ホーム>スタッフブログ>コンボルブルスと 親株たち
スタッフブログ

コンボルブルスと 親株たち

今日はやや曇り空で、じめっとした空気でした。

こういう日は、植物も柔らかく伸びてしまいますので、潅水には注意が必要ですね。

さていよいよコンボルブルスの挿し木に取り掛かりますよ。

来年5月に出荷となるコンボルブルスではありますが、この時期に挿し木をしてしまいます。

普通、花壇苗生産者は、「この時期パンジーを植えて、また空いたらパンジーを植えて、今度は春の植物植えて」と、

コンボルブルスを出荷するまでに同じ場所で3回生産させるかもしれません。

 しかし、小林花卉では、自社で挿し木をしてじっくり時間をかけて生産しています。

 

では、コンボルブルスの親株です。

2016825164336.jpg

挿し木直前でいい状態で穂が伸びています。

でも挿し木の最大の難点、親株保持は意外と大変なんです。

 

 

見てください、この温室は丸々親株室となっています。

2016825164656.jpg

その他にも2棟親株管理の温室があるんです。

 

「挿し木は種苗費が無くていいね」なんて言う人がいますが、

観てもらえばわかる通り、親株を管理する温室が必要となり、

そして親株を大切に管理する人が必要となります。

管理には時間とお金がかかってくるんですよ。

親株はほっておいていい訳でなく、挿し木をする日から逆算をして、挿し穂がいい状態になるように管理しておくんです。

 

そこまでして挿し木をするのですから、いい商品を生み出していきたいですよね。

そんなわけで、小林花卉オリジナル商品が多くなってきているんです。

 

「コンボルブルス ブルーコンパクター」オリジナル品種ではありませんがいい植物ですよ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobayashikaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/557

ページ上部へ