

ルドベキア アーバンサファリ フォレストグリーン

今日から7月、もう半年が過ぎてしまいました。

月日が経つのは本当に早いですね。

 

 

 

 

今日はルドベキアの紹介です。

201971183449.jpg

こちらのルドベキア、PWより販売された新品種で、フォレストグリーンと言う名前です。

 

 

ルドベキアには珍しいグリーン色がとってもいいですね。

201971182742.jpg

このルドベキアは種や挿し木で増やすのではなく、組織培養で増やすメリクロン苗で増やすため、コストがかかり苗が高く、

しかも栽培期間も長い品種ですので、生産する人が少ないと思います。

 

でもこの大輪の花が夏中咲くのですから、すっごくお買い得だと思います。

 

少量生産ですので、店舗で見かけた方迷わず手に入れてください。

ベロニカ レッドラインコンパクター

今日は曇り空で雨はなんとか降らずに済みました。

今晩は雨模様です。

夜降って朝は雨が上がっているなんて言うのが理想です。

そんな都合よくいくわけありませんね。

 

 

 

さて今日はベロニカの紹介です。

201962917409.jpg

ベロニカ レッドラインコンパクターです。

このレッドラインコンパクターに似て斑のはいる品種でベロニカ ミフィーブルートがあります。

斑の入りかたがやや違い、レッドラインコンパクターの方が斑の面積が多いです。

そしてレッドラインコンパクターは名前の通り、茎が赤く節間が短くコンパクトにまとまる品種です。

 

ミフィーブルートはとても丈夫で、春には花が咲く品種ですが、斑が少なくなるのが難点です。

逆にレッドラインコンパクターは斑がとてもキレイに出ますが、歩の面積が多いためか植物体がやや弱いです。

春に花も咲かせますが、ミフィーブルートほど多くの花は咲かせません。

 

 

小林花卉では一年中斑がキレイに出るこのレッドラインコンパクターを作っています。

 

一年通してとってもきれいですよ。

ぜひ植えてみてください。

小林花卉お食事会

今日は毎年行われている小林花卉の食事会でした。

 

今年は深谷市にある由緒正しい割烹料理屋の新楽さんを使わせて頂きました。

 

毎年の事でありますが、こうやってお食事に来て楽しい思い出をパートさん達と築けることはありがたいことだと思います。

 

毎年思い出を刻んでいると振り返った時、その時のことが思い出されて自分たちの人生が確実にその時間刻まれていることが実感できます。

 

今回の食事会も楽しい思い出が出来ました。

 

今回幹事を務めてくれた俊です。

司会進行です。

201962716334.jpg

 

まずは社長挨拶。

 

2019627163330.jpg

小林花卉は上は70代後半から下は20歳の老若男女が働いてくれている職場となっています。

体力や経験、けがや病気など、誰一人として同じ人はいません。

お互いを尊重し、相手が弱い部分で自分が出来ることはフォローしあって小林花卉で働いてくれています。

70代後半の年長者にとっては出荷ケースを台車の一番上に乗せることは非常に困難な作業となっていますが、若い人が何も言わなくても

さっと手伝ってくれたり、力仕事を代わってくれたりしています。

いくらこんな会社がいいと言っても、実際にやってくれる人がいなければこのような会社の文化は作れないですよね。

そんな助け合う文化を作ってくれているパートさん達に感謝です。

 

2019627163435.jpg

 

 

感謝を形に!という訳で、今回のこの食事会では日頃お世話になっているパートさん達に喜んでもらえるよう、

私たち社員がペアやトリオで芸人さんのネタをやってもらえるよう取り組みました。

 

 

さて、初めは 三ノ輪 with 俊&マッキーです。

2019627161748.jpg

いきなり「今日のことは忘れてください」とのことです。

 

これ以上の写真は自主規制させて頂きました。

記憶には残しませんが、パートさん達の記憶には残したと思います(笑)

 

 

 

続いてこちら 小池屋 瀬川っさん チーム

2019627161859.jpg

 

2019627163512.jpg

モンスターエンジン埼玉県バージョンをお贈りしました。

 

最後は私と野口君のコンビ

2019627163652.jpg

ジョイマンをやらせて頂きました。

 

 

以上、前座は終わりました・・・・・。(チーン)

 

 

 

 

 

でも、パートさん達には楽しいひと時を送ってもらおうと社員さん達は、みんなの前で慣れない芸を練習し披露してくれたんです。

その心意気だけは買ってもらえたようで、パートさん達も笑ってくれました。

 

社員さん達、相手を楽しませようと努力していたその行動は自分たちの自信になりますからね。

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

さて、改めてお食事会スタートです。

 

 

 

 

2019627162110.jpg

 

2019627163146.jpg

 

 

2019627163213.jpg

 

2019627172619.jpg

 

 

201962716204.jpg

 

 

 

鉄板のビンゴ大会です。

 

小林花卉のビンゴは、数字ではなくパートさん、社員さん達の名前を書いてもらいます。

縦・横・斜めビンゴ設楽景品を頂けます。

2019627173218.jpg

 

 

201962716314.jpg

2019627162958.jpg

 

 

2019627162330.jpg

 

2019627162429.jpg

最後はビンゴではなく、なぜか握手?

でも楽しめたのでオッケーですよね。

 

 

 

楽しい時間もあっという間でした。

 

お互いに楽しい時間にしようとしてくれたおかげです。

 

 

2019627162558.jpg

集合写真を撮り忘れ、残った人たちだけで写真とをってしまいました。

帰ってしまった人たちすみませんでした。

 

 

 

 

皆さん、ありがとうございました。

これからも小林花卉の応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ